このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中心市街地とは?

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2011年2月)

中心市街地(ちゅうしんしがいち)とは、都市における地域の中心となる中央業務地区のことである。人口が集中し、商業、行政機能が充実している地域を指す。モータリゼーションの進行に伴い、地方都市の市街地は衰退傾向が続いている。また、少子高齢化の時代背景もあり、コンパクトシティを目指す自治体では近年、都市観光、まちなか併任、歩いて暮らせるまちづくり等、中心市街地の活性化に向けた取り組みが行われている。

目次

  • 1 日本
    • 1.1 沿革
    • 1.2 市街地のまちづくり
  • 2 ラテン・アメリカ
  • 3 注釈
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

日本

沿革

かつて日本の多くの地方都市では職住が混在し、人口・雇用が中心部に密集していた。高度経済成長期になると郊外一戸建て志向が強まったため、中心市街地から郊外に移る人口が増え、人口集中地区が拡大した(ドーナツ化現象)。1980年代頃には、人口が増えた郊外に小売業・生活関連サービス業の店舗が増え、商業機能の郊外化が発生した。それに伴い、店舗を主な取引先とする卸売業・事業所サービス業事務所なども郊外へと移動し、中心市街地には老舗小売店・地元百貨店金融機関(官公庁への近接性を重視)・大企業支店などが残された。

しかし、バブル経済の崩壊で消費性向の変化が起こり、支店縮小もあって中心部で経済活動を行うプレイヤーは減少した。そのため、1990年代には多くの都市では中心部の空洞化が起き、空き店舗・駐車場ばかりが目立つようになった。

1990年代末頃になると、東京圏など大都市で業務空間再編やマンション開発が増加し、人口や産業が中心部に戻る「都心回帰」と呼ばれる現象がみられるようになった。2000年代以降は、地方の県庁所在地・中小都市などでも都心マンション開発がおこなわれ、程度に差はあるものの地方でも都心回帰が生じているとされる。

市街地のまちづくり

国土交通省(旧建設省所管)都市局都市政策課では市街地のまちづくり活性事業として、以下のとおり都市行政の基本方針を示している。

ラテン・アメリカ

ラテン・アメリカでは規模の大小にかかわらず、建設時の都市計画には共通点がある。まず中心部に広場を作り、その周りに教会役所を配置した。中心部から離れた地域ほど貧しい地区が形成されていった。

注釈

  1. ^ 菊池慶之米子市における都心空洞化と都心回帰の可能性に関する予察 ─都市サイクル仮説の適用から─
  2. ^ チェ・ゲバラは英雄じゃなかった? 終焉の地ボリビアで見た真実

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/20 10:37

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「中心市街地」の意味を投稿しよう
「中心市街地」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

中心市街地スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中心市街地」のスレッドを作成する
中心市街地の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail