このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中川常太郎とは?

中川 常太郎 【生誕】
1861年(文久元年)
尾張国知多郡長尾村(現・愛知県武豊町)
【死没】
1932年(昭和7年)
【職業】
篤農家
【子供】
中川益平(政治家)

中川 常太郎(なかがわ じょうたろう、1861年11月4日(文久元年10月2日) - 1932年(昭和7年))は、尾張国知多郡長尾村(現・愛知県知多郡武豊町)出身の政治家武豊村長(1889年-1891年)、武豊町長(1891年-1893年、1912年-1914年)。

生涯

文久元年(1861年)、尾張国知多郡長尾村小迎に生まれる。父親は四代目中川文左衛門。長尾村は1878年(明治11年)に大足村と合併して武豊村となった。中川は1889年(明治22年)12月2日に武豊村の村長に就任して町制施行に尽力し、1891年(明治24年)2月に武豊町が発足するとそのまま町長に就任、1893年(明治26年)5月31日まで町長を務めた。1898年(明治31年)9月25日から1901年(明治34年)3月19日までは武豊町会議員の二級議員を務めている。町会議員時代には長成池の造成工事に取り組み、堤防の決壊を恐れて反対していた馬場の住民の説得に成功した。長成池の完成によって灌漑用水が確保でき、この地域の作物の増収につながった。

1912年(明治45年)10月1日から1914年(大正3年)8月5日までは武豊町の名誉職町長を務め、1921年(大正10年)9月25日から1925年(大正15年)8月26日までは再び武豊町会議員を務めた。1919年(大正8年)には帝国火薬(後の日本油脂、現在の日油)の工場を誘致することに成功した。1923年(大正12年)に郡制が廃止された際には、郡制廃止記念として西浦街道の建設に携わった。

家族

長男の中川益平も政治家であり、戦後の1947年(昭和22年)から1958年(昭和33年)まで3期にわたって武豊町長を務めた。中川益平は武豊町と富貴村の合併に尽力し、合併後の武豊町において初代町長を務めた。

脚注

  1. ^ 『武豊町誌 本文編』p.875
  2. ^ 『町制60周年記念 武豊町沿革町勢要覧』

参考文献

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/07 04:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「中川常太郎」の意味を投稿しよう
「中川常太郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

中川常太郎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中川常太郎」のスレッドを作成する
中川常太郎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail