このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三谷光男とは?

移動先: 案内検索
日本政治家
三谷 光男
【生年月日】
(1959-06-16) 1959年6月16日(58歳)
【出生地】
広島県呉市
【出身校】
大阪大学経済学部
【前職】
宮澤喜一衆議院議員秘書
【所属政党】
(民主党(野田グループ)→)
無所属
【称号】
経済学士
【公式サイト】
三谷光男 公式サイト
衆議院議員

【選挙区】
(比例中国ブロック→)
広島5区
【当選回数】
2回

三谷 光男(みたに みつお、1959年6月16日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(2期)。

内閣総理大臣補佐官(野田第3次改造内閣)、財務大臣政務官(野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)兼復興大臣政務官(野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)を歴任した。

目次

  • 1 来歴
  • 2 政策
  • 3 所属していた団体・議員連盟
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

来歴

広島県呉市生まれ。広島県立呉三津田高等学校大阪大学経済学部卒業。大学卒業後、松下幸之助が設立した松下政経塾に入塾する(第4期生)。

松下政経塾を卒業後、広島県選出の宮澤喜一衆議院議員の秘書を務める。宮澤が小渕内閣大蔵大臣に起用された際は大臣秘書官に就任した。宮澤の引退後は、地盤を引き継いだ宮澤洋一(宮澤喜一の甥)の政策担当秘書を務めた。

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙広島5区から無所属で出馬したが、自由民主党池田行彦に敗れた。落選後、民主党に入党。翌2004年、池田の死去に伴う補欠選挙に民主党公認で出馬したが、池田の女婿である寺田稔に敗れ、再び落選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙では広島5区で再び寺田に敗れたが、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、初当選した。2009年第45回衆議院議員総選挙では初めて広島5区で寺田を破り、再選(寺田は比例復活もならず落選)。

2011年9月、野田内閣財務大臣政務官に任命され、野田第1次改造内閣から復興大臣政務官を兼務する。2012年10月、野田第3次改造内閣内閣総理大臣補佐官(政治主導による政策運営及び国会対策担当)に起用された。

同年12月の第46回衆議院議員総選挙では広島5区から出馬するも前回下した寺田に敗れ、比例復活もならず落選した。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では広島5区から民主党公認で出馬する予定であったが、直前で体調不良を理由に断念した。

2017年10月の呉市長選挙に連合広島の推薦を受けて出馬するも落選。

政策

所属していた団体・議員連盟

脚注

  1. ^ 民主が1次公認発表【14衆院選】-時事ドットコム
  2. ^ 民主元職が出馬断念=広島5区【14衆院選】-時事ドットコム
  3. ^ “呉市長に新原氏が初当選 投票率は52・41%”. 中国新聞. (2017年11月13日). http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=388008&comment_sub_id=0&category_id=256 2017年11月13日閲覧。
  4. ^ “2012衆院選 広島5区 三谷光男”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A34005001001 2014年4月13日閲覧。

外部リンク

【公職】

先代:
吉田泉尾立源幸 |  財務大臣政務官
吉田泉と共同
若泉征三と共同

2011年 - 2012年 | 次代:
網屋信介柚木道義
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/01/12 05:41

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「三谷光男」の意味を投稿しよう
「三谷光男」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

三谷光男スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「三谷光男」のスレッドを作成する
三谷光男の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail