このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中島かずきとは?

中島 かずき(なかしま かずき、1959年8月19日 - )は、日本脚本家劇作家小説家編集者劇団☆新感線の座付作家。福岡県田川市出身。1978年福岡県立田川高等学校卒業。1982年立教大学文学部心理学科卒業。初期のペンネーム「かずき悠大」

目次

  • 1 来歴・人物
    • 1.1 編集者
    • 1.2 脚本家
  • 2 略歴
  • 3 主な作品
    • 3.1 舞台脚本
      • 3.1.1 劇団☆新感線
      • 3.1.2 その他
    • 3.2 小説
    • 3.3 漫画原作・脚本
    • 3.4 映画
    • 3.5 テレビドラマ・テレビアニメ・OVA
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

来歴・人物

編集者

立教大学在学中は漫画研究会に所属。

2010年8月20日付で退社するまでは双葉社の会社員で、脚本家・作家業はその傍らに行っていた。『漫画アクション』の編集者だったこともある。臼井儀人とは初期作品の編集を担当した縁で交流を深めるようになり、2002年には『クレヨンしんちゃん』劇場映画10作目を記念して『クレヨンしんちゃん映画大全』を企画・出版した。

他に編集を担当していた作品に『ゲッターロボサーガ』などがあり、本人曰く「今のところ、日本で一番石川先生(石川賢)の単行本を作った編集者」とのこと。石川と同作品の大ファンであることから、自らのことを「ゲッター者」と自負した。また、中島一基名義で、双葉社側のチーフプロデューサーや製作代表としてアニメや映画に関わることもあった。

脚本家

高校時代からの知人・いのうえひでのりの誘いで『炎のハイパーステップ』から劇団☆新感線公演作品に参加。以降、座付き作家となる。『髑髏城の七人』『スサノオ』『阿修羅城の瞳』など根強いファンを持つ作品を書き上げており、いわゆる「いのうえ歌舞伎」の世界観を作り上げる上において、欠かす事の出来ない役割を果たした。また独特でありながら爽快且つ、熱い物語を手がけるのも特長。

2007年春には、初のアニメ作品のシリーズ構成を務めた『天元突破グレンラガン』と、新感線での戯曲が原作となり第23話の脚本を担当した『大江戸ロケット』の2本のTVアニメが放映されている。

特撮ファンを公言しており、初期の新感線作品では、古田新太の登場シーンで『突撃!ヒューマン』のパロディをやったこともあったという。実現は果たせなかったが『特捜戦隊デカレンジャー』の脚本を構想したこともあった。2006年に『ウルトラマンマックス』で念願の特撮脚本デビューを果たし、その後も2007年に『獣拳戦隊ゲキレンジャー』、2010年には『仮面ライダーW』と特撮脚本を担当する機会が増え、2011年9月から放送された『仮面ライダーフォーゼ』にて初のメイン脚本を担当した。

略歴

主な作品

舞台脚本

劇団☆新感線

その他

小説

漫画原作・脚本

映画

テレビドラマ・テレビアニメ・OVA

脚注

  1. ^ スポーツ報知 2014.4.5 24面
  2. ^ http://konomanga.jp/special/98130-2
  3. ^ http://www.aera-net.jp/magazine/denjinn/100826_001875.html
  4. ^ 本人曰く、脚本執筆は仕事の終わりか、土日休日のみに行っていたという。
  5. ^ http://konomanga.jp/special/97092-2
  6. ^ Re:キューティーハニー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。

外部リンク

第47回岸田國士戯曲賞
1950年代 | 
  • 第1回 該当作なし
  • 第2回 大橋喜一『楠三吉の青春』/小幡欣治『畸形児』
  • 第3回 該当作なし
  • 第4回 堀田清美『島』
  • 第5回 該当作なし

1960年代 | 
  • 第6回 小林勝『檻』/早坂久子『相聞』
  • 第7回 該当作なし
  • 第8回 宮本研『日本人民共和国』『メカニズム作戦』/八木柊一郎『波止場乞食と六人の息子たち』『コンベヤーは止まらない』
  • 第9回 山崎正和世阿彌
  • 第10回 人見嘉久彦『友絵の鼓』/菅龍一『女の勤行』
  • 第11回 該当作なし
  • 第12回 川俣晃自『関東平野』/広田雅之『砂と城』
  • 第13回 別役実マッチ売りの少女』『赤い鳥の居る風景』
  • 第14回 秋浜悟史『幼児たちの後の祭り』に至るまでの諸作品の成果

  • 1970年代 | 
  • 第15回 唐十郎少女仮面
  • 第16回 佐藤信『鼠小僧次郎吉』
  • 第17回 井上ひさし道元の冒険
  • 第18回 つかこうへい熱海殺人事件』/清水邦夫『ぼくらが非情の大河をくだるとき』
  • 第19回 該当作なし
  • 第20回 石澤富子『琵琶伝』
  • 第21回 該当作なし
  • 第22回 太田省吾『小町風伝』/ちねんせいしん『人類館』
  • 第23回 岡部耕大『肥前松浦兄妹心中』

  • 1980年代 | 
  • 第24回 斎藤憐上海バンスキング
  • 第25回 竹内銃一郎『あの大鴉、さえも』
  • 第26回 山崎哲『漂流家族』『うお伝説』
  • 第27回 野田秀樹『野獣降臨(のけものきたりて)』/山元清多『比野置(ピノッキオ)ジャンバラヤ』/渡辺えり子『ゲゲゲのげ』
  • 第28回 北村想『十一人の少年』
  • 第29回 岸田理生『糸地獄』
  • 第30回 川村毅『新宿八犬伝 第一巻-犬の誕生-』
  • 第31回 該当作なし
  • 第32回 大橋泰彦『ゴジラ』
  • 第33回 岩松了『蒲団と達磨』

  • 1990年代 | 
  • 第34回 該当作なし
  • 第35回 坂手洋二『ブレスレス ゴミ袋を呼吸する夜の物語』
  • 第36回 横内謙介『愚者には見えないラ・マンチャの王様の裸』
  • 第37回 宮沢章夫ヒネミ』/柳美里『魚の祭』
  • 第38回 鄭義信『ザ・寺山』
  • 第39回 鴻上尚史スナフキンの手紙』/平田オリザ東京ノート
  • 第40回 鈴江俊郎『髪をかきあげる』/松田正隆『海と日傘』
  • 第41回 松尾スズキファンキー! 宇宙は見える所までしかない
  • 第42回 深津篤史『うちやまつり』
  • 第43回 ケラリーノ・サンドロヴィッチフローズン・ビーチ

  • 2000年代 | 
  • 第44回 永井愛兄帰る
  • 第45回 三谷幸喜オケピ!
  • 第46回 該当作なし
  • 第47回 中島かずき『アテルイ』
  • 第48回 倉持裕『ワンマン・ショー』
  • 第49回 宮藤官九郎鈍獣』/岡田利規三月の5日間
  • 第50回 佃典彦『ぬけがら』/三浦大輔愛の渦
  • 第51回 該当作なし
  • 第52回 前田司郎生きてるものはいないのか
  • 第53回 蓬莱竜太『まほろば』/本谷有希子幸せ最高ありがとうマジで!

  • 2010年代 | 
  • 第54回 柴幸男『わが星』
  • 第55回 松井周『自慢の息子』
  • 第56回 ノゾエ征爾『○○トアル風景』/藤田貴大『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』/矢内原美邦『前向き!タイモン』
  • 第57回 赤堀雅秋『一丁目ぞめき』/岩井秀人『ある女』
  • 第58回 飴屋法水『ブルーシート』
  • 第59回 山内ケンジ『トロワグロ』
  • 第60回 タニノクロウ『地獄谷温泉 無明ノ宿』
  • 第61回 上田誠『来てけつかるべき新世界』
  • 第62回 神里雄大『バルパライソの長い坂をくだる話』/福原充則『あたらしいエクスプロージョン』


  • 【典拠管理】

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/11 00:08

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「中島かずき」の意味を投稿しよう
    「中島かずき」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    中島かずきスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「中島かずき」のスレッドを作成する
    中島かずきの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail