このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三菱UFJ銀行とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年4月)
株式会社三菱UFJ銀行
MUFG Bank, Ltd.

三菱UFJ銀行本店

種類
株式会社
【機関設計】
監査等委員会設置会社
【市場情報】
非上場
【略称】
MUFG Bank、UFJ
【本社所在地】
日本
100-8388
東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
北緯35度40分42.6秒 東経139度45分51.2秒 / 北緯35.678500度 東経139.764222度 / 35.678500; 139.764222座標: 北緯35度40分42.6秒 東経139度45分51.2秒 / 北緯35.678500度 東経139.764222度 / 35.678500; 139.764222
【設立】
1919年(大正8年)8月15日
(株式会社三菱銀行)
業種
銀行業
法人番号
5010001008846
金融機関コード
0005
SWIFTコード
BOTKJPJT
【事業内容】
金融業
【代表者】
園潔(代表取締役会長)
三毛兼承(代表取締役頭取執行役員)
【資本金】
1兆7,119億5,800万円
【発行済株式総数】
127億773万8,122株
【売上高】
連結:4兆8,639憶87百万円
単体:3兆5,682億49百万円
(経常収益)
【経常利益】
連結:8,512億41百万円
単体:6,244億64百万円

【純利益】
連結:4,871億83百万円
単体:6,632億15百万円

【純資産】
連結:12兆8,695億67百万円
単体:10兆9,139億54百万円
【総資産】
連結:253兆3,121億57百万円
単体:225兆5,969億92百万円
【従業員数】
単体:33,524人

【決算期】
3月31日
【主要株主】
三菱UFJフィナンシャル・グループ:100%
【外部リンク】
https://www.bk.mufg.jp
特記事項:数値は2019年3月期有価証券報告書による。従業員数は、臨時従業員を含まない。
三菱UFJ銀行のデータ
統一金融機関コード
0005
SWIFTコード
BOTKJPJT
法人番号
5010001008846
【店舗数】
国内750
海外72
【貸出金残高】
87兆8,779億86百万円
【預金残高】
152兆8,706億74百万円
特記事項:
店舗数は同行ウェブサイトによる。 貸出金残高、預金残高は、2019年3月期有価証券報告書による。
東京営業部・新丸の内支店および事務拠点が入居していた大手町ビル(2012年解体)
多摩ビジネスセンター(東京都多摩市)

株式会社三菱UFJ銀行(みつびしユーエフジェイぎんこう、英語: MUFG Bank, Ltd.)は、本店を東京都千代田区に置く、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの(都市銀行の)一角を占める。

概要

2006年1月1日東京三菱銀行(BTM)とUFJ銀行(UFJ)が合併して「三菱東京UFJ銀行」として誕生した。当初は2005年10月1日を合併日と発表していたが、みずほ銀行における勘定系システムの失敗事例を教訓に、合併時のコンピューター・システムの接続作業に万全を期するため、合併が3ヶ月延期されている。存続会社は東京三菱銀行であり、金融機関番号(0005)や本店所在地も東京三菱(起源は三菱銀行)と同じである。なお、SWIFTコードについては東京銀行をそのまま引き継いでいる。登記上は1月1日に商号変更、1月4日に合併となっている。

旧UFJ銀行の前身である三和銀行の流れを引き継ぎ、大阪市京都市堺市指定金融機関を受託している。また、同じく旧UFJ銀行の前身である東海銀行の流れを引き継ぎ、愛知県および名古屋市の指定金融機関も受託している。一方、旧BTMはいずれの都道府県・政令指定都市の指定金融機関にもされていなかったが、東京都公営企業出納取扱金融機関(東京都交通局等)を旧:第一勧業銀行・旧:富士銀行と共に引き受けていたことから、現在はみずほ銀行と共に受託している。

外国為替専門銀行であった東京銀行時代の流れで、東京・大阪の各国際線主体の空港ターミナルビル内には成田空港支店、成田空港支店成田空港第2ビル出張所、大阪中央支店関西空港出張所 がそれぞれ設置されている。また名古屋営業部中部国際空港出張所は、地元愛知県でも店舗網が強かった、旧UFJの流れで設置された出張所である。

また東京銀行時代より発行されてきた割引金融債(「ワリトー」等)については、1996年の東京三菱銀行発足以降も6年間は特例として発行を認められたため、当行発足後も旧東京銀行店舗およびその承継店舗で債券償還(払い出し)の取り扱いを継続している。

なお、前身のひとつである東京三菱銀行は公的資金の返還を早期に完了させるなど、旧4大メガバンクの中では財務の健全性が強い銀行であった。不良債権処理の遅れたUFJ銀行を統合した事により、公的資金注入行に再転落したが、2006年6月9日にはその返済も完了させている。これを受け、1998年から自粛していた政治献金も、銀行業界の先陣を切って再開する方向で調整に入っていたが、不良債権処理を完了させてその間法人税を免除されたのに 政治献金の再開は国民感情を逆撫でするという批判を受けて見送りとなる。

2007年1月、カブドットコム証券が同行を所属業者とする銀行代理店業務を行うこととなり、「三菱東京UFJ銀行カブドットコム支店」(旧東京三菱店扱い)が開設された。

2008年には同行が設立関与したインターネット専業銀行であるじぶん銀行(現:auじぶん銀行)を所属業者とする銀行代理店業務を締結し、当行窓口や店舗設置のメールオーダーで同行の普通預金新規口座開設の媒介を行っている。

2009年1月を以て新システム移行が完了して、旧東京三菱店と旧UFJ店の共同店舗化も活発に行われているが、2013年6月現在も旧東京三菱店と旧UFJ店の間の(システム上での)店舗統合は一切行われておらず、発表もされていない。ただし、各種振込手数料について共同店舗間の振込は「同一店宛」の手数料が適用される。

2005年12月31日までの「三菱東京」は三菱東京フィナンシャル・グループ(MTFG)を指し、2006年1月1日以降の「三菱東京」は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱東京UFJ銀行を指すため、誤表記を招く要因となっている。

合併後の金融機関名称が長く、愛称で呼ばれることも多くなっている。合併前の地盤を引き継ぎ、関東周辺や銀行業界では「東京三菱」ないし「三菱」と呼ばれることが多いが、もともとUFJ銀行の前身である三和銀行・東海銀行の地盤だった近畿地方や東海地方では「UFJ」と呼ばれることが多い。

当行の前身にあたる三菱銀行の流れから三菱グループの企業で構成される三菱金曜会や三菱広報委員会に加盟する一方、UFJ銀行の前身にあたる三和銀行の流れから三和グループの企業で構成される三水会みどり会にも加盟している。

2017年5月、2018年4月1日を目途に法人貸出等業務を三菱UFJ信託銀行から会社分割方式によって移管すると発表した。またこれにあわせ、商号を「三菱東京UFJ銀行」から「三菱UFJ銀行」に変更(英文名もThe Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.からMUFG Bank Ltd.に変更)することも発表。2018年4月1日、商号を「三菱東京UFJ銀行」から「三菱UFJ銀行(英文名:MUFG Bank Ltd.)」に商号変更した(SWIFTコードのみは旧東銀のBOTKJPJTを継続)。 持株会社は2005年秋の再編時点で既に「三菱UFJフィナンシャル・グループ」になっており、これにそろえた形となる。

沿革

統合前の沿革については、三菱銀行東京銀行東京三菱銀行三和銀行東海銀行UFJ銀行を参照
三菱東京UFJ銀行 明石支店に設置されている看板(2006年から2015年に設置されたもの)
行名変更直後の西院支店。三菱東京UFJ銀行末期のデザインを踏襲している。

振込サービスの独自化

グループ本支店への振込手数料

三菱UFJフィナンシャル・グループ2006年5月22日から、同行および同グループの三菱UFJ信託銀行両社の個人預金者を対象に、自動化手段を利用して行う両社及びじぶん銀行(現:auじぶん銀行)の本支店宛振込の手数料を一律無料化した。 しかし、2013年12月20日から実施されたATMサービス内容の改定に伴い、ATM利用時の振込手数料の無料化は廃止となった。

ATM本支店振込の当日付取扱時間帯拡大

2008年5月12日の新システム稼動開始から、同行ATM(システム移行前のATMを含む)による本支店(一部の振込専用支店を除く)の普通預金・貯蓄預金宛振込の当日附(月曜~金曜の平日に限る)扱い時限を、従来の15時から18時に繰り下げた(2007年11月26日発表)。なお、同行の当座預金(一部カードローン口座を除く)・一部の振込専用支店宛は15時までで変わらない。2017年2月12日からは、自行ATM(イーネットローソンATMセブン銀行であれば、コンビニATMでも可能)または事前の設定を実施済みの三菱UFJダイレクトから自行本支店宛ての振込については24時間365日、普通預金、貯蓄預金、当座預金のいずれの預金科目宛であっても、即時入金となる。

キャッシュカード利用提携

府中支店(東京都)

BTMUでは自行ATMのみならずコンビニATMや全国のJAバンク、および一部の提携行との間での他行ATM手数料の条件付きでの時間内無料化を行うなどの利便性向上策を行っている。その一方で、東京スター銀行との間では、同行の一方的な手数料無料化施策に反発し、2008年11月4日をもってBTMUのキャッシュカードを東京スターのATMで利用不可とするなどの軋轢を生んでいる。

ATM提携関係の詳細については公式サイトの ATM・コンビニ関連 を参照

三菱UFJ銀行とディズニーキャラクター

採用30周年を記念した色鉛筆

三菱UFJ銀行は、日本の銀行で唯一「ディズニーキャラクター」をイメージキャラクターとして採用している。

これは、前身のひとつである三菱銀行が、同じ三菱財閥系の三菱地所東映と協力して行っていた「日本へのディズニーランド誘致運動」に呼応し、1962年12月1日にディズニー・プロダクションズ(当時)と版権契約を結び、ディズニーキャラクターを使用した「絵入り通帳」の取り扱いを開始して以来続いているものである。日本へのディズニーランド誘致は、三菱地所と競合していた三井不動産京成電鉄企業連合の子会社であるオリエンタルランドが権益を獲得したが(このため、東京ディズニーリゾート内には三井住友銀行の出張所とATMが設置されている)、以後現在に至るまでディズニーキャラクターが採用され、通帳やカード類、キャンペーンの景品などに使用されている。

ちなみに、富士銀行(みずほコーポレート銀行を経た現:みずほ銀行)も同時期に採用を図ろうとしたが、ディズニー社側の承諾を得られず断念している。

なお、「絵入り通帳」の取り扱い開始当初は、「普通預金」と「積立預金」の2種類の通帳が用意され、普通預金には「ディズニー預金」という名前が付けられた。また、キャラクターは、ドナルドダックバンビシンデレラピノキオなどが採用された。さらに、1963年1月からは、「ディズニー貯金箱シリーズ」が始まり、第1号である「ドナルドダック」の貯金箱が配布された。

携帯電話専業銀行「じぶん銀行」の設立

詳細は「auじぶん銀行」を参照

2006年4月、同行とKDDIの共同で、auをはじめとする携帯電話の利用者向けに、預金口座・決済・消費者金融等の取引を提供するための専業銀行を合弁会社として設立することに合意し、当初2007年度上半期までの開業を目指していたが、このたび準備会社として、2006年5月25日に設立されたモバイルネットバンク設立調査株式会社が、2008年6月17日に銀行業免許を取得し、株式会社じぶん銀行に社名を変更した。出資比率はKDDIと三菱東京UFJの折半出資となり、同年7月17日に営業開始した。 2019年4月1日にKDDI側の持ち株会社がauフィナンシャルホールディングス株式会社に変更となり、2020年2月9日に社名をauじぶん銀行株式会社と変更した。

関係が親密な地方銀行

(旧)三菱銀行系
(旧)三和銀行系
(旧)東海銀行系

関係が親密な大口融資先

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年4月)

(旧)三菱銀行

三菱財閥系列

(旧)島津財閥系列

(旧)森村財閥系列

その他親密先

(旧)三和銀行

関連会社

主要親密先会社

2010Happy Mail