このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中嶋聡とは?

中嶋 聡
オリックス・バファローズ 二軍監督 #78

日本ハム選手兼任コーチ時代
(2012年3月10日、阪神甲子園球場にて)

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
秋田県北秋田市
【生年月日】
(1969-03-27) 1969年3月27日(50歳)
【身長
体重】
182 cm
82 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
捕手
【プロ入り】
1986年 ドラフト3位
【初出場】
1987年10月18日
【最終出場】
2015年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


コーチ歴

  • 北海道日本ハムファイターズ (2007 - 2015, 2018)
  • オリックス・バファローズ (2019 - )

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


中嶋 聡(なかじま さとし、1969年3月27日 - )は、元プロ野球選手(捕手、右投右打)・コーチ。現在はオリックス・バファローズ二軍監督

1987年(昭和62年)に阪急ブレーブスへ入団してから、西武ライオンズ横浜ベイスターズ北海道日本ハムファイターズでプレー。日本ハム時代の2007年から2015年までは、一軍バッテリーコーチを兼務していた。

2015年に現役選手としての一軍実働年数が29年に到達し、工藤公康と並ぶNPB最長記録を達成。同年限りで引退したことにより阪急に在籍経験がある選手はNPBから姿を消した。

愛称はサメで、妻はモデル中嶋愛漫画家制野秀一義父にあたる。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 阪急時代
    • 1.3 オリックス時代
    • 1.4 西武時代
    • 1.5 横浜時代
    • 1.6 日本ハム時代
    • 1.7 引退後
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別守備成績
    • 3.3 表彰
    • 3.4 記録
    • 3.5 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

秋田県立鷹巣農林高校から、1986年度プロ野球ドラフト会議で阪急ブレーブスから3位指名を受け、入団。

阪急時代

1988年10月23日ダブルヘッダーで開催された阪急としての西宮球場最終戦(対ロッテ27回戦)にて、ダメ押しとなる3ラン本塁打を放ち、同郷である山田久志の引退試合に花を添えた。

オリックス時代

1989年、球団名がオリックス・ブレーブスに変わってからは、正捕手だった藤田浩雅の不調により正捕手の座を掴む。球界随一の強肩もさることながら、打撃センスに優れ、俊足で盗塁も果敢に挑戦し走攻守すべての面を持ち合わせていたため、一時は「メジャーリーグに一番近い捕手」とまで言われた。四番打者を務めたこともある。しかし、90年代中盤あたりから徐々に打撃が低迷し、藤田とのトレードで読売ジャイアンツ(巨人)から加入した高田誠や若手の三輪隆との併用となっていたが、自慢の強肩は衰えず、1995年には佐藤義則の当時球界最年長ノーヒットノーランに貢献しこの年のリーグ優勝、翌年のリーグ連覇、日本一に貢献する。

1990年10月6日の対ロッテオリオンズ戦では、満塁インフィールドフライをわざと落球し併殺を狙ったが、逆にロッテに点を与えてしまった。

西武時代

1997年シーズンオフにフリーエージェント宣言し、メジャーリーグ挑戦を表明。複数の球団と接触し、アナハイム・エンゼルスの入団テストを受けた。一時は入団が決まりかけたが、エンゼルス側が提示した契約条件が、3番手の捕手として起用が前提のマイナー契約であったため、メジャーリーグ移籍を断念。国内球団の移籍に的を絞り、西武ライオンズ日本ハムファイターズが中嶋の獲得に乗り出したが、最終的に西武へ移籍。

1998年日本シリーズで不調のベテラン伊東勤に代わり一時的な活躍こそしたが、長年西武一筋で信頼感のある伊東から正捕手の座を奪うことはできなかった。その後、1999年に入団した松坂大輔専用の捕手として起用されることで出場機会を得たが、2001年以降は松坂登板時も伊東がマスクを被る機会が増え、さらに打撃の低迷に加えて西武が若手捕手育成の方針を取ったため次第に出場機会が減っていった。

2000年和田一浩背番号を交換したが、中嶋によると「(当時の)背番号5は、捕手の番号でないような気がするから」という理由により、当時は捕手登録ながら、既に外野手としての出場が多かった和田に持ちかけたものだという。また、同年5月20日長野オリンピックスタジアムで初めて行われた古巣オリックス戦で、2回裏にテリー・ブロウズから同スタジアムの公式戦第1号本塁打を左翼スタンドに放っている。

2002年、大半を二軍で過ごし、同年オフに富岡久貴と共に石井義人細見和史との2対2の交換トレードで横浜ベイスターズへ移籍。

横浜時代

2003年、この前年横浜は正捕手谷繁元信がFAで中日へ移籍しており、若手の相川亮二、前年谷繁と入れ替わりで中日から移籍した中村武志の正捕手争いに中嶋が参戦する形でハイレベルなポジション争いが期待され、開幕戦では見事先発マスクを被ったが故障や打撃不振、さらにはそもそもそれほど評価の高くなかったリードがセ・リーグの打者には通用しなかったために結果を残せず、中村の復調や相川の台頭で同年オフには構想外となり、金銭トレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍。1997年のFA時から6年越しの日本ハム入団となった。

日本ハム時代

2004年、9月に横浜球団のキャンペーンガールをしていたモデルの制野愛(現在は中嶋愛)と入籍。

2005年、当初3番手捕手のはずだったが、正捕手高橋信二の度重なる故障と實松一成の不調もあり、捕手でチーム最多の出場機会を得た。

2006年、先発出場はわずか2試合と激減したが、守護神マイケル中村との相性の良さから、試合後半を任される「抑え捕手」の地位を獲得。以後、マイケルが巨人へ移籍する2008年シーズン終了までマイケルの専属捕手のような状態だった。結局、2006年は捕手としてはチーム最多の79試合に出場し、チームのリーグ優勝と日本シリーズ優勝に貢献した。また、6月19日の対阪神タイガース戦の試合前に行われたスピードガンコンテストで球速146km/hを叩き出し、中嶋より遥かに若い阪神・日本ハムの選手達を抑え優勝。強肩健在ぶりを大いにアピールした。

2007年、選手と一軍バッテリーコーチを兼任。以後は選手としての一軍登録抹消時はコーチ専任で一軍に帯同した。開幕直後に一軍登録を抹消されるも、調子の上がらないマイケルをサポートするため再度一軍へ昇格し、そのまま最後まで一軍で抑え捕手として活躍。この年唯一放った安打は、9月15日の対ソフトバンク戦で放ったダメ押しの3ランだった。

2008年も、シーズン後半からではあるが再度一軍へ昇格、抑え捕手を務めた。また、不調に陥った多田野数人をサポートする為に1試合のみではあるが2年ぶりに先発出場を果たした。

2009年大野奨太の入団とマイケルの巨人への移籍があって、捕手は鶴岡慎也と大野の併用が多くなったために出場機会がなかった。7月18日に一度登録されるも、試合の雨天中止により、出場しないまま登録抹消された。しかし、大野がインフルエンザに感染したため8月16日に急遽一軍登録され、その日の対埼玉西武ライオンズ戦(札幌ドーム)の9回からマスクを被りシーズン初出場を果たした。また、8月21日の対ソフトバンク戦では、ダルビッシュ有の先発捕手として出場し、自身も1安打を放った。さらに同年の日本シリーズでもマスクを被った。同年オフの高木晃次の引退により「阪急ブレーブスでのプレー経験がある唯一の現役選手」となった。

2010年4月2日に一軍登録され、対西武戦(札幌ドーム)に7回途中から出場し、実働年数が24年となった。これは歴代3位タイで、捕手では野村克也(南海ロッテ西武)の26年に次ぎ単独2位の年数である。4月23日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、バディ・カーライルの先発捕手として出場した。

2011年、鶴岡が開幕直前に離脱したこともあり、2007年以来4年ぶりに開幕戦から選手として一軍登録される。4月13日の西武2回戦(札幌ドーム)に9回表から出場、実働年数が25年となった。

2012年5月9日に一軍登録され、5月12日の西武7回戦(函館オーシャンスタジアム)で9回表に守備で出場し、実働年数が26年となり、野村、山本昌(中日)と並び、歴代2位(野手では1位)の記録となった。

2013年9月28日の対オリックス戦(京セラドーム)で、この年初めて一軍公式戦に出場。野手としてのNPB一軍実働年数最多記録(27年)を達成した。

2014年6月27日の対楽天戦(札幌ドーム)8回表から捕手として出場。この年唯一の一軍公式戦出場であったが、野手としてのNPB一軍実働年数記録を28年に更新するとともに、パシフィック・リーグ公式戦での実働年数記録(27年)を達成した。

2015年4月15日の対ロッテ戦(札幌ドーム)9回表に、捕手としてこの年初めて一軍公式戦に出場。工藤公康の持つ(投手を含めての)NPB一軍実働年数記録(29年)に並んだ。その後は事実上バッテリーコーチに専念していたが、10月1日に現役引退を表明。日本ハム球団では、同日の対ロッテ23回戦(札幌ドーム)を、中嶋の引退試合として開催した。その一方で、シーズン終了後には、自身の意向で一軍バッテリーコーチも退任した。同年に山本昌(1983年のドラフトで中日へ入団)も現役を引退したため、中嶋の引退を最後に昭和時代にNPBの加盟球団へと入団した現役選手は投手・野手ともにいなくなった。また、阪急/オリックス・ブレーブス時代に在籍経験を持つ選手は全て引退する事になった。

引退後

2015年11月2日に引退記者会見を開くともに、翌2016年から日本ハムチーム統括本部のゼネラルマネジャー特別補佐に就任することが球団から発表された。11月27日付で、日本野球機構(NPB)から任意引退選手として公示。2016年には、業務提携球団のサンディエゴ・パドレスにコーチとして派遣。アメリカへの滞在中には、マイナーリーグの巡回や、外国人選手のスカウティングをおこなっていた。

2017年10月31日に、一軍バッテリー兼作戦コーチ就任が球団から発表された。3年ぶりの現場復帰。

2018年10月19日、日本ハム球団から退団が発表され、2019年シーズンからオリックス・バファローズの2軍監督に就任することが10月22日に発表された。オリックス2軍監督1年目の2019年榊原翼K-鈴木らを2軍投手コーチの小林宏と共に1軍戦力に育てた。

人物

アマチュア球界でも中嶋の強肩は知れ渡っていて、古田敦也(当時トヨタ自動車硬式野球部)がプロ野球ドラフト会議の指名候補選手になった際、レギュラー獲りへの不安からか、地元球団で少年時代は前身の阪急のファンの上『阪急ブレーブスこども会』にも入会していたほどだったが「中嶋選手のいるオリックスだけは遠慮したい」と語っていた。

最初に入団した阪急で、山田久志、佐藤義則今井雄太郎といった超ベテラン投手陣の薫陶を受けた。

星野伸之は120キロ台の速球と80キロ台のスローカーブを武器にする投手で、1990年9月20日の対日本ハム戦(東京ドーム)で星野が田中幸雄に投じたすっぽ抜けたカーブを中嶋が右手で直接捕球し、星野を超える球速で返球したことで失笑が起こった。ベンチに帰り星野は「素手で取るなよ。ミットが動いてなかったぞ」と機嫌を悪くしていたが、中嶋は「ミットが届かなかったんです」と誤魔化し事態は収まった。

「捕手=巨漢・鈍足」といった従来のイメージを変えた選手の一人であり、オリックス時代にはプロ野球選手を最初にアイドル的に扱った雑誌・プロ野球aiに特集記事が度々掲載されるほどであった。

西武入団時には松坂大輔が先発する試合の出場が多かったが、松坂を大事に育てる意向だった当時の首脳陣は当時の正捕手だった伊東勤と組ませると松坂が乱調だった試合では(松坂の責任にできない関係上)伊東の責任になってしまう、さりとて既に球界を代表するキャッチャーでもあった伊東の責任にもできないため、中嶋と組ませれば「全て中嶋が悪い」で済ませられるから松坂の女房役になったのではないかと述懐している。
ただ、実際にはルーキーイヤーのオープン戦で当初伊東と組んでいた松坂はうまく呼吸が噛み合わず精彩を欠く場面が目立っていたが中嶋と初めて組んだ試合ではそれまでと打って変わった投球をみせたことから「まだ新人の段階では、リードどおりの投球を求める伊東よりも、松坂の調子に応じてリードを組み立てる中嶋のほうがうまく良さを引き出せるのでは」という西武首脳陣(とくに東尾修監督)の判断もあったとされる。

普段は近視のためコンタクトレンズを着用しているが、2005年シーズンの一時期だけ眼鏡を掛けてプレーしていた。

2018年限りで北海道日本ハムファイターズを退団したが、その発表の日付が10月19日であった。日本ハム球団によれば「阪急ブレーブスがオリックスに身売りすることが発表された1988年10月19日から30年を迎え、最後の阪急戦士だった中嶋が阪急を引き継ぐオリックスへの復帰を手助けするためにこの日に発表した」とのことである。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1987 | 阪急
オリックス
 | 2 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
1988 | 74 | 145 | 135 | 7 | 24 | 8 | 1 | 2 | 40 | 14 | 1 | 1 | 3 | 2 | 3 | 0 | 2 | 34 | 1 | .178 | .204 | .296 | .501
1989 | 121 | 373 | 320 | 31 | 75 | 9 | 2 | 5 | 103 | 26 | 2 | 2 | 15 | 1 | 35 | 0 | 2 | 67 | 6 | .234 | .313 | .322 | .635
1990 | 95 | 318 | 286 | 46 | 81 | 9 | 4 | 12 | 134 | 39 | 8 | 2 | 8 | 2 | 19 | 0 | 3 | 62 | 4 | .283 | .332 | .469 | .801
1991 | 129 | 471 | 430 | 49 | 109 | 22 | 3 | 12 | 173 | 48 | 4 | 5 | 7 | 1 | 30 | 0 | 3 | 85 | 3 | .253 | .306 | .402 | .708
1992 | 115 | 408 | 342 | 44 | 85 | 13 | 0 | 6 | 116 | 33 | 5 | 4 | 16 | 5 | 37 | 2 | 8 | 68 | 15 | .249 | .332 | .339 | .671
1993 | 55 | 174 | 148 | 7 | 22 | 3 | 0 | 0 | 25 | 4 | 1 | 1 | 8 | 0 | 16 | 0 | 2 | 41 | 5 | .149 | .241 | .169 | .410
1994 | 37 | 107 | 94 | 11 | 30 | 6 | 0 | 4 | 48 | 19 | 0 | 0 | 2 | 2 | 9 | 0 | 0 | 23 | 2 | .319 | .371 | .511 | .882
1995 | 101 | 345 | 303 | 33 | 81 | 13 | 1 | 3 | 105 | 33 | 0 | 1 | 7 | 2 | 33 | 1 | 0 | 61 | 8 | .267 | .337 | .347 | .684
1996 | 98 | 292 | 257 | 17 | 57 | 6 | 1 | 1 | 68 | 24 | 1 | 0 | 12 | 3 | 18 | 0 | 2 | 59 | 4 | .222 | .275 | .265 | .540
1997 | 73 | 195 | 169 | 15 | 37 | 6 | 0 | 2 | 49 | 14 | 2 | 2 | 9 | 0 | 14 | 0 | 3 | 44 | 4 | .219 | .290 | .290 | .580
1998 | 西武 | 60 | 124 | 106 | 8 | 25 | 4 | 1 | 2 | 37 | 7 | 0 | 3 | 6 | 0 | 7 | 0 | 5 | 24 | 4 | .236 | .314 | .349 | .663
1999 | 72 | 193 | 155 | 10 | 30 | 4 | 0 | 0 | 34 | 16 | 2 | 1 | 12 | 5 | 20 | 0 | 1 | 31 | 8 | .194 | .282 | .219 | .501
2000 | 78 | 217 | 182 | 19 | 43 | 6 | 0 | 2 | 55 | 26 | 0 | 0 | 13 | 3 | 17 | 0 | 2 | 33 | 7 | .236 | .304 | .302 | .606
2001 | 65 | 154 | 123 | 7 | 25 | 6 | 0 | 1 | 34 | 14 | 0 | 1 | 15 | 2 | 14 | 1 | 0 | 34 | 4 | .203 | .281 | .276 | .557
2002 | 49 | 85 | 74 | 7 | 12 | 1 | 0 | 1 | 16 | 2 | 1 | 0 | 3 | 0 | 7 | 0 | 1 | 22 | 2 | .162 | .244 | .216 | .460
2003 | 横浜 | 19 | 60 | 56 | 4 | 12 | 1 | 0 | 0 | 13 | 3 | 0 | 0 | 1 | 0 | 2 | 0 | 1 | 10 | 2 | .214 | .254 | .232 | .486
2004 | 日本ハム | 39 | 72 | 66 | 4 | 13 | 3 | 0 | 0 | 16 | 7 | 0 | 0 | 3 | 1 | 2 | 0 | 0 | 17 | 2 | .197 | .217 | .242 | .460
2005 | 79 | 186 | 171 | 8 | 32 | 4 | 0 | 1 | 39 | 11 | 0 | 0 | 7 | 1 | 7 | 0 | 0 | 38 | 4 | .187 | .218 | .228 | .446
2006 | 79 | 30 | 29 | 0 | 6 | 2 | 0 | 0 | 8 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 6 | 1 | .207 | .233 | .276 | .509
2007 | 60 | 15 | 15 | 1 | 1 | 0 | 0 | 1 | 4 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 0 | .067 | .067 | .267 | .333
2008 | 22 | 4 | 4 | 1 | 3 | 0 | 0 | 0 | 3 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .750 | .750 | .750 | 1.500
2009 | 3 | 4 | 3 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .333 | .333 | .333 | .667
2010 | 7 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
2011 | 10 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | ---- | ---- | ----
2012 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | ---- | ---- | ----
2013 | 2 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
2014 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | ---- | ---- | ----
2015 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | ---- | ---- | ----
通算:29年 1550 | 3977 | 3473 | 330 | 804 | 126 | 13 | 55 | 1121 | 349 | 27 | 24 | 148 | 30 | 290 | 4 | 36 | 768 | 86 | .232 | .295 | .323 | .618

年度別守備成績

 | 
この節の加筆が望まれています。

【年度】
【試合】
【刺殺】
【補殺】
【失策】
【併殺】
【捕逸】
【守備率】
【企図数】
【許盗塁】
【盗塁刺】
阻止率
1987 | 2 |  |  |  |  |  |  | 0 | 0 | 0 | -
1988 | 74 |  |  |  |  |  |  | 30 | 17 | 13 | .433
1989 | 120 | 619 | 58 | 9 | 13 | 6 | .987 | 87 | 62 | 25 | .287
1990 | 94 | 527 | 43 | 8 | 6 | 8 | .986 | 59 | 41 | 18 | .305
1991 | 128 | 739 | 77 | 10 | 11 | 11 | .988 | 78 | 55 | 23 | .295
1992 | 104 | 599 | 49 | 5 | 6 | 4 | .992 | 64 | 41 | 23 | .359
1993 | 55 |  |  |  |  |  |  | 37 | 27 | 10 | .270
1994 | 28 |  |  |  |  |  |  | 27 | 20 | 7 | .259
1995 | 96 | 611 | 59 | 7 | 7 | 4 | .990 | 69 | 46 | 23 | .333
1996 | 97 | 502 | 40 | 2 | 3 | 1 | .996 | 63 | 50 | 13 | .206
1997 | 66 |  |  |  | 11 | 11 |  | 67 | 49 | 18 | .269
1998 | 54 |  |  |  |  |  |  | 19 | 8 | 11 | .579
1999 | 72 |  |  |  |  |  |  | 29 | 17 | 12 | .414
2000 | 72 |  |  |  |  |  |  | 46 | 30 | 16 | .348
2001 | 64 |  |  |  |  |  |  | 29 | 18 | 11 | .379
2002 | 48 |  |  |  |  |  |  | 11 | 6 | 5 | .455
2003 | 19 |  |  |  |  |  |  | 16 | 15 | 1 | .063
2004 | 37 |  |  |  |  |  |  | 18 | 14 | 4 | .222
2005 | 79 | 356 | 26 | 2 | 2 | 4 | .995 | 44 | 32 | 12 | .273
2006 | 78 | 141 | 7 | 0 | 1 | 0 | 1.000 | 10 | 8 | 2 | .200
2007 | 60 | 76 | 2 | 0 | 0 | 1 | 1.000 | 3 | 3 | 0 | .000
2008 | 22 | 21 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 1 | 1 | 0 | .000
2009 | 3 | 7 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 2 | 2 | 0 | -
2010 | 7 | 8 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 0 | 0 | 0 | -
2011 | 10 | 12 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1.000 | 0 | 0 | 0 | -
2012 | 3 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 1 | 1 | 0 | .000
2013 | 2 | 2 | 1 | 0 | 0 | 1 | 1.000 | 1 | 1 | 0 | .000
2014 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 0 | 0 | 0 | .000
2015 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 0 | 0 | 0 | .000
通算 | 1497 |  |  |  |  |  |  | 811 | 564 | 247 | .305

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録
出典:wikipedia
2020/02/17 12:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「中嶋聡」の意味を投稿しよう
「中嶋聡」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

中嶋聡スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中嶋聡」のスレッドを作成する
中嶋聡の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail