このキーワード
友達に教える
URLをコピー

交響曲第7番_(シューベルト)とは?

移動先: 案内検索

交響曲第7番は、オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの作曲した7番目の交響曲であるが、シューベルトの後期の交響曲は何度も番号が変更されており、『交響曲第7番』が示す曲もその都度変化している。詳細はフランツ・シューベルト#交響曲の番号付けを参照。

  1. D944(ハ長調)→新シューベルト全集(Neue Schubert-Ausgabe)における第8番。未完成作品を除いて7番目の交響曲であるため、かつては第7番と呼ばれていた。その後、第9番、第10番と呼ばれたこともある。『ザ・グレート』(大交響曲)ハ長調。
  2. D729(ホ長調)→新シューベルト全集では番号はついていない。大半がスケッチのみの未完の交響曲。後世の指揮者や音楽学者らによりオーケストレーションされた版で演奏されることもある。 (de:ドイツ語版記事)
  3. D759(ロ短調)→新シューベルト全集における第7番。旧第8番。『未完成交響曲』ロ短調。1978年のヴァルター・デュルアルノルト・ファイルらによるドイチュ番号改定により、自筆譜のままで演奏できるという意味で完成されていると認められる交響曲の7番目のものであることから第7番とされ、テュービンゲンの「国際シューベルト協会」(Internationale Schubert-Gesellschaft e.V.)をはじめ多くの楽譜出版社がこれに従った。

本項では、新シューベルト全集での交響曲第7番である『未完成交響曲』ロ短調D759について扱う。

【音楽・音声外部リンク】

全曲を試聴する
Schubert:Symphony nº 7“Unfinished”- M. Jurowski - Sinfónica de Galicia - ミハイル・ユロフスキ(Michail Jurowski)指揮ガリシア交響楽団による演奏。ガリシア交響楽団公式YouTube。
Schubert:Symphony No.7(No.8)“Unfinished”- 1st Movement,2nd Movement - 佐渡裕指揮兵庫芸術文化センター管弦楽団による演奏。兵庫芸術文化センター管弦楽団公式YouTube。

Franz Schubert - Symphony No.8 in B minor Unfinished - Małgorzata Sapiecha-Muzioł (conductor),

Stanisław Moniuszko School of Music Symphony Orchestra。当該映像制作者「Akademia Filmu i Telewizji」の公式YouTube

交響曲第7番ロ短調D759『未完成』(Sinfonie Nr. 7 in h moll D. 759 "Die Unvollendete" )は、オーストリアの作曲家フランツ・シューベルト1822年に作曲した未完の交響曲である。シューベルトの代表作のひとつであり、ベートーヴェンの『運命』・ドヴォルザークの『新世界』などと並んで大衆的な人気がある。かつてのレコード業界では『運命』と『未完成』のカップリングは、いわゆるドル箱として重視されていた。

目次

  • 1 作曲経緯
  • 2 楽器編成
  • 3 曲の構成
    • 3.1 第1楽章
    • 3.2 第2楽章
    • 3.3 第3楽章
    • 3.4 第4楽章
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

作曲経緯

シューベルトはグラーツ楽友協会から「名誉ディプロマ」を授与された。わずか25歳でのこの授与に対し、シューベルトは返礼として交響曲を作曲することにした。しかし、シューベルトが送付したのは第1楽章と第2楽章だけで、残りの楽章は送付しなかったとされる。

そのままシューベルトはなぜか別の交響曲(交響曲第8番 (シューベルト)) を作曲しだし、ロ短調交響曲を完成させる前にシューベルトは逝去。シューベルトの名声が確実なものとなった没後数十年を経て、残された2楽章分のみを出版することにした。初演は1865年12月17日ウィーン。初演された当時シューベルトはすでに「大家」の扱いであり、未完成の理由について多くの推察が行われたが、決定的な証拠は遺されなかった。

交響曲は通常4つの楽章から構成され、その最も典型的な形が『運命』や『新世界』などに見られるアレグロソナタ - 緩徐楽章 - スケルツォ - フィナーレ という形式である。シューベルトも当初はそのようなものを構想して、この交響曲ロ短調の作曲を進めていったのであろうと考えられる。しかし、シューベルトは第2楽章まで完成させ、スケルツォ(第3楽章)をスケッチまでほぼ仕上げながら、そこで作曲を中止してしまったとされているが、諸説ある。

なぜ第2楽章までで作曲を中止してしまったのかにはさまざまな説がある。例えば「第1楽章を4分の3拍子、第2楽章を8分の3拍子で書いてしまったために、4分の3拍子のスケルツォがありきたりなものになってしまった」というもの、また「シューベルトは、第2楽章までのままでも十分に芸術的であると判断し、それ以上のつけたしは蛇足に過ぎないと考えた」という説などである。事実、第3楽章のスケッチの完成度があまり高くないため、シューベルトのこの判断は正しかったと考える人は多い。もっとも、このように音楽作品を完成させないまま放棄するということをシューベルトはきわめて頻繁に行っており、「未完成」であることは、この交響曲の成立に関してそれほど本質的な意味はないとする考えもある。

これとは別に、シューベルトはこの交響曲を完成させていたが、劇付随音楽ロザムンデ』に音楽を流用するためにグラーツ楽友協会から第3、4楽章の楽譜の返還を求め、結果として楽譜が散逸した、とする説もある。

シューベルトが残したスケルツォにオーケストレーションをほどこして第3楽章とし、『ロザムンデ』の間奏曲第1番を流用して第4楽章とする4楽章の補筆完成版(イギリスの音楽学者エイブラハムニューボウルドによる)の演奏もある。

シューベルトの多くの作品で見られることだが、第1楽章の第1主題冒頭の自筆譜にかかれた記号はアクセントなのかデクレッシェンドなのか判然とせず、今日でも見解が分かれたままである。「そのどちらでもなく」演奏することが慣例だが、どちらかとして解釈する演奏も見られる。

なお、20世紀の名指揮者・作曲家であったフェリックス・ワインガルトナーは、この曲の未完の第3楽章を補筆し、自作の『交響曲第6番』作品74の中に使用している。

楽器編成

フルート 2、オーボエ 2、クラリネット 2、ファゴット 2、ホルン 2、トランペット 2、トロンボーン 3、ティンパニ弦五部

曲の構成

第1楽章

冒頭部
 | 
60〜64小節目。第2主題提示の終結部分

 |