このキーワード
友達に教える
URLをコピー

久本祐一とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
大阪府大東市
【生年月日】
(1979-03-14) 1979年3月14日(40歳)
【身長
体重】
177 cm
83 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2001年 ドラフト4巡目
【初出場】
2002年4月28日
【最終出場】
2016年7月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

派遣歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


久本 祐一(ひさもと ゆういち、1979年3月14日 - )は、大阪府大東市出身の元プロ野球選手(投手)。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入り後
    • 1.3 中日時代
    • 1.4 広島時代
    • 1.5 現役引退後
  • 2 選手としての特徴・人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 記録
    • 3.3 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

柏原高校から亜細亜大に進学。大学時代は2試合登板したのみで登板機会に恵まれず、通算2試合に登板、0勝0敗、防御率5.40を記録。2001年第72回都市対抗野球大会河合楽器が初優勝を果たした際、若獅子賞を受賞する働きを見せ一躍注目される。同年の野球部休部に伴い、特例措置で同僚の山井大介とともにドラフト4巡目指名で中日に入団。

プロ入り後

中日時代

2002年は即戦力の期待を受けながらわずか5試合の登板にとどまった。

2003年に変化球のキレが増して急成長し、51試合に登板して防御率3.22の好成績を残した。リードされた場面での登板が多かったが、イニング数を上回る奪三振を記録した。

2004年、38試合に登板して防御率3点台とまずまずの成績を残したが、シーズン前半は安定感を欠いた。

2005年不調で二軍暮らしが長く、防御率6点台と低迷した。同年オフに入団した吉見一起が背番号19をつけることになり、61に変更となった。

2006年、不調の高橋聡文に代わる左の中継ぎとして活躍し、27試合に投げて防御率1点台の好投を見せた。5月には3年ぶりのセーブも記録した。ルーキイヤーの2002年から2005年まで毎年1勝しか挙げることができなかったが、2006年は2勝(2敗1S)を記録した。

2007年、主に中継ぎとして起用され、36試合に登板。夏場には13試合連続無失点も記録し、チームでは左の中継ぎの一番手としての地位を築いた。日本シリーズでも登板した。シーズン終了後には小林正人吉見一起らと共にドミニカウィンターリーグに派遣され、日本一パレードには参加しなかったが、新球・チェンジアップを習得した。

2008年は左腕痛によりプロ入り後初の一軍登板なしに終わった。いったんは回復したものの、2009年の春季キャンプ中に再び左ひじを痛め、4月13日にじん帯を移植する手術を行う。リハビリのため、一軍、二軍ともに登板はなかった。

2010年から二軍で実戦に復帰。6月4日に一軍に昇格するが6試合登板で終わり、防御率も7点台と不安定な成績だった。

2011年はシーズン終盤からロングリリーフとして活躍、10試合に登板した。

2012年は5試合の登板にとどまり、10月に戦力外通告を受けた。

広島時代

2012年11月9日に、広島東洋カープが久本の獲得を発表した。久本は入団記者会見で、妻が広島県の出身であることや、中日時代の一軍監督だった落合博満が「カープは強くなる」と語っていたことを入団の理由に挙げた。

2013年、自身初となる開幕カード2戦目での先発登板を経験。4回を無失点に抑えた(勝ち負けは付かず)。その後4月26日の中日ドラゴンズ戦に先発。5回を137球の球数ながら1失点に抑え、2年ぶりの勝利となる移籍後初勝利を古巣から挙げた。同年は43試合に登板し、8試合で先発を任された。3勝4敗1セーブの成績を残した。

2014年3月28日開幕一軍入りを果たすも、4月6日に登録抹消。6月12日に再び一軍昇格したが、6月29日の対横浜DeNAベイスターズ戦で緊急降板。翌日、「左肘尺側手根屈筋起始部損傷」と診断された。 10月28日に球団から支配下選手契約の解除を通告されたが、11月13日育成選手として再契約。背番号も120へ変更した。なお、11月には、左肘のじん帯再建手術を受けている。

2015年、育成選手として左肘のリハビリに専念。11月12日に支配下登録選手へ復帰するとともに、背番号を65へ戻した。

2016年、一軍公式戦1試合に登板しただけで、10月3日に戦力外通告を受けた。通告の直後に中日から打撃投手としての復帰を打診されたが、NPB他球団での現役続行を希望していたため、11月12日には12球団合同トライアウト(阪神甲子園球場)に参加。シートバッティング形式で対戦した打者3人をすべて凡退させるとともに、2つの三振を奪った。しかし、広島以外の球団から現役投手としてのオファーを受けるまでに至らなかったため、現役を引退した。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示。

現役引退後

前述した経緯から、2016年11月24日に、打撃投手として中日球団と契約した。ただし本人は現役復帰への道を諦めていないと語っている。

選手としての特徴・人物

140km/h台のストレートカットボールスライダーフォークカーブ、チェンジアップを投げる。特にスライダーとカットボールの精度は投球の生命線に挙げている。

中日に入団後のプロ2年目のオフシーズンから毎年静岡県内で自主トレーニングを行っており、広島移籍後は菊池涼介戸田隆矢磯村嘉孝ら、中日打撃投手就任後はさらに平田良介ら後輩達を引き連れて行っている。

現役引退と中日打撃投手への転身を決めた背景には、前述したトライアウトの2日後に、中日のゼネラルマネジャー(GM)を務めていた落合博満から復帰を改めて打診されたことが挙げられる。久本によれば、落合からは「(広島・中日以外の球団から獲得の)オファーがなかったら(中日に)帰って来い。お前だから(打診しているの)だぞ」と言われたという。実際には、打撃投手としての復帰が決まった後に、落合は中日を退団。久本自身は、現役時代と同じ意識で、「打撃投手であっても、『(中日の現役選手に打撃練習で)打たせよう』とは思わない。今の中日の(二軍・育成)選手には、『俺の球を打てなければ一軍でやれないよ』と感じてもらいたい」との抱負を述べている。また、広島と比較してベンチなどチーム内の雰囲気が暗いことにも苦言を呈しており「チームをなんとか明るくしていきたい」と語っている。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2002 | 中日 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | -- | 1.000 | 31 | 8.0 | 5 | 3 | 2 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 4 | 4 | 4.50 | 0.88
2003 | 51 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 1 | -- | .500 | 277 | 67.0 | 58 | 6 | 23 | 5 | 2 | 68 | 4 | 0 | 24 | 24 | 3.22 | 1.21
2004 | 38 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | -- | 1.000 | 182 | 42.1 | 47 | 6 | 17 | 4 | 1 | 32 | 5 | 0 | 18 | 18 | 3.83 | 1.52
2005 | 18 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 1 | 1.000 | 104 | 22.0 | 28 | 3 | 14 | 0 | 1 | 18 | 1 | 0 | 15 | 15 | 6.14 | 1.91
2006 | 27 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 1 | 3 | .500 | 130 | 30.2 | 29 | 0 | 12 | 0 | 0 | 19 | 1 | 0 | 7 | 6 | 1.76 | 1.36
2007 | 36 | 1 | 0 | 0 | 0 | 2 | 1 | 0 | 4 | .667 | 193 | 45.1 | 37 | 2 | 20 | 2 | 3 | 31 | 2 | 0 | 18 | 17 | 3.38 | 1.26
2010 | 6 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 27 | 6.0 | 9 | 1 | 1 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 5 | 5 | 7.50 | 1.67
2011 | 10 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 83 | 21.0 | 13 | 0 | 8 | 0 | 3 | 20 | 0 | 0 | 3 | 3 | 1.29 | 1.00
2012 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 38 | 8.0 | 8 | 1 | 5 | 1 | 1 | 6 | 0 | 0 | 4 | 4 | 4.50 | 1.63
2013 | 広島 | 43 | 8 | 0 | 0 | 0 | 3 | 4 | 1 | 2 | .429 | 365 | 84.0 | 80 | 2 | 39 | 0 | 2 | 60 | 3 | 0 | 31 | 28 | 3.00 | 1.42
2014 | 8 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 43 | 11.0 | 7 | 0 | 4 | 0 | 0 | 10 | 0 | 0 | 2 | 1 | 0.82 | 1.00
2016 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 9 | 1.0 | 4 | 1 | 2 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 5 | 5 | 45.00 | 6.00
通算:12年 248 | 12 | 0 | 0 | 0 | 12 | 8 | 3 | 10 | .600 | 1482 | 346.1 | 325 | 25 | 147 | 12 | 13 | 274 | 16 | 0 | 136 | 130 | 3.38 | 1.36

記録

投手記録
打撃記録

背番号

脚注

  1. ^ “久本、左ひじ手術していた 13日に名古屋市内で”. CHUNICHI web (中日スポーツ). (2009年4月17日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/dragons/news/2009/200904/CK2009041702000037.html 2013年5月3日閲覧。
  2. ^ “高島、久本、山井昇格”. CHUNICHI web (中日スポーツ). (2010年6月4日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/dragons/news/2010/201006/CK2010060402000032.html 2013年5月3日閲覧。
  3. ^ “【広島】久本契約 落合氏の話聞いて決断”. 日刊スポーツ. (2012年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121112-1045943.html 2012年11月17日閲覧。
  4. ^ “広島・久本 古巣斬り2年ぶり1勝!広瀬の言葉に感激”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/27/kiji/K20130427005691170.html 2013年4月27日閲覧。
  5. ^ 出場選手登録・登録抹消公示
  6. ^ 出場選手登録・登録抹消公示
  7. ^ 出場選手登録・登録抹消公示
  8. ^ 広島久本、左肘損傷で長期離脱へ - プロ野球ニュース : nikkansports.com
  9. ^ 来季の選手契約について広島球団公式サイト2014年10月28日配信
  10. ^ 広島久本、育成で再契約「ありがたい」”. 日刊スポーツ (2014年11月13日). 2014年11月14日閲覧。
  11. ^ 久本 新球で省エネ投法に“チェンジ””. デイリースポーツ (2015年12月13日). 2015年12月17日閲覧。
  12. ^ [1]デイリースポーツ2014年11月9日配信
  13. ^ 広島・久本が再び支配下選手へ 1年で復帰「チームに感謝」スポニチ2015年11月12日配信
  14. ^ 来季の選手契約について広島東洋カープニュース2016年10月3日
  15. ^ “広島久本、落合GMから救いの手…古巣中日で裏方に”. 日刊スポーツ. (2017年1月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1756960.html 2017年1月2日閲覧。
  16. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.html 2016年11月13日閲覧。
  17. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  18. ^ “中日が戦力外の西川、元広島久本と打撃投手契約”. 日刊スポーツ. (2016年11月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1742635.html 2016年11月24日閲覧。
  19. ^ “元Aクラス請負人・久本祐一が目指す「現役選手みたいな打撃投手」”. ライブドアニュース. (2016年12月23日). http://news.livedoor.com/article/detail/12455745/ 2017年4月4日閲覧。
  20. ^ 広島・久本5回1失点、2季ぶり勝利も反省”. サンケイスポーツ (2013年4月26日). 2013年4月28日閲覧。
  21. ^ “【広島好き】自主トレレポート:13年目・久本祐一の「初挑戦」”. J SPORTS. (2014年1月21日). http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014012100443401.html 2017年1月16日閲覧。
  22. ^ “【広島好き】ザ・ギース尾関の「今年の久本塾の凄さにせまる!」”. J SPORTS. (2016年2月22日). http://www.jsports.co.jp/press/article/N2016022211574001.html 2017年1月21日閲覧。
  23. ^ 古田ちさこ潜入!広島・菊池や中日・平田が集う「久本塾」はここがスゴイ Baseball Crix、2018年1月19日
  24. ^ “【中日】とにかく暗いドラゴンズ、久本打撃投手が苦言「カープと全然違う」”. スポーツ報知. (2017年1月21日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170120-OHT1T50290.html 2017年1月21日閲覧。

関連項目

外部リンク

中日ドラゴンズ - 2001年ドラフト指名選手
指名選手 | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/18 02:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「久本祐一」の意味を投稿しよう
「久本祐一」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

久本祐一スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「久本祐一」のスレッドを作成する
久本祐一の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail