このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三浦知良とは?

移動先: 案内検索
 | 三浦 知良 | 

【名前】

【愛称】
キング・カズ
【カタカナ】
ミウラ カズヨシ
【ラテン文字】
MIURA Kazuyoshi
【基本情報】

【国籍】
日本
【生年月日】
(1967-02-26) 1967年2月26日(51歳)
【出身地】
静岡県静岡市葵区
【身長】
177cm
【体重】
72kg
【選手情報】

【在籍チーム】
横浜FC
【ポジション】
FW
【背番号】
11
【利き足】

【ユース】

1973-1979
城内FC
1979-1982
城内中学校
1982
静岡学園高等学校
1982-1986
CAジュベントス
【クラブ】


クラブ | 出場 | (得点)
1986
サントス | 2 | (0)
1986
パルメイラス | 25 | (2)
1986
マツバラ | 5 | (1)
1987
CRB | 4 | (0)
1987-1988
キンゼ・デ・ジャウー | 25 | (2)
1989
コリチーバ | 21 | (2)
1990
サントス | 11 | (3)
1990-1998
読売クラブ/ヴェルディ川崎 | 192 | (100)
1994-1995
ジェノア (loan) | 21 | (1)
1999
NKディナモ・ザグレブ | 12 | (0)
1999-2000
京都パープルサンガ | 41 | (21)
2001-2005
ヴィッセル神戸 | 103 | (24)
2005-
横浜FC | 261 | (27)
2005
シドニーFC (loan) | 4 | (2)
2012
エスポラーダ北海道 (loan) | 1 | (0)
【代表歴】

1990-2000
日本  | 89 | (55)
2012
日本 フットサル | 6 | (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年11月20日現在。
2. 2012年11月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手横浜FCに所属。2017年1月現在、プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手である。妻は、三浦りさ子

ニックネーム“カズ”、または“キング・カズ”である。

ブラジル時代のポジションは左ウイングであったが、日本帰国後はセンターフォワードとしてJリーグで活躍し、日本代表としてもFIFAワールドカップ初出場に貢献した。ワールドカップ地区予選では総得点を27点記録するも、ワールドカップ本大会へは未出場。Jリーグ年間最優秀選手賞1回、得点王1回、ベストイレブンを2回受賞、1993年アジア年間最優秀選手賞を受賞。釜本邦茂と共に、国際Aマッチ1試合で6得点の日本代表1試合最多得点記録、通算得点記録(55得点)を持つ(2011年時点)。

2012年にはフットサル日本代表としてフットサルワールドカップに出場。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 幼年期
    • 1.2 ブラジル時代
    • 1.3 Jリーグでの活躍から欧州移籍へ
      • 1.3.1 ジェノアCFC
      • 1.3.2 ヴェルディ川崎への復帰
      • 1.3.3 クロアチア・ザグレブ
      • 1.3.4 京都サンガ
      • 1.3.5 ヴィッセル神戸
      • 1.3.6 横浜FCへ
      • 1.3.7 シドニーFCへの期限付き移籍
      • 1.3.8 横浜FC復帰から現在
  • 2 日本代表
    • 2.1 代表デビュー〜エースとして
    • 2.2 フランスW杯に向けて
    • 2.3 フランスW杯後
    • 2.4 フットサル日本代表
  • 3 プレースタイル
  • 4 人物
    • 4.1 パブリック・イメージ
    • 4.2 サッカー選手として
    • 4.3 スター選手として
    • 4.4 背番号へのこだわり
  • 5 エピソード
    • 5.1 選手編
    • 5.2 プライベート編
    • 5.3 名前に関するエピソード
    • 5.4 両カテゴリーでの優勝
  • 6 カズダンス
  • 7 語録
  • 8 所属クラブ
  • 9 個人成績
  • 10 受賞
  • 11 タイトル
  • 12 代表歴
    • 12.1 試合数
    • 12.2 得点数
  • 13 関連情報
    • 13.1 出演
      • 13.1.1 劇場アニメ
      • 13.1.2 CM
  • 14 著書
  • 15 関連書籍
  • 16 脚注
    • 16.1 出典
    • 16.2 注釈
  • 17 参考文献
  • 18 関連項目
  • 19 外部リンク

経歴

幼年期

1967年2月26日、父・納谷宣雄、母・由子の次男(兄である長男は三浦泰年)として静岡県静岡市に生まれた。叔父(母の弟)にサッカー指導者の三浦哲治がいる。知良(かずよし)という変わった読み方の名前は、父方の祖父に付けられたものだという。1973年静岡市立城内小学校に入学した。小学時代には、伯父の納谷義郎が監督を務める城内FCに入っていた。小学校4年生の時に両親が離婚、三浦姓を名乗るようになった。

ブラジル時代

1982年12月、私立静岡学園高校を1学年修了を待たずに8カ月で中退し、ブラジルに単身で渡航してCAジュベントスに所属した。当時の三浦は身長が低く、テクニックは持っていたものの他に一流と呼べるような強みはなく、指導者達はブラジルでプロのサッカー選手になりたいという三浦の夢は実現不可能だと考えていた。1984年の秋頃、ジュベントスからECキンゼ・デ・ノヴェンブロ(通称:キンゼ・デ・ジャウー)へ移籍した。

1985年頃には夢を諦めた上で日本に帰国することも一時検討したが、最終的に翻意しブラジルでの下積みを継続した。後に本人が語ったところによれば、ふと寄ったリオの公園で現地の貧しい少年達がサッカーをしている様子を見かけたことが、帰国を思い止まる切っ掛けを作ったという。三浦曰く、その少年達の中には裸足の子や片足がない子もおり、ボールも古く汚いものだったが、皆楽しそうにボールを追っており、その様子を見て、「自分には両足も、スパイクも、いいボールもある。何を俺は贅沢なことを言っているんだ」と思い、帰国を思いとどまったとのことである。同年8月、SBSユースに出場したキンゼ・デ・ジャウーの一員として静岡に凱旋し、当時静岡高校選抜に選出されていたディフェンダー中山雅史フォワード武田修宏らと試合を行った。1986年1月 には、サンパウロ州選手権タッサ・サンパウロ (U-21) に日本人として初出場した。同大会やキンゼ・デ・ジャウーの育成組織で活躍したことが、後のプロ契約に繋がっていった。

1986年2月、サンパウロ州の名門クラブであるサントスFCと自身初のプロ契約 を結んだ。5月にはSEパルメイラスと特別契約を結び日本でのキリンカップでプロサッカー選手として帰国を果たした。しかしサントスFCで出場できたのは1部リーグ2試合のみに留まり、1986年10月にはパラナ州SEマツバラレンタル移籍した。翌1987年2月にはマツバラと正式契約を結ぶと、レギュラーとして南部三州リーグ優勝に貢献し、同年10月アラゴアス州クルーベ・ジ・レガタス・ブラジル(通称:CRB)に移籍した。このクラブでも三浦はレギュラーとして活躍し、日本人で初めてブラジル全国選手権への出場を果たした。

1988年、かつてユース時代に所属したサンパウロ州のキンゼ・デ・ジャウーへ移籍した。同年3月19日SCコリンチャンス・パウリスタ戦で日本人としてリーグ戦で初得点を記録し、格上の人気チーム相手に3-2で勝利するという番狂わせ(いわゆるジャイアント・キリング)の立役者の一人。このときの試合はブラジル全土にテレビ中継されていたため、三浦知良という日本人の名前がブラジル全土に知られるきっかけとなった。同年にブラジルのサッカー専門誌『プラカー』の年間ポジション別ランキングで左ウイングの第3位に選ばれた。クラブでの活躍により、三浦はジャウー市から名誉市民賞を贈られている。1989年2月パラナ州コリチーバFCに移籍し、パラナ州選手権優勝に貢献した。

1990年2月、サントスFCへ4年ぶりに再移籍した。サントス在籍時代にマツバラにレンタルされたとき以来、もう一度サントスでプレーして自分の力を証明したいと思っていたこともあり、三浦はサントスへの移籍に際し、他のチームからの移籍の誘いを断ってサントスと交渉した。移籍後にレギュラーの地位を確保すると、同年4月29日のパルメイラス戦では1得点1アシストと活躍し、チームも2-1で勝利した。翌日のブラジルの新聞はスポーツ紙・一般紙を問わず同試合での三浦の活躍を伝え、この試合の三浦のゴールシーンはブラジルのサッカー専門誌『プラカー』の表紙を飾った。

Jリーグでの活躍から欧州移籍へ

1990年7月、Jリーグ発足が現実味を増す中、日本代表W杯出場権獲得に貢献するためにブラジルに残ることよりも代表選考の対象となりやすい日本でプレーすることを決断し、日本サッカーリーグ読売サッカークラブ(ヴェルディ川崎 = 現東京ヴェルディの前身)に移籍した。当初、周囲の期待とは裏腹に日本のサッカーになじめずなかなか日本サッカーリーグのリーグ戦では活躍できなかった が、時間の経過とともに徐々に順応を見せた。1992年のJリーグカップではヴェルディを優勝に導いた上、大会MVPにも選出された。この活躍が評価され、三浦は1992年日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)を受賞した。

Jリーグ開幕後は、ラモス瑠偉北澤豪武田修宏ビスマルク柱谷哲二ペレイラ菊池新吉ら他、多くのチームメイトに恵まれ、川崎の名を冠していた時代のヴェルディの黄金期を支えた選手の一人として記憶されることとなった。Jリーグの開幕年となった1993年シーズンのリーグ戦の第1ステージはクラブ内の内紛や日本代表の過密スケジュールの影響を受け不本意な成績に終わったが、7月17日神戸ユニバー記念競技場で行われたJリーグオールスターサッカーでは当時J-EASTで指揮を採っていた松木安太郎監督の下2得点を決める活躍を見せ、大会MVPに選出された。これを切っ掛けとして三浦は本来の調子を取り戻し、自身の結婚式の前日の試合となった7月31日博多の森陸上競技場での第2ステージ第2節ガンバ大阪戦からは6試合連続で得点を記録した。最終的にはシーズンを通して日本人選手ではリーグ内でトップとなる20得点を決めるなど、ヴェルディ川崎をJリーグの初代チャンピオンに導く上で決定的な活躍を見せた。この活躍が評価され、第1回のMVPを受賞した他、前年に続いて1993年の日本年間最優秀選手賞に輝き、1993年のアジア年間最優秀選手賞をも受賞した。また1993年12月にはACミラン主催のチャリティーマッチに招待され、先発出場し、ウーゴ・サンチェスの得点をアシストした。

ジェノアCFC

1994年にはイタリアセリエAジェノアCFCに1年契約で期限付移籍し、アジア人初のセリエAプレーヤーとなった。この移籍には商業的な価値を期待していたと見る向きが強く、ジェノアのユニフォームの胸部分の広告権ケンウッドが獲得したこともあって、加入会見では「スポンサーを得るために獲得したと言われているが、どう思うか?」などと辛辣な質問も浴びせられた。

プレシーズンマッチの地中海カップでは好プレーを見せ、サンシーロで行われた、ACミランとのセリエA開幕戦において先発出場し、セリエAデビュー、前半途中にフランコ・バレージとプレー中に激突し、鼻骨骨折と眼窩系神経を損傷してしまい、一ヶ月の戦線離脱を余儀なくされた。

復帰後、12節UCサンプドリアとのジェノヴァダービーで先発出場、アントニオ・マニコーネの浮き球からトマーシュ・スクラビーがヘディングで落としたボールを右足アウトサイドでゴール隅に決め、セリエA初ゴールとなる、先制ゴールを奪ったが(16節のパドバとの対戦では、サイド突破からマニコーネの決勝点のアシストはあったが)、これがジェノアでの唯一の得点となった。代表戦のため第31節ユベントス戦に出場後、シーズン終了を待たずに帰国、その他1994年10月にはアジア大会への出場のための帰国、また度重なる監督交代も影響して、21試合出場(先発10試合)に留まった。その後、トリノFCスポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルといったチームからオファーが来ていたが、シーズン終了後にはヴェルディ川崎へ復帰することとなった。ジェノア在籍時にはジェノバの名前を日本に広めたことで、市から特別表彰を受けた。シーズン終了後、ジェノアCFCの一員として、横浜スタジアムで行われた、ヴェルディ川崎との親善試合に出場、この試合を最後にジェノアを離れ、ヴェルディへ復帰した。また在籍時の1994年12月にはASローマ対世界選抜の試合に出場した。

ヴェルディ川崎への復帰

その後、Jリーグの1995年シーズンは第2ステージから復帰し、得点ランキングの上位に名を連ねた。1996年のJリーグは初の一シーズン制となったシーズンとなったが、ヴェルディ川崎は7位に沈んだものの、三浦自身はリーグ得点王になるなど個人的な活躍を続け、第76回天皇杯全日本サッカー選手権大会制覇にも貢献した。また1996年にはFIFAの世界選抜にジョージ・ウェアらと共に選出され、ブラジル代表と対戦した。

しかし、1997年シーズン頃から衰えを見せ始めることとなった。怪我の影響もあり同年の試合出場数は全試合数の半数に満たない14試合にとどまり、得点数は4点、チームも初の二桁順位と、三浦個人・チームともに振るわぬ成績に終わった。この年あたりから以前のようなキレが徐々に無くなり、怪我も多くなっていたが、追い討ちをかけてW杯最終予選の韓国戦でのラフプレーで尾てい骨を骨折しコンディションを大きく落としてしまう。翌1998年もコンディションは戻ることも無くチームも2年連続で二桁順位。さらに年末、V川崎は親会社の事業撤退で大幅な経営縮小のため、高年俸のベテラン選手達のリストラを敢行し、カズに対しても年俸ゼロ円提示がなされる。

クロアチア・ザグレブ

カズはクロアチアのクラブチーム、クロアチア・ザグレブへ2年契約で移籍した。これはクロアチア・ザグレブに大きな影響力を持った当時のクロアチア大統領フラニョ・トゥジマンの意向が働いたものとされており、戦力としての評価よりも背後のジャパン・マネーを狙った経済的な期待が大きかった。カズはデビュー戦でPKを失敗したこともあり、アシストのみでゴールは挙げられなかったが、ザグレブはクロアチア・リーグで優勝した。しかしそのシーズン終了後、新たに就任した日本でも監督経験のあるアルディレス監督に戦力外とされ、本人が熱望していたUEFAチャンピオンズリーグへの日本人初出場はかなわず、1999年6月、契約よりも1年早く日本に帰国した。1999年5月にはマルセイユで行われた、ジャン・ピエール・パパンの引退試合に招待され、フランス代表と対戦、得点は無かったが、クロスバー直撃のシュートを放った。

京都サンガ

1999年7月、当時元日本代表監督の加茂周が監督を務めていた、京都パープルサンガに移籍。中村忠と再び同僚となった。2000年5月13日の対神戸戦でJリーグ通算100得点を達成。33歳ながら17得点を記録し得点ランキング3位に入るなど活躍する。しかしこのシーズン、京都は降格し、自身2回目であるゼロ円提示を受ける。

ヴィッセル神戸

2001年からは永島昭浩引退直後のヴィッセル神戸に所属し(念願の東京移転を果たした古巣ヴェルディの誘いも受けた)、4年間キャプテンとしてチームの最前線に立った。2節のFC東京戦で移籍後初得点を挙げる。1年目は11得点を記録し(11得点目は11月24日神戸ウイングスタジアム初の公式戦、対F・マリノス)、健在ぶりをアピールした。2002年は代表でもプレーした城彰二や兵庫県出身でもある播戸竜二が加入。2002年1stステージ第3節ガンバ大阪戦では久々にカズダンスを披露した。しかしこのころからフル出場する試合が徐々に減り始める。2ndステージでは臀部の怪我のため長期離脱しほとんど出場機会を得られなかった。

2003年オゼアス播戸竜二の2トップのバックアッパー的な役割を担うことが多くなり、ベンチスタートとなる試合が増えた。1stステージ8節でシーズン初得点を挙げ、新本拠地での初勝利に貢献した。2ndステージ終盤の残留争いの最中、オゼアスを出場停止で欠き久々にスタメンがめぐってきた鹿島戦では相手ゴール前で素早いターンからこの試合の先制点を決め、ホームでの3か月ぶりの勝利に大きく貢献した。

2004年、12節ガンバ大阪戦で11年連続ゴールを記録。2ndステージに入りエムボマ平瀬智行らが加入しポジション争いは激化。チームは残留争いに巻き込まれたが、シーズン終盤にスタメンを奪取し3試合連続ゴールを記録するなど、残留争いを続けるチームにあって重要な役割を果たし播戸竜二に惜しみなくアドバイスを送った。また地域貢献の一環として、小学校での訪問授業をこの時期開始した。その後横浜FCに移籍してからも、同様の活動を続けている。

2005年は、開幕3試合連続ゴールを決めるなどカズとチーム自体も好調なスタートを切ったが、その後チームは低迷し、監督交代が続いた。エメルソン・レオンが辞任し、パベル・ジェハークが就任すると、完全に構想から外れ、主将も三浦淳宏に譲った。7月26日に行なわれたボルトンとの親善試合を最後に神戸を退団した。

横浜FCへ

シーズン途中の2005年7月、横浜FCに移籍した。

シドニーFCへの期限付き移籍

横浜FCに移籍後間もない11月、2005年に設立したばかりのオーストラリアAリーグ初のゲストプレイヤー(Aリーグの公式戦4試合のみ出場が認められる特別枠選手)としてシドニーFC期限付き移籍した。シドニーFCは元Jリーガーで、カズの全盛期を対戦相手としてよく知るピエール・リトバルスキーが監督を務めており、2005年12月に日本で開かれるFIFAクラブ世界選手権のオセアニア地区からの出場権を既に得ていた。カズはリーグ戦4試合に出場し当時首位を走っていたアデレードとの直接対決において2得点と結果を残した。チームでのポジションを確保し、FIFAクラブ世界選手権では準々決勝たる1回戦と5位決定戦の2試合フルタイム出場、得点には絡まなかったもののシドニーFCは5位決定戦勝利に貢献、全6クラブ中最下位を免れた。シドニーでの背番号は21番、FIFAクラブ世界選手権では11番を着けてピッチに立った。なお同大会の前身であるインターコンチネンタルカップを含め、日本人の出場はカズが初めてである。

横浜FC復帰から現在

2006年2月からは横浜FCの選手兼任の監督補佐に就任するが、登録上は選手扱いである(Jリーグの規定では選手が監督・コーチを兼任することが出来ない)。このシーズン、39試合に出場し6得点、横浜FCのJ1初昇格に貢献した。2007年はシーズン全34試合中24試合に出場。9月15日サンフレッチェ広島戦で日本人選手史上最年長ゴールを記録するなどシーズンで3得点を挙げた。12月1日の最終戦浦和レッズとの試合では、引き分けか、負ければ浦和の優勝が決まるという大一番で、阿部勇樹を左サイドで抜き去り、その後のセンタリングから根占真伍の決勝点をアシストして浦和の優勝を阻んだ。なお、横浜FCはこの試合の前にJ1最下位でJ2降格が決まっていた。

2008年はシーズン全42試合中30試合に出場し、主に攻撃的MFとして活躍。チーム事情から自身初となるボランチを務めた試合もあった。10月25日にホームで行われた第41節愛媛FCとの試合にて、待望のシーズン初得点を挙げ、Jリーグ開幕後16年連続得点を記録した。尚、2008年シーズンはこの1得点しか結果を残せなかった。2009年も横浜FCと契約、第2節ロアッソ熊本戦にてPKで得点を挙げたことにより、Jリーグ開幕後17年連続得点と自身の持つJリーグ最年長得点記録を更新したが、この年の得点は、この1得点のみに終わった。

2010年にはかつて所属していたキンゼ・デ・ジャウーから移籍のオファーがあったが、横浜FCに残留した。さらに、神戸時代の2005年シーズン以来となるチーム主将を務めることになった。シーズンでは右脚の負傷 に苦しんで出場機会を大きく減らし、プロ入り以来最少となる10試合、わずか188分(換算して2試合分)の出場にとどまった。しかし出場した際には常に好調なプレーを見せ、8月7日のJ2第21節ファジアーノ岡山戦で得点を挙げ、Jリーグ開幕からの18年連続得点を記録した。9月26日のJ2第28節カターレ富山戦では、久々の直接フリーキックを決めた。更に12月4日のJ2最終節大分トリニータ戦でこのシーズンで初めて先発し、フル出場して得点を挙げ、自らの最年長得点記録を43歳9カ月8日に更新した。これらの印象深い活躍から、少ない出場時間ながら横浜FCの「サポーターが選ぶ年間MVP」に選出された。

2011年3月29日に行われた東日本大震災の日本代表のチャリティマッチ「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」においてJリーグ選抜に選出され、後半17分から途中出場。後半37分に田中マルクス闘莉王の落としたボールに反応して得点を挙げ、試合前の宣言通りカズダンスを披露した。このゴールは世界に中継されたが、英語実況では「national treasure Miura」と評された。このシーズンでは得点を挙げることができず、「J連続得点記録」は18年でストップ。

2011年12月、カズは横浜FCに所属しながらFリーグエスポラーダ北海道にJリーグ選手枠として登録。2012年1月15日の北海道対府中戦の1試合限定で公式戦に出場した。2012年2月、Fリーグ2011poweredyウイダーinゼリーの表彰式で特別表彰を受賞。

2012年10月、2012 FIFAフットサルワールドカップ日本代表に選出され、フットサルでも軽快な動きを見せたり、ゴールを決めたりするなど、年齢を感じさせない活躍をしている。

2012年12月22日JFLのチームでJリーグ準加盟の承認も受けているSC相模原から2年契約で完全移籍のオファーを受けたことを報道された。J2第16節ガイナーレ鳥取戦でゴールを決め、Jリーグ最年長得点記録を45歳3カ月に更新した。

2013年1月15日、横浜FCと2年契約を結んだ。シーズン途中の6月にはかつてプレーした古巣東京ヴェルディが獲得を打診していると報道された。。同年7月3日、J2第22節栃木SC戦で開始16秒に今季初得点を記録し、最年長得点記録を46歳4ヶ月7日に更新した。また、11月3日にはJ2第39節松本山雅FC戦でゴールを決め、46歳8ヶ月8日に更新した。

2014年6月5日、JFA国際委員を務める梅田邦夫・駐ブラジル日本大使からの要請を受け、日本サッカー協会が三浦をワールドカップブラジル大会のJFAアンバサダーに任命、同月12日に日本を出発、現地時間同月14日の日本対コートジボワール戦を観戦し、同17日に高円宮妃久子JFA名誉総裁と共にイベントに参加するものの、日本代表への同行や合宿地訪問は行わずに同月20日に帰国する予定となった。

2014年シーズンは、2試合のみの出場となってしまったが、2015年シーズンは、3月9日に行われたJ2開幕戦ザスパクサツ群馬戦で、9年ぶりの開幕スタメンとして出場。4月5日に行われたジュビロ磐田戦では、ヘディングで先制ゴールを挙げ、自身の持つ最年長ゴール記録を48歳1か月10日に更新した。現役世界年長となったこのゴールは、海外のメディアも取り上げている。かつて所属したイタリアでも「ミウラが日本で奇跡を起こした」「元ジェノアのカズ・ミウラは48歳にもかかわらず日本の2部リーグであるJ2リーグの横浜FCでプレーしている」と報じられた。

2015年6月29日、水戸ホーリーホック戦で最年長ゴール記録をまた更新。同年11月11日、横浜FCとの来季の契約延長を発表。カズの背番号に因んで11月11日の11時11分に契約延長が発表された。この契約延長はイタリアやイギリス、スペインなど海外でも話題になり、イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙は「時代を超越した存在」と称賛した。前園真聖は「還暦(60歳)までやるって言っていましたけど、本当にやるんじゃないか(笑)」とコメントしている。

2016年、6月19日に行われた岐阜戦で得点を挙げ自身の持つJリーグ最年長得点記録を更新。さらに同年8月7日に行われたアウェイでのC大阪戦では、69分にチームが2-0で負けている状態で途中出場し、75分に自身の持つJリーグ最年長ゴール記録を49歳5カ月12日に更新するゴールを決めた。また、カズの得点の後、チームは勢いを取り戻し、逆転勝利を挙げた。

2017年、背番号11にちなみ、1月11日11時11分に横浜FCのクラブ公式サイトで契約を延長したと発表された。この年の開幕日は誕生日の2月26日であり、開幕と同時に50歳となり初の50代Jリーガーとなる。しかし、本人は冷静に「49歳から1つしか年をとっていない。実際は数字的なもので大した変化はない」「少しずつ全部が衰えていくのが普通。でもサッカーは11人の連動。基礎体力と技術があれば組み合わせ次第で新しい自分が見せられる、ゴール前の動き次第で点が取れる」と述べている。この契約更新はイタリアの大手スポーツ紙『コリエレ・デッロ・スポルト』など世界でも報じられ、イケル・カシージャスが「僕は40歳までプレーしたいと思っているよ。でもこれを読んでいたら50歳までプレーしたいと思った。なんて素晴らしいんだミウラ!」とTwitterに投稿した。2月26日、開幕戦の松本戦で先発し、Jリーグ史上最年長記録の50歳を更新した。

3月12日の群馬戦でゴールを決め、自身の持つJリーグ最年長得点記録を50歳と14日に塗り替えた。この記録はイングランドスタンリー・マシューズの50歳5日という記録を上回る世界最年長ゴールであり、イギリス紙『ガーディアン』など世界でも報じられ、後に「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」としてギネス世界記録に認定された。

日本代表

代表デビュー〜エースとして

カズのフル代表デビューは1990年9月バングラデシュ戦。その後も ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/05/19 11:22

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「三浦知良」の意味を投稿しよう
「三浦知良」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

三浦知良スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「三浦知良」のスレッドを作成する
三浦知良の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail