このキーワード
友達に教える
URLをコピー

三遊亭兼好とは?

三遊亭 兼好(さんゆうてい けんこう、1970年〈昭和45年〉1月11日 - )は、円楽一門会所属の落語家福島県会津若松市出身。二松學舍大学文学部卒業。本名は佐藤健司(さとう けんじ)。出囃子は『さんげさんげ』。主に古典落語を演じる。

目次

  • 1 人物
  • 2 略歴
  • 3 弟子
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

人物

三遊亭好楽の二番弟子、2008年9月に真打昇進。一門の共通点として弟子三人とも社会人からの転職である(兼好の場合、入門当時から妻子がいた)。

また、兼好が好楽に許されるまでに入門を願い出た回数と、好楽が元師匠8代目林家正蔵(後の林家彦六)に入門を願い出た数は同じである(共に4回目で許可が下りる)。

落語家に成る前は、さまざまな仕事を転々としており、落語との出会いは、27歳の頃に魚河岸で働いていた時で、仕事が昼頃には終わるので「安いお金で時間を潰せる所はないか?」と、寄席に通い始めたのがきっかけ。寄席に何回か通っていると、三遊亭好楽の高座に良く出会うので、「これは運命かな?」と思っていたころ、偶々家も近く、「この辺に(師匠の)家があるな」とスクーターで走っていたところ、偶然、好楽の散歩中に出くわして、「弟子にして下さい」とお願いをしたところ、好楽が「どうでもいいけど、ヘルメットを取れ」と言ったとのこと(その時は入門を断られる)。その後、3回(都合4回)入門を願い出たが、「年齢のこと」「既婚者であること」「子供もいること」などの理由で断られた。最終的に入門を許可されたのは、好楽が「じゃあ、奥さんに電話をして許可を取る」と兼好の妻に電話をし、初め、兼好の妻は三遊亭好楽のことを判っていなかったが、『笑点』に出ていると判ると一変し、「お宅の旦那が噺家に成りたいと言っているが」と聞くと「よろしくお願いします」と即答され、そして入門が許可されたとのこと。

略歴

弟子

三遊亭兼太郎(二ツ目)

三遊亭じゃんけん(前座)

三遊亭しゅりけん(前座)

脚注

  1. ^ テレビ朝日落語者」でのインタビューより

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/18 12:46

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「三遊亭兼好」の意味を投稿しよう
「三遊亭兼好」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

三遊亭兼好スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「三遊亭兼好」のスレッドを作成する
三遊亭兼好の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail