このキーワード
友達に教える
URLをコピー

五能線とは?

五能線
千畳敷駅

【基本情報】

【国】
日本
【所在地】
秋田県青森県
【起点】
東能代駅
【終点】
川部駅
【駅数】
43駅
【開業】
1908年7月1日
(1936年7月30日全通)
【所有者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
【運営者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
【使用車両】
車両を参照
【路線諸元】

【路線距離】
147.2 km
軌間
1,067 mm
【線路数】
単線
電化方式
全線非電化
閉塞方式
特殊自動閉塞式(電子符号照査式)
最高速度
85 km/h
【路線図】



停車場・施設・接続路線
凡例
 |  | 
 |  | 奥羽本線
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 | 0.0 | 東能代駅
 |  | 
 |  | 奥羽本線
 |  | 
 | 3.9 | 能代駅

 |  | 米代川

 | 6.1 | 向能代駅

 | 9.3 | 北能代駅

 | 11.2 | 鳥形駅

 | 14.1 | 沢目駅

 |  | 水沢川

 | 18.0 | 東八森駅

 | 22.7 | 八森駅

 | 24.5 | 滝ノ間駅

 | 26.1 | あきた白神駅

 | 29.1 | 岩館駅

 |  | 秋田青森県境

 | 39.9 | 大間越駅

 | 42.3 | 白神岳登山口駅

 | 44.7 | 松神駅

 | 46.6 | 十二湖駅

 | 50.9 | 陸奥岩崎駅

 | 53.6 | 陸奥沢辺駅

 | 56.0 | ウェスパ椿山駅

 | 57.9 | 艫作駅

 | 61.4 | 横磯駅

 | 66.9 | 深浦駅

 | 70.8 | 広戸駅

 |  | 追良瀬川

 | 72.9 | 追良瀬駅

 | 76.0 | 驫木駅

 | 79.0 | 風合瀬駅

 | 83.9 | 大戸瀬駅

 | 86.0 | 千畳敷駅

 | 90.6 | 北金ケ沢駅

 | 93.3 | 陸奥柳田駅

 |  | 赤石川

 | 97.4 | 陸奥赤石駅

 |  | 中村川

 | 103.8 | 鰺ケ沢駅

 | 108.3 | 鳴沢駅

 | 111.0 | 越水駅

 | 114.5 | 陸奥森田駅

 | 116.9 | 中田駅

 | 119.5 | 木造駅

 |  | 岩木川
 |  | 
 |  | 津軽鉄道津軽鉄道線
 | 
 | 

 | 125.7 | 五所川原駅

 |  | 津軽五所川原駅

 | 127.2 | 津軽湊駅

 | 130.3 | 陸奥亀田駅

 | 131.7 | 陸奥鶴田駅

 | 134.1 | 鶴泊駅

 | 136.5 | 掛落林駅

 | 138.9 | 板柳駅

 | 141.9 | 林崎駅

 | 144.7 | 藤崎駅
 |  | 
 |  | 奥羽本線
 |  | 
 |  | 弘南鉄道黒石線
 |  | 
 | 147.2 | 川部駅
 |  | 
 |  | 
 |  | 
 |  | 撫牛子駅
 |  | 
 |  | 奥羽本線
 |  | 
 |  | 弘前駅
 |  | 
 |  | 弘南鉄道弘南線

五能線(ごのうせん)は、秋田県能代市東能代駅青森県南津軽郡田舎館村川部駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)である。

目次

  • 1 路線データ
  • 2 平均通過人員
  • 3 運行形態
    • 3.1 リゾートしらかみ
    • 3.2 過去の運行形態
  • 4 車両
  • 5 歴史
    • 5.1 能代線
    • 5.2 陸奥鉄道・五所川原線
    • 5.3 全通後
  • 6 駅一覧
    • 6.1 廃駅
  • 7 その他
  • 8 注釈
  • 9 出典
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

路線データ

全線秋田支社の管轄である。

平均通過人員

各年度の平均通過人員(人/日)は以下の通り

運行形態

運転系統は途中の深浦駅を境におおむね区分されるが、深浦駅をまたいで運転される列車が一部ある。2018年3月17日改正ダイヤでは五能線全線を直通して東能代駅 - 弘前駅間で運転される列車は下り2本・上り1本あり、このうち上りは同改正で新設された快速列車である。一部の臨時列車をのぞいて深浦駅で列車番号が変更される。

東能代側では、東能代駅 - 能代駅間の区間列車が多く、運転本数はこの区間の運転列車の3分の2を占める。これは奥羽本線から能代市の中心部にある能代駅を接続する役割があり、1、2時間あたり1本程度運転されている。また、東能代駅 - 岩館駅間の区間列車も設定されている。岩館駅 - 北金ケ沢駅間については海沿いを走るため、吹雪・強風・高波による運休が年に何回かある。臨時快速列車をのぞけば岩館駅 - 鰺ケ沢駅間で4 - 7時間ほど運転されない時間帯がある。

川部側では、全列車が奥羽本線に乗り入れ弘前駅まで直通する。深浦駅 - 弘前駅間の列車のほか、鰺ケ沢駅 - 弘前駅間の区間列車が半数を占めており、1 - 2時間に1本程度運転されている。

一部列車(東能代駅 - 能代駅間の区間列車は全列車)においてワンマン運転が行われている。

リゾートしらかみ

日本海に沿って走るリゾートしらかみ号
詳細は「リゾートしらかみ」を参照

日本海の海岸沿いを走るというロケーションを活かし、土曜休日を中心に観光列車が運転されている。1990年から50系客車を使用した「ノスタルジックビュートレイン」が運転を開始したが、冬季運転の困難などにより1997年にキハ40系気動車による快速「リゾートしらかみ」に置き換えられた。運転区間は、秋田駅 - 東能代駅 - (五能線) - 弘前駅・青森駅間である。2003年と2006年にはそれぞれ編成が増備されて1日3往復の運転(冬期は最大2往復。通常は土曜日曜日のみの1往復)となり、五能線の顔となっている。青池編成・くまげら編成・橅(ブナ)編成の3編成があり、このうち青池編成と橅(ブナ)編成にはハイブリッド気動車HB-E300系が、くまげら編成にはキハ40系が使用されている。

「リゾートしらかみ」は、乗車券のほかに指定席券が必要となる。奥羽本線での停車駅は川部駅・弘前駅・青森駅で東北新幹線全線開業後に新青森駅も追加された。

過去の運行形態

東能代駅 - 岩館駅 - 深浦駅 - 鯵ケ沢駅間は海沿い、鯵ケ沢駅 - 木造駅 - 五所川原駅間は田園地帯、五所川原駅 - 板柳駅 - 川部駅間はりんご果樹園と、区間によって異なる沿線の風景が見られる路線である。1970年代までは陸奥鶴田駅・板柳駅・藤崎駅ではりんご移出用貨車による貨物輸送が盛んに行われており、これらの駅には積込み用の引き込み線が設置されていた。五能線から貨物列車が廃止された現在では、その線路用地のほとんどが宅地などに転用されており、その繁栄を偲ぶことは難しい。

1960年代から1980年代頃までは、岩館駅から奥羽本線への乗り入れ列車や奥羽本線碇ケ関駅大鰐駅(当時)から五能線に乗り入れる列車があり、1960年代には能代駅発東能代経由横手駅行きや、福島駅発東能代経由能代駅行き列車、能代駅から東能代経由で白新線新潟駅まで直通する列車も存在した。さらに、川部駅を始発・終着駅とする(弘前駅まで乗り入れない)列車や木造駅発着・沢目駅発着の列車もあった。また国鉄黒石線弘南鉄道に移管されるまでは、同線の黒石へ乗り入れる列車もあったほか、1980年代から2018年3月16日までは五所川原発着の列車もあった。1980年代の一時期には鰺ケ沢発下り列車(現在の初発に相当)および当時の上り最終列車が、奥羽本線大館駅発着となっていた。

深浦駅 - 青森駅間には快速「深浦」が運転されていた(五能線内は各駅に停車。運行終了時点で下り青森行きは深浦駅 - 弘前駅間の普通列車に鰺ケ沢駅から連結、上り深浦行きは単独運転)が、2014年3月15日のダイヤ改正で廃止された。この快速の前身にあたる1980年代前半頃まで運転された「深浦」などの急行列車や八戸線直通列車については「弘前駅 - 青森駅間の快速列車沿革」を参照のこと。

国鉄時代、夏期の臨時列車として、弘前駅 - 深浦駅間に臨時普通列車「かっぱ」、十二湖駅 - 秋田駅間には急行「十二湖」がそれぞれ運行されていた。

車両

現在は、キハ40・48形(秋田車両センター所属)とHB-E300系の3形式で運行されているが、かつてはキハ58系も主に快速「深浦」(かつての急行「深浦」)を中心に運用されていた。また、1980年代まではキハ22形が、それ以前ではキハ11形100番台が運用されていた。客車列車が運転されていた当時は混合列車の運用が存在したことから、五能線管理所所属の60系客車には冬期の暖房対策として床下にウェバスト式暖房装置が取り付けられていた。最後まで残ったオハユニ61 107が碓氷峠鉄道文化むらに保存されている。

なお、普通列車用の車両は2020年度に新型電気式気動車GV-E400系が導入される予定。キハ40系を置き換える。

歴史

車窓からの風景

五能線の歴史は、1908年に開業した能代(現在の東能代) - 能代町(現在の能代)間に始まる。米代川の存在などの地理的事情により能代の市街地を外れる形となってしまった奥羽線に接続するための支線であり、後に能代線(のしろせん)と命名された。

一方、青森県側においても、1918年、私鉄の陸奥鉄道(むつてつどう)が奥羽本線に連絡する鉄道を川部 - 五所川原間に開業した。

日本海沿岸を巡って能代と五所川原を結ぶ鉄道は、旧鉄道敷設法による予定線にあげられ、能代側は能代線の延長として、五所川原側は陸奥鉄道の延長の形で五所川原線(ごしょがわらせん)として建設が進められ、1924年から順次延長されていった。昭和大恐慌の影響で、建設が一時スローダウンしたものの、1936年の陸奥岩崎駅 - 深浦駅間を最後に全通し、五能線と改称された。1927年には、陸奥鉄道が買収・国有化されており、機織駅(現在の東能代駅) - 深浦駅 - 川部駅間が国有鉄道によって運営されることとなった。

能代線

陸奥鉄道・五所川原線

全通後


駅一覧

便宜上、多数の列車が直通する奥羽本線川部駅 - 弘前駅間も合わせて記載。

路線名 駅名 駅間
営業
キロ 累計
営業
キロ 快速 接続路線 線路 所在地
五能線 | 東能代駅 | - | 0.0 | ● | 東日本旅客鉄道:奥羽本線 | ◇ | 秋田県 | 能代市
能代駅 | 3.9 | 3.9 | ● |  | ◇
向能代駅 | 2.2 | 6.1 | ↑ |  | |
北能代駅 | 3.2 | 9.3 | ↑ |  |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/09 09:31

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「五能線」の意味を投稿しよう
「五能線」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

五能線スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「五能線」のスレッドを作成する
五能線の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail