このキーワード
友達に教える
URLをコピー

人名とは?

 | 
出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2011年8月)

人名(じんめい)は、特定の人間社会において特定の個人を弁別するために使用される言語的表現又は記号の一つ。

山田太郎。典型的な形式の日本人の名前として、書類の記入例などに良く用いられる。なお「太郎」とは江戸期以前の、仮名(けみょう)の内の輩行名(はいこうめい)に由来する。

その人物の家族や家系、地域など共同体への帰属、信仰や願い、職掌、あるいは一連の音の繋がりなどをもって、(ひと)の個人としての独立性を識別し呼称する為に付けられる語。「人名」事典は便宜上、戸籍名や通称などを使用する場合が多い。本項で扱う「人名」とは一般に「正式な名」「本当の名前」といった意を含む。

目次

  • 1 概説
    • 1.1 日本における状況
  • 2 人名の構造、使用とその多様性
    • 2.1 構成要素の数
    • 2.2 構成要素の順序
    • 2.3 名前の変更
    • 2.4 その他の多様性
  • 3 人名と文化、社会
  • 4 日本人の名前
    • 4.1 近世以前
      • 4.1.1 家名(名字、苗字)
      • 4.1.2 仮名(通称、百官名、東百官、受領名)
      • 4.1.3 氏(姓)
      • 4.1.4 実名(諱)
      • 4.1.5 命名法と読み
      • 4.1.6 女性の名
      • 4.1.7 アイヌの人の名前
      • 4.1.8 沖縄の人の名前
    • 4.2 近現代
      • 4.2.1 氏
        • 4.2.1.1 氏の種類
        • 4.2.1.2 氏の取得と変動
      • 4.2.2 名
      • 4.2.3 氏名の読み・表記・呼び方
    • 4.3 戒名
  • 5 中国人の名前
  • 6 朝鮮半島の人の名前
  • 7 モンゴル人の名前
  • 8 ベトナムの人名
  • 9 インドシナ半島の名前
  • 10 インドネシア・マレーシアの名前
  • 11 フィリピンの名前
  • 12 イスラム教圏の名前
  • 13 キリスト教圏の名前
    • 13.1 英語圏の名前
    • 13.2 ドイツの名前
    • 13.3 スラヴ系の名前
    • 13.4 オランダの名前
    • 13.5 スペイン語圏の名前
    • 13.6 ポルトガル語圏の名前
    • 13.7 フランスの名前
  • 14 古代ローマ人の名前
  • 15 その他の文化圏における名前
  • 16 脚注・出典
  • 17 参考文献
  • 18 関連書
  • 19 関連項目
  • 20 外部リンク
    • 20.1 日本
    • 20.2 日本以外

概説

榊原撃剣会絵図。魁斎芳年筆。榊原鍵吉や、その弟子の松平康年などの名が見える。

名前と人間の関わりは古く、名の使用は有史以前に遡るとされる。姓などの氏族集団名や家族名の使用も西方ではすでに古代ギリシアなどにその形跡があるとされ、東方では代から後世につながる姓や氏の制度が確立されていることが確認できる。

ある社会においては様々な理由で幼児に名前を付けない慣習が見られる地域もあるが、1989年国連総会で採択された児童の権利に関する条約7条1項は、「児童は、出生の後直ちに登録される」「ただの出生児から1つの名となる権利を有すべきである (shall have the right from birth to a name)」と定めている。

日本の場合は民法により氏+名という体系をもつ。呼称される場合は、氏のみ・名のみやあだ名、敬称・職名などとの組み合わせ、同一の人名の世襲などがある。氏名は他に、姓名名字(苗字)と名前ともいう。縦書きにしたとき、氏は上部、名は下部になるため、氏を上の名前、名を下の名前と呼ぶこともある。

後述するように、氏+名という構成は日本の文化に基づいた体系である。人名は、共同体の慣習により異なる名付けの体系を持ち、また、呼称する場合も慣習によって独特の方法を持つことが多い。漢字文化圏において姓と、さらには日本における苗字は本来は互いに異なる概念だが、今日では同一視されている。日本でも、明治維新以前は氏(ウヂ:本姓)と苗字に代表される家名は区別されていた。名は名前とも呼ばれる。

人名は、呼ぶ側と呼ばれる側が互いに相手を認識し、意思の疎通をとる際に使われる(記号論)。多くの場合、戸籍など公的機関に登録される名前を本名として持つ。呼び名としては、戸籍名のままや、「さん」、「君」、「ちゃん」等の敬称が付け加えられたり、名前を元にした呼び方、あだ名との組み合わせなどとなることが多い。

名前にはその主要な属性として、音と表記がある。例えば日本人の個人名が外国文字で表記されることがあるが、これは1つの名前の別表記と考えることができる。逆に、漢字名の場合、複数の読み・音と訓の組み合わせによって読み方が変わることがある。こういった表記、発音の変化に対する呼ばれる側としての許容範囲は様々である。

また、名は特定の個人を指し示す記号であることから、人名そのものが、自己自我アイデンティティ、自分というクオリアに大きく関係するという考え方がある。各国・各文化の歴史を見ても、霊的な人格と密接に結びついていると考えられていたり、真の名を他者が実際に口にして用いることに強いタブー意識を持っていたりする社会は多くあった。

たとえば日本では、実名()がこれにあたる。これは、元服前の幼名(字(あざな))、出家・死去の際に付ける戒名などと合わせて、名を単なる記号として扱おうとしない一つの文化である。この文化は近世・近代と実名()(または忌み名)を持つ層が減り、逆に苗字を持つ層が増えるにしたがい(苗字帯刀御免、平民苗字必称義務令)、希薄化してきたと言える。

だが、21世紀初頭の日本においても、名付ける者が名付ける対象に特別な読みを与えることで特別な意味を見い出そうとして名付けたと解釈する限りでの難読名などに見られるように、名に特別な意味を与えようとする思いは、散見されるものである。

日本における状況

日本では現代社会の一般人の日常生活でもインターネットを用いたコミュニケーションが普及するにつれ、見ず知らずの相手には、名前は一切開示せず接触し、相手の素性を知ってから段階的に開示するということは、よく行われる。また、インターネット上のコミュニティなどでは、本名は出さず、ハンドルネームなどを示すのが一般的である。様々なことを考慮すると、やはり本名をあまりに安易に不特定多数に開示してしまうことはそれなりにリスクが伴う、という判断がある(関連する事象として、名誉毀損プライバシーなどの項も参照可)。また、多少意味合いが異なることは多いが、芸術家作家評論家などで、ペンネーム・アーティスト名などを用いて、本名は開示しないことは多々見られる。

一方、個々の名前のアイデンティティの重要性は、幼名などが一般的だった江戸時代、養子などが一般的であった戦前などと異なり、増している。近年の選択的夫婦別姓を求める声などは、現代で、個々の名前のアイデンティティの重要性が増してきたことの表れである。

人名の構造、使用とその多様性

人の名前は多くの文化で、2つかそれ以上の種類の部分からなる。

多くの場合、「所属を示す名前」と「個人を指す名前」の組合わせが用いられる(ここでは便宜上仮にそれを"個人名"と呼ぶことで説明する)。あるいはそのどちらか1種類だけの場合もある。その数や扱いについては様々な習慣・制度が見られる(詳細は後述)。

分かりやすい例としては、その個人が属する「(家族)の名前」と「個人の名前」の組み合わせである。英語圏では、個人名(与えられた名 = given name)+ 家族名(family name)の順に表記されることが多い(配置に着目し、ファーストネーム = first name、ラストネーム = last name とも呼ばれるが、文脈に応じ逆順で表記されることや文化混合による混乱を避けるために、given nameという呼称を用いる流れがある)。現代の日本の一例を挙げれば「山田 + 太郎」であり、この場合は「家族名 + 個人名」の並びとなる。家族名、個人名はそれぞれ、姓(せい)名(めい)などと呼ばれる。家族名はまた苗字名字とも呼ばれる。"個人名"の部分は「(な)」と呼んだり、なんら明確には呼ばずに済ませたりする。

(注)日本語の人名では、英語の given name にあたる概念を、他の概念と明確に区別し、かつ肯定的に指し示す名称が成立していない。明治以前の今日より複合的で複雑な人名要素における「いみな(諱)(=忌み名)」などという名称には既に否定的な概念が含まれており(ただしそれ自体を忌避して否定的にとらえているのではなく、霊的人格との一体性という概念ゆえの神聖視により、みだりに用いるのを忌避しているのであるが)、その裏返しとして成立している「(あざな)」では正式の本名ではないという含意からのズレがあり、どちらも現代的な使用には向かない。また「(な、めい)」では、フルネームを指す可能性があり、明確な指示が困難になる。明治期に、法令によって人名の近代化を迅速に行った影響が今日も後を引いているとも、今日の日本人の人名構成様式が、まだ非常に浅い歴史しか持たないものだとも言える。そのため「下の名前」または「ファーストネーム」が使われる。以下の説明では「名」(な)という言葉で"個人名"を指している箇所があるので注意されたい。

構成要素の数

姓名の構成要素の数、すなわち、ある個人のフルネームがいくつの部分から構成されているかは、文化によって異なっている。アメリカ大陸の先住民族など、個人を指す名前のみを用いる文化もある。サウジアラビアのように、3代前にまで遡って4つの部分からなるフルネームを用いることが当たり前の文化などもある。ブラジルのように一貫していない場合もある(これは、姓を持つ習慣が普及しつつあるが、完全に普及しきっていないためであると考えられる)。

また、親子の間での姓をめぐる取扱いも文化によって異なる。子供が両親のいずれか、あるいは両方の名前を受け継ぐ習慣や制度があるかどうかは文化によって異なっている。受け継がれていくのは姓に代表される血縁集団名、家系名であるとは限らない。姓を持たない文化においては、一連の名と続柄の連続をフルネームとする場合もある。(たとえば小泉純一郎が姓を持たない文化に生まれたとすると、「純一郎、純也の息子、又次郎の孫」といった名前になる。)インドでは逆に「taro、taichiroの父」などといった形で、ある子供が生まれた時に与えられる名前に、さらにその子供の名前として使われるべき名 (taichiro) が含まれているものもある。

構成要素の順序

姓名の構成要素の順序についても、民族・文化圏・使われる場面などにより異なることが知られている。例えば、ヨーロッパ諸国やアメリカ合衆国では、日常的な文書や会話などでは、名前は名→姓の順をとることが多い。ただし、公的文書や学術文書などにおいては順序が逆転することがある。姓を前置することで検索性の向上や誤認の回避につながるためである。文献表においては第一著者については姓→名の順を取り、第二以下は名→姓で示す。この場合姓の後にカンマを付ける。日本中国朝鮮ハンガリーなどでは名前は姓→名の順をとる。つまり、あえてフルネームで呼んだり記したりする場合には、その順で呼んだり記したりする、ということである。

名前を記す際などに、その一部を省略することも多く行われる。英語圏ではミドルネーム(middle name)はイニシャルだけが記されることが多くある。スペイン語圏では、複数部分からなる姓の一部が省略されることがある。また古代ローマでは使われていた名の種類がとても少ないため、1~2文字に略して評することがあった。

名前の変更

基本的には、人名は通常、慣習や法などによって決まっている部分(姓)や生まれた時に両親などによって与えられ、それ以後変わることのない部分(名)のいずれか、またはその組合わせからなることが多く、生涯を通じて変わらない文化も多い。だが、ここにも例外がある。

例えば、婚姻や婚姻の解消に際して、夫婦間の姓の変更が行われる文化がある。婚姻やその解消は親子関係の変更を含むこともあるため、子の名前の変更を伴うこともある。

婚姻以外にも、人生の節目において名前を与えられたり改めたりする場合がある。一部のドイツ人の間では洗礼に伴ってミドルネームが与えられ、以後はファーストネームではなくその洗礼名が頻繁に用いられることになる。

その他の多様性

また、家系名や個人名の多様性も文化によって大きく異なる。

姓#姓の数、由来」も参照

日本人の苗字の種類は10万とも30万ともいわれ(推計値の為、様々な説がある。丹羽基二は30万姓としている)、世界でも特に苗字の種類が多い民族とされる。一方、中国人の姓は5000以下であるとされる。最近の中国科学院の調査では、李・王・張・劉・陳がトップ5とのことで、特に李 (7.4%)・王 (7.2%)・張 (6.8%) の3つで20%強(約3億人)を占める。ベトナム人は、最も多い3つの姓で59%を占める(百家姓参照のこと)。韓国人の姓は、金()・李()・朴()・崔()・鄭()の5種類で55%にのぼり、「石を投げれば金さんに当たる」「ソウルで金さんを探す(無用な努力の喩え)」などという成句もある。

韓国人は子の名を付ける際に、基本的に他の誰も持っていないオリジナルな名を与える(ただし、ある程度の流行はある)。これに対して、ドイツでは「すでに存在する名前」しか受理されない。フランスにおいても、ナポレオン法典の時代には、新生児の名は誕生日ごとに決められた聖人の名前から選ぶこととされていた。このため、既存の名前を組み合わせることが流行した(例えばルイ=ニコラ・ダヴーの名ルイ=ニコラは、聖人の名前ルイとニコラを組み合わせたものである)。

さらに、多くの文化においては、正式な名前とは別に愛称敬称などがあり、そのパターンは文化ごとに異なっている。そうした呼称は名前を省略したり変形して用いる場合もあり、名前ではなく帰属や当事者間の関係(父と子など)を用いる場合もある。

人名と文化、社会

人名をめぐる習慣や制度は一般的に、次のような文化的・社会的事象と結び付いている傾向にある。

また、こうした姓名についての知識は次のような場面で活用される。

日本人の名前

氏姓制度」、「古代日本の戸籍制度」、および「家制度」も参照

近世以前

大石良金を描いた絵。名は「大石主税藤原良金」と、家名、仮名、氏、実名の順になっている。

明治維新以前の日本の成人男性は、とりわけ社会の上層に位置する者は、家名(カメイ)と(ウヂ。本姓)の2つの一族名仮名(ケミョウ。通称)と実名()(ジツメイ、イミナ)の2つの個人名を持っていた。 そして、人名としての実際の配列は、家名、仮名、氏、実名の順である。

例えば、忠臣蔵で知られる大石内蔵助のフルネームは「大石内蔵助藤原良雄」(おおいしくらのすけふじわらのよしたか)」である。家名(名字)が「大石」、通称律令官名で内蔵寮の次官を意味する「内蔵助」、が「藤原」、実名(諱)が「良雄」となる。

この4つの組み合わせ方は決まっていた。「大石内蔵助」のように、家名と仮名(通称)、氏と実名(諱)が組み合わされた。家名と実名(諱)を組にすることはなかった。

同じように、「織田弾正忠平朝臣信長」(おだだんじょうのちゅうたいらのあそんのぶなが)は、現在は織田信長と呼ばれるが、当時は織田弾正忠あるいは織田弾正忠信長と呼ばれ、朝廷の公文書には平朝臣信長と記された。「織田信長」という呼び方は、呪詛など特殊な場面以外はほとんど用いられなかった。ただ、これが厳密に守られたわけではない。例えば、浮世絵瓢軍談五十四場には織田信長をモデルにした尾田春長という架空の人物が描かれているが、彼の名は「尾田春長」とだけ書かれている。このように、当時にも家名と実名(諱)を組み合わせる呼び方も存在した。

参考までにその他の武士の名の実例を江戸期の随筆「蘿月庵國書漫抄」が引用する高田馬場流鏑馬の上位入賞者名から数名を抜粋すると以下の如くになる。(家名仮名実名の順である。)

次に、明治維新以前の日本人男子名の構成要素を中国の漢文表現と対比させると以下のようになる。前者が日本の固有表現、後者が中国の漢文表現である。

※中国でも同姓族集団の解体と氏の発生が起きたが、これは日本での同姓族集団の解体と家名の発生と並行する現象ではなく、中国での氏の扱いは父系血統を示すため、日本の姓の扱いに近い。ただし、日中両国共、姓概念と氏概念の混同が起きているし、日本では国内の固有概念と中国の漢文概念の混同がしばしば見られ、実際の用例に当たるに際して注意を要する。

以下、家名(名字)、仮名(通称)、氏(姓)、実名(諱)の順に記述する。

家名(名字、苗字)

平安時代には、古代から中世への社会変動の中で古代的な氏族組織は衰退し、社会の上層から「」を単位とする組織化が進行した。古代的な(カバネ)は、朝廷との関係についてしか使われなくなった一方で、家名を名乗るようになった。例えば、摂関家近衛家の人物は、朝廷では藤原という姓(セイ、本姓)を、家名(のちの苗字に相当)としては近衛を名乗った。こうした家名の中で、領主身分を獲得した武士によって用いられ始めたのが、今日の名字である。 在地社会では、古代の豪族が率いる伝統社会が崩壊した後、貴族や大寺社の寄人(よりうど)となることなどを通じて、それに応じた姓(セイ)が与えられるようになり、百姓身分であっても藤原・紀・秦・清原といった古代豪族や朝廷貴族と同じ姓を名乗るようになった。そうして得た姓を同じくする者同士で、律令戸籍の姓(セイ)とは全く別の、実利を重視した氏(ウヂ)集団が形成されていった。例えば、大貴族の○○家から秦という名を与えられた者の集団が、秦一族という具合に。

しかし、鎌倉時代末期頃を境に、百姓身分も安定した婚姻関係を基礎にした継続的な家組織を持つようになり、氏集団への依存度が減少した。この頃から庶民が姓(セイ)を名乗る習慣は消滅していき、代わって、独立的な家名としての名字を名乗ることが一般的になった。

本姓・氏(ウヂ)は、父系の血統を示すため、養子に入っても変えることはできないのが原則であった。しかし、後世になるほどこの原則の適用は緩くなり、他家の名跡を継いだ場合などには、その家の本姓に変わる場合も少なくなかった。例えば長尾景虎は、長尾氏平氏なので景虎だが、上杉氏の名跡を継ぎ上杉輝虎(上杉謙信)となった後は、上杉氏の姓は藤原であるため藤原輝虎となった。また島津氏が藤原氏から源氏になったように姓を変えることもあった。

女性の場合、本姓は婚姻後も変わらず、家名を女性の名前に冠することは通例ではなかったようである。例えば、北条政子は、当時は「平政子」と称した。

賜姓という姓を授ける習慣もあった。豊臣秀吉の賜姓の例として、羽柴姓では徳川家康が羽柴武藏守大納言、前田利長が羽柴肥前守など、豊臣姓では真田信繁等がある。江戸幕府では、外様大名の宗家へ賜姓が行われ、前田利常の松平筑前守(前田氏は後に松平加賀守となった)、島津家の松平薩摩守、毛利家の松平長門守などがある。なお、これらの大名家は戊辰戦争後に元の姓に復帰した。

江戸時代には、名字は、支配階級である武士や、武士から名乗ることを許された者のみが持つ特権的な身分表徴とされた。公式な場で家名を名乗るのも武士や公家などに限られていた。

しかし、百姓身分や町人身分の者も、村や町の自治的領域内では個々の「家」に属しており、当然ながら家名を有した。こうした百姓や町人の家名は私称の名字と言える。武家政権は、村や町を支配しても、その内部の家単位の組織編制には立ち入らなかったため、個々の百姓や町人を呼ぶ場合は家名を冠せず、百姓何某、町人何某と呼んだ。しかし、武士や公家は名字と、それに付随する姓を持っていたが、名字を私称した百姓や町人は、姓は持たなかった。

町人には、大黒屋光太夫など屋号を名字のように使う例も見られた。 東日本では、百姓も屋号を名乗ることが多かった。八左衛門などといった家長が代々襲名する名乗りを屋号とすることが多く、これをしばしば私称の名字と組にして用いた。

仮名(通称、百官名、東百官、受領名)

中国、朝鮮、日本、ベトナムなど漢字文化圏では、人物の本名(、いみな)はその人物の霊的な人格と強く結びつき、その名を口にするとその霊的人格を支配することができると考えられた。そのため諱で呼びかけることは親や主君などのみに許され、それ以外の者が目上に当たる者の諱(本名)を呼ぶことは極めて無礼とされた(実名敬避俗)。これを貴人に対して実践したものが避諱(ひき)である。特に皇帝とその祖先の諱については、時代によって厳しさは異なるが、あらゆる臣下がその諱あるいはそれに似た音の言葉を書いたり話したりすることを慎重に避けた。

中国などでは避諱によって、使用する漢字を避けて別の漢字を充てる偏諱が行われた。日本においては仮名(けみょう)と呼ばれる通称が発達した。一方で、律令期に遣唐使の菅原清公の進言によるとする諱への漢風の使用が進められ、これに貴人から臣下への恩恵の付与、血統を同じくする同族の証として通字も進んだ。後述の「実名(諱)」を参照。

男性の場合、こうした通称には、太郎、二郎、三郎などの誕生順(輩行)や、武蔵守、上総介、兵衛、将監などの官職名がよく用いられた。後者は自らが官職に就いているときだけではなく、父祖の官職にちなんで名付けることが行われた。北条時頼の息子時輔は、父が相模守であることにちなんで「相模三郎」と称し、さらに「式部丞」の官職について「相模式部丞」となり、さらに式部丞を辞して叙爵されて「相模式部大夫」と称した。このような慣行に加えて、時代が下ると正式な任命を受けずに官職を僭称することが武士の間に一般化し、江戸時代には、武士の官職名は実際の官職とは分離された単なる名前となった。島津斉彬は正式には「松平薩摩守」を名乗ったが、当時は「薩摩守」はあくまで通称と捉えられ、斉彬の「官職」といえば左近衛権中将を指した。この趨勢は、ついには一見官職名に似ているが明らかに異なる百官名(ひゃっかんな)や東百官(あずまひゃっかん)に発展した。

女性の名前は、庶民がを名乗っていた中世前期までは、清原氏を名乗る凡下身分の女性ならば名前は「清原氏女」(きよはらのうじのにょ)などと記された。氏は中国と同様に父系の血統を表現する記号であったから、婚姻後も氏が変更されることは本来はありえなかった。官職を得て出仕するような地位を得たとしても「式部」(紫式部)や「少納言」(清少納言)のように通称で呼ばれた。これらは「女房名」と呼ばれる。「清少納言」という呼び名は、父清原元輔が少納言であったことにちなむ女房名「少納言」に、ほかの「少納言」と区別するために清原氏出身であることを示す「清」を添えたものである。

宮、御屋形様、大殿、大御所、政所御台所や、上皇女院の院という呼び名も、直接名を口にするのを避けて居所で呼んだことに由来する通称である(詳しくは仮名 (通称)の頁を参照)。

女性の場合は諱が記録に残ることが少なく、後世でも通称でしか知られず諱が不明のままとなっている例が多い。多くの研究者が解明に取り組んできたにもかかわらず、紫式部の諱がいまだに判明していないのは有名である。しかし、庶民が名字を名乗った中世後期には、庶民の女性も、童名のままながら、「ねね」「やや」「とら」など、より独立した存在として記録に残されるようになった。その一方、女性は婚姻後は出自の家ではなく婚家の家組織に従属するという習慣も明瞭となってきた。江戸時代には、関白の母を大政所、正妻を北政所征夷大将軍の正妻を御台所と区別して呼ぶことが定着し、女性は婚家の夫・子供の視座から呼称されるようになった。

明確に避諱を目的とするのではなく、隠居時や人生の転機などに、名をと呼ばれる音読みや僧侶風・文化人風のものに改める風習もあった(例:島津義久の「龍伯」、穴山信君の「梅雪」、細川藤孝の「幽斎」など)。この風習は芸能関係者にも広まり、画家・書家や文人の雅号も広く行われた。狩野永徳円山応挙等の画号松尾芭蕉与謝蕪村のような俳号上田秋成大田南畝のような筆名も広く行われた。中には、曲亭馬琴十返舎一九のように本名と全く異なるものも現れた。これが、現在の芸能人の芸名俳名源氏名などの習慣につながっている。なお、藤原定家(ふじわらのさだいえ)を「ふじわらのていか」と呼ぶなど、過去の文化人の名を漢風に音読みすることを有職読み(ゆうそくよみ)というが、これは号や仮名とは別物である。

氏(姓)

詳細は「」、「」、「本姓」、「名字」、および「カバネ」を参照

古代の律令国家の時代には、庶民も(セイ)を持っていたことが、現存する当時の戸籍から明らかとなっている。
この姓(セイ)は、その(ウヂ)集団(氏族組織。古代社会の単位の一つ)の一員であることを意味し、今日の苗字と同義の姓(セイ)とは性質が大きく異なる。
支配者層の姓(セイ)である氏(ウヂ)には、氏姓の制により、朝廷とその氏(ウヂ)との関わりを示す(カバネ)が付された。例えば、今日藤原鎌足として知られる藤原朝臣鎌足(ふじわらのあそんかまたり)は、藤原が氏(ウヂ)=姓(セイ)、朝臣が姓(カバネ)、鎌足がである。

実名(諱)

詳細は「」、「通称」、「号 (称号)」、「仮名 (通称)」、および「あざな」を参照

個人名である実名(じつみょう)((いみな))は、公家武家を問わず、通字を用いる習慣が見られる。鎌倉北条氏の「時」、足利氏の「義」、武田氏織田氏の「信」、後北条氏の「氏」、徳川氏の「家」、伊達氏の「宗」などが有名である。家祖あるいは中興の祖として崇められるような家を飛躍させた祖先にあやかり、同じ実名(諱)を称する先祖返りという習慣もあった。これは伊達政宗が有名である。

先祖や創始者の実名(諱)を代々称する武家もあった。これは、市川團十郎中村歌右衛門のような歌舞伎役者や笑福亭松鶴柳家小さんなどの落語家などで名人とされた人の名を襲名する習慣や、上記のような商人の屋号の継承(茶屋四郎次郎など)という形で庶民にも広がった。

武家では、主君の実名(諱)の一字を拝領をすることが栄誉とされた。与えられた字のことを偏諱(へんき・かたいみな)と言う。有名な例では足利高氏北条高時の一字を拝領し、鎌倉幕府が滅んだ後に後醍醐天皇(名が尊治)の一字を拝領して足利尊氏に改名した。烏帽子親の一字を受けることも多かった(北条高時は高氏・尊氏の烏帽子親である)。

偏諱には、代々の通字を与える場合と通字ではない方の字を与える場合があった。前者は特に主家に功績のあった者や縁者、後者は与えた人物との個人的な主従関係による例が多い。豊臣秀吉の場合、前者に小早川秀秋宇喜多秀家、後者に田中吉政堀尾吉晴大谷吉継がいる。

偏諱の授与によって、改名を繰り返した例もある。上杉謙信は、元服時の長尾景虎(景は長尾氏の通字)→上杉景虎(関東管領山内上杉氏から姓を授かる)→上杉虎(上杉憲政の偏諱)→上杉虎(足利義輝の偏諱)→上杉謙信(出家による戒名)と目まぐるしい。

江戸時代には、将軍から偏諱を受けることが決まっていた大名家もある(島津氏伊達氏など)。

実名(諱)は、朝廷との関わりが生じるような階層以外は、実生活で使うことが滅多になかったため、周囲の者が実名(諱)を知らなかったり、後世に伝わらないことも起こった。「西郷吉之助平隆永」(さいごうきちのすけたいらのたかなが)は、親友の吉井友実が父の実名(諱)「隆盛」を彼のものと勘違いして朝廷に奏上してしまったため、新政府の公文書では「平朝臣隆盛」、戸籍令以降は「西郷隆盛」と呼ばれるようになってしまったという逸話が知られる。

在家の者の実名(諱)に対し、僧侶や出家した者は戒名を名乗った。禅僧は戒名の上にさらに法号を付けることもあった。一休宗純は、一休が法号、宗純が戒名である。
出家するということは、俗世とのを絶つということを意味したため、世俗の名字・姓や実名(諱)を捨て、仏門の戒律を守る者の名という意味の戒名を漢字二字でつけた。従って、上杉謙信や武田信玄のように、世俗の名字の下に戒名を付けて名乗るのは、本来はおかしなことである。

命名法と読み

吾妻鏡』古活字本寛永版・林羅山の跋文。出家した後の号「道春(どうしゅん)」の名が書かれている
宗福寺にある源清麿の墓。戒名が大きく刻まれ、その下に俗名として本名の「山浦環」が刻まれている。「源清麿」の名前は刀名として刻まれている。

歴史をさかのぼり、過去をひもとくと、封建時代のイエズス会ロドリゲスの記録(日本語小文典)によれば、「高貴な人は仮名(かりな)の他、実名(名乗り)も命名されていた」という。ここで「仮名」とは、のちに官職を得て、その官職名(百官名受領名)を名乗ることができるまでの間の仮の名である。 また、「実名」の命名にあたっては、「漢字2文字の4音節」で、上下の語ともに特定の82種の語中から選択されたという。 (官職者・人名一覧の記載された歴史書は、このような命名法の参考資料となると思われる。)なお、漢字での名付けの弊害とも言える事例として、歴史上の人物の名で、変わった読み方をする場合、正しい読み方が現代まで伝わっていないことがある。明石全登など、未だに読み方に諸説ある武将もいる。他にも最上義光は当初、名は「よしみつ」もしくは「よしてる」と読まれていたが、妹の義姫に宛てた手紙が近年発見され、その手紙で自身の名を「よしあき」と平仮名で書いていたため、ようやく正しい読みが判明したという事例もある。

また、僧侶の名前などは音読みとなる場合が圧倒的に多い。文筆家の号も音読

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/15 00:20

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「人名」の意味を投稿しよう
「人名」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

人名スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人名」のスレッドを作成する
人名の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail