このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中利夫とは?


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


中 利夫(なか としお、1936年4月28日 - )は、群馬県前橋市出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ監督解説者評論家

登録名を頻繁に変えており、入団時は「利夫」、その後は1964年に「三夫」、1965年に「暁生」、監督時代は「利夫」。コーチ時代は「登志雄」もしくは「利夫」。解説者としては本名の「利夫」を使用。

経歴

前橋高校では1年生時の1952年秋からエース、中軸打者として活躍、主将も務めた。1953年夏の甲子園県予選準決勝に進むが、桐生工に敗退。同年の秋季関東大会県予選も準決勝で桐生高に敗れる。3年次の1954年には春季関東大会県予選決勝で桐生工を降し優勝、関東大会に進むが準々決勝(初戦)で水戸農に惜敗した。同年夏の甲子園県予選は肩痛で初戦敗退。

現役時代

1955年中日ドラゴンズへ入団。2年目の1956年には、前年に中堅手であった本多逸郎一塁手に回る。その後継として開幕から一番打者、中堅手として起用され、初の規定打席(9位、打率.262)に達した。その後はやや低迷するが、1960年には打率.312(3位)を記録し、盗塁王を獲得。守備面では1963年1965年にシーズン350刺殺のリーグ新記録を作る。流し打ちの技術をマスターし、1964年に打法をアッパースイングからダウンスイングに変えてからは高打率を残すようになる。同年からは高木守道と一、二番を組みチャンスメーカーとして活躍。1967年には王貞治近藤和彦と熾烈な打率争いを繰り広げるが、セーフティーバントを連続成功させたことが功を奏し、打率.343で首位打者を獲得。1968年に眼疾により長期欠場を余儀なくされるが、無事にカムバックした。1972年引退。

引退後

中日で二軍打撃コーチ(1973年 - 1976年)、一軍打撃コーチ(1977年1984年1986年)、監督(1978年 - 1980年)、一軍作戦走塁コーチ(1985年)を歴任。

CBC解説者や中日スポーツ評論家(1981年 - 1983年)を務めた。

広島東洋カープ二軍打撃コーチ(1987年 - 1988年)・二軍監督(1989年 - 1990年)を務めた。

広島退団後はテレビ愛知(1991年 - 1996年)・三重テレビ解説者を経て、現在は中日新聞評論家・東海ラジオ解説者(2012年 - )。

プロ野球マスターズリーグの名古屋80D'sersでは監督・選手として参加(現在はコーチ)。

2003年から2006年まで中日OB会の会長も務めた。

2010年の日本シリーズ第1戦(ナゴヤドーム)では始球式を務めた。

球団コーチ・監督時代

中日監督

監督就任時はチーム待望の生え抜き監督であると同時に片腕として稲尾和久を投手コーチに招聘し、また現役時代の監督だった水原茂にあやかり背番号を30にして話題になったが、故障者の続出もあり就任3年目に最下位に転落。その責任を取り、辞任した。

宇野勝は中の監督時代にレギュラーになったが、一方で平野謙に関しては中は平野を整理リスト(クビ要因)に入れており、中が監督退任したことと後任監督の近藤貞雄の意向で平野は残留になった。

広島時代

中にとっては唯一のNPBでの中日以外の球団への在籍経験であり、コーチ人事で選手としての在籍経験者(生え抜き・外様を問わず)を優先する傾向の強い広島球団としては異例の、純然たる外様かつ他球団監督経験者の招聘だった。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1955 | 中日 | 17 | 19 | 17 | 3 | 3 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 3 | 2 | .176 | .263 | .176 | .440
1956 | 119 | 413 | 385 | 39 | 101 | 17 | 6 | 3 | 139 | 26 | 14 | 11 | 11 | 1 | 13 | 0 | 1 | 33 | 2 | .262 | .288 | .361 | .649
1957 | 87 | 252 | 233 | 24 | 55 | 7 | 0 | 2 | 68 | 17 | 15 | 6 | 5 | 3 | 11 | 0 | 0 | 14 | 0 | .236 | .267 | .292 | .559
1958 | 97 | 391 | 339 | 47 | 84 | 15 | 2 | 5 | 118 | 24 | 26 | 7 | 28 | 5 | 16 | 0 | 2 | 19 | 2 | .248 | .282 | .348 | .630
1959 | 75 | 310 | 267 | 54 | 71 | 12 | 1 | 15 | 130 | 38 | 10 | 9 | 9 | 1 | 29 | 1 | 2 | 23 | 1 | .266 | .341 | .487 | .828
1960 | 130 | 531 | 465 | 80 | 145 | 21 | 9 | 7 | 205 | 31 | 50 | 15 | 11 | 2 | 48 | 3 | 2 | 38 | 3 | .312 | .377 | .441 | .818
1961 | 128 | 544 | 480 | 88 | 130 | 14 | 11 | 13 | 205 | 39 | 30 | 17 | 11 | 3 | 46 | 4 | 3 | 36 | 2 | .271 | .336 | .427 | .763
1962 | 127 | 522 | 477 | 51 | 131 | 15 | 10 | 6 | 184 | 33 | 11 | 21 | 6 | 2 | 36 | 2 | 0 | 38 | 4 | .275 | .324 | .386 | .710
1963 | 136 | 584 | 516 | 79 | 127 | 10 | 4 | 13 | 184 | 45 | 27 | 9 | 15 | 3 | 48 | 1 | 0 | 28 | 3 | .246 | .309 | .357 | .665
1964 | 133 | 557 | 500 | 70 | 131 | 23 | 10 | 14 | 216 | 44 | 27 | 8 | 14 | 5 | 35 | 1 | 2 | 28 | 4 | .262 | .310 | .432 | .742
1965 | 133 | 531 | 477 | 73 | 135 | 11 | 8 | 6 | 180 | 33 | 26 | 12 | 6 | 2 | 45 | 2 | 1 | 25 | 1 | .283 | .345 | .377 | .722
1966 | 122 | 525 | 475 | 79 | 153 | 23 | 3 | 18 | 236 | 47 | 22 | 7 | 4 | 4 | 39 | 6 | 1 | 27 | 2 | .322 | .372 | .497 | .869
1967 | 101 | 423 | 376 | 65 | 129 | 20 | 5 | 10 | 189 | 36 | 25 | 13 | 1 | 4 | 39 | 5 | 0 | 27 | 1 | .343 | .401 | .503 | .904
1968 | 61 | 246 | 232 | 42 | 76 | 10 | 3 | 5 | 107 | 17 | 14 | 6 | 1 | 0 | 13 | 1 | 0 | 18 | 2 | .328 | .363 | .461 | .824
1969 | 119 | 493 | 458 | 58 | 133 | 24 | 7 | 10 | 201 | 50 | 19 | 9 | 8 | 1 | 26 | 1 | 0 | 39 | 2 | .290 | .328 | .439 | .767
1970 | 116 | 427 | 390 | 49 | 106 | 13 | 1 | 7 | 142 | 29 | 10 | 6 | 6 | 0 | 27 | 4 | 3 | 36 | 5 | .272 | .324 | .364 | .688
1971 | 108 | 349 | 308 | 31 | 67 | 10 | 0 | 4 | 89 | 20 | 12 | 6 | 9 | 1 | 31 | 4 | 0 | 26 | 3 | .218 | .288 | .289 | .577
1972 | 68 | 219 | 186 | 20 | 43 | 4 | 1 | 1 | 52 | 12 | 7 | 5 | 8 | 2 | 21 | 1 | 0 | 15 | 5 | .231 | .306 | .280 | .586
通算:18年 1877 | 7336 | 6581 | 952 | 1820 | 249 | 81 | 139 | 2648 | 541 | 347 | 167 | 153 | 39 | 525 | 36 | 17 | 473 | 44 | .277 | .330 | .402 | .733

年度別監督成績

年度
球団
【順位】
試合
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差
【チーム本塁打】
【チーム打率】
【チーム防御率】
年齢
1978年 | 中日 | 5位 | 130 | 53 | 71 | 6 | .427 | 20.0 | 141 | .252 | 4.45 | 42歳
1979年 | 3位 | 130 | 59 | 57 | 14 | .509 | 7.5 | 155 | .268 | 3.97 | 43歳
1980年 | 6位 | 130 | 45 | 76 | 9 | .372 | 30.0 | 134 | .261 | 4.43 | 44歳
通算:3年 390 | 157 | 204 | 29 | .435 | Aクラス1回、Bクラス2回
※1978年から1996年までは130試合制

タイトル

表彰

記録

節目の記録
その他の記録

背番号

登録名

関連情報

出演番組

脚注

  1. ^ 同校野球部の二年先輩に後に俳優となる天田俊明が投手として所属しており、中日の監督時代には東海テレビのドラゴンズ応援番組に司会者として出演している。
  2. ^ 【虎番疾風録第3章】(84)「ドラ番記者」への誘い
  3. ^ カバヤ食品の子会社だったカバヤ・リーフが1967年に発売したトレーディングカードでは振り仮名が「なか としお」となっていた。

関連項目

外部リンク

中日ドラゴンズ監督 1978 - 1980


業績
日本プロ野球オールスターゲームMVP
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】

【2020年代】
  • 2020 (中止)


セントラル・リーグ首位打者
【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】
出典:wikipedia
2020/11/19 00:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「中利夫」の意味を投稿しよう
「中利夫」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

中利夫スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中利夫」のスレッドを作成する
中利夫の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail