このキーワード
友達に教える
URLをコピー

京浜東北線とは?

【基本情報】

【国】
日本
【所在地】
埼玉県東京都神奈川県
【区間】
大宮駅 - 横浜駅
【駅数】
35駅
【経由路線】
東北本線東海道本線
電報略号
トホホセ(大宮 - 東京間)
トカホセ(東京 - 横浜間)
【路線記号】
JK
【開業】
1914年12月20日
【所有者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
【運営者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
車両基地
さいたま車両センター
【使用車両】
E233系1000番台 10両
【路線諸元】

【路線距離】
59.1 km
軌間
1,067 mm
【線路数】
複線
電化方式
直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式
ATC方式(大宮駅 - 桜木町駅間)
ATC方式または自動閉塞式(桜木町駅 - 大船駅間)
保安装置
D-ATC(大宮駅 - 桜木町駅間)
D-ATCまたはATS-P(桜木町駅 - 大船駅間)
最高速度
90 km/h
【路線図】

大宮さいたま新都心 与野 北浦和 浦和 南浦和 蕨 西川口 川口 赤羽 東十条 王子 上中里 田端 西日暮里 日暮里 鶯谷 上野 御徒町 秋葉原 神田 東京 有楽町 新橋 浜松町 田町 品川 大井町 大森 蒲田 川崎 鶴見 新子安 東神奈川 横浜


京浜東北線(けいひんとうほくせん)は、埼玉県さいたま市大宮区大宮駅から、東京都千代田区東京駅を経由して神奈川県横浜市西区横浜駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)が運行する電車線運転系統の通称である。大宮駅 - 東京駅間は東北本線の、東京駅 - 横浜駅間は東海道本線の一部である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJK

運行形態は横浜駅 - 磯子駅 - 大船駅間の根岸線と一体であり、合わせて京浜東北・根岸線と呼ばれる場合もある。以降、必要に応じて根岸線区間も含めた大宮駅 - 大船駅間の状況について記す。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
    • 2.1 今後の計画
  • 3 運行形態
    • 3.1 北行と南行
    • 3.2 運転区間・頻度
    • 3.3 快速運転
    • 3.4 保安システム
    • 3.5 列車番号
    • 3.6 保線工事実施時
  • 4 使用車両
    • 4.1 現在の使用車両
      • 4.1.1 編成
    • 4.2 過去の使用車両
  • 5 諸問題
    • 5.1 遅延多発問題
    • 5.2 開かずの踏切問題
  • 6 データ
    • 6.1 路線データ
    • 6.2 混雑率の推移
    • 6.3 駅一覧
  • 7 注記
  • 8 出典
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

概要

京浜東北線は、東京電車特定区間内の運転系統(E電)の一つであり、東京の都心を南北に縦貫し、北は埼玉県さいたま市、南は神奈川県横浜市鎌倉市まで結んでいる。ラインカラースカイブルー()で、車両の車体帯の色や駅施設などにおける案内に使用されている。

1914年(大正3年)12月20日東京駅開業と同時に「京浜線」として東海道本線東京駅 - 高島町駅(現存せず)間で開始された電車運転が起源であり、その後北は東北本線大宮駅、南は根岸線大船駅まで運行区間が延伸されて1973年(昭和48年)に現在の運行形態となった。2014年には運行100周年を迎えた。

「京浜東北線」の名称は、その運行区間である東と横間を結ぶことに拠る『京浜』と、東北本線の電車線であることに拠る「東北」からなる(名称の経緯は「#歴史」節も参照)が、これは旅客案内上の通称であり、正式な線路名称は東京駅 - 横浜駅間が東海道本線、東京駅 - 大宮駅間が東北本線である。一般的には運営事業者(JR東日本)はもとより、国土交通省や関係する各鉄道事業者、マスメディアなどが『京浜東北線』の名称を使用するため、この名称が定着している。そのためか、一部の乗換案内では省略されている。

長い間東京の中心部を南北に縦断し埼玉県域と神奈川県域を結ぶ唯一の鉄道運行系統であったが、2001年湘南新宿ライン運行開始、東京都心の地下鉄線と郊外の鉄道各線との直通運転実施、2015年上野東京ラインとして開始された東北本線と東海道本線間の中距離電車の相互直通運転、さらには2019年11月末に予定される埼京線相模鉄道の相互直通運転開始等により、京浜東北線の縦貫線としての役割は分散される方向にある。

山手線が並行する田端駅 - 品川駅間は旅客営業規則の定める「東京山手線内」に含まれ、区間外よりも安い運賃体系となっている。

歴史

京浜線電車試運転時の有楽町駅 奥が東京駅側(1914年12月)

今後の計画

新駅計画については「高輪ゲートウェイ駅」「山手線#新駅計画」、「上野東京ライン#品川車両基地について」および「田町車両センター#今後の予定」も参照

運行形態

E233系1000番台の側面LED表示器。各駅停車上野行は東京駅を越える北行電車の終電

大宮駅 - 横浜駅間では、京浜東北線は東北本線東海道本線電車線として全区間で独立して走行できる専用の複線が確保されている。田端駅 - 品川駅間では、東京都心を環状運転する山手線と並行するが、このうち品川駅以外では、同線と同一ホームでの乗り換えが可能な方向別配線となっており、旅客の利便性が図られている。また全区間で、主要駅のみに停車する中距離電車の系統である宇都宮線高崎線東海道線(上野東京ライン、東北本線・東海道本線の列車線)に対する各駅停車としての役割を担っているが、これらの路線との接続は特に図られていない。

北行と南行

一般的に日本の鉄道では当該路線の起点駅から離れていく列車を「下り」、その逆を「上り」としているが、東北本線と東海道本線の起点となる東京駅を挟んで運転する京浜東北線にはこの定義は当てはまらない。したがってJR内部では大船方向への電車を「南行」(なんこう・みなみゆき)、大宮方向への電車を「北行」(ほっこう・きたゆき)と呼んで区別している。ただし、旅客案内上は原則として「大船方面行」「大宮方面行」などと表現される(他の同様な例はダイヤグラムを参照)。

運転区間・頻度

首都圏のJR線では、最も運転本数や保有車両の編成数が多い路線である。

大宮駅 - 大船駅間を直通運転する系統と、途中駅の南浦和駅赤羽駅東十条駅・上野駅・蒲田駅鶴見駅東神奈川駅桜木町駅磯子駅が始発・終点となる系統がある。車両基地の存在や折り返し設備の関係で、浦和駅川崎駅・横浜駅などの主要駅より1駅手前までの運行となる電車が多く運転されていることが特徴となっている。

朝夕ラッシュ時は約2 - 3分間隔、日中時間帯は約4 - 5分間隔(1時間に11 - 12本程度)で運行されている。ただし、大宮駅 - 南浦和駅間および蒲田駅 - 横浜駅 - 磯子駅 - 大船駅間では運行間隔が広がる部分がある。日中時間帯は全列車が快速(後述)として運行されている。

早朝・深夜以外(日中時間帯が中心)には東神奈川駅 - 桜木町駅・磯子駅・大船駅間で横浜線の電車(8両編成、列車番号末尾K)が乗り入れてくるが、運転系統と使用車両は相互に独立している。

快速運転

田端駅 - 東京駅 - 田町駅間では山手線と方向別運転になり、日中は快速運転が実施される(田町駅)

日本国有鉄道(国鉄)からJR東日本に移行後の1988年3月13日一本列島ダイヤ改正より山手線と並行する田端駅 - 田町駅間で日中(10時30分 - 15時30分ごろ)に快速運転を開始した。この「快速」は各駅に停車する山手線電車に対する快速であり、当該時間帯は京浜東北線の全電車が快速となる。追い抜き設備がある駅がないため京浜東北線電車同士の追い抜きは行われない。

運転開始当初の田端駅 - 田町駅間での途中停車駅は上野駅・秋葉原駅・東京駅。その後、2002年3月のJR東日本による東京モノレールの買収により、同年7月14日から東京モノレール羽田空港線との乗り換え駅である浜松町駅にも停車するようになった。品川駅は京浜東北線と山手線が別ホームとなっており相互乗り換えに階段などを使用する必要があるため、隣の田町駅が快速運転開始当初から停車駅となっている。2015年3月14日のダイヤ改正にて、快速停車駅に新たに神田駅を追加し、中央線快速との乗り換えの向上を図り、この日の上野東京ラインの開業に合わせて、土曜・休日ダイヤでは御徒町駅にも停車するようになった。

快速運転の実施により、田端駅 - 品川駅間の所要時間が約7分短縮された。

年末年始(例年12月26日 - 翌年1月4日)については特別ダイヤを設定して快速運転を中止し、終日各駅に停車する体制を取っていた。しかし、2015年3月のダイヤ改正で前述の御徒町駅の土曜・休日ダイヤにおける快速停車化に伴い、2015年12月30日から2016年1月3日にかけても引き続き快速運転を行う形が取られる(これは2016年度以降も同様)。なお、快速運転時間帯に山手線で人身事故などによる運転見合わせやダイヤの乱れが起きた場合などは快速運転を中止して各駅に停車することがある。

田端駅 - 浜松町駅間以外では終点まで各駅に停車するため、電車の行先表示機は始発駅から快速運行区間終了まで「快速」の表示で運行されるが、その快速運行区間を過ぎると「各駅停車」表示へと変更が行われる。表示変更は、北行が西日暮里駅、南行が新橋駅を通過した後である。

京浜東北線快速停車駅の変遷
●:停車、▲:土曜・休日ダイヤのみ停車、―:通過、…:この間は各駅に停車
大宮 … 田端 西日暮里 日暮里 鶯谷 上野 御徒町 秋葉原 神田 東京 有楽町 新橋 浜松町 田町 … 大船
1988年3月13日 -
2002年7月13日 ● | … | ● | ― | ― | ― | ● | ― | ● | ― | ● | ― | ― | ― | ● | … | ●
2002年7月14日 -
2015年3月13日 ● | … | ● | ― | ― | ― | ● | ― | ● | ― | ● | ― | ― | ● | ● | … | ●
2015年3月14日 - ● | … | ● | ― | ― | ― | ● | ▲ | ● | ● | ● | ― | ― | ● | ● | … | ●

保安システム

E233系6000番台で運用されている横浜線直通電車以外の電車はE233系1000番台(10両編成)を使用し、保安装置は全線ATC方式となっている。2003年12月21日より南浦和駅 - 鶴見駅間でデジタル式ATC (D-ATC) が導入され、日本国内の在来線鉄道では初の事例となった。この結果、翌2004年3月13日のダイヤ改正で朝のラッシュ時に上下各2本の増発が実施されている。なお、2009年8月14日にはD-ATCが全線に拡大された。

列車番号

列車番号は、3-4桁の数字とその末尾にA-Cのアルファベットが付き、最初の3-4桁の数字の上2桁(時間帯により1桁)は始発駅の発車時間帯(24時制)を表し、下2桁は運用番号となる方式を採用している。運用番号は01から始まり、南行電車では、下1桁に奇数を用いた運用番号となるが、北行電車では、その運用番号から1を減じた偶数を用いた列車番号となっている(東海道本線と列車の方向と列車番号の奇偶数を合わせるため)。末尾のアルファベットは、運用当日の出庫場所によって異なり、Aはさいたま車両センター・元下十条運転区にある留置線から出庫の運用、Bは大船・磯子・桜木町・上野・大宮を始発駅とする運用と鎌倉車両センターの磯子派出所・東神奈川派出所から出庫の運用、Cは大田運輸区(旧蒲田運輸区)の留置線から出庫の運用となっている。

保線工事実施時

1988年の快速運転開始以前は、保線工事の間合いを確保するため、平日の日中時間帯に田端駅 - 田町駅間で複々線の片方を使用停止し、どちらか一方の線路に京浜東北線と山手線の電車が交互に運転され、運転線路も1か月ごとに交代していた。この区間の各駅ではホーム上の路線案内看板の「番線」表示が矢印付きの切り替え式(例えば「[5]←|[5]←」「[5]←|→[6]」「→[6]|→[6]」のように島式ホームのどちら側にも表示できる)となっていて、時間帯や月によって案内を変更していた。

現在でも年に数日程度「リフレッシュ工事」と称してこの区間で山手線と京浜東北線の保守点検作業を日中に実施して2線が同一線路で運転を行うことがある。この場合京浜東北線は全列車が各駅停車で運行され、田端駅 - 東京駅 - 田町駅間で山手線と交互に同一の線路上を走行する。実施日は晴天率が高い9月末 - 10月の平日となることが多い。それに対応して、この区間では山手線11両編成化の後に京浜東北線のホームも11両編成が停車可能なように改築されたほか、前述区間の発車標には種別表示に「山手線」か「京浜東北線」を表示して対応している。また山手線のホームドアも京浜東北線のE233系10両編成が停車しても支障がないように設置されている。

使用車両

現在の使用車両

京浜東北線は、車体にスカイブルー()の帯を巻いた電車で運転されている。横浜線からの車両をのぞき、所属車両基地はさいたま車両センター(2015年3月15日までは浦和電車区)である。

E233系1000番台
中央線快速に投入された同系列のマイナーチェンジ車の1000番台が、209系を置き換えるために製造・投入され、870億円を投じて830両の209系0番台・500番台全車を2010年1月までに置き換えた。導入第1号編成となるウラ101編成が2007年8月30日東急車輛製造(現在の総合車両製作所横浜事業所)を出場し、同年12月中旬まで各種試運転が実施された。209系0番台とは異なり、6扉車は組み込まれていない。そして同年12月22日、ウラ102編成が南浦和8時17分発各駅停車大船行き(23A運用)で営業運転を開始した。
E233系6000番台(横浜線からの車両)
鎌倉車両センター所属。横浜線用の205系を置き換えるために製造・投入されており、205系と同じく横浜線用のウグイス色と緑色()の帯を巻いた8両編成の電車が乗り入れる。詳細は「横浜線」の記事を参照のこと。

編成

京浜東北線の編成
← 大船
大宮 →

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10


京浜東北線の電車は2010年1月25日以降、横浜線直通電車をのぞき、すべて片側4扉車両10両編成となっている。

2010年4月19日より、平日朝通勤時間帯の大宮駅→東京駅の全電車(東京駅到着7:30 - 9:30)、大船駅→品川駅の横浜線直通をのぞく全電車(品川駅到着7:30 - 9:30)の3号車を女性専用車両に設定している。

過去の使用車両

出典:wikipedia
2019/08/18 23:45

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「京浜東北線」の意味を投稿しよう
「京浜東北線」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

京浜東北線スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「京浜東北線」のスレッドを作成する
京浜東北線の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail