このキーワード
友達に教える
URLをコピー

上覧相撲とは?

上覧相撲(じょうらんずもう)は、将軍の観戦する大相撲のこと。

広義には、鎌倉時代室町時代にも上覧相撲は行われていた。これは武芸としての相撲の技を、武が主君である将軍に披露し競いあったものである。また戦国大名もしばしば相撲大会を催し、優秀な者は家臣に取り立てることもあった。

鎌倉時代には『吾妻鏡』に相撲奉行という役名が出てくるが、これは上覧相撲の進行、事務の監督など行ったものであり、勝負を裁いたものではない。

狭義の上覧相撲は、興行としての勧進相撲の成立した江戸時代、11代将軍徳川家斉と12代徳川家慶の時代に、いずれも江戸城吹上で計7回催されたものを指して言う。

力士を抱える諸大名にすると、「上様の覚えめでたき」を得られるかどうかがかかっていた。各力士は主君からその旨を厳しく申し付けられ、場合によっては抱えを解かれることさえあった。そのため、上覧相撲は本場所以上の真剣勝負の場となり、当時よくあった預り無勝負も、上覧にかぎっては適用されなかった。

幕府側の思惑としては上覧相撲によって「寛政の改革」で娯楽を制限された庶民の不満をかわしつつ、江戸相撲側に対して相撲興行の地位を確たるものにする絶好の機会を与えるというものがあったとされる。

上覧相撲の一覧

以上家斉時代。

以上家慶時代。

寛政3年(1791年)の最初の上覧相撲は、大坂相撲京都相撲に遅れをとっていた江戸相撲がこれを挽回するために企図した側面も強い。興行政策上のものだった横綱制度も、上覧を得て権威づけがなされることになった。小野川の「気負け」の逸話にしても、上覧を機に相撲家元の地位を確固としたかった追風のパフォーマンスだったという説もある。

脚注

  1. ^ 大空出版『相撲ファン』vol.06 p103
  2. ^ 『相撲』2014年3月号95頁
相撲
大相撲 | 
番付 | 
幕内 | 



力士・記録 | 

年寄行司 | 

相撲界
(角界) | 

本場所 | 

花相撲 | 

団体・施設 | 

マスメディア | 

不祥事・騒動 | 

関連項目 | 


アマチュア
相撲
 | 

世界の相撲 | 

各種相撲 | 

相撲用語 | 
あ行 | 
  • 相星
  • 明荷
  • あんこ
  • あんま
  • 泉川
  • 一番出世
  • 痛み分け
  • えびすこ
  • おっつけ
  • 大銀杏
  • 大坂相撲
  • 恩を返す

  • か行 | 

    さ行 | 

    た行 | 

    な行 | 

    は行 | 

    ま行 | 

    や行 | 

    ら行 | 

    わ行 | 


    団体・施設 | 

    関連項目 | 


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2020/03/29 15:08

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「上覧相撲」の意味を投稿しよう
    「上覧相撲」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    上覧相撲スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「上覧相撲」のスレッドを作成する
    上覧相撲の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail