このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三越とは?

株式会社三越
Mitsukoshi, Limited

日本橋三越本店(国の重要文化財:2018年撮影)。

種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 2779
2003年9月1日 - 2008年3月26日
大証1部(廃止) 2779
2003年9月1日 - 2007年12月21日
名証1部 2779
2003年9月1日 - 2008年3月26日
東証1部 8231(旧法人)
1953年8月24日 - 2003年8月26日

【略称】
MITSUKOSHI
【本社所在地】
日本
103-8001
東京都中央区日本橋室町一丁目4番1号
【設立】
2003年(平成15年)9月1日
創業は1673年(延宝元年)
業種
小売業
【事業内容】
百貨店業ほか
【代表者】
代表取締役会長・中村胤夫
代表取締役社長兼営業企画本部長・石塚邦雄
【資本金】
374億404万円(2008年2月28日現在)
【売上高】
単体7293億円
連結7739億円
(2008年2月期)
【総資産】
単体5042億円
連結5707億円
(2008年2月期)
【従業員数】
単体6,713人
連結9,405人
(2007年8月31日現在)
【決算期】
毎年2月末
【主要株主】
三越伊勢丹ホールディングス 100%
【主要子会社】
株式会社二幸 100%
株式会社スタジオアルタ
株式会社三越友の会
【関係する人物】
三井高利(越後屋創業)
日比翁助(三越百貨店創業)
猪熊弦一郎(デザイナー)
やなせたかし(元社員)
岡田茂(元社長)
竹久みち
【外部リンク】
www.mitsukoshi.co.jp
特記事項:現在の法人は、2003年9月1日に旧三越と系列会社による新設合併で設立

三越(みつこし、英称:Mitsukoshi)は、株式会社三越伊勢丹ホールディングス傘下の株式会社三越伊勢丹が運営する日本の百貨店。また、株式会社三越は、かつてこれを運営していた会社である。

  1. 初代(1928年 - 2003年8月31日)
  2. 2代目(2003年9月1日 - 2011年3月31日) - 1.と株式会社名古屋三越・株式会社千葉三越・株式会社鹿児島三越・株式会社福岡三越が新設合併して発足。現在の株式会社三越伊勢丹の直接の前身。

商号の「三越」は、三井家の「三井」と創業時の「越後屋」からとったもので、1904年に「合名会社三井呉服店」から「株式会社三越呉服店」へ改称した際からのものである。1935年に竣工した日本橋本店は、国の重要文化財に指定されている。現在の同店のキャッチフレーズは、「飾る日も 飾らない日も 三越と」、「This is Japan」。

目次

  • 1 概説
  • 2 沿革
    • 2.1 越後屋・三井呉服店時代
    • 2.2 株式会社三越呉服店時代
    • 2.3 (初代)株式会社三越時代
    • 2.4 (2代目)株式会社三越時代
  • 3 三井高利と越後屋
  • 4 歴史に残る広告
  • 5 海外デザイナーとの提携
  • 6 通信販売
    • 6.1 テレショップ
      • 6.1.1 過去に放送した局
  • 7 大塚家具と協調販売
  • 8 読売ジャイアンツの優勝セール
  • 9 トリビア
    • 9.1 オリジナル観光バス
    • 9.2 包装紙と紙袋
    • 9.3 日本初のエスカレーターと、エレベーターの設置
    • 9.4 ライオン像
    • 9.5 御子様洋食
    • 9.6 パイプオルガン
    • 9.7 お江戸日本橋
  • 10 店舗
    • 10.1 直営店舗
      • 10.1.1 百貨店
      • 10.1.2 専門館事業部
      • 10.1.3 小型店舗事業部
    • 10.2 グループ企業店舗
      • 10.2.1 国内店舗
      • 10.2.2 海外店舗
      • 10.2.3 資本提携店
    • 10.3 過去に存在した店舗
      • 10.3.1 国内百貨店
      • 10.3.2 専門館
      • 10.3.3 小型店舗
      • 10.3.4 海外店
      • 10.3.5 提携百貨店
    • 10.4 系列店政策
    • 10.5 出店中止
  • 11 POSシステム
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

概説

江戸時代1673年(延宝元年)に「店前現銀売り(たなさきげんきんうり)」や「現銀掛値無し(げんきんかけねなし)」「小裂何程にても売ります(切り売り)」など、当時では画期的な商法を次々と打ち出して名をはせた、呉服店の「越後屋」(ゑちごや)として創業。現在では当たり前になっている正札販売を世界で初めて実現し、当時富裕層だけのものだった呉服を、ひろく一般市民のものにした。1928年には「株式会社三越」となった。

「三越」改称の案内の際に「デパートメントストア宣言」を行い、そのことを以て日本での百貨店の歴史が始まりとすることが多い。(実際の百貨店化の動きなどの日本の百貨店の始まりについての詳細は日本の百貨店の歴史参照)。また三井財閥(現三井グループ)のルーツとなった「越後屋」の呉服店事業を引継いだため、「三井財閥(現三井グループ)の礎を築いた企業である」とされることも多いが、企業としての三越としてみるならば、三井の事業から呉服店部門のみを「合名会社三井呉服店」として分離したのが始まりである。

2003年(平成15年)9月1日に、当時の「株式会社三越」とその子会社である「株式会社名古屋三越」「株式会社千葉三越」「株式会社鹿児島三越」「株式会社福岡三越」の百貨店5社が新設合併し、新「株式会社三越」が設立された。

売上高営業利益率は、グループ連結で1.09%、百貨店事業単独で0.799%と百貨店業界の中でも不振が続いていたため、2008年9月に百貨店4店舗・小売店2店舗の閉鎖を発表し、店舗の整理を始めた。また、経営統合後の再編方針により、2010年4月1日付で関東以外の店舗を分離した。

残った店舗については、2011年4月1日に伊勢丹と合併して発足した(存続会社は三越)「株式会社三越伊勢丹」の運営となった。また、同日には、札幌丸井今井札幌三越の両社も統合し(存続会社は札幌丸井今井)、「株式会社札幌丸井三越」が発足している。

三越呉服店

発祥は延宝元年(1673年)、伊勢松坂の商人三井高利(1622 - 1694)が、日本橋に開いた呉服店越後屋。大衆相手の店たな前さき売りの商法で繁盛し、江戸時代最大の呉服商といわれた。明治37年(1904年)、株式会社三越呉服店となった。「三越呉服店」の朱印の一部と、広報誌『時好』(4巻4号 1906年4月刊)の表紙の一部が書き写されている。

— 清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「三越呉服店」より抜粋

沿革

ゑちご屋チラシ
越後屋 復元看板(三井越後屋ステーションにて撮影)
名所江戸百景 駿河町(歌川広重)
越後屋の暖簾を見ることができる。
三越絵葉書明治大正時代
三越百貨店創業者・日比翁助

越後屋・三井呉服店時代

株式会社三越呉服店時代

(初代)株式会社三越時代

銀座四丁目交差点で向かい合う服部時計店(現・和光)と三越銀座店(1933年10月)

(2代目)株式会社三越時代

日本橋三越本店新館(2018年撮影)
以降、三越伊勢丹の企業体に関する項目は三越伊勢丹ホールディングスを参照

三井高利と越後屋

三井家(三井財閥)の元祖である三井高利によって1673年(延宝元年)江戸本町一丁目の借店(かりだな)に「越後屋三井八郎右衛門」を創業。1683年(天和3年)には、駿河町(現在の日本橋三越本店所在地)へさらに営業を拡大させ移転。同時に両替店を開設し、この両替店は現在の「三井住友銀行」へと発展することになる。 そして駿河町に店を構えると江戸中に札(広告)を配り、下記のような当時では画期的な商法を次々と打ち出し、当時富裕層だけのものだった呉服を、ひろく一般市民のものにした。

店前現銀売り(たなさきげんきんうり)
現金をたてまえとした店頭販売の実現。当時、あらゆる商売は、得意先に行って注文を聞き、あとから品物を持って行く「見世物商い(みせものあきない)」か、直接商品を得意先に持って行く「屋敷売り」が普通だった。得意先は大名、武家、大きな商家で、支払いは年に一度の「極月払い」か、年に二回の「節季払い」だった。資金の回転がなく、回収不能など危険負担が大変大きかった。
現銀掛値無し(げんきんかけねなし)
当時、値切られることを考慮して客に最初に提示する値段を実際の売値より高く提示し、客によって値段を上げ下げするのが慣習だったが、「正札販売」、つまり値段を札に書いて商品につけて実際のその価格で販売。「正札付き現銀掛値なし」として定価販売を世界で初めて実現した。
小裂何程にても売ります(切り売り)
呉服屋では、反物単位の販売しか行なわなかったが、客の需要に応じての切り売りは一般庶民から大好評を博し「日本永代蔵」で「ビロウド一寸四方でも売っている〜一寸四方も商売の種〜」と描写される。

歴史に残る広告

呉服店から百貨店への移行期の三越の広告は、時代の最先端なものとして 広告史上忘れてはならないものとして語り継がれている。

海外デザイナーとの提携

大丸ディオール・サロンに対抗して、三越もパリのオートクチュール・メゾンと提携した。

通信販売

テレショップ

かつてはテレショップも手がけていた。1970年、日本初の通販番組フジテレビの「東京ホームジョッキー」(運営はディノス。1972年から「リビング11」に改称)開始。この番組は1983年に終了するが、スタッフ、キャストがテレビ東京で、三越一社提供番組「レディス4」を開始することになった。同番組は2012年から「L4 YOU!」と改題されたが、「L4 YOU!」は2017年3月31日をもって終了したと同時に三越はテレショップから撤退した。当初は全国ネットだったが、ネット局は年々減少していき、末期は関東ローカルのみでの放送となっていた。

この番組の他、ミニ番組「三越テレショップ」も1988年に開始されたが、こちらも2015年9月30日をもって全局終了した。商品紹介はスタジオアルタのディレクターが担当していた。

「三越テレショップ」最終回を放送したテレビ局は以下の通り。

番組終了時点で放送していたテレビ局
【放送対象地域】
【放送局】
【系列】
【放送時間】
備考
関東広域圏 | テレビ東京(TX) | テレビ東京系列 | 月 - 金曜 13:32 - 13:35 | 
福島県 | テレビユー福島(TUF) | TBS系列 | 月 - 金曜 15:52 - 15:55 | 
新潟県 | 新潟テレビ21(UX) | テレビ朝日系列 | 月 - 金曜 11:57 - 12:00 | 『ワイド!スクランブル・第1部』(テレビ朝日制作)のローカル枠で放送
長野県 | 信越放送(SBC) | TBS系列 | 月 - 金曜 15:55 - 16:00 | 
静岡県 | 静岡朝日テレビ(SATV) | テレビ朝日系列 | 月 - 金曜 15:47 - 15:50 | 
広島県 | 広島ホームテレビ(HOME) | テレビ朝日系列 | 火 - 金曜 15:30頃 - 15:33頃 | 
愛媛県 | 南海放送(RNB) | 日本テレビ系列 | 月 - 金曜 15:50 - 15:53 | 最後の3回に限り、『news every.』月 - 木曜日第1部(日本テレビ制作)の
番販ネット開始に伴い、16:00頃 - 16:10頃の間のCM枠にて放送。
長崎県 | 長崎放送(NBC) | TBS系列 | 月 - 金曜 18:52 - 18:55 | 
熊本県 | 熊本放送(RKK) | TBS系列 | 月 - 金曜 14:55 - 15:00 | 

オンライン・ショッピングは、三越と伊勢丹(I On Line)が別々にあり、提携サイトとしてティファニーのサイトも独立してある。

過去に放送した局

大塚家具と協調販売

三越と大塚家具は、商品開発やホテルの内装を手掛ける建装事業などで、協力する方向性を打ち出した。

その手始めとして、年間20億円の赤字を出していた新宿店南館を1999年7月に閉館し、同年9月10日「IDC大塚家具新宿ショールーム」を賃貸入居させた。

その際、三越が大塚家具にお帳場客(上得意客)を紹介し、その客が大塚家具で家具を購入すれば、紹介手数料を受けるという契約も結んだ。ただし、この紹介制度は一定期間しか有効ではない。また、大塚家具は会員制を取っているので、一度目は「三越の紹介」扱いだったとしても、次からは「大塚家具」会員扱いになるため 紹介手数料は入らなくなる。

協調出店は、吉祥寺店や多摩センター店でも試みられたが、あまり芳しい実績とはならず、吉祥寺店は両社とも撤退、多摩センター店は大塚家具が立川高島屋への移転という形で終了している。現在は新宿店南館で家賃収入を得るだけの関係だが、赤字店舗をそのまま抱えるよりは良いという状況になっている。

読売ジャイアンツの優勝セール

2000年より「ジャイアンツフェスタ」を実施している。「読売ジャイアンツ」の商標を使用してのセールには、読売新聞社への商標使用の許諾料を支払う契約に基づいており、期間中はおたのしみ袋やジャイアンツグッズの販売する権利を得ている。

また、優勝パレードも日本橋本店前が起点で、銀座店を経由して銀座8丁目 博品館前までとなっており、開催に当たっては日本テレビなどで告知するため、当日多くのファンが集り、売上に貢献している。

従来、巨人軍優勝セール実施店は、そごうと相場が決まっていた。これは、そごう東京店が1957年から有楽町の読売会館に入居していたためだが、同社が2000年に経営破綻し読売会館から撤退。読売新聞社が代わりの協賛企業を募集した結果、三越が引き継ぐことになったもの。その縁で三越は読売新聞社からプランタン銀座の株式の30%の譲渡を受けることにもなった。プランタン銀座も読売新聞社が筆頭株主で、読売銀座ビルに入居しているので 「ジャイアンツセール」を実施する。

三越の実施店舗は、日本橋本店、銀座店の他、全国展開で、小型店(ギフトショップ)や海外店、提携店の沖縄三越まで含まれている。ただし、名古屋三越、広島三越等、他球団のホームにある店舗では他の催しに差し替えられることもある。

広島三越は広島東洋カープの優勝セールを2016年に実施している。

2008年「三越伊勢丹ホールディングス」設立以降、実施店は伊勢丹直営店にも拡大した(静岡や関西では実施していない)。 なお、協賛企業は三越伊勢丹だけではない(後述)。

ビックカメラは、そごう撤退後の2001年から読売会館に入居したため、2002年からセールを実施(関東・新潟地区限定)。

セブン&アイ・ホールディングスはスーパーのイトーヨーカ堂及びコンビニのセブン-イレブン(一部の店舗を除く)でも2005年から実施しているが、百貨店のそごう・西武では実施していない(現在のそごう・西武と西武鉄道には資本関係が全くないが西武百貨店が埼玉西武ライオンズのスポンサーのためライオンズセールが通例となっている。またイトーヨーカ堂とセブン-イレブンはジャ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/30 07:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「三越」の意味を投稿しよう
「三越」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

三越スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「三越」のスレッドを作成する
三越の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail