このキーワード
友達に教える
URLをコピー

人文主義者とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年7月)

人文主義者(じんぶんしゅぎしゃ)とは、ルネサンス期において、ギリシアローマの古典文芸や聖書原典の研究を元に、人間本質を考察した知識人のこと。特に、15世紀-16世紀に活動したフランス人の影響が大きいため、日本ではフランス語のまま「ユマニスト」(: humaniste)と表現されたりもする。英語では「ヒューマニスト」(: humanist)、イタリア語で「ウマニスタ」(: Umanista)など、各言語の相当語彙でも共有・表現される概念だが、人道主義博愛主義などの意味で用いられる場合と区別するために、「ルネサンス・ヒューマニスト」(Renaissance humanist)などと表現されたりもする。人文学者(じんぶんがくしゃ)とも。

概要

人文主義者は古代ギリシア・ローマの古典を学ぶことによって人格形成を目指した。古典の人文学研究(Studia humanitatis)はペトラルカに始まる。人文主義者の父と呼ばれるペトラルカは、人間を学問の中心にすえて、本来相容れない古典文化とキリスト教を折衷した。

中世のスコラ学神学的な概念中心の学問であり、神学や法学等の諸学問における研究・議論が枝葉末節に陥り、その本質から逸脱することが見られたのに対し、人文主義者は古典研究を通して、神や人間の本質・本道の理解と実践に立ち返ることを求め、より自由な思考ができた点に特色がある。

澤井繁男は人文主義の流れを(1)市民的人文主義(1378年教会大分裂-1453年コンスタンティノープルの陥落)、(2)文人的人文主義(1454年-1494年イタリア戦争)、(3)宮廷風人文主義(1494-1544年)と整理している。

「源泉へ」という人文主義の原則に従って 旧約・新約聖書の本文について、ヘブライ語およびギリシア語原文にさかのぼっての研究も進められ、カトリック教会の公式なラテン語訳聖書とされていたヴルガータ聖書の訳文に問題があることも知られるようになった。ギリシア語原文を読むことは聖書解釈の再検討、ひいてはカトリック批判につながるとして、問題視される場合もあった。 また、旧約聖書を突き詰めることで神的啓示を知ろうと、ユダヤ教の書物、カバラタルムードの研究が行われた。1510年代に改宗ユダヤ人のプフェファールコン及びドミニコ会とドイツの人文主義者ヨハネス・ロイヒリンのあいだでユダヤ教書物没収を巡る論争が起こり、多くの人文主義知識人がロイヒリンの側に立って闘った。

人文主義者の思想には、後の宗教改革に結びつく要素も見られ、既成の権威に反抗して弾圧を受けた人物も見られる。ただし人文主義者の多くは穏健な思想を持ち、ほとんどの場合カトリックの信仰を保っていた。学識によって宮廷に仕え、権力者のブレーンとして活動した人物も多かった。従って、カトリック側と宗教改革運動側の対立が激しくなると、人文主義者は渦中から身を引く場合が多かった。「エラスムスが生んだ卵をルターがかえした」と言われるように、宗教改革の初期、エラスムスはルターを支持していたが、まもなく両者は決別した。こうした点で人文主義者の限界が指摘されることもある。しかし、神や人間の本質・本道への理解と実践へ立ち返ることを求めた人文主義者が、ユグノー戦争に例を見るような、神の本質の理解と相容れがたい狂信的な宗教対立を忌むことは当然の帰着であり、むしろ人文主義者のそうした声が宗教改革において無視されたともいえる。

そうした中で書かれたモンテーニュの『エセー』は、宗教改革期に人文主義者が「本道」を説いた作品といえる。ユグノー戦争の最中、モンテーニュは「寛容」を説き、ヨーロッパ人と人食い人種のどちらが野蛮かを問うた。その思想は今日でも有効性を失っておらず、人文主義者の一つの達成といえる。

人文主義者の例

注釈

  1. ^ ユマニストとは - ブリタニカ国際大百科事典/世界大百科事典/コトバンク
  2. ^ ユマニストとは - 日本大百科全書(ニッポニカ)/コトバンク
  3. ^ 澤井繁男『イタリア・ルネサンス』講談社現代新書P86-87
  4. ^ ベルント・レック『歴史のアウトサイダー』中谷博幸、山中叔江訳 昭和堂 2001年、ISBN 4812200210 pp.27-28.

関連項目

中世ヨーロッパ
中世前期

民族移動時代 · 西ローマ帝国の衰退 · 古代末期 · ヘレニズム宗教の衰退 · キリスト教化 · イスラム教の拡大 · 第一次ブルガリア帝国 · フランク王国 · クロアチア王国 · アングロ・サクソンイングランド · バイキング時代 · カロリング帝国 · 古代教会スラヴ語 · キエフ大公国 · 東ローマ帝国の興隆


中世盛期

神聖ローマ帝国 · キリキア・アルメニア王国 · 第二次ブルガリア帝国 · 封建制 · 東西教会の分裂 · 叙任権闘争 · 十字軍 · スコラ学 · 修道院制度 · コミューン · 荘園 · 中世の温暖期


中世後期

百年戦争 · 薔薇戦争 · フス戦争 · ブルゴーニュ公国 · ハプスブルク家 · 教会大分裂 · コンスタンティノープルの陥落 · オスマン帝国の興隆 · スイス傭兵 · 騎士道 · 人文主義者 · 中世大学(ストゥディウム・ゲネラーレ) · 中世後期の危機 · 小氷期


【文化】

建築 · 美術 · 教会と国家 · 料理 · 人口統計学 · 文学 · 医学 · 音楽 · 哲学 · · 科学 · 技術 · 戦争 · カロリング朝ルネサンス · 12世紀ルネサンス · ルネサンス


【関連項目】

暗黒時代 · 都市 · 中世時代精神 · 中世の再現 · 中世研究 · 新中世趣味 · 年表



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/07 21:58

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「人文主義者」の意味を投稿しよう
「人文主義者」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

人文主義者スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人文主義者」のスレッドを作成する
人文主義者の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail