このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中国新聞とは?

【中國新聞】

中国新聞広島本社

【種類】
日刊
【サイズ】
ブランケット判

【事業者】
中国新聞社
【本社】
広島
【代表者】
代表取締役社長 岡谷義則
【創刊】
1892年5月5日
【前身】
中國
【言語】
日本語
【価格】
1部
(朝刊)140円
(SELECT)60円
月極
(朝刊+SELECTセット)4,030円
(朝刊のみ)3,093円
【発行数】
58万3208部(2019年4月、日本ABC協会調べ)
【ウェブサイト】
https://www.chugoku-np.co.jp/
【株式会社 中国新聞社
The Chugoku Shimbun Co., Ltd.】

【本社所在地】
日本
〒730-8677
広島県広島市中区土橋町7番1号
【事業内容】
日刊紙発行
【業種】
情報・通信業
【資本金】
3億円
【売上高】
255億円(2012年12月現在)
【従業員数】
488人(2013年11月現在)
中国新聞備後本社
中国新聞防長本社
チューピーパーク

中国新聞(ちゅうごくしんぶん、題字は中國新聞)は、広島県広島市に本社を置く中国新聞社が発行している新聞である。1892年5月5日創刊。最大印刷ページ数は40ページ。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
  • 3 題字
  • 4 本社版
  • 5 地方版
  • 6 電子版
  • 7 4コマ漫画
  • 8 ラテ欄
    • 8.1 番組解説欄
  • 9 原爆・平和関連記事
  • 10 備考
  • 11 縮刷版
  • 12 提携紙
  • 13 脚注
    • 13.1 補足
    • 13.2 出典
  • 14 外部リンク

概要

広島県を中心に、山口県岡山県島根県でも発行・販売されている。鳥取県では、島根版を他紙販売店に委託し、一部地域で販売している。また、愛媛県の島嶼部(芸予諸島)でも販売されている。 2017年2月現在の発行部数は朝刊61万2272部(中国新聞社販売局調べ)。

電子版を発行しており、発行地域外でも購読可能(詳細は電子版の節を参照)。

朝刊および第二の朝刊と位置づけているSELECTがある。広島県の県紙(地方紙)であると同時に、中国地方における購読者が多く、発行部数も地方紙として最大規模なことからブロック紙として扱われることも多い。2015年4月30日までは夕刊も発行していた。

地元の視線で書かれた記事も多く、特にマツダに関する報道が多い。また、原爆(核兵器)や平和に関する記事でも高い評価を得ている。また、反暴走族の論調や暴力団追放キャンペーンでも知られている。さらに、広島県は広島東洋カープサンフレッチェ広島広島ドラゴンフライズJTサンダーズ湧永製薬ハンドボール部など、地元に一流スポーツチームが多数存在するため、スポーツ記事も充実している。このように、他県の地方紙に比べて地元独自のキラーコンテンツを豊富に持っていることが、購読者数の多さ や、全国紙を圧倒する世帯普及率50%を超える地元シェアの高さに繋がっている。

2005年11月には、廿日市市大野に中国新聞広島制作センター(通称「ちゅーピーパーク」)が完成し、24個面フルカラー印刷が可能な輪転機を備えた。

2010年現在、広島市のほか福山市周南市の3本社体制で新聞の発行を行っている。

2012年11月1日より、東京都中央区銀座にある広島ブランドショップ「tau(たう)」でも中国新聞とデイリースポーツ広島版を購入できるようになった。昼頃から販売される。

2015年4月30日をもって91年続いた夕刊を休刊。販売地域が複数の都府県にまたがる地方紙、いわゆるブロック紙のレベルで夕刊を休刊するのは中国新聞が初めて。

5月1日には、「第二の朝刊」と位置づける「中国新聞SELECT(セレクト)」を創刊。朝刊と同サイズのフルカラー16面構成で、一部の夕刊の連載も引き継いでいる。原則として火曜日から日曜日発行。創刊当初は、朝刊と併せての配達のみだったが、2016年5月から、コンビニエンスストアーなどで一部売りを開始した。

歴史

題字

2012年5月5日朝刊の創刊120周年特集より引用。

本社版

広島県と山陰地方では、ラテ欄等の体裁が異なる。
題字の下に「備後」の文字が記載されている。
題字の下に「山口」の文字が記載されている。

地方版

電子版

2011年3月1日より、中国新聞朝刊電子版を創刊した。

本紙朝刊の定期購読者であれば、全ての朝刊地方版をパソコン上で無料購読することができる。また、月額1,000円(税抜)を追加で支払うことで、iPadもしくはiPhoneからも閲覧可能になる。

朝刊を購読していない場合、全て有料で提供される。料金は月額3,000円(税抜)。

4コマ漫画

ラテ欄

以下、最終面を「メイン」、最終面の裏のページ(第2テレビ面)を「広域ワイド」と呼称する。

【地域版】
【メイン】
【広域ワイド】
備考
【テレビ】
【奇数(左)頁】
偶数(右)頁
【フル】
【ハーフ以下】
【テレビ
(ハーフ以下)】
ラジオ
広島県 広島版(備後除く)  |  | 
 | 
この節の加筆が望まれています。

 |  | 

(フルサイズ)

(ハーフサイズ)

(クォーターサイズ)

 | 
備後版  | 

(フルサイズ)

(ハーフサイズ)

(クォーターサイズ)


岡山版  |  | 
山口版  | 

(以下クォーターサイズ)

 |  | 

(フルサイズ)

(ハーフサイズ)

(クォーターサイズ)

 | 
島根(山陰)版  |  | 

(以下クオーターサイズ)

 | 

(フルサイズ)

(ハーフサイズ)

(クオーターサイズ)

 | 

番組解説欄

中国新聞のテレビ番組解説欄には、番組名、放送時間の次に、系列放送局が広島→山口→山陰→岡山・香川の順番で掲載される。

フジテレビ系列の場合、TSSの次は山口県に同局系列の放送局が存在しないため、同県西部地方でも視聴者の多い福岡県のテレビ西日本を入れている。

原爆・平和関連記事

公募で選ばれた10代のジュニアライターが、平和に生きることをテーマに取材・執筆する。

備考

縮刷版

かつて、中国新聞の全紙面をA4サイズに縮小し、一冊の書籍にまとめた中国新聞縮刷版(縮刷版)が発行されていた。1966年8月から1975年5月までの発行分が存在する。現在は廃止されている。

提携紙

脚注

補足

  1. ^ このため鳥取駅構内には鳥取県内では数少ない売り場がある。1970年代までは鳥取版も存在したが、売れ行き不振により廃止。
  2. ^ 核兵器・平和関連報道では、1965年、1985年、1986年、1990年、1995年に新聞協会賞を受賞。1995年にボーン・上田記念国際記者賞を受賞。
  3. ^ 朝刊の発行部数は地方紙トップ級の約64万部
  4. ^ 紙齢は夕刊を引き継いではいない。
  5. ^ 滋賀県では、ブロック紙の中日新聞(本社は名古屋市)と準ブロック紙の京都新聞(本社は京都市)とで販売エリアがバッティングしている。
  6. ^ 実際の発言は「あなたと違うんです」だが、助詞の「は」が加わった文章で誤って広がった

出典

  1. ^ 『セレクトの一部売り 広島県内で来月から 価格は60円(税込み)』 中国新聞 朝刊 2016年4月28日 1ページ
  2. ^ “19年4月ABC部数”. 新聞情報. (2019年5月18日)
  3. ^ Yahoo!カテゴリ
  4. ^ Yahoo!辞書
  5. ^ 新聞広告.com
  6. ^ 新聞 定期購読比較サイト
  7. ^ 中国新聞発行部数
  8. ^ おっ!なんと ブランドショップTAUでその日の中国新聞が買える!(東京広島県人会 2012年10月30日)
  9. ^ 中国新聞、4月末で夕刊休刊 新媒体を発行へ - 朝日新聞 2015年2月13日
  10. ^ “ブロック紙”で初 中国新聞が夕刊休刊へ - 日テレニュース24 2015年2月12日
  11. ^ 中国新聞 SELECT 5月1日(金)創刊 - 中国新聞社
  12. ^ 朝刊電子版3月1日創刊
  13. ^ 中国新聞公式ホームページより
  14. ^ 草創期の広島の新聞 (PDF)”. 広島県立文書館. 2013年4月19日閲覧。
  15. ^ 「あなたとは違うんです」は「候補者辞退」 新語・流行語大賞
  16. ^ 週刊東洋経済』2010年2月20日号

外部リンク

中国新聞社
現在の刊行物 | 

過去の刊行物 | 
  • 中国防長新聞
  • 中国新聞縮刷版
  • 中国年鑑
  • スポーツ中国

  • 傍系の刊行物 | 
  • 朝日新聞
  • 日本経済新聞
  • 日刊スポーツ
  • デイリースポーツ
  • 聖教新聞
  • 公明新聞(以上外部からの委託印刷)
  • 芸備日日新聞(廃刊)
  • 呉新聞(廃刊)
  • 夕刊ひろしま(廃刊)

  • 関連会社 | 
  • ひろでん中国新聞旅行
  • メイツ中国

  • 関連放送局 | 
    地上波テレビ局 | 

    ラジオ局 | 
  • 広島エフエム(HFM)
  • 中国コミュニケーションネットワーク

  • ケーブルテレビ局(ちゅピCOM) | 
  • ふれあい
  • ひろしま
  • おのみち


  • イベント | 
  • 中国山口駅伝
  • 天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(旧中国駅伝)
  • 織田幹雄記念国際陸上競技大会
  • 中国実業団対抗駅伝競走大会
  • 全広島サッカー選手権大会
  • 第九ひろしま
  • 碁聖戦(旧日本棋院第一位決定戦)
  • キリン杯GO団体戦(廃止)

  • 加盟団体 | 
  • 日本新聞協会
  • 全国地方新聞社連合会
  • 地域新聞マルチメディア・ネットワーク協議会
  • 全国新聞ニュース網
  • 47NEWS
  • 47CLUB

  • 関連人物 | 
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/10/15 11:05

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「中国新聞」の意味を投稿しよう
    「中国新聞」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    中国新聞スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「中国新聞」のスレッドを作成する
    中国新聞の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail