このキーワード
友達に教える
URLをコピー

中馬辰猪とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)

中馬 辰猪(ちゅうまん たつい、1916年2月27日 - 2010年4月18日)は、日本の政治家衆議院議員建設大臣

来歴・人物

現在の鹿児島県霧島市国分に、参議院議員を務めた中馬猪之吉の二男として生まれる。鹿児島県立加治木中学校 (旧制)第七高等学校 (旧制)を経て、1941年京都帝国大学法学部を卒業。陸軍主計大尉としてインパール作戦に従事し、負傷するものの危機一髪で生還した経験を持つ。帰国後は水産会社役員、鹿児島県煙草耕作連嘱託等を経て、1949年第24回衆議院議員総選挙吉田茂率いる民主自由党公認で旧鹿児島2区から立候補し当選(当選同期に池田勇人岡崎勝男前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。以後10回当選。

保守合同後は佐藤栄作派-福田赳夫派に所属する。運輸政務次官、農林政務次官、衆院地方行政委員長等を歴任し、1976年三木内閣改造内閣で建設大臣として入閣する。1979年の総選挙で落選後、政界を引退。

「利口な世渡りは嫌いだ」といい、政界では常に縁の下の力持ち的な役割に徹してきた。1986年勲一等瑞宝章受章。

2010年4月18日、死去。享年94。

脚注

  1. ^ 『鹿児島大百科事典』(1981年 南日本新聞社)「加治木高等学校」
  2. ^ 中馬辰猪氏死去(元建設相、元自民党衆院議員)時事通信


建設大臣 (1976年)
【統合前】
運輸大臣

建設大臣
【建設院総裁】

【建設大臣】


北海道開発庁長官

国土庁長官


【統合後】

2001年、運輸大臣、建設大臣、国務大臣国土庁長官は国土交通大臣に統合された。長官は国務大臣としての長官を表記。

衆議院地方行政委員長 (1965年-1966年)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/29 10:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「中馬辰猪」の意味を投稿しよう
「中馬辰猪」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

中馬辰猪スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中馬辰猪」のスレッドを作成する
中馬辰猪の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail