このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中心市街地活性化法とは?

(中心市街地活性化法から転送)
この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
【中心市街地の活性化に関する法律】


日本の法令
【通称・略称】
中心市街地活性化法
法令番号
平成10年法律第92号
【種類】
行政法
【効力】
現行法
【主な内容】
中心市街地の振興、整備など
【関連法令】
都市計画法大規模小売店舗立地法
【条文リンク】
e-Gov法令検索

中心市街地の活性化に関する法律(ちゅうしんしがいちのかっせいかにかんするほうりつ、平成10年6月3日法律第92号)は、中心市街地活性化に取り組む市町村などを支援するための日本の法律である。通称中心市街地活性化法(ちゅうしんしがいちかっせいかほう)。制定当時の題名は、中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律であり、2006年の改正で、現行の題名に改題された。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 中心市街地活性化基本計画
  • 2 脚注
  • 3 関連項目
  • 4 外部リンク

概要

1990年代に入ってから、日本全国の地方都市で郊外化が進むようになり、中心市街地の衰退や空洞化が目立つようになってきた。この法律はこれらを是正することを目的としている、まちづくり3法の一つ。

1998年(平成10年)の制定時は「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律」という長い法律名であったが、2006年(平成18年)の改正時に現在の法律名に改められた。

中心市街地活性化基本計画

2019年6月20日現在、次の148市町村において233の中心市街地活性化基本計画が認定されている。

中心市街地活性化基本計画認定年月日と市町村(地区)一覧
認定年月日 市町村(地区)
第1期
富山市
青森市

第1期
久慈市
金沢市
岐阜市
広島県府中市
山口市
高松市
熊本市
八代市
豊後高田市
長野市
宮崎市

第1期
帯広市
砂川市
千葉市
浜松市
和歌山市

第1期
三沢市
高岡市
福井市
越前市
鳥取市

第1期
鹿児島市

第1期
滝川市
柏市
新潟市
藤枝市
宝塚市
久留米市
日向市
奈良市

第1期
小樽市
弘前市
盛岡市
秋田市
鶴岡市
大野市
中津川市
豊田市
大津市
神戸市
尼崎市
伊丹市
松江市
西条市
四万十市
北九州市
北九州市
諫早市
大分市
別府市
八戸市
飯田市

第1期
伊賀市
岩見沢市
富良野市
山形市
大田原市
高崎市
長岡市
上越市
甲府市
塩尻市
米子市
松山市
山鹿市

第1期
遠野市
白河市
静岡市
静岡市
掛川市
名古屋市
守山市
丹波市
田辺市
酒田市

第1期
稚内市
川越市
豊橋市
長浜市
直方市
小城市

第1期
石岡市
敦賀市
大垣市
沼津市
高槻市
姫路市
下関市
大村市
熊本市

第1期
十和田市
石巻市
福島市
上田市
倉敷市
唐津市
佐伯市
沖縄市

第1期
大仙市
明石市
川西市

第1期
北見市
旭川市
日光市
福知山市

第1期
東海市

第1期
玉野市
飯塚市
第2期
青森市
長野市
富山市
高岡市
金沢市
豊後高田市
熊本市
  • 熊本地区

第2期
岐阜市

第1期
上山市
高知市
日南市

第1期
函館市
小田原市
安城市
津山市
周南市
第2期
帯広市
八戸市
福井市
大野市
藤枝市
豊田市
大津市
鳥取市
松江市
広島県府中市
大分市
鹿児島市

第1期
十日町市
第2期
高松市

第1期
草津市
第2期
盛岡市

第1期
須賀川市
土浦市
第2期
久慈市
白河市
高崎市
柏市
長岡市
飯田市
豊橋市
長浜市
山口市
久留米市
諫早市

第1期
岩国市
第2期
富良野市
山形市
甲府市
松山市

第2期
石巻市
浜松市

第1期
蕨市
高山市
堺市
江津市
長崎市
第2期
岩見沢市
酒田市
福島市
川越市
上田市
掛川市
姫路市
川西市
倉敷市
守山市

第1期
会津若松市
倉吉市
竹田市

第2期
大垣市
米子市
第1期
三原市

第1期
田原市
伊勢市
小林市
静岡市
長井市
第2期
弘前市
遠野市
福知山市
丹波市
伊丹市
明石市
佐伯市
唐津市
沖縄市

第1期
水戸市
青梅市
第3期
広島県府中市

第1期
雲南市
第2期
越前市

第1期
いわき市
東近江市
大牟田市
奄美市
第2期
秋田市
第3期
富山市
高岡市
金沢市
熊本市
  • 熊本地区

第2期
高槻市

第2期
上山市

第1期
寄居町
八王子市
基山町
第2期
鶴岡市
高知市
第3期
岐阜市
藤枝市
豊田市
鳥取市
大分市
鹿児島市

第2期
中津川市

第3期
八戸市

第1期
黒石市
第2期
十和田市
須賀川市
土浦市
草津市
第3期
長岡市

第3期
高松市

脚注

  1. ^ 平成18年6月7日法律第54号
  2. ^ 認定された中心市街地活性化基本計画 一覧”. 内閣府地方創生推進事務局. 2019年3月19日閲覧。
  3. ^ 通常は1市町村1地区が原則となっており、2地区が認められたのは複数都市の合併で発足した北九州市、静岡市、熊本市の3例のみである。
  4. ^ 静岡市は2009年3月に続く第2期であるが前回、静岡地区・清水地区の2地区別個の計画であったが、第2期は2地区を1計画として認定された(2地区を1計画として取りまとめた全国初の事例)。
  5. ^ 中心市街地活性化基本計画が内閣府総理大臣の認定を受けました!”. 静岡市ホームページ. 2016年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月14日閲覧。

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/17 15:30

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「中心市街地活性化法」の意味を投稿しよう
「中心市街地活性化法」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

中心市街地活性化法スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中心市街地活性化法」のスレッドを作成する
中心市街地活性化法の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail