このキーワード
友達に教える
URLをコピー

井伊直弼とは?

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年1月)
凡例
井伊直弼
「井伊直弼像」 狩野永岳筆 彦根城博物館蔵 万治元年 (1860年)

【時代】
江戸時代末期
【生誕】
文化12年10月29日(1815年11月29日)
【死没】
安政7年3月3日(1860年3月24日)
【改名】
鉄之介→鉄三郎(幼名)→ 直弼
【別名】
雅号:埋木舎、柳王舎、宗観
渾名:井伊の赤鬼
【戒名】
宗観院柳暁覚翁
【墓所】
豪徳寺(東京都世田谷区)
【官位】
従四位下侍従玄蕃頭左近衛権少将掃部頭、左近衛権中将、従四位上正四位上
【幕府】
江戸幕府大老
【主君】
徳川家慶家定家茂
【藩】
近江彦根藩
【氏族】
井伊氏
【父母】
父:井伊直中、母:お富の方
養父:井伊直亮
【兄弟】
直清穠姫直亮中顕中川久教内藤政成松平勝権直元内藤政優直弼内藤政義
【妻】
正室:昌子(松平信豪女)
側室:千田静江(千田高品の養女、秋山正家の娘)、西村里和(西村本慶の娘)
【子】
直憲直咸直安直達弥千代 (松平頼聰室)、待子(青山幸宜室)

井伊 直弼(いい なおすけ)は、幕末譜代大名近江彦根藩の第15代藩主(16代藩主、13代当主という数え方もある)。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国・近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された(桜田門外の変)。

幼名鉄之介(てつのすけ)、後に鉄三郎(てつさぶろう)。直弼(なおすけ)。雅号には、埋木舎(うもれぎのや)、柳王舎(やぎわのや)、柳和舎(やぎわのや)、緑舎、宗観(そうかん)、無根水(むねみ、異字体:根水)がある。大獄を行って以降は井伊の赤鬼(いいのあかおに)の渾名でも呼ばれた。

目次

  • 1 生涯
    • 1.1 家督相続まで
    • 1.2 幕末の動乱の中で
    • 1.3 大老就任
    • 1.4 桜田門外の変
  • 2 人物・逸話
  • 3 官歴
  • 4 井伊直弼が登場した作品・行事
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

生涯

家督相続まで

文化12年(1815年)10月29日、第13代藩主(14代藩主、11代当主という数え方もある)・井伊直中の十四男として近江国犬上郡(現在の滋賀県彦根市金亀町)の彦根城の二の丸で生まれる。母は側室のお富。

兄弟が多かった上に庶子であったこともあり、養子の口もなく、父の死後、三の丸尾末町の屋敷に移り、17歳から32歳までの15年間を300俵の部屋住みとして過ごした。

この間、近江市場村の医師である三浦北庵の紹介で、長野主膳と師弟関係を結んで国学を学んだ。自らを花の咲くことのない埋もれ木に例え、埋木舎(うもれぎのや)と名付けた邸宅で世捨て人のように暮らした。この頃、熱心に茶道(石州流)を学んでおり、茶人として大成する。そのほかにも和歌、兵学、居合術を学ぶなど、聡明さを早くから示していた。

ところが弘化3年(1846年)、第14代藩主で兄の直亮の世子であった井伊直元(直中の十一男、これも兄にあたる)が死去したため、兄の養子という形で彦根藩の後継者に決定する。

嘉永3年(1850年)11月21日、直亮の死去を受け家督を継いで藩主となる。嘉永5年(1852年)、丹波亀山藩松平信豪の次女・昌子(貞鏡院)を娶った。

幕末の動乱の中で

彦根藩時代は藩政改革を行い、名君と呼ばれた。また、江戸城では溜詰として、将軍継嗣問題日米修好通商条約調印問題をめぐり存在感を示す。

嘉永6年(1853年)、黒船来航に伴う江戸湾(東京湾)防備に活躍したが、老中首座の阿部正弘が、黒船を送り込んできたアメリカ合衆国の要求に対する対策を諮問してきた時には、「臨機応変に対応すべきで、積極的に交易すべきである」と開国を主張している(ただし、直弼は元々は鎖国論者であり、彼の開国論を「政治的方便」とする説もある(後述))。

阿部正弘は、幕政を従来の譜代大名中心から雄藩藩主(徳川斉昭松平慶永ら)との連携方式に移行させ、斉昭を海防掛顧問(外交顧問)として幕政に参与させた。斉昭は攘夷を度々、強く唱えた。しかしこれは、溜詰の筆頭であり、また自ら開国派であった直弼としては許しがたいものであった。直弼ら溜詰諸侯と、阿部正弘や徳川斉昭の対立は、日米和親条約の締結をめぐる江戸城西湖の間での討議で頂点に達した。このため斉昭は阿部に、開国・通商派の老中・松平乗全(直弼とは個人的に書簡をやり取りするほど親しかった)、松平忠固の2名の更迭を要求した。

安政2年(1855年)8月4日、阿部はやむなく両名を老中から退けた。直弼は猛烈に抗議し、溜詰の意向を酌んだ者を速やかに老中に補充するよう阿部に迫った。阿部はこれまたやむなく溜詰の堀田正睦(開国派、下総佐倉藩主)を老中首座に起用し、対立はひとまず収束したが、これは乗全、忠固の罷免に対して直弼を筆頭とする溜詰諸侯が一矢報いた形といえる。

安政4年(1857年)6月17日に阿部正弘が死去すると、堀田正睦は直ちに松平忠固を老中に再任し、幕政は溜詰の意向を反映した堀田・松平の連立幕閣を形成した。さらに直弼は第13代将軍・徳川家定の継嗣問題で紀伊藩主の徳川慶福を推挙し、一橋慶喜を推す一橋派の徳川斉昭との対立を深めた。

大老就任

松平忠固や水野忠央(紀州藩付家老新宮藩主)ら南紀派の政治工作により、安政5年(1858年)4月23日、直弼は大老に就任した。大老就任の直接のきっかけは、4月21日、孝明天皇からの条約勅許獲得に失敗した堀田正睦が戻り、将軍徳川家定に復命した際、堀田は松平春嶽を大老に就けてこの先対処したいと家定に述べたところ、家定は「家柄からも人物からも大老は井伊直弼しかいない」と言ったため、急遽、直弼を大老とするよう将軍周辺が動いた。4月22日には将軍側近の薬師寺元真が直弼邸を訪問し、大老就任を説得している。 直弼は勅許なしの条約調印に反対であった。6月中旬、アロー号事件が休戦となったことをきっかけに、アメリカのタウンゼント・ハリス神奈川沖まで軍艦でやってきて即時調印を要求。それを受けて6月18日に行われた幕閣会議でも、直弼と若年寄本多忠徳のみが勅許を得てからの条約調印を主張した。急ぎ勅許を得る間、ハリスとの交渉を引き延ばすよう交渉するため、下田奉行井上清直目付岩瀬忠震をハリスのもとに派遣したが、即刻の調印を目指していた井上・岩瀬は、やむを得ない場合は調印していいかと直弼に尋ねると、直弼は「その場合は致し方ないが、できるだけ引き延ばすように」と回答。これを受け、井上・岩瀬は調印の承諾を得たとみなして、ハリスのもとに行くとその日のうちに調印した。こうして、孝明天皇の勅許を得られぬまま、6月19日にポーハタン号上でハリスとの間に日米修好通商条約が調印される。これが違勅調印であるとして、一橋派から攻撃を受ける。家定の継嗣問題では同月25日に徳川慶福を後継に決定し、慶福は名を徳川家茂と改めて同年12月1日、征夷大将軍(第14代)の宣下を受けた。

直弼の対応に憤った諸藩の意を受け、薩摩藩島津斉彬は藩兵2,500人を引き連れて上京し、御所を守護して幕府の無勅許調印を糺す勅許を得ようと計画したが、調練中の水当りが原因で急逝。失意の内にある攘夷派の再起を図る形で、薩摩藩士とともに水戸藩士らが朝廷に働きかけた結果、孝明天皇は、安政5年8月8日、戊午の密勅を幕府の他、諸藩に回送するようにとの添書き付きで水戸藩にも下して幕府政治を非難した。これは、朝廷が幕府を無視して一藩に全国諸藩を取りまとめるよう指示を出したものであり、幕府の立場から見ると、江戸時代の幕藩体制を無視した行為であり、社会秩序の崩壊につながる行為である。

前代未聞の朝廷の政治関与に対して、幕府は厳しい態度で取り調べを進める。長野主膳からの報告により、直弼は戊午の密勅の首謀者を梅田雲浜と断じ、京都所司代酒井忠義に捕縛させ、安政の大獄の端緒を開いた。直弼はまた、無勅許調印の責任を自派のはずの堀田正睦、松平忠固に着せて両名を閣外に逐いやった。代わって太田資始間部詮勝松平乗全の3名を老中に起用し、尊皇攘夷派が活動する騒擾の世中にあって、強権をもって治安を回復しようとした。さらに、水戸藩に密勅の返納を命じた。一方で間部詮勝を京に派遣し、密勅に関与した人物の摘発を命じる中で、武力による倒幕など反体制的な行為の計画が露見。多数の志士(橋本左内吉田松陰頼三樹三郎など)や公卿・皇族(中川宮朝彦親王)らを捕縛し、厳しい取り調べを行った。また、無断で江戸城に登城した一橋派の一橋慶喜、徳川斉昭、松平慶永らを処罰し、直弼の意に背いてハリスと条約調印した岩瀬忠震や川路聖謨水野忠徳永井尚志らを左遷した。そして、閣内でも直弼の方針に反対した老中・久世広周寺社奉行板倉勝静らを免職にした。更に太田資始、間部詮勝の両老中も罷免し、孤立を深めた。

桜田門外の変

彦根城金亀児童公園にある井伊直弼銅像
掃部山公園にある井伊直弼銅像
桜田門外の変」も参照

こうした政策は尊王攘夷派など反対勢力から強い反感を買った。安政6年(1859年)12月、直弼は若年寄安藤信正を水戸藩主・徳川慶篤の下に派遣し、戊午の密勅の返納を催促した。この催促は数度にわたって続けられ、遂に慶篤は父の斉昭と相談の上、勅を幕府に返納することにした。ところが水戸藩の士民(特に過激派)が激昂して勅の返納を阻止あるいは朝廷に直接返納すべきとして混乱する。

安政7年(1860年)1月15日、直弼は安藤信正を老中に昇進させ、この日に登城した慶篤に対して重ねて勅の返納を催促した。そして1月25日を期限として、もし遅延したら違勅の罪を斉昭に問い、水戸藩を改易するとまで述べたという。 これが水戸藩の藩士を憤激させるのに決定的となり、2月に水戸藩を脱藩した高橋多一郎関鉄之介らによって直弼襲撃の謀議が繰り返された。水戸藩脱藩浪士らの不穏な動きは幕府も関知はしており、2月下旬にはかつて水戸藩邸に上使として赴いたことがある松平信発が直弼を外桜田邸に訪ね、脱藩者による襲撃の虞があるため、大老を辞職して彦根に帰り、政情が落ち着いてから出仕すべきと勧めた。また辞職・帰国が嫌ならば従士を増やして万一に備えるように述べるも、直弼は受け入れなかった。

3月3日5ツ半(午前9時)、直弼を乗せた駕籠は雪の中を、外桜田の藩邸を出て江戸城に向かった。供廻りの徒士足軽、草履取りなど60余名の行列が桜田門外の杵築藩邸の門前を通り過ぎようとしていた時、関鉄之介を中心とする水戸脱藩浪士17名と薩摩藩士の有村次左衛門の計18名による襲撃を受けた。最初に短銃で撃たれて重傷を負った直弼は駕籠から動けず、供回りの彦根藩士は狼狽して多くが遁走、駕籠を守ろうとした者も刺客に切り伏せられた。刺客は駕籠に何度も刀を突き刺した後、瀕死の直弼を駕籠から引きずり出し、首を刎ねた。享年46(満44歳没)。この事件を桜田門外の変と呼ぶ。

この日、彦根藩側役の宇津木左近は、直弼の駕籠を見送った後、机上に開封された書状を発見した。それには、水戸脱藩の浪士らが襲撃を企てている旨の警告が記されており、宇津木が護衛を増派しようとした時、凶報がもたらされた。

墓所は井伊家の菩提寺である豪徳寺(東京都世田谷区)。また茨城県水戸市所在の妙雲寺には直弼の慰霊碑が建てられている。また、当時は彦根藩の飛地領であった下野国佐野(現在の栃木県佐野市)の天応寺でも祀られている。直弼が襲われた場所でその血が染み込んだ土をその家臣たちは俵に詰めて彦根に運び、天寧寺(彦根市)に納め、後世そこに供養塔を建てた。混乱を恐れた幕府によって暗殺は秘密裡とされ、表向きには直弼は負傷によりしばらく休養とされた。そのため墓所に記された没日も実際の3月3日とは異なり、表向きは3月28日を命日としている。直弼は3月晦日に大老職を正式に免じられ、閏3月晦日にその死を公表された。

跡を次男・井伊直憲が継いだが、これも3月10日に幕府に嫡子とする旨を届けながら4月28日に至ってようやく家督相続を許されるほどであった。なお、文久2年、文久の改革で反直弼派であった一橋派が政権をとると、彼らは直弼の政治を咎め、文久2年(1862年)11月20日、幕命により彦根藩は10万石減封されている。

人物・逸話

 | 

この節には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2012年4月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2012年4月)

  • 部屋住みの時代に国学曹洞宗、絵、和歌兵学居合槍術などの武術茶の湯能楽などの多数の趣味に没頭していた。特に居合では新心流から新心新流を開いた。茶の湯では「宗観」の名を持ち、石州流の中に一派を確立した。著書『茶湯一会集』巻頭には有名な「一期一会」がある。能楽方面では新作狂言『鬼ヶ宿』の制作や、廃曲となっていた『狸の腹鼓』の復曲(いわゆる『彦根狸』)を試みるなど、狂言作者としての才能も持っていた。大蔵流茂山家再興に力を貸し、名跡茂山千五郎は彼が名付けた。また歌集『柳廼四附』(やなぎのしずく、国の重要文化財「井伊家文書」のうち)を残している。
  • 直弼が開国を唱えたり条約に調印したりしたのは水戸や薩摩などの有力諸侯による幕政への介入に対抗するための一時の方策であり、直弼自身は江戸幕府が国政の実権を回復した後に、幕府とこれを支える親藩・譜代大名が主体となって攘夷を行うべきと考えていた、一貫した攘夷論者であったとする説が石井孝によって唱えられている。この見解によれば、安政の大獄による有力諸侯や攘夷派の処罰も、直弼が条約締結の裏で進めていた攘夷(鎖国への回帰)も、「幕府の権威回復による旧体制への回帰」という路線上にある方針であるとされている。
  • 彦根市と水戸市は、明治百年を契機に歴史的わだかまりを超え、1968年に「親善都市」提携を行った。当時の彦根市長井伊直愛は直弼の曾孫である。
  • 『井伊直弼画像』。井伊直安(井伊直弼の三男。越後国与板藩第10代藩主)の作。豪徳寺(東京都世田谷区)所在。世田谷区指定有形文化財(歴史資料)

    官歴

    井伊直弼が登場した作品・行事

    桜田門外の変#題材とした作品」も参照
    日本開国百年記念切手
    切手
    博覧会
    小説
    戯曲
    映画
    テレビドラマ

    脚注

    注釈

    1. ^ ノートページ参照
    2. ^ もっとも、全くなかったわけではない。延岡藩の後継候補として弟(後の内藤政義)とともに候補として名前が挙がったことはある。
    3. ^ 12月20日に水戸城で大評定が開かれ、士民は勅の江戸降下を阻止しようと水戸から江戸の要路に潜伏した。
    4. ^ 直弼は人は各々天命があり、刺客が果して余を斃そうとすれば、たとえいかほど戒心しても乗ずべき隙があり、そもそも従士の数は幕府の定めるところで大老がこれを破れば他の諸侯に示しがつかないと述べた。
    5. ^ 井伊家の従士・萩原吉次郎の証言によると、井伊家では安政6年(1859年)までは主君の身を守るために警護を密かに増やしていたが、直弼がこれを知って安政7年(1860年)に廃したという。
    6. ^ この言葉につながる意味内容は利休七哲山上宗二が著した『山上宗二記』にある。四字熟語「一期一会」を直弼以前に使ったことは確認できない。
    7. ^ 長野主膳が直弼にあてた意見書の中で「現在となっては開国も仕方がないが、外国人を一定の場所(居留地)に閉じ込めて厳しく監視して商売を規制して、出て行くならそれで良し、報復するなら打ち払うべきである」と趣旨を述べ、直弼自身も安政5年1月に堀田正睦に出した書簡の中で「外国人の説に感服して一歩ずつ譲歩するのは嘆かわしく」「皇国風と異国風の区別を弁えるべきである」と忠告を寄せている。また、徳川将軍家に代々仕える茶坊主で強硬な保守・攘夷の論説を唱えていた野村休成を直弼が終始庇護したのに対して、通商条約締結間際になって、阿部や堀田が登用した多くの開明派官僚を一橋派・南紀派を問わずに追放している。更に、安政5年11月29日に間部詮勝を通じて関白九条尚忠に、自分の本意は「従来の国法(鎖国)に復することである」と述べている。

    出典

    1. ^ 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、22-23頁。 ISBN 978-4-09-626607-6。
    2. ^ 『公用方秘録』
    3. ^ 吉田常吉『井伊直弼』(吉川弘文館)P381
    4. ^ 井伊直弼のくせ字 解読/直筆和歌集「柳廼四附」郷土・滋賀の市民研究会 20年かけ東京新聞』夕刊2019年2月8日(8面)2019年2月13日閲覧。
    5. ^ せたがやの文化財 井伊直弼画像
    6. ^ 井伊直弼と開国150年祭『直弼二十二景~井伊直弼にまつわる22の風景~ 第二十二景 彦根城天主』

    参考文献

    関連項目

    外部リンク

    彦根藩第15代藩主 (1846年 - 1860年)
    佐和山藩 | 

    彦根藩 | 
  • 井伊直継1606-1615
  • 井伊直孝1615-1659
  • 井伊直澄1659-1676
  • 井伊直興1676-1701
  • 井伊直通1701-1710
  • 井伊直恒1710
  • 井伊直該(直興)1710-1714
  • 井伊直惟1714-1735
  • 井伊直定1735-1754
  • 井伊直禔1754
  • 井伊直定1754-1755
  • 井伊直幸1755-1789
  • 井伊直中1789-1812
  • 井伊直亮1812-1850
  • 井伊直弼1846-1860
  • 井伊直憲1860-1871
  • 廃藩置県

  • ※通例では代数に含まれない。

    『新修彦根市史2巻 通史編近世』(2008年)66頁では、井伊直継を2代藩主としている。

    彦根城博物館では、通例にしたがって直継を数えないが、「当主」という表現を使っている(例;井伊直弼 13代当主)。

    江戸幕府大老


    【典拠管理】
    出典:wikipedia
    2019/06/19 07:31

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「井伊直弼」の意味を投稿しよう
    「井伊直弼」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    井伊直弼スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「井伊直弼」のスレッドを作成する
    井伊直弼の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail