このキーワード
友達に教える
URLをコピー

井上早苗とは?

井上 早苗(いのうえ さなえ, 旧姓 岡田 早苗 おかだ さなえ, 1913年(大正2年)5月31日 - 2011年(平成23年)7月1日)は、日本の女子テニス選手。

目次

  • 1 人物
  • 2 全日本テニス選手権の成績
  • 3 参考文献
  • 4 脚註
  • 5 外部リンク

人物

東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)出身。東京府立第二高女(現竹早高校)卒業。日本における「女子テニス」の草分けとして、1930年代から1950年代まで長く活動した。岡田は佐藤次郎の婚約者として知られたが、佐藤の投身自殺のショックから立ち直り、1936年の「日米国際庭球戦」参加や全日本テニス選手権女子ダブルス6勝などの戦績を残した。

岡田は両親がテニス愛好家だったことから、幼年時代からテニスに親しんだ。最初は軟式テニスを始め、東京府立第二高女在学中に硬式に転向する。1933年から1935年にかけて、岡田は全日本テニス選手権で3年連続の女子シングルス準優勝者になり、当時の日本女子テニス界で林美喜子に続くナンバー2の位置につけていた。1933年秋に「テニスファン」という月刊雑誌が創刊され、岡田は雑誌の女性記者に選ばれた。岡田が佐藤次郎と交際したのは、その時期にあたる。

1933年11月の全日本テニス選手権で、佐藤は岡田の試合でボールボーイ(球拾い)を務め、それを契機に岡田への好意を深めて、1934年2月9日に東京・銀座4丁目の喫茶店「富士アイス」で岡田との婚約を発表した。ところが、2ヶ月後の4月5日、佐藤はデビスカップの遠征中にマラッカ海峡で投身自殺してしまった。佐藤が書き残した遺書には、岡田早苗に宛てたものもあった。岡田は4月6日、勤務先のテニスファン社で婚約者の悲報に接する。佐藤の投身自殺を報じた新聞報道の中には「岡田嬢悲嘆」に関する記事も掲載された。

佐藤の投身自殺から2年後、岡田は1936年10月に読売新聞社主催の「日米国際庭球戦」に参加した。アメリカから3人のプロテニス選手が来日し、ビル・チルデンエルスワース・バインズに加えて、女子プロ選手のジェーン・シャープが来日した。シャープの対戦相手として岡田が選ばれたが、当時のテニス界では、プロ選手と対戦したら必然的にプロとみなされ、アマチュア選手によるトーナメントへの出場資格を失うことになった。そのため、シャープとの対戦を引き受けた岡田は「日本最初の女子プロテニス選手」と呼ばれるようになる。プロ選手の一行は東京大阪名古屋の3都市を回り、岡田はシャープに4勝5敗の戦績を挙げた。その後結婚して「井上早苗」と改めた。出産と第2次世界大戦の終戦を経て、井上は全日本テニス選手権のダブルスに再挑戦を始めた。

1946年の全日本選手権女子ダブルスで、井上は大浦直子とコンビを組み、11年ぶり3度目の優勝を果たす。1947年には山川道子と組んだ女子ダブルスと、鵜原謙造と組んだ混合ダブルスで優勝し、全日本2冠を獲得した。その後1956年1959年の2度、宮城黎子と組んで優勝している。最後の女子ダブルス優勝時には、井上は46歳の高齢を迎えていた。四半世紀にわたって日本女子テニスをリードした井上は、引退後日本テニス協会顧問、「日本女子テニス連盟」会長(のち名誉会長)を務めた。

2003年1月、東京都新宿区市谷で余生を送る井上は日本テニス協会によるインタビュー・シリーズ「思い出に残るあの試合」の取材に応じ、1936年の日米国際庭球戦の思い出を語った。インタビュー時の井上は、間もなく90歳の誕生日を迎える直前であったが高齢でも元気にテニスの練習を続けてきたという。70年前の出来事になった佐藤との婚約については、さらりと語ったのみである。

全日本テニス選手権の成績

参考文献

脚註

  1. ^ 1936 日米国際庭球戦 - 思い出に残るあの試合 日本テニス協会オフィシャルサイト文中参照

外部リンク

全日本テニス選手権女子ダブルス優勝者
20・30年代 | 
  • (1924年)鴨井一枝&小林春子
  • (1925年・26年)羽山住江&安宅登美子
  • (1927年・28年)滝口澪子&飯村敏子
  • (1929年)朝吹磯子&小林知子
  • (1930年)戸田定代&増田登志江
  • (1931年)滝口澪子&小林知子
  • (1932年)中村千賀&棚橋糸子
  • (1933年)立花文子&林美喜子
  • (1934年・35年)岡田早苗&山岸久子
  • (1936年)佐々倉久美&原田美智子
  • (1937年)戸田定代&マリー・ホーン
  • (1938年)大浦直子&原久子
  • (1939年)木全豊子&沢田佳

40・50年代 | 
  • (1940年)加茂幸子&加茂純子
  • 1941年 大会開催なし
  • (1942年)加茂幸子&大浦直子
  • 1943年-45年 大会開催なし
  • (1946年)井上早苗&大浦直子
  • (1947年)井上早苗&山川道子
  • (1948年・49年)加茂幸子&朝長慶子
  • (1950年)加茂幸子&中牟田純子
  • (1951年-55年)宮城黎子&朝長慶子
  • (1956年)宮城黎子&井上早苗
  • (1957年)宮城黎子&中浴靖子
  • (1958年)保田多美子&有田雅子
  • (1959年)宮城黎子&井上早苗

  • 60・70年代 | 
  • (1960年-62年)宮城黎子&福井昭子
  • (1963年)小幡陽子&空野桂子
  • (1964年)ヘルガ・シュルツェ&マーゴット・シュルツェ
  • (1965年)太田智恵子&風呂本操
  • (1966年・67年)小幡陽子&後神澄江
  • (1968年)畠中君代&飯田藍
  • (1969年)畠中君代&村上智佳子
  • (1970年)キャスリーン・ハーター&エヴァ・ルンドクイスト
  • (1971年・72年)畠中君代&村上智佳子
  • (1973年)沢松和子&福岡加余子
  • (1974年)飯田藍&野村貴洋子
  • (1975年)楊正順&雀景美
  • (1976年)佐藤直子&中川清美
  • (1977年)塚本国代&中川清美
  • (1978年)畠中君代&米沢そのえ
  • (1979年)塚本国代&中川清美

  • 80・90年代 | 
  • (1980年)畠中君代&米沢そのえ
  • (1981年)古橋富美子&柳昌子
  • (1982年)古橋富美子&野村貴洋子
  • (1983年)塚本国代&中川清美
  • (1984年)佐藤直子&柳昌子
  • (1985年)井上悦子&柳昌子
  • (1986年)佐藤直子&岡本久美子
  • (1987年)飯田栄&西谷明美
  • (1988年)佐藤直子&木戸脇真也
  • (1989年)伊達公子&木戸脇真也
  • (1990年・91年)平木理化&遠藤愛
  • (1992年・93年)平木理化&宮城ナナ
  • (1994年)雉子牟田直子&田中由夏
  • (1995年)浅越しのぶ&松田愛子
  • (1996年)雉子牟田直子&神尾米
  • (1997年)佐伯美穂&吉田友佳
  • (1998年)石田恵子&永冨恵子
  • (1999年)浅越しのぶ&久松志保

  • 00・10年代 | 
  • (2000年)井上青香&井上摩衣子
  • (2001年)平木理化&藤原里華
  • (2002年)杉山愛&藤原里華
  • (2003年)佐伯美穂&吉田友佳
  • (2004年)金恵美&田口景子
  • (2005年)岡本聖子&高瀬礼美
  • (2006年)飯島久美子&波形純理
  • (2007年)新井麻葵&米村知子
  • (2008年)クルム伊達公子&藤原里華
  • (2009年)浜村夏美&米村知子
  • (2010年)浜村夏美&藤原里華
  • (2011年)青山修子&高畑寿弥
  • (2012年・13年)青山修子&波形純理
  • (2014年)二宮真琴&田中真梨
  • (2015年)久見香奈恵&高畑寿弥
  • (2016年)今西美晴&大前綾希子

  • 男単 ・女単 | 男複 ・ 混複

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/12/15 03:17

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「井上早苗」の意味を投稿しよう
    「井上早苗」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    井上早苗スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「井上早苗」のスレッドを作成する
    井上早苗の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail