このキーワード
友達に教える
URLをコピー

上田栄治とは?

移動先: 案内検索
 | 上田 栄治 | 

【名前】

【カタカナ】
ウエダ エイジ
【ラテン文字】
UEDA Eiji
【基本情報】

【国籍】
日本
【生年月日】
(1953-12-22) 1953年12月22日(64歳)
【出身地】
千葉県館山市
【身長】
176cm
【体重】
68kg
【選手情報】

【ポジション】
FW
【ユース】

【】
青山学院大学
【クラブ】


クラブ | 出場 | (得点)
1976-1982
フジタ工業 | 88 | (20)
【監督歴】

1999
ベルマーレ平塚
2000-2002
マカオ
2003-2004
日本女子
2004-2006
湘南ベルマーレ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

上田 栄治(うえだ えいじ、1953年12月22日 - )は、千葉県館山市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現在は日本サッカー協会特任理事、女子委員長を務めている。

目次

  • 1 略歴
  • 2 所属クラブ
    • 2.1 選手歴
    • 2.2 指導歴
  • 3 個人成績
  • 4 監督成績
  • 5 関連項目
  • 6 参考文献
  • 7 脚注

略歴

千葉県立薬園台高等学校から青山学院大学を経て、1976年から1983年までフジタ工業クラブサッカー部(現、湘南ベルマーレ)に加入。選手時代はフォワードとしてプレーし、日本サッカーリーグ(JSL)通算88試合20得点。JSL優勝3回、天皇杯優勝2回に貢献した。

選手引退後はフジタで9年間コーチを担当、その後はフロントに回りマネジメント業務を担当した。1996年にはベルマーレの統括部長代理に就任し、中田英寿の海外移籍の窓口にもなった。またそれと並行して日本サッカー協会のナショナルトレセンコーチ、強化(技術)委員などを務めた。

1999年にベルマーレ平塚の監督に就任。また監督就任のタイミングにあわせてフジタを退社し、プロコーチとして契約を交わした。しかし、前年度までの中心選手だった中田英寿の抜けたチームは開幕から最下位を独走し、シーズン途中で不振の責任を取り辞任した(その後平塚は最下位でJ2降格)。2000年から約2年半の間、アジアサッカー連盟の発展途上25カ国の一つであるマカオから、コーチの派遣要請を受け入れてマカオ代表、ユース代表チームで監督を務めた。2000年にAFCアジアカップ2000 (予選)日本代表と対戦した。

2002年8月から日本女子代表の監督に就任。2003 FIFA女子ワールドカップアテネオリンピック (2004年)出場に導いた。

2004年9月、低迷の続いていた湘南ベルマーレ監督に復帰。2005年の前半は昇格争いにも絡んだが徐々に失速して結局7位に終わる。2006年は第15節までの14試合で6勝4敗4分けとまずまずの成績を残していたがそこから5連敗を喫し、6月8日に成績不振の責任を取り辞任した。

2006年9月に日本サッカー協会女子委員長に就任。

2013年7月にJヴィレッジを運営する株式会社日本フットボールヴィレッジの代表取締役副社長に就任した

所属クラブ

選手歴

指導歴

個人成績

【国内大会個人成績】

【年度】
【クラブ】
【背番号】
【リーグ】
【リーグ戦】
リーグ杯
オープン杯
【期間通算】

【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】

【日本】
【リーグ戦】
JSL杯
天皇杯
【期間通算】

1976 | フジタ |  | JSL1部 |  |  |  |  |  |  |  | 
1977 |  | 4 |  |  |  |  |  |  | 
1978 |  |  |  |  |  |  |  |  | 
1979 |  | 18 |  |  |  |  |  |  | 
1980 |  |  |  |  |  |  |  |  | 
1981 |  | 16 | 5 |  |  |  |  |  | 
1982 |  |  |  |  |  |  |  |  | 
【通算】
【日本】
【JSL1部】
88 | 20 |  |  |  |  |  | 
【総通算】
88 | 20 |  |  |  |  |  | 

監督成績

【年度】
【所属】
【クラブ】
【リーグ戦】
【カップ戦】

【順位】
【試合】
【勝点】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
ナビスコ杯
天皇杯

1999 | J1 | 平塚 | 16位 | 15 |  | 3 | 0 | 12 | 1回戦敗退 | -
2004 | J2 | 湘南 | 10位 | 11 | 8 | 1 | 5 | 5 | - | 5回戦敗退
2005 | 7位 | 44 | 54 | 13 | 15 | 16 | - | 3回戦敗退
2006 | - | 19 | 22 | 6 | 4 | 9 | - | -
J1通算 | - | 15 | - | 3 | 0 | 12 |  | 
J2通算 | - | 74 | - | 20 | 24 | 30 |  | 
  • 1999年はファーストステージのみ(順位はステージ順位)。
  • 2004年は9月より(順位は最終順位)。
  • 2006年は途中解任。

関連項目

参考文献

  • 『1990-1991JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1990 ISBN 4-523-31032-7
  • 『1991-1992JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1991 ISBN 4-523-31033-5
  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-100-6
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-805-0
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-811-5
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-101-4
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-806-9
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-812-3
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2007』、コナミデジタルエンタテインメント、2007 ISBN 978-4-86155-840-5

脚注

  1. ^ 川端 2004 81-85頁。
  2. ^ 上田栄治技術委員会副委員長/女子委員長 インタビュー”. 東アジアサッカー連盟 (2017年1月). 2008年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月30日閲覧。
  3. ^ 2013年8月 就任のご挨拶(副社長 上田栄治)”. ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ (2013年8月). 2013年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月30日閲覧。
サッカー日本女子代表監督
サッカー日本女子代表歴代監督
鈴木良平 1986-1989 | 鈴木保 1989-1996 | 宮内聡 1997-1999 | 鈴木保 1999 | 池田司信 2000-2001 | 上田栄治 2002-2004 | 大橋浩司 2004-2007 | 佐々木則夫 2008-2016 | 高倉麻子 2016-


日本女子代表 - 2003 FIFA女子ワールドカップ
 | 

日本女子代表 - 2004 アテネ五輪 サッカー競技
 | 


湘南ベルマーレ及びその前身チーム歴代監督
藤和不動産 | 

フジタ工業 | 

フジタSC | 

ベルマーレ平塚 | 

湘南ベルマーレ | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/01/18 00:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「上田栄治」の意味を投稿しよう
「上田栄治」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

上田栄治スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「上田栄治」のスレッドを作成する
上田栄治の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail