このキーワード
友達に教える
URLをコピー

人気者で行こうとは?

サザンオールスターズ > サザンオールスターズのディスコグラフィ > 人気者で行こう
【『人気者で行こう』】

サザンオールスターズスタジオ・アルバム
【リリース】

【録音】
1984年4月 - 6月
VICTOR STUDIO
ジャンル
ロック
【時間】

レーベル
タイシタレーベル
プロデュース
高垣健
サザンオールスターズ
【チャート最高順位】


サザンオールスターズ アルバム 年表
原由子 with サザンオールスターズ
(1983年) | 人気者で行こう
(1984年) | KAMAKURA
(1985年)


『人気者で行こう』収録のシングル
  1. ミス・ブランニュー・デイ
    リリース: 1984年6月25日

人気者で行こう』(にんきものでいこう)は、サザンオールスターズの7枚目のオリジナル・アルバム1984年7月7日にCDとレコードで発売。発売元はタイシタレーベル

1984年7月21日1998年5月22日2008年12月3日にはCDとして再発売がなされ、1989年6月25日にはCDとカセットテープが再発売されている。また、2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている。

背景・制作

音楽シーンとしては、1983年からシンセサイザーによるデジタルの波が訪れた頃であり、サザンオールスターズも例外ではなかった。前作『綺麗』からシンセサイザー・サウンドを使用しており、本作もデジタルなサウンド生かした作品となっている。

リリース

歌詞カードは桑田佳祐による直筆のものである。1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(いわゆる紙ジャケット)仕様で、爆笑問題太田光によるライナーノーツが封入されており、漫才調で書かれていた。

再発売

批評・チャート成績

日本版『ローリング・ストーン』誌が2007年に選定した「日本のロック名盤100」では、32位にランクインしている。

1984年のオリコン年間アルバムランキングでは、1位にマイケル・ジャクソンの『スリラー』、2位にアメリカの映画『フットルース』のサントラ盤、3位に本作がランクインしており、邦楽としては事実上1位となっていた。

受賞歴

収録曲

  1. JAPANEGGAE (ジャパネゲエ) (4'03)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ & 矢口博康)
    タイトルの「JAPANEGGAE」とは「JAPAN」+「REGGAE」の造語である。歌詞では古語が使われており、「愛苦ねば」と「I could never」などの言葉遊びも用いられている。
    この後発売された21枚目のシングル「Tarako」のカップリング曲として、同曲の全英語詞版「Japaneggae (Sentimental)」が収録されている。
    松田弘のお気に入りのナンバーで、サザンは和洋折衷な表現をする事をカッコ悪いと思っていない事と、桑田の楽曲に対してのバランスの取り方を絶賛する発言をしている。
  2. よどみ萎え、枯れて舞え (3'51)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞中に登場する「愛倫浮気症(アイリン・フーケ・ショウ)」とは桑田による造語である。
  3. ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY) (4'59)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:新田一郎)
    20枚目シングル。
  4. 開きっ放しのマシュルーム (3'46)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ & 矢口博康)
    当時の世界情勢を下敷きにしたメッセージ性のある歌詞と桑田のシャウトの組合せの楽曲。アメリカンコミック風のイメージビデオも製作された。
    なおこの曲は日本のロックバンドPINKの楽曲を聴いた桑田がいたく感動し彼らにリスペクトした曲。
  5. あっという間の夢のTONIGHT (2'55)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞は「愛されんだあ」と「I Surrender」など言葉遊びが用いられている。
  6. シャボン (3'56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦編曲:八木正生)
    原由子ボーカル曲。また、1984年に長山洋子がカバーした。
  7. (4'12)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:新田一郎)
    元は「萎えて女も意志を持て」のB面として、桑田がジューシィ・フルーツに提供した曲であり、そのセルフカバーである。
    本来は「ミス・ブランニューデイ」ではなく、こちらがシングルになる予定であった。発売間近になってシングルが差し替えられた。1990年芳本美代子がカバーした。
  8. 夕方 Hold On Me (4'11)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:新田一郎)
    タイトルの「夕方」=You've gottaをはじめ、英語との言葉遊びがふんだんに使われている。
  9. 女のカッパ (3'44)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    ジャズ色が極めて強いナンバー。
  10. メリケン情緒は涙のカラー (4'23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌詞冒頭に登場する“エノケン”とは昭和初期に活躍した喜劇俳優榎本健一、“ロッパ”とは同じく古川緑波のことである。その他YokohamaChina Town産業道路BUND HOTELなどが登場し、横浜を舞台にしたストーリーになっている。
  11. なんば君の事務所 (2'53)
    (作曲:大森隆志/編曲:サザンオールスターズ & 藤井丈司)
    シングル「ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)」のカップリング曲。
  12. 祭はラッパッパ (2'24)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ & 藤井丈司)
    ファンクナンバー。
  13. Dear John (3'18)
    (作詞:桑田佳祐/作曲:桑田佳祐、八木正生/編曲:八木正生)
    ジョン・レノンを追悼した曲であり、歌詞中に「Strawberry Fields」「No Reply」「Love」などジョンにちなんだ言葉が登場する。
    Bye Bye My Love」のカップリングにアレンジが若干異なるライブバージョン(ツアーライブ『大衆音楽取締法違反』の音源)を収録。

参加ミュージシャン

Special Guests

脚注

  1. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p36
  2. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  3. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  4. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p35-37
  5. ^ 『ローリング・ストーン日本版』(2007年9月号)インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
  6. ^ 第26回日本レコード大賞 日本作曲家協会 2020年7月10日閲覧
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p117
  8. ^ 『人気者で行こう』は、今からでもグラミー賞に推薦したいほどのMasterpieceである。 otoCoto

関連項目

外部リンク

サザンオールスターズ
桑田佳祐 (ボーカル・ギター) | 原由子 (キーボード・ボーカル) | 関口和之 (ベース) | 松田弘 (ドラム) | 野沢秀行 (パーカッション)
シングル
サザンオールスターズのシングル
【オリジナル】
【1970年代】
【78年】

1.勝手にシンドバッド - 2.気分しだいで責めないで


【79年】

3.いとしのエリー - 4.思い過ごしも恋のうち - 5.C調言葉に御用心



【1980年代】
【80年】

6.涙のアベニュー - 7.恋するマンスリー・デイ - 8.いなせなロコモーション - 9.ジャズマン - 10.わすれじのレイド・バック - 11.シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー


【81年】

12.Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) - 13.栞のテーマ


【82年】

14.チャコの海岸物語 - 15.匂艶 THE NIGHT CLUB - 16.Ya Ya (あの時代を忘れない)


【83年】

17.ボディ・スペシャルII - 18.EMANON - 19.東京シャッフル


【84年】

20.ミス・ブランニュー・デイ - 21.Tarako


【85年】

22.Bye Bye My Love (U are the one) - 23.メロディ


【88年】

24.みんなのうた


【89年】

25.女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) - 26.さよならベイビー - 27.フリフリ'65



【1990年代】
【90年】

28.真夏の果実


【91年】

29.ネオ・ブラボー!!


【92年】

30.シュラバ★ラ★バンバ - 31.涙のキッス


【93年】

32.エロティカ・セブン - 33.素敵なバーディー (NO NO BIRDY) - 34.クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)


【95年】

35.マンピーのG★SPOT - 36.あなただけを 〜Summer Heartbreak〜


【96年】

37.愛の言霊 〜Spiritual Message〜 - 38.太陽は罪な奴


【97年】

39.01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 - 40.BLUE HEAVEN


【98年】

41.LOVE AFFAIR 〜秘密のデート - 42.PARADISE


【99年】

43.イエローマン 〜星の王子様〜



【2000年代】
【00年】

44.TSUNAMI - 45.HOTEL PACIFIC - 46.この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜


【03年】

勝手にシンドバッド 胸さわぎのスペシャルボックス - 47.涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜


【04年】

48.彩 〜Aja〜 - 49.君こそスターだ/夢に消えたジュリア - 50.愛と欲望の日々/LONELY WOMAN


【05年】

51.BOHBO No.5/神の島遥か国


【06年】

52.DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜


【08年】

53.I AM YOUR SINGER



【2010年代】
【13年】

54.ピースとハイライト


【14年】

55.東京VICTORY




【配信】

1.闘う戦士たちへ愛を込めて - 2.壮年JUMP - 3.愛はスローにちょっとずつ



アルバム
オリジナル

1.熱い胸さわぎ - 2.10ナンバーズ・からっと - 3.タイニイ・バブルス - 4.ステレオ太陽族 - 5.NUDE MAN - 6.綺麗 - 7.人気者で行こう - 8.KAMAKURA - 9.Southern All Stars - 10.稲村ジェーン - 11.世に万葉の花が咲くなり - 12.Young Love - 13.さくら - 14.キラーストリート - 15.葡萄


ベスト

1.ベスト・オブ・サザンオールスターズ (廃盤) - 2.Kick Off! (廃盤) - 3.アーリー・サザンオールスターズ (廃盤) - 4.SOUTHERN ALL STARS BEST ONE '82 (廃盤) - 5.Shout! (廃盤) - 6.バラッド '77〜'82 (バラード・ベスト) - 7.原由子 with サザンオールスターズ (廃盤) - 8.バラッド2 '83〜'86 (バラード・ベスト) - 9.海のYeah!! - 10.バラッド3 〜the album of LOVE〜 (バラード・ベスト) - 11.海のOh, Yeah!!


【企画】

江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medley


【ボックス】

1.すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS - 2.HAPPY!



【楽曲】

私はピアノ - 夏をあきらめて - そんなヒロシに騙されて - 希望の轍 - 平和の琉歌 - 平和の牛歌


企画作品

Inside Outside U・M・I - ベストヒットUSAS - 21世紀の音楽異端児 (21st Century Southern All Stars Music Videos)


【ライブ】

胸さわぎ - Further on up the road - サザンオールスターズがやってくる ニャー! ニャー! ニャー! - ゆく年・くる年コンサート - そちらにおうかがいしてもよろしいですか? - SASたいした発表会 私は騙された!!ツアー - 熱帯絶命!ツアー夏 - 縁起者で行こう - KAMAKURA TO SENEGAL - THE 音楽祭 1991 - 「しじみのお味噌汁」コンサート - 横浜 ホタル・カリフォルニア- Stadium Tour 1996 "ザ・ガールズ万座ビーチ" - おっぱいなんてプー - 1998 スーパーライブ in 渚園 - シークレットライブ'99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町 - 茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜 - SPECIAL LIVE IN 建長寺 - 流石(SASが)だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS - みんなが好きです! - THE 夢人島 Fes. - 真夏の大感謝祭 LIVE - 灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!! - ひつじだよ! 全員集合! - おいしい葡萄の旅 - “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!


【関連項目】

大森隆志 (旧メンバー・リードギター) - ディスコグラフィ - アミューズ - ビクターエンタテインメント - タイシタレーベル - バラッドシリーズ - 稲村オーケストラ - 小林武史 - 茅ヶ崎公園野球場 - サザンビーチちがさき - サザン通り商店街 - ラチエン通り - the波乗りレストラン - サザン・ヒッツ - 宮治淳一 - 三ツ矢サイダー - 茅ヶ崎サザン芸術花火



オリコン年間アルバムチャート第1位(1984年度)
【1970年代】
【邦楽】

【洋楽】
出典:wikipedia
2020/08/11 07:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「人気者で行こう」の意味を投稿しよう
「人気者で行こう」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

人気者で行こうスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人気者で行こう」のスレッドを作成する
人気者で行こうの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail