このキーワード
友達に教える
URLをコピー

上毛電気鉄道とは?

種類
株式会社
【市場情報】
非上場
【略称】
上電(じょうでん)、上毛(じょうもう)
【本社所在地】
日本
371-0016
群馬県前橋市城東町四丁目1番地の1(上電本社ビル)
【設立】
1926年(大正15年)5月27日
業種
陸運業
法人番号
1070001001485
【事業内容】
鉄道事業・不動産賃貸業
【代表者】
古澤 和秋
【資本金】
6,000万円
【主要株主】
東武鉄道(筆頭株主)・上信電鉄群馬銀行鹿島建設
【外部リンク】
http://www.jomorailway.com/

上毛電気鉄道株式会社(じょうもうでんきてつどう)は、群馬県に1路線を有する鉄道事業者である。略称は上電(じょうでん)。

中央前橋駅西桐生駅を結ぶ鉄道路線(上毛線)を運営する。筆頭株主は東武鉄道で、他に上信電鉄が大株主となっている。旧運輸省の欠損補助を受ける事業者の一つであった。

目次

  • 1 歴史
  • 2 鉄道事業
    • 2.1 路線
    • 2.2 車両
      • 2.2.1 過去の車両
      • 2.2.2 導入予定車両
    • 2.3 過去にあった路線計画
    • 2.4 上毛線再生等検討協議会懇談会
  • 3 企画乗車券
  • 4 グッズ販売
  • 5 バス事業(撤退)
  • 6 脚注
  • 7 参考文献
  • 8 関連文献
  • 9 外部リンク

歴史

上毛線の歴史については「上毛電気鉄道上毛線#歴史」を参照

鉄道事業

上毛線は1990年代後半以降の10年間で乗客が4割減の状況が続いている。また、大胡駅を最寄りとする群馬県立前橋東商業高等学校が、群馬県立前橋商業高等学校と合併のため2008年度をもって閉校したため、定期旅客収入の中核である通学利用が減少した。

職員数も合理化や退職、採用の凍結によって15年ほど前に比べ4割近く減員されたが、2007年には高校新卒職員の採用が久々に行われた。一部列車にはアテンダントも試験的に乗務している。

鉄道小荷物扱いも長らく行ってきたが、宅配便などの普及による衰退やワンマン運転実施により、廃止された。

路線

車両

上毛電気鉄道700形電車
上毛電気鉄道上毛線#使用車両」も参照

上記のほかに、動態保存目的で東急から電気機関車デキ3020形3021・東武から鉄製有蓋車テ200形241を譲り受け、大胡列車区にて保管している。両車とも車籍はない。

過去の車両

導入予定車両

過去にあった路線計画

上毛線の大胡から分岐し、伊勢崎を経由して埼玉県の本庄に至る路線の計画があったが、昭和の大恐慌のあおりを受けて実現しなかった。

群馬県立歴史博物館発売の資料「ぐんまの鉄道」によると、群馬県及び埼玉県内北部の都市間連絡鉄道として、以下の路線を計画していた。

なお、2004年まで使われていた旧坂東大橋は、上毛電鉄の路線計画を受け鉄道道路併用橋として使えるように設計されていた。戦後、軌道として使用される予定であった部分は交通量の増加により、道路として拡張された。

また、同資料によると東武鉄道との合併計画があったが、これも実現しなかった。

現在、他社連絡で直接接続しているのは東武鉄道桐生線赤城駅(上毛委託)しかない。昭和40年代に中央前橋駅 - 一毛町(現:城東駅)駅間から国・群馬県・前橋市からの補助金を交付されて国鉄(現:JR)前橋駅と接続するという計画があったが、上電プラザビル建設などの上電側の事情から実現しなかった。現在は、日本中央バスによるシャトルバスで接続を行っている。また、西桐生駅はかつて桐生市の都市整備計画で桐生駅での国鉄接続が検討されたが、事実上構想は立ち消えになっている。

上毛線再生等検討協議会懇談会

2007年に入ってからは群馬県交通政策課、沿線自治体、有識者で委員を構成する「上毛線再生等検討協議会懇談会」によるミーティングや公聴会・説明会などが開かれている。

2007年以降、県・沿線自治体の補助金を受けて運営している。

企画乗車券

上毛線の一日乗車券として、「赤城南麓1日フリー切符」(大人1300円、小児650円)を通年で発売している。また、10月と11月の土日と鉄道の日群馬県民の日に限り使える「鉄道の日&群馬県民の日記念ワンデーフリーパス」(大人1000円、小児500円)を枚数限定で発売している(例年、9月中に前売開始。その場合は使用時に窓口で日付を入れてもらう)。

60歳以上の人を対象に、9月の敬老の日に限り上毛線全線が1日乗り降り自由な乗車券「敬老の日ワンデーフリーパス」(500円)を中央前橋・江木・大胡・赤城・西桐生の各駅および営業課にて発売している。

グッズ販売

中央前橋駅には「上電グッズ」のガラスケースがあり、一部の小物は改札で問い合わせれば販売してもらえる。過去の切符類や大きいグッズは、北口から右に徒歩1、2分の本社内を入った3階総務部でも販売している(平日の9時から17時まで)。

バス事業(撤退)

1995年4月までバス事業を行っていた。前橋市を中心に沿線にて運行していたが、モータリゼーションなどで業績が悪く、路線バスは冷房車が1台もない状態だった。最後は新里駅発着の1路線のみとなり、貸切バス事業についても日本中央バスに事業譲渡して撤退した。

車両は日野自動車製に統一され、1987年から1993年までワンマン仕様のボンネットバス(BH15型)の復活運転も行っていた。ボンネットバスは引退後、日野自動車が引き取り、最初は県内の新田工場にて保管されていたが、東京都八王子市みなみ野の日野オートプラザに移された。2002年に創業60周年を記念して改装され、塗装も当時のカタログカラーに一新して東京モーターショーにも出展した。

脚注

  1. ^ 地域情報誌「桐生タイムス」2018年2月28日発行分。そこに掲載されていた上毛電気鉄道幹部のコメントを要約すると「中古車両も検討したが、当社は18m車であり、JRなどの20m車とは違いがあるため、これまでのように上毛の路線に相応しい車両が見当たらなかったため、約90年ぶりの新型車両導入を決断した」とある。
  2. ^ 群馬県など、上毛電鉄に19.5億円支援 - 日本経済新聞 2018年3月2日22時発信、同年同月5日閲覧。
  3. ^ 1924年(大正13年)6月に鉄道免許状(「鉄道免許状下付」『官報』1924年6月11日)が下付され、1934年(昭和9年)11月に鉄道免許失效と起業廢止が許可(「鉄道免許失效並起業廢止許可」『官報』1934年11月24日)された

参考文献

関連文献

外部リンク

東武グループ
鉄道 | 
 | 
バス・タクシー | 
  • 東武バス(地域会社・営業所)
  • 東武バスセントラル
  • 東武バスウエスト
  • 東武バスイースト
  • 東武バス日光
  • 朝日自動車(グループ)
  • 朝日カーメンテナンス
  • 国際十王交通
  • 関越交通
  • 桐生朝日自動車
  • 日光交通
  • 川越観光自動車
  • 茨城急行自動車
  • 阪東自動車
  • 東武ダイヤルバス
  • 東北急行バス

  • 貨物 | 
  • 東武運輸
  • 群馬ロジテム
  • 埼玉ロジテム
  • 嶋久運輸
  • 東海ロジテム
  • 東京ロジテム
  • 東武物流サービス
  • 栃木ロジテム
  • 富士通運
  • 水戸ロジテム
  • 東武デリバリー
  • 東武配送サービス

  • 流通産業 | 
  • 東武宇都宮百貨店
  • 宇都宮パーキングサービス
  • サンライフ・キャリアサービス
  • 東栄産業
  • 東武カードビジネス
  • 東武商事
  • 東武食品サービス
  • 東武ストア
  • 東武警備サポート
  • 東武フーズ
  • 東武百貨店
  • ガンプス・インターナショナル
  • コム・イースト
  • 総合パーキングサービス
  • 東武カルチュア
  • 東武セキュリティ
  • 東武友の会
  • ニッテイ事業社
  • フルール・ド・パリ

  • 住宅産業 | 
  • 東武エネルギーマネジメント
  • 錦糸町熱供給
  • 西池袋熱供給
  • 東武開発
  • 東武生コン運送
  • 東武計画
  • 東武計画技術センター
  • 東武計画設計センター
  • 東日本総研
  • 東武建設
  • 東武イマリン
  • 東武シェアードサービス
  • 東武土地建物
  • 東武電設工業
  • 東武ビルマネジメント
  • 日本パーキングビルサービス
  • 東武ランドシステム
  • 東武保険サービス
  • 東武谷内田建設
  • 東武緑地

  • レジャー産業 | 
  • 蔵王ロープウェイ
  • 蔵王リゾート
  • 林友観光
  • 東武タワースカイツリー(東京スカイツリータウン東京スカイツリー東京ソラマチ東京スカイツリーイーストタワー)
  • 東武興業
  • 伊香保カントリー倶楽部
  • 奥日光開発
  • 城山カントリー
  • 谷川岳ロープウェー
  • 東武コミュニケーションズ
  • 東武スポーツ
  • 東武セレモニー
  • 東武トップツアーズ
  • トラベルサービス
  • 東武ブライダル
  • 東武ホテルマネジメント
  • 仙台国際ホテル
  • 東武ホテル北海道
  • 東武ランドシステム
  • 東武レジャー企画(東武動物公園)
  • 東武ワールドスクウェア
  • ニッポンレンタカー東武
  • ホテル壯觀
  • 金谷ホテル

  • 根津財閥
    過去のグループ企業 | 
  • 根津財閥
  • 芙蓉グループ
  • 上野精養軒
  • 根津美術館
  • 根津記念館
  • 根津育英会武蔵学園(武蔵中学校・高等学校武蔵大学旧制武蔵高等学校)
  • 学校法人北海道武蔵女子学園(北海道武蔵女子短期大学)
  • 森林公園ウォータープール(閉鎖)
  • 会津高原リゾート
  • 池袋ターミナルビル
  • 金龍自動車交通
  • 松島ベイクルーズ
  • 東武ガス
  • トウブドラッグ
  • 東野交通
  • 東野観光
  • 那須交通
  • やしお観光バス
  • デリバリーサービス

  • 関連企業 | 
  • 上毛電気鉄道
  • 野岩鉄道
  • 埼玉新都市交通
  • 埼玉高速鉄道
  • 会津鉄道
  • 関東鉄道(バス営業所)
  • 松屋
  • おもちゃのまち
  • 常磐急行交通(解散)
  • 真岡鐵道
  • 会津乗合自動車
  • 筑波高速度電気鉄道(買収失敗)

  • 関連人物 | 
  • 根津嘉一郎 (初代)
  • 根津嘉一郎 (2代目)
  • 根津公一
  • 根津嘉澄

  • 関連項目 | 
  • アルナ車両(アルナ工機)
  • 芙蓉グループ


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/02/20 12:54

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「上毛電気鉄道」の意味を投稿しよう
    「上毛電気鉄道」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    上毛電気鉄道スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「上毛電気鉄道」のスレッドを作成する
    上毛電気鉄道の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail