このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中村悠平とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
福井県大野市
【生年月日】
(1990-06-17) 1990年6月17日(29歳)
【身長
体重】
176 cm
83 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
捕手
【プロ入り】
2008年 ドラフト3位
【初出場】
2009年10月2日
【年俸】
5,400万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
日本代表
プレミア12
2015年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


獲得メダル
日本
WBSCプレミア12
 | 2015 | 野球

中村 悠平(なかむら ゆうへい、1990年6月17日 - )は、日本プロ野球選手(捕手)。東京ヤクルトスワローズ所属。 マネジメント契約はエイベックス・スポーツ

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入り後
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別守備成績
    • 3.3 表彰
    • 3.4 記録
    • 3.5 背番号
    • 3.6 登場曲
    • 3.7 代表歴
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

大野市立下庄小学校で5年生の時に友人から誘われ、野球を始める。最初の守備位置はレフトで、その後内野も一通り経験し、小5の夏から捕手になった。大野市立陽明中学校では3年時に県選抜チームの「福井クラブ」で第22回全日本少年軟式野球大会に出場した。

福井県立福井商業高等学校では、強肩強打を武器に1年秋から正捕手となり、2年連続の夏の甲子園出場に貢献した。2007年夏の甲子園は初戦敗退。翌2008年夏の甲子園では初戦で酒田南を破り2回戦に進出したものの、橋本到を擁する仙台育英に惜敗し、ベスト16入りはならなかった。

2008年度ドラフト会議東京ヤクルトスワローズの3巡目指名を受け、契約金4500万円、年俸480万円(金額は推定)で入団した。福井商業高校からヤクルト及びその前身球団に入団した初の選手となった。その後中村は、契約金の一部から母校にピッチングマシンを贈っている。

プロ入り後

2009年の春季キャンプは二軍スタートながら、2月21日の対起亜タイガース戦(練習試合)で逆転2ラン本塁打を放つ活躍をみせた。3月29日の対埼玉西武ライオンズ戦(オープン戦)で途中出場し、アレックス・グラマンと対戦して三振に倒れる。開幕も二軍で迎えたが試合では先発出場が多く、5月5日の対北海道日本ハムファイターズ戦(イースタン・リーグ)では星野八千穂から自身公式戦初の本塁打を放った。6月に故障で離脱するも、7月上旬に復帰。7月23日のフレッシュオールスターゲームでは6回表に登場して適時打を放つと、その裏から赤川克紀とバッテリーを組んで2回を無失点に抑える活躍を見せた。イースタン・リーグでは最終的に打率.301・2本塁打・22打点・2盗塁、守備率.991の好成績を残した。9月29日、負傷によって抹消された相川亮二と入れ替わりで初昇格し、10月2日の対広島東洋カープ戦(明治神宮野球場)で7回裏に代走としてプロ初出場。10月6日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)では5回表に由規の代打でプロ初打席に立つと、その裏から一軍公式戦で初めて捕手として守備に就いて後続を無失点に抑え、高田繁や初バッテリーを組んだ松井光介から賞賛を受けた。最終的に安打は生まれなかったものの、守備に就いた3試合・合計10回2/3を無失点で切り抜け、チームも3試合共に逆転勝ちを収めている。10月12日の対読売ジャイアンツ戦(神宮)では、鈴木尚広の二盗を刺して初の盗塁阻止も記録した。

2010年は2年目ながら春季キャンプで一軍スタートが決定。紅白戦では飯原誉士の二盗を阻止するなど、首脳陣から高評価を得ている。この年に台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選ばれた。

2011年、第3捕手として一軍にいる期間が長くなり13試合に出場。イースタンでもチーム捕手最多の56試合に出場した。

2012年は、怪我により登録抹消された相川亮二に代わり捕手を務めることが増え、相川復帰後も出場機会が多くなっている。また、6月29日の阪神タイガース戦では、最終的に勝利に導いたプロ初本塁打も能見篤史から記録した。最終的に中村マスク時はオーランド・ロマンを除く先発・中継ぎ全員で相川マスク時以上に好防御率・好成績を残した。

オフの11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され代表入りした。

2014年は開幕から打撃好調を維持し、監督推薦でオールスターゲームへの初出場も果たした。シーズン閉幕まで一度も離脱する事無く、自己最多の99試合に出場、規定打席には届かなかったが.298と3割に迫る打率を記録した。

2015年は7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された。

オフの10月9日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出された事が発表された。

2016年開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出されたことが発表された。

2017年は127試合に出場し打率.243、4本塁打、34打点を記録した。2018年は選手会長に就任する。

人物

湖池屋から発売されているスナック菓子カラムーチョが好物なことから、ニックネームはムーチョ

高い身体能力を持っており、スポーツ用品メーカーが高校球児を対象に行っている体力測定では過去数人しか記録していない最高レベルを記録した。憧れの選手には古田敦也をあげており、投げ方を真似したこともある。

高校1年次から3年までの2年間、テレビ中継で谷繁元信矢野燿大を参考に記録したリード研究用のノートは、10冊を超えたという。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

2009 | ヤクルト | 5 | 5 | 4 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | .200 | .000 | .200
2010 | 3 | 6 | 6 | 1 | 2 | 1 | 0 | 0 | 3 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 0 | .333 | .333 | .500 | .833
2011 | 13 | 6 | 6 | 1 | 2 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .333 | .333 | .333 | .667
2012 | 91 | 249 | 209 | 19 | 53 | 5 | 0 | 1 | 61 | 15 | 1 | 1 | 8 | 2 | 28 | 4 | 2 | 31 | 10 | .254 | .344 | .292 | .636
2013 | 84 | 286 | 239 | 17 | 56 | 5 | 2 | 4 | 77 | 24 | 1 | 1 | 12 | 2 | 30 | 2 | 3 | 37 | 8 | .234 | .325 | .322 | .647
2014 | 99 | 365 | 325 | 26 | 97 | 9 | 1 | 5 | 123 | 41 | 0 | 0 | 7 | 3 | 26 | 0 | 4 | 51 | 8 | .298 | .355 | .378 | .733
2015 | 136 | 502 | 442 | 36 | 102 | 14 | 0 | 2 | 122 | 33 | 3 | 2 | 14 | 2 | 40 | 1 | 4 | 80 | 9 | .231 | .299 | .276 | .575
2016 | 106 | 378 | 321 | 24 | 60 | 14 | 0 | 3 | 83 | 37 | 2 | 0 | 14 | 6 | 31 | 4 | 6 | 47 | 9 | .187 | .266 | .259 | .525
2017 | 127 | 486 | 419 | 42 | 102 | 14 | 4 | 4 | 136 | 34 | 2 | 1 | 11 | 4 | 42 | 0 | 10 | 65 | 14 | .243 | .324 | .325 | .649
2018 | 123 | 401 | 341 | 32 | 72 | 9 | 1 | 5 | 98 | 26 | 2 | 0 | 22 | 2 | 31 | 3 | 5 | 39 | 7 | .211 | .285 | .287 | .572
NPB:10年 787 | 2684 | 2312 | 199 | 546 | 71 | 8 | 24 | 705 | 211 | 11 | 5 | 88 | 21 | 228 | 14 | 35 | 354 | 65 | .236 | .312 | .305 | .617

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
捕手
【試

合】


















【企

数】
【許

塁】






2009 | ヤクルト | 3 | 4 | 2 | 0 | 0 | 1.000 | 0 | 1 | 0 | 1 | 1.000
2010 | 3 | 11 | 3 | 0 | 0 | 1.000 | 1 | 3 | 1 | 2 | .667
2011 | 8 | 15 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 0 | 1 | 1 | 0 | .000
2012 | 90 | 433 | 47 | 4 | 9 | .992 | 2 | 30 | 16 | 14 | .467
2013 | 84 | 515 | 42 | 9 | 6 | .984 | 2 | 60 | 46 | 14 | .233
2014 | 97 | 608 | 57 | 2 | 7 | .997 | 2 | 65 | 48 | 17 | .262
2015 | 136 | 890 | 72 | 5 | 14 | .995 | 3 | 73 | 50 | 23 | .315
2016 | 106 | 640 | 59 | 3 | 8 | .996 | 6 | 83 | 61 | 22 | .265
2017 | 126 | 878 | 78 | 1 | 8 | .999 | 6 | 83 | 55 | 28 | .337
2018 | 123 | 790 | 64 | 7 | 7 | .992 | 2 | 66 | 47 | 19 | .288
通算 775 | 4784 | 424 | 31 | 59 | .994 | 24 | 465 | 325 | 140 | .301

表彰

記録

初記録
その他記録

背番号

登場曲

代表歴

脚注

  1. ^ ヤクルト中村「練習環境の悪さとか」環境改善求める.日刊スポーツ.2018年1月4日閲覧。
  2. ^ 2009年1月27日公式サイト「ルーキーの素顔★中村選手、日高投手、新田選手編」2009年7月26日閲覧。
  3. ^ SponichiAnnex「NPB選手名鑑(2009年)」
  4. ^ ヤクルト中村選手が母校に恩返し 福井商にピッチングマシン”. 2009年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月2日閲覧。 - 中日新聞(2009年4月2日)
  5. ^ 【ヤクルト】1年生捕手の中村を監督絶賛 - 日刊スポーツ 2009年10月12日閲覧。
  6. ^ 東京ヤクルトスワローズ公式サイト2010年春季キャンプ参加メンバー”. 2009年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月24日閲覧。
  7. ^ YoungPower『週刊ベースボール』2012年2月6日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌20444-2/6, 58-59頁。
  8. ^ 侍ジャパンマッチ2012 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  9. ^ 日本代表メンバー NPB公式サイト (2012年11月6日) 2015年4月14日閲覧
  10. ^ セ監督推薦喜びの声 ヤク中村「160キロを体感したい」スポーツニッポン 2014年7月4日付記事
  11. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  12. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  13. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  14. ^ ヤクルト・中村、300万円増の5400万円で更改「もっと高いところを目指したい」”. SANSPO.COM (2017年12月15日). 2018年1月10日閲覧。
  15. ^ 【ヤクルト】中村、新相棒“古田ブルー”のミット「投手から一番見えやすい」”. スポーツ報知 (2018年1月5日). 2018年1月10日閲覧。
  16. ^ ヤクルト爆勝10得点!相川代役“ムーチョ”中村打った”. スポニチ Sponichi Annex (2012年4月15日). 2012年8月2日閲覧。
  17. ^ 『報知高校野球』による。
  18. ^ 2008年8月8日「デイリースポーツ」による。

関連項目

外部リンク

東京ヤクルトスワローズ 2019
監督 | 
80 小川淳司

一軍コーチ | 

二軍監督・コーチ | 
  • 99 高津臣吾(監督)
  • 78 橋上秀樹(チーフ)
  • 72 小野寺力(投手)
  • 84 松岡健一(投手)
  • 82 松元ユウイチ(打撃)
  • 85 北川博敏(打撃)
  • 75 森岡良介(内野守備走塁)
  • 73 福地寿樹(外野守備走塁)
  • 87 福川将和(バッテリー)

  • 投手 | 
  • 12 石山泰稚
  • 13 中尾輝
  • 14 高梨裕稔
  • 15 大下佑馬
  • 16 原樹理
  • 17 清水昇
  • 18 寺島成輝
  • 19 石川雅規
  • 20 近藤一樹
  • 22 蔵本治孝
  • 24 星知弥
  • 25 館山昌平
  • 26 坂本光士郎
  • 28 ブキャナン
  • 29 小川泰弘
  • 34 山田大樹
  • 35 寺原隼人
  • 37 マクガフ
  • 38 梅野雄吾
  • 40 市川悠太
  • 43 村中恭兵
  • 44 岩橋慶侍
  • 45 ハフ
  • 47 高橋奎二
  • 48 金久保優斗
  • 53 五十嵐亮太
  • 54 中澤雅人
  • 56 鈴木裕太
  • 58 屋宜照悟
  • 61 久保拓眞
  • 62 田川賢吾
  • 64 風張蓮
  • 67 平井諒
  • 68 山中浩史
  • 70 スアレス
  • 90 沼田拓巳

  • 捕手 | 
  • 30 西田明央
  • 32 松本直樹
  • 52 中村悠平
  • 57 古賀優大
  • 59 大村孟
  • 63 井野卓
  • 69 山川晃司

  • 内野手 | 
  • 00 奥村展征
  • 0 藤井亮太
  • 1 山田哲人
  • 2 大引啓次
  • 3 西浦直亨
  • 5 川端慎吾
  • 10 荒木貴裕
  • 33 畠山和洋
  • 36 廣岡大志
  • 39 宮本丈
  • 46 太田賢吾
  • 55 村上宗隆
  • 60 三輪正義
  • 66 吉田大成

  • 外野手 | 
  • 4 バレンティン
  • 8 中山翔太
  • 9 塩見泰隆
  • 23 青木宣親
  • 31 山崎晃大朗
  • 41 雄平
  • 42 坂口智隆
  • 49 渡邉大樹
  • 50 上田剛史
  • 51 濱田太貴
  • 65 田代将太郎

  • 育成選手 | 
  • 117 松本友(内野手)
  • 118 内山太嗣(捕手)
  • 119 ジュリアス(投手)


  • 業績
    セントラル・リーグ ベストナイン(捕手)
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 土井淳
  • 1961 森昌彦
  • 1962 森昌彦
  • 1963 森昌彦
  • 1964 森昌彦
  • 1965 森昌彦
  • 1966 森昌彦
  • 1967 森昌彦
  • 1968 森昌彦
  • 1969 木俣達彦

  • 1970年代 | 
  • 1970 木俣達彦
  • 1971 木俣達彦
  • 1972 田淵幸一
  • 1973 田淵幸一
  • 1974 田淵幸一
  • 1975 田淵幸一
  • 1976 田淵幸一
  • 1977 木俣達彦
  • 1978 大矢明彦
  • 1979 木俣達彦

  • 1980年代 | 
  • 1980 大矢明彦
  • 1981 山倉和博
  • 1982 中尾孝義
  • 1983 山倉和博
  • 1984 達川光男
  • 1985 八重樫幸雄
  • 1986 達川光男
  • 1987 山倉和博
  • 1988 達川光男
  • 1989 中尾孝義

  • 1990年代 | 
  • 1990 村田真一
  • 1991 古田敦也
  • 1992 古田敦也
  • 1993 古田敦也
  • 1994 西山秀二
  • 1995 古田敦也
  • 1996 西山秀二
  • 1997 古田敦也
  • 1998 谷繁元信
  • 1999 古田敦也

  • 2000年代 | 
  • 2000 古田敦也
  • 2001 古田敦也
  • 2002 阿部慎之助
  • 2003 矢野輝弘
  • 2004 古田敦也
  • 2005 矢野輝弘
  • 2006 矢野輝弘
  • 2007 阿部慎之助
  • 2008 阿部慎之助
  • 2009 阿部慎之助

  • 2010年代 | 
  • 2010 阿部慎之助
  • 2011 阿部慎之助
  • 2012 阿部慎之助
  • 2013 阿部慎之助
  • 2014 阿部慎之助
  • 2015 中村悠平
  • 2016 石原慶幸
  • 2017 會澤翼
  • 2018 會澤翼


  • セントラル・リーグ ゴールデングラブ賞(捕手)
    1970年代 | 

    1980年代 | 
  • 1980 大矢明彦
  • 1981 山倉和博
  • 1982 中尾孝義
  • 1983 山倉和博
  • 1984 達川光男
  • 1985 木戸克彦
  • 1986 達川光男
  • 1987 山倉和博
  • 1988 達川光男
  • 1989 中尾孝義

  • 1990年代 | 
  • 1990 古田敦也
  • 1991 古田敦也
  • 1992 古田敦也
  • 1993 古田敦也
  • 1994 西山秀二
  • 1995 古田敦也
  • 1996 西山秀二
  • 1997 古田敦也
  • 1998 谷繁元信
  • 1999 古田敦也

  • 2000年代 | 
  • 2000 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/08/18 12:12

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「中村悠平」の意味を投稿しよう
    「中村悠平」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    中村悠平スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「中村悠平」のスレッドを作成する
    中村悠平の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail