このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中央公論社とは?

(中央公論社から転送)
移動先: 案内検索
【中央公論新社】


中央公論新社が入居する読売新聞ビル(東京・大手町)
【正式名称】
株式会社 中央公論新社
【英文名称】
CHUOKORON-SHINSHA, INC.
【現況】
営業継続中
【出版者記号】
12
【取次コード】
4622
法人番号
9010001031729
【設立日】
1999年
【代表者】
会長 小林敬和
代表取締役社長 大橋善光
【本社郵便番号】
100-8152
【本社所在地】
東京都千代田区大手町1-7-1
読売新聞ビル19階
【資本金】
1億2000万円
【売上高】
63億9912万円(2012年3月期実績)
【従業員数】
137人(2012年6月現在)
【主要株主】
株式会社読売新聞グループ本社 100%
【主要出版物】
書籍・雑誌の出版
【定期刊行物】
中央公論婦人公論などの雑誌
【外部リンク】
http://www.chuko.co.jp/
【特記事項】
旧株式会社中央公論社の事業全般を読売新聞社が引き継ぐ形で設立した新法人。

株式会社中央公論新社(ちゅうおうこうろんしんしゃ)は、日本の出版社である。読売新聞グループ本社の傘下。略称は中公(ちゅうこう)。

本項では、旧法人の株式会社中央公論社(ちゅうおうこうろんしゃ)についても述べる。

目次

  • 1 沿革
    • 1.1 初期
    • 1.2 再建
  • 2 雑誌
  • 3 レーベル
  • 4 漫画
  • 5 著名シリーズ
  • 6 関連人物・項目
  • 7 脚注
  • 8 外部リンク

沿革

初期

1886年(明治19年)に京都西本願寺の有志が集まり「反省会」を設立(中央公論新社はこの年を創業としている)。翌1887年、反省会は『反省会雑誌』を創刊(後に『中央公論』と改題)。

1896年、東京に移転し、1914年に「中央公論社」と改名、1926年に株式会社化した。

『中央公論』は大正デモクラシーを代表する総合雑誌として部数を伸ばした。1916年には『婦人公論』を創刊。両誌とも第二次世界大戦後、刊行を続けている。

再建

中央公論社は1990年代に経営危機に陥ったため、読売新聞社(現・読売新聞東京本社)が救済に乗り出し、1999年に読売の全額出資によって中央公論新社が設立され、営業を譲り受けた。2002年読売グループ再編により新設されたグループ持株会社読売新聞グループ本社の事業子会社となって現在に至る。

旧中央公論社は1999年2月1日付で株式会社平成出版(へいせいしゅっぱん)に商号変更、同年8月23日に解散。同年12月27日特別清算開始。2001年9月1日に清算が終了し、完全消滅した。

2015年5月7日、本社機能が旧中央公論社時代から使われてきた中央区京橋の自社ビルから千代田区大手町の読売新聞東京本社ビル19階に移転した。

雑誌

一般向け

読売ウイークリー等は移籍することなく引き続き読売新聞社(読売新聞東京本社)から発行されていたが、2008年12月1日発行分を以って休刊となった。一部の書籍、および読売新聞縮刷版(主に業務・図書館用)は現在も読売新聞社から出版されている。

会員向け
  • Marie Claire Style
    単独での発売は行わず、2012年7月26日以降、読売新聞を定期購読する家庭に特典として月1~2回無料提供されている。

レーベル

  • 中公新書
    1962年に創刊。他の新書と比べ、学術書としての性格が強い。
  • 中公叢書
    1967年1月に創刊。ソフトカバー。四六判。不定期刊行である。文庫化された書籍も多くある。一般向け学術書を中心としている点では中公新書とコンセプトを共有しているが、新書よりも比較的分量の多い著作が中心であり、新書として企画されたものがページ数の増加で叢書での刊行に変更されたり、新書から刊行された書目の続編が叢書から刊行された例もある。
  • 中公選書
    2011年に創刊。ソフトカバー。四六判。
  • 中公文庫
    1973年に創刊。学術書で初刷・数版のみで品切絶版(仏教関連、東洋学、近代日本ほか)が相当数あり、古書価の高い書目も多い
  • C★NOVELS
    1982年11月に創刊。ソフトカバー。大衆文学、架空戦記などを収録する。また「C★NOVELS Fantasia」では、女性向けファンタジー、ライトノベルズを収録する。茅田砂胡の一連の著作は稼ぎ頭である。文芸レーベルに「novella*1200」
  • 中公新書ラクレ
    2001年3月に創刊。ソフトカバー。「ラクレ」(La Clef)とはフランス語で「鍵」の意である。中公新書のやや軽めの姉妹本。2011年11月、通巻400点達成を機に、カバー・帯が一新された。
    『読売新聞』に掲載された記事の新書化が多い。
  • 中公文庫BIBLIO
    2001年に創刊。高価格で現在は未刊。中公文庫プレミアが事実上引き継いでいる、中公文庫も参照。
  • 中公クラシックス
    2001年に創刊。古典・名著を改訂した新書判、当初は毎月刊行だったが現在は2・3ヶ月に1冊。

漫画

1980年代から90年代にかけて名作漫画をまとめた「中公愛蔵版」を多数出版した。これは2 - 4cmほどの厚さで、一冊にまとまっているので買いやすいということで、支持を集めた。また、藤子不二雄の漫画の全集である藤子不二雄ランドドラえもん石ノ森章太郎の「日本の歴史」シリーズ他を出版したのもこのころである。

1990年代後半になって、文庫の漫画が流行したことから、愛蔵版シリーズの作品の多くは中公文庫に移行した。また竹宮惠子安彦良和等を再版した。広島原爆をテーマにした中沢啓治の『はだしのゲン』も当社から大判愛蔵版(全3巻)として発行され、後に文庫版(全7巻)でも刊行されている。

読売新聞日曜版に連載されている『猫ピッチャー』(そにしけんじ作)の単行本も読売グループという関係で当社から出版されている。

近年はコンビニコミックの出版にも積極的で、「Chuko コミックLite Special」のレーベル名で展開、『笑ゥせぇるすまん』や『魔太郎がくる!!』など藤子不二雄Aの代表作品を中心に刊行されている。前述の『はだしのゲン』のコンビニコミックは、週刊少年ジャンプ掲載分を集英社が発行しているが、ジャンプ以外の雑誌に掲載されたシリーズは『はだしのゲン 第二部』として中央公論新社から刊行されている。

著名シリーズ

  • 『世界の歴史』、『日本の歴史』 - 1960年代に刊行された、各分野の専門家による本格的な概説書シリーズ。当初の創刊には宮脇俊三が関与していた。『日本の-』は、半世紀以上を経て文庫新版で重刷。90年代半ばに、新しい世代の専門家による『世界の-』(全30巻)が刊行。2008年1月より2010年6月にかけ文庫再刊された。
  • 世界の名著』、『日本の名著』 - 『世界-』は1966年から1976年にかけ全81巻が、『日本-』は1969年から1982年にかけ全50巻が刊行された。2001年4月より改訂版(新書判)が、中公クラシックスで刊行中。
  • 『大乗仏典 インド編』、『大乗仏典 中国・日本編』 - 1974年から1996年にかけ刊行、創業時は仏教系出版社だったので、今日でも、仏教関連の書籍を多く刊行している。インド編は中公文庫で再刊、ただし1600 - 2000円と高価である。
  • 『日本絵巻大成 (正・続)』 - 小松茂美監修を中心に刊行。普及版に『日本の絵巻 (正・続)』がある。ほかにも絵巻関連の書籍がある。
  • 他にも美術シリーズは、『文人画粋編』、『日本の陶磁』など多数、普及版でも刊行された。

関連人物・項目

脚注

  1. ^ 【書評】ジャーナリスト・山田順が読む『「週刊コウロン」波乱・短命顛末記』(水口義朗著) スキャンダルに背を向けて、産経ニュース、2016年5月29日 10:10更新。
  2. ^ 一例として中公叢書刊の小川浩之『英連邦』(2012年)は、当初新書として企画されたものが叢書での刊行に変更された。同書、「あとがき」pp.261-262。また、中公新書刊の天野郁夫『大学の誕生』(上下、2009年)の続編である『高等教育の時代』(上下、2013年)も、分量の関係で新書でなく中公叢書から刊行された。『高等教育の時代』(下)「あとがき」p.404。

外部リンク

読売新聞グループ本社
本社 | 

支社 | 

現在の主な刊行物 | 

過去の主な刊行物 | 

系列新聞社 | 

系列出版社 | 

関連放送局 | 

広告業関連 | 
  • 読売エージェンシー
  • 読宣
  • 読売連合広告社
  • 読売情報開発
  • 読売インフォメーションサービス
  • ヨミックス

不動産業・関連施設 | 

IT(情報技術)事業関連 | 

人材派遣業関連 | 
  • 東京読売サービス
  • 大阪読売サービス
  • ヨミックス

スポーツレジャー業関連 | 

教育文化社会福祉事業 | 

映像制作事業 | 
イカロス

印刷事業 | 
読売プリントメディア、東海プリントメディア、読売大阪プリントメディア、メディアプレス瀬戸内、プリントメディア西部

引越運送会社 | 
読売引越センター

日本国外現地法人 | 
読売香港有限公司

歴史・事件 | 

関連人物 | 

関連項目 | 

脚注

中核子会社5社(読売新聞社よみうりも参照)
福島県地方紙
主要な放送局のみ掲載。
大阪本社が出資。
北海道を中心に折り込み広告事業、人材派遣事業を行う会社。
プランタン銀座。マロニエゲート銀座2&3の運営を行っている。マロニエゲート銀座1は三菱地所プロパティマネジメント運営。
現在の東京ヴェルディ(現在はプロサッカークラブの経営から完全に手を引き現在はヴェルディ同様に1992年のJリーグカップ1993年Jリーグ開幕節から参戦のパナソニックガンバ大阪のブロンズパートナー(スポンサー)として支援している)。
大阪本社が出資していた会社だが、2009年11月に清算された。
2010年3月31日解散。業務は読売エージェンシーへ移管。
作品がテレビ放映される場合は日本テレビと系列局のみにネットされる。



【典拠管理】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/21 03:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「中央公論社」の意味を投稿しよう
「中央公論社」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

中央公論社スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中央公論社」のスレッドを作成する
中央公論社の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail