このキーワード
友達に教える
URLをコピー

世界名作劇場とは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2008年6月)

世界名作劇場(せかいめいさくげきじょう)は、主に日本アニメーション(以下、日アニ)が制作して『カルピスこども名作劇場』や『ハウス食品・世界名作劇場』といった名称で放送されているテレビアニメシリーズである。

世界名作アニメ世界名作アニメ劇場とも呼ばれる。

最広義には、1969年の『ムーミン』以後の作品、日本アニメーションの公式では同社制作の1975年の『フランダースの犬』以後を指す。

概要

これまで約26作(数え方によって異なる)が製作・放送され、日本を代表するテレビアニメシリーズの一つとして知られている。音楽面でも渡辺岳夫などの著名な作曲家が多数参加しており、主題歌群も家族向けのアニメソングコンサートなどでしばしば歌われている。

すべての作品はフジテレビ系列で毎週日曜日の夜19時30分より本放送されていたため、かつてはフジテレビを代表するアニメ番組と認識されていた時期もある。

どの作品以後を『世界名作劇場』シリーズに含めるのかは、諸説ある。

『世界名作劇場』という名前がついたのは1979年放送の『赤毛のアン』からであり、それまでは『カルピスこども劇場』や『カルピスファミリー劇場』という名前がついていた。『赤毛のアン』以降は提供がカルピスの一社だけで無くなったためシリーズ名を何度か変更しているが、本項では日アニが公式にシリーズの総称としており一般的にも認知されている『世界名作劇場』を項目名とした。

オリジナル作品である『七つの海のティコ』を除けば、ほとんどの作品において、原作者が既に故人であることが多く、放送期間中に原作者が存命だった作品では『南の虹のルーシー』、『アルプス物語 わたしのアンネット』、『大草原の小さな天使 ブッシュベイビー』、『こんにちは アン 〜Before Green Gables』の4作のみである。

作風

基本的には世界中で古くから親しまれてきた小説・童話などを選び、ファミリー向けアニメとするための脚色を加えてアニメ化している。主な視聴者である子供たちからの共感が得やすいという理由から、原則として主人公が子供の原作が選ばれている。主人公の年齢が原作から改変されることもある。少女が主人公の作品が多いのも特徴で、原作と異って少女が主人公になるように改変されたり、原作に登場しない少女が主人公になっているケースもある。題名には主人公の名前が使われることが多く、原題+主人公の名前という題名も多い。

ほとんどの作品において、小動物が主人公のペット・マスコットキャラクターとして登場している(このことに関してはマーチャンダイジングの項を参照のこと)。

初期

放送時期の初期である1970年代から人気番組で、日曜日宵の幼い子供のいる家庭の定番番組であった。

1997年3月に『家なき子レミ』の放送終了をもって『フランダースの犬』から続いた世界名作劇場の地上波シリーズは全23作、22年3か月の歴史に幕を閉じた。後番組は同じく日アニ製作のテレビアニメ『中華一番!』で、その後もアニメ数作品が放送されたが、2006年の『ONE PIECE』の時間帯移動をもって、フジ日曜19時台のアニメ枠は完全に消滅した。

2007年から2009年までの復活作

BSフジでの放送

2002年、日アニは『少女コゼット(邦題)』の制作を発表した。この報道後数年間の沈黙の後、世界名作劇場として10年ぶりの新作となる第24作『レ・ミゼラブル 少女コゼット』、第25作『ポルフィの長い旅』、第26作『こんにちは アン 〜Before Green Gables』の計3作が、2007年から2009年までにBSフジで放送された。

地上波での放送

地上波では現時点で『こんにちは アン』のみ、各地方局でも放送開始された(詳しくは同アニメの放送局を参照)。新作が『家なき子レミ』以来、約12年ぶりに地上波での放送となった。

時代設定

作品の時代設定としては、19世紀から現代まで幅広く、特に19世紀後半が比較的多い。

1819年の件から始まる『レ・ミゼラブル 少女コゼット』が最も古く、19世紀前半を舞台とした作品では他に『トム・ソーヤーの冒険』、『南の虹のルーシー』がある。

19世紀後半では『フランダースの犬』、『ペリーヌ物語』、『家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ』、『小公女セーラ』、『愛の若草物語』など。

20世紀前半では『あらいぐまラスカル』、『私のあしながおじさん』、『愛少女ポリアンナ物語』、『牧場の少女カトリ』など。

第二次世界大戦以降では『ポルフィの長い旅』、『大草原の小さな天使 ブッシュベイビー』、『七つの海のティコ』の3作品のみである。

1810年から1860年

レ・ミゼラブル 少女コゼット 南の虹のルーシー トム・ソーヤーの冒険 フランダースの犬 家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ ロミオの青い空

1860年から1890年

アルプスの少女ハイジ 愛の若草物語 家なき子レミ 母をたずねて三千里 ナンとジョー先生 小公女セーラ 小公子セディ

1890年から1910年

ペリーヌ物語 こんにちは アン 〜Before Green Gables 赤毛のアン わたしのアンネット ピーターパンの冒険

1910年から1945年

あらいぐまラスカル 牧場の少女カトリ 愛少女ポリアンナ物語 私のあしながおじさん 名犬ラッシー トラップ一家物語

1945年から現代

ポルフィの長い旅 大草原の小さな天使 ブッシュベイビー 七つの海のティコ

再放送

初期から中断前まで

まずは本放送を行うフジテレビとその系列局が始めた。名作劇場の人気が全盛だった時期には、系列局において初期 - 中期の作品の再放送が一社提供で行われた例も多い。

本放送中断時期以後

約10年間新作が作られなくなった時期からフジテレビ以外の民放系列局・NHKBS2ほか様々なメディアで再放送されるようになった。

日本アニメーション関係会社のJanime.comの配給により、2004年からインターネットテレビGYAO!(旧:Yahoo!動画)で世界名作劇場全作品の全話が有料動画配信されている。また、YouTubeの公式チャンネル「日本アニメーションチャンネル」上で、『こんにちは アン 〜Before Green Gables』を除く各作品の第1話が無料視聴できる。

DVDビデオソフト

本シリーズの初DVDビデオ化作品は松竹映画版の「THE DOG OF FLANDERS(劇場版 フランダースの犬)」であり、1998年に東芝デジタルフロンティアコンテンツ事業部から発売、2007年以降バンダイビジュアルが再発売している。

テレビアニメの『フランダースの犬』から『家なき子レミ』については全作品全話をバンダイビジュアルが順送りでセルDVD(DVDビデオ)化し、1999年から2002年11月にかけてほぼ毎月のペースで発売された(各巻4-6話収録で3980円)。2001年頃発売タイトルからレーベルがBANDAIからEMOTIONへ変更された。2009年4月に初期作品を1890円の廉価版として再発売したり、一部作品で描き下ろしジャケットイラストによる廉価版DVD-BOXを新たに発売している。

『コゼット』以降の再開後3作品は、初回放送月から約6-8ヶ月遅れで同じくEMOTIONからリリースされたが、『こんにちは アン』のみ当初から1890円の価格で発売された。

完結版

1975年から1997年に放送された地上波の旧作

BSフジ開局記念の一環で2000年12月から2001年8月にかけ、23作品について45分の前後編2部構成の総集編とした「世界名作劇場 完結版」が、番組としてBSフジと日本アニメーションの制作により放送された。新たに収録したナレーション解説が追加されており、冒頭部の概要説明は藤田淑子、本編中は登場キャラクターを演じた声優もしくはその母をたずねて三千里での高乃麗など声質に近い声優が担当している。

本放送の後、順次バンダイビジュアルから描き下ろしのカラーイラストをジャケットに使用し「ばっちしV」としてVHSやDVDソフト化されている他、CS放送局のキッズステーション(番組名は改題)、アニマックスカートゥーン ネットワーク(ポップコーンスペシャル内)でも再放送された。2006年末には『レ・ミゼラブル 少女コゼット』放送決定記念企画として、BIGLOBEで23作品が期間限定で動画配信された。

また、完全版の構成を基に、2001年から2003年にかけて23作品がぎょうせいの「絵本アニメ 世界名作劇場」というアニメ絵本で出版されており、DVDのジャケットイラストを表紙として使用している。

2007年から2009年にBSフジで放送された復活作

2011年にOVAとして先の23作と同じスタイルで日本アニメーション単独で制作され、同年7月22日に単巻のDVDソフトと、先の23作を合わせた「―完結編」DVD-BOXがバンダイビジュアルから発売されている。

テレビ放送では現時点で「ポルフィ」の完結版を除く2作品が、それぞれ2011年8月にCS放送局のアニマックスでテレビ初放送され、後に2013年ではカートゥーン ネットワークでも何度か再放送された(放送月については、各作品を参照)。

マーチャンダイジング

前述のように作品中には動物が登場することが多いが、原作に存在しなくてもアニメオリジナルで登場させることが多い。これはぬいぐるみなどの商品化が目的の一つである。嚆矢は『母をたずねて三千里』のアメデオである。日本アニメーション松土隆二は「うちもやっぱりマーチャン必要で、制作費の補填をしたい」と述べている。

松土によると『トム・ソーヤの冒険』ではミシシッピ川にいるワニを出そうとしたが没になったそうである。『私のあしながおじさん』と『トラップ一家物語』では会社から小動物を出すよう指示を受けたが、既に会社を辞めるつもりだった松土は拒否したそうである。

番組と連動して指定の電話番号に電話をかけると自動音声が流れ作品のキャラクターたちが織り成すテレビ未放送のチェインエピソードを聞くことができた。

輸出

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2009年4月)

世界名作劇場が始まった頃は虫プロの倒産、東映動画の累積赤字などアニメ業界の景気が悪かった。このため各社は制作費回収のため、作品を海外に輸出することを前提として制作していた。名作劇場も同様に海外市場を睨んで制作され、韓国台湾中国フィリピンなどの東南アジアヨーロッパ諸国・中東など世界各地で放送された。特にフィリピン・イタリアでは『名犬ラッシー』を除く全作品が放送されており、香港では『レ・ミゼラブル 少女コゼット』まで放送、ドイツについても『小公子セディ』を除いて『ロミオの青い空』まで放送されている。一方、アメリカ合衆国では『トム・ソーヤーの冒険』『ふしぎな島のフローネ』と『若草物語』の数話分しか紹介されておらず、イギリスでは『ピーターパンの冒険』しか放送されていない。

『ペリーヌ物語』はフランスの建物、街並み他の風景が明らかに現実とかけ離れていたため、フランスでは放送されなかった。また、『フランダースの犬』は舞台であるベルギーでは放送されなかった。

ゲーム作品

1995年に「世界名作劇場」のタイトルでピコソフトがセガ・エンタープライゼス(現・セガトイズ)より発売。4作品を題材にしており、1ページ目は『母をたずねて三千里』、2ページ目は『トム・ソーヤーの冒険』、3ページ目は『フランダースの犬』、4ページ目は『七つの海のティコ』、5ページ目は名作劇場を自分で作っていくという内容である。いずれも劇中にはそれぞれの主題歌がインストゥルメンタルで流れている。

パチンコ化

2008年、銀座からパチンコ「CRフランダースの犬と世界名作劇場」が発売された。表題にもある「フランダースの犬」の他、「母をたずねて三千里」・「ふしぎな島のフローネ」が演出のベースとなっている。

ただし、子供向けの作品である本作群が、ギャンブルのイメージが強いパチンコとしてデビューしたことや、ネロが天に召されると大当たりという演出に対し、かなりの批判も見られた。

レストラン

2016年11月には、日アニ本社(多摩市)近くのアリオ橋本に『世界名作劇場 Fan Fun Kitchen』がオープンした。赤毛のアン、母を訪ねて三千里、フランダースの犬、あらいぐまラスカルのキャラクターをあしらったスイーツや軽食を提供。2019年1月20日をもって閉店。

コミカライズ

2017年12月18日よりNHN comico運営のコミック・ラノベアプリであるcomico・comico PLUSにて世界名作劇場学院のタイトルでコミカライズが配信開始、2018年7月2日に最終回の24話が配信された。作者は早乙女智美/sunbird。

シリーズ一覧

冠 作数 タイトル 放送期間 話数 舞台 原作 脚注
カルピス
まんが劇場 |  | どろろと百鬼丸(13話までは「どろろ」) | 1969年4月6日 - 9月28日 | 全26話 | 日本 | 手塚治虫 | 
 | ムーミン | 1969年10月5日 - 1970年12月27日 | 全65話 | フィンランド | トーベ・ヤンソン | 
 | アンデルセン物語 | 1971年1月3日 - 12月26日 | 全52話 | 無し | ハンス・クリスチャン・アンデルセン
 | ムーミン(新) | 1972年1月9日 - 12月31日 | 全52話 | フィンランド | トーベ・ヤンソン
 | 山ねずみロッキーチャック | 1973年1月7日 - 12月30日 | 全52話 | アメリカ | ソーントン・バージェス | 
 | アルプスの少女ハイジ | 1974年1月6日 - 12月29日 | 全52話 | スイス/ドイツ | ヨハンナ・シュピリ
第1作 | フランダースの犬 | 1975年1月5日 - 12月28日 | 全52話 | ベルギー | ウィーダ | 
カルピス
こども劇場
第2作 | 母をたずねて三千里 | 1976年1月4日 - 12月26日 | 全52話 | イタリア
アルゼンチン | エドモンド・デ・アミーチス | 
第3作 | あらいぐまラスカル | 1977年1月2日 - 12月25日 | 全52話 | アメリカ | スターリング・ノース | 
カルピス
ファミリー劇場 | 第4作 | ペリーヌ物語 | 1978年1月1日 - 12月31日 | 全53話 | フランス | エクトール・アンリ・マロ | 
世界名作劇場 | 第5作 | 赤毛のアン | 1979年1月7日 - 12月30日 | 全50話 | カナダ | L・M・モンゴメリ | 
第6作 | トム・ソーヤーの冒険 | 1980年1月6日 - 12月28日 | 全49話 | アメリカ | マーク・トウェイン | 
第7作 | 家族ロビンソン漂流記
ふしぎな島のフローネ
 | 1981年1月4日 - 12月27日 | 全50話 | スイス
オーストラリア | ヨハン・ダビット・ウィース | 
第8作 | 南の虹のルーシー | 1982年1月10日 - 12月26日 | 全50話 | オーストラリア | フィリス・ピディングトン | 
第9作 | アルプス物語
わたしのアンネット
 | 1983年1月9日 - 12月25日 | 全48話 | スイス | パトリシア・メアリー・セントジョン | 
第10作 | 牧場の少女カトリ | 1984年1月8日 - 12月23日 | 全49話 | フィンランド | アウニ・ヌオリワーラ  | 
ハウス食品
世界名作劇場 | 第11作 | 小公女セーラ | 1985年1月6日 - 12月29日 | 全46話 | イギリス | フランシス・ホジソン・バーネット | 
第12作 | 愛少女ポリアンナ物語 | 1986年1月5日 - 12月28日 | 全51話 | アメリカ | エレナ・ホグマン・ポーター | 
第13作 | 愛の若草物語 | 1987年1月11日 - 12月27日 | 全48話 | ルイーザ・メイ・オルコット | 
第14作 | 小公子セディ | 1988年1月10日 - 12月25日 | 全43話 | アメリカ/イギリス | フランシス・ホジソン・バーネット | 
第15作 | ピーターパンの冒険 | 1989年1月15日 - 12月24日 | 全41話 | イギリス | ジェームス・マシュー・バリー | 
第16作 | 私のあしながおじさん | 1990年1月14日 - 12月23日 | 全40話 | アメリカ | ジーン・ウェブスター | 
第17作 | トラップ一家物語 | 1991年1月13日 - 12月22日 | 全40話 | オーストリア | マリア・フォン・トラップ | 
第18作 | 大草原の小さな天使
ブッシュベイビー
 | 1992年1月12日 - 12月20日 | 全40話 | ケニア | ウィリアム・H・スティーブンソン | 
第19作 | 若草物語 ナンとジョー先生 | 1993年1月17日 - 12月19日 | 全40話 | アメリカ | ルイーザ・メイ・オルコット | 
第20作 | 七つの海のティコ | 1994年1月16日 - 12月18日 | 全39話 | 七つの海 | アニメオリジナル | 
世界名作劇場 | 
第21作 | ロミオの青い空 | 1995年1月15日 - 12月17日 | 全33話 | スイス/イタリア | リザ・テツナー | 
第22作 | 名犬ラッシー | 1996年1月14日 - 8月18日 | 全26話 | イギリス | エリック・ナイト | 
第23作 | 家なき子レミ | 1996年9月1日 - 1997年3月23日 | 全26話 | フランス | エクトール・アンリ・マロ | 
1997年4月 - 2006年12月の間シリーズ中断。
ハウス食品
世界名作劇場
(BSフジ) | 第24作 | レ・ミゼラブル 少女コゼット | 2007年1月7日 - 12月30日 | 全52話 | フランス | ヴィクトル・ユゴー | 
第25作 | ポルフィの長い旅 | 2008年1月6日 - 12月28日 | 全52話 | ギリシャ/イタリア/フランス | ポール・ジャック・ボンゾン | 
2009年1月 - 同年3月の間シリーズ中断。
世界名作劇場
(BSフジ) | 第26作 | こんにちは アン
〜Before Green Gables
 | 2009年4月5日 - 12月27日 | 全39話 | カナダ | バッジ・ウィルソン | 

放送局

『フランダースの犬』から『家なき子レミ』まで。系列は当シリーズ終了時(1997年3月)のもの。

【対象対象地域】
【放送局】
【当時の系列】
備考
関東広域圏 | フジテレビ | フジテレビ系列 | 制作局
北海道 | 北海道文化放送 | 
青森県 | 青森放送 | 日本テレビ系列 | 『愛の若草物語』までは遅れネットで定期放送。ネット休止を挟んで、『私のあしながおじさん』は本放送終了後に放送、以後ネット打ち切り。
青森テレビ | TBS系列 | 『小公子セディ』のみ遅れネット
岩手県 | 岩手放送 | 現:IBC岩手放送。『ピーターパンの冒険』まで放送
岩手めんこいテレビ | フジテレビ系列 | 1991年4月開局から放送
宮城県 | 仙台放送 | 
秋田県 | 秋田テレビ | 1987年3月までテレビ朝日系列とクロスネット
山形県 | 山形テレビ | テレビ朝日系列 | 1980年3月まで同時ネット。それ以降は時差ネット。『大草原の小さな天使 ブッシュベイビー』まで放送。1993年3月までフジテレビ系列
さくらんぼテレビ | フジテレビ系列 | 『若草物語 ナンとジョー先生』以降を1997年4月開局後に放送
福島県 | 福島テレビ | 1983年3月までTBS系列とクロスネット。1983年10月から同時ネット
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/27 07:32

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「世界名作劇場」の意味を投稿しよう
「世界名作劇場」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

世界名作劇場スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「世界名作劇場」のスレッドを作成する
世界名作劇場の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail