このキーワード
友達に教える
URLをコピー

仰木彬とは?

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2017年6月)
仰木 彬
ベースボール・マガジン社『ベースボール・マガジン』第10巻1号(1955)より

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
福岡県中間市
【生年月日】
(1935-04-29) 1935年4月29日
【没年月日】
(2005-12-15) 2005年12月15日(70歳没)
【身長
体重】
170 cm
67 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
二塁手
【プロ入り】
1954年
【初出場】
1954年3月27日
【最終出場】
1967年7月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


野球殿堂(日本)
殿堂表彰者

【選出年】
2004年
【選出方法】
競技者表彰
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


仰木 彬(おおぎ あきら、1935年4月29日 - 2005年12月15日)は、福岡県出身のプロ野球選手プロ野球監督野球解説者。血液型はA型

昭和30年代の西鉄ライオンズ黄金時代に正二塁手として活躍し、引退後は西鉄、近鉄オリックスのコーチ・監督を歴任した。特に1980年代から90年代にかけて、10.19と呼ばれた名勝負や、阪神大震災後に『がんばろうKOBE』を合言葉に快進撃を果たし、率いたチームを11年連続でAクラス入りさせた。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 現役時代
    • 1.3 近鉄コーチ・監督時代
    • 1.4 オリックス・ブルーウェーブ監督時代
    • 1.5 オリックス・バファローズ監督時代
    • 1.6 オリックス・バファローズ監督辞任、そして逝去
    • 1.7 没後
  • 2 イチローとの関係
  • 3 エピソード
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別打撃成績
    • 4.2 年度別監督成績
    • 4.3 表彰
    • 4.4 記録
    • 4.5 背番号
  • 5 関連情報
    • 5.1 著書
      • 5.1.1 関連書籍
    • 5.2 解説者としての出演番組
    • 5.3 映画出演
    • 5.4 参考テレビ番組
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

プロ入り前

教員をしていた両親の間に生を受ける。父親は太平洋戦争にて1944年2月に戦死し、母の手一つで育てられた。2人いた妹も病気で亡くしたため、「八幡製鉄に就職して母を安心させたい」と、工業高校への進学を希望していたが、中学野球部での活躍に目をつけた東筑高校OBの説得により、同校全日制商業科に進学。1953年、3年の時に夏の甲子園投手兼4番バッターとして出場するも、2回戦(初戦)で片岡宏雄捕手のいた浪商に0-3で完封負け。

現役時代

高校卒業前に、南海ホークス中日ドラゴンズ西鉄ライオンズの3球団から誘われ、甲子園出場時に練習した大阪スタヂアムで南海の選手を見て憧れていたこともあって南海入団希望だった上に、南海と中日の契約金は100万円だったのに対し西鉄は60万円だったにもかかわらず、監督の三原脩が自ら自宅を訪れ「私に任せなさい」と肩をたたかれたことで「運命を感じた」と、1954年、西鉄に年俸36万円で入団。投手として入団したが、1年目の春季キャンプにフリーバッティングでの投球を見た三原監督から二塁手へコンバートを命じられる。以後キャンプでは首脳陣は仰木を二塁手として鍛えるため仰木に激しいノックを浴びせた。

1年目から宮崎要に代りレギュラーに定着、同年のリーグ優勝に貢献する。1955年には規定打席に到達(40位、打率.235)、1955年5月22日松江でのトンボユニオンズ戦で、1試合6安打のパ・リーグ記録。以降長きに渡り中西太豊田泰光らと共に西鉄黄金時代の内野陣を支えた。打率は低かったが、チャンスメーカーやつなぎ役としての役割を果たし、堅実な守備でもチームの柱となる。1956年からの3年連続日本一に貢献。しかし巨人との3度の日本シリーズでは不振に喘ぎ、ほとんど活躍の場がなかった。

入団以来、遊びの合間に野球をやっていたというほどの遊び好きが高じ、3年目には三原から西鉄の合宿所に近い大円寺に毎朝10時に来るよう命じられる。ここで毎朝三原から野球のことや「ただ酒は飲むな」という一般常識の話などを説かれた。

1959年に三原が西鉄の監督を退任し、このまま遊び好きのままでいいのかと自問し、以後練習に打ち込むようになる。打撃コーチの坪内道則と共に打撃の強化に務めた。1960年にベストナインに選出され、1961年にはオールスターに初出場。しかし1963年トニー・ロイジム・バーマジョージ・ウィルソンの加入で出場機会が減る。

1967年限りで現役を引退。1968年から1969年まで西鉄のコーチを務めた。

近鉄コーチ・監督時代

1970年三原脩が監督を務めていた近鉄の守備走塁コーチに就任、主に攻撃時は三塁コーチを担当、1979年の日本シリーズ第7戦における「江夏の21球」が伝説になった広島との日本シリーズでも三塁コーチを担当していた。1974年から1981年まで近鉄の監督だった西本幸雄は「仰木はベンチのサインを1度も間違えなかった」と語っている。1983年オフ、ヘッドコーチ昇格。

1987年オフ、岡本伊三美監督の後任として近鉄監督に就任。1年目は西武との激しい優勝争いの末「10.19」でリーグ優勝を逃した。この年の激烈な優勝争いは球史に残るドラマティックなものであった。前年度最下位のチームを率いて当時黄金期の西武をあと一歩のところまで追い詰めた。様々な奇策による好采配は、恩師三原脩の「三原マジック」に倣って「仰木マジック」と称された。

1989年にはオリックス、西武との三つ巴の優勝争いを演ずる。この年の優勝争いもまた激しいものであったがついに2位オリックスにわずか1厘差(3位西武とは2厘差)でチームを9年ぶりのリーグ優勝に導いた。その年読売ジャイアンツを相手に行われた日本シリーズでは、3連勝の後の4連敗を喫し、チーム初の日本一を逃す。

その後は毎年Aクラスという成績を残すものの1991年 - 1992年と2年連続西武との優勝争いに敗れ、1992年をもって監督を勇退。近鉄監督時代には、野茂英雄赤堀元之など、後のチームを支えることになる若手を数多く育成した。

オリックス・ブルーウェーブ監督時代

1993年の1年間朝日放送(ABC)・九州朝日放送(KBC)・スポーツニッポンの解説者を務めた後、1994年よりオリックス・ブルーウェーブの監督に就任。就任後、これまで二軍生活を続けていたイチローをすぐに一軍で抜擢し大活躍させ、その他にも前任の土井正三監督時代から期待されながらイップスに陥っていた田口壮を外野手として起用し成功させるなど、土井の時代に停滞していた才能を次々に開花させた。就任1年目の1994年のシーズンに早速チームを2位に浮上させると、翌年の1995年には阪神・淡路大震災に遭い、一時は試合開催さえ危ぶまれた状態から、『がんばろうKOBE』を合言葉に、オリックスとして初のリーグ優勝に導く。日本シリーズでは野村克也監督率いるヤクルトスワローズと対戦するが、1勝4敗で日本一ならず。

1996年もリーグ優勝を果たし、日本シリーズでは長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツと対戦。4勝1敗で巨人を下し、監督として初の日本一に輝いた。この年の大晦日に行われた第47回NHK紅白歌合戦では審査員を務めた。その後リーグ優勝を果たすことはなかったが、1999年まで6年連続でAクラスを維持(近鉄監督時代を含めると11年連続)し続けた。

イチローや田口がメジャーリーグに渡り、2年連続でBクラスとなった2001年限りで監督を退任した。なお、近鉄のコーチ時代はヘッドコーチ昇格まで、上記のように三塁コーチを担当していたが、ブルーウェーブでの最後の1年間は140試合を通して、三塁コーチに立っていた。

ブルーウェーブ退任後は阪神タイガースの次期監督として有力視されていたが、結局久万俊二郎オーナーの意向により有耶無耶となった。

オリックス・バファローズ監督時代

オリックスの監督を退任した後、2002年から2004年までABC、スポーツニッポン解説者を務める。また、2004年には野球殿堂入りを果たす。同年末に行われた記念パーティーでのスピーチで「今日のパーティーでございますが、これは私の生前葬だと思っております」と語っていた。実はこの時、既に肺がんが発覚しており、闘病を続けていたというが、仰木は生前、がんに侵されて闘病している事実を公にすることはなかった。西鉄ライオンズ以来の盟友である中西太や金村義明ら一部の球界関係者のみがその事実を知っていたが、仰木に懇願されて内密にしていたという。

2005年、かつて自身が率いた近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併によって誕生した新生「オリックス・バファローズ」から監督就任要請を受け、4シーズンぶりの現場復帰を果たす。この時70歳。これは当時の歴代最高齢での監督就任だった(翌年に野村克也が更新)。闘病を続けていた肺がんは完治していなかったが、「グラウンドで倒れたら本望」と、病をおして監督に就任したという。

就任後、グラウンドでは病状を隠し気丈に振舞っていたものの、たびたび過労によると思われる居眠りやベンチに腰掛けたまま動かない場面も目立った。特に後半戦の西武ドームでの試合の際には、球場の階段を自力で上ることすらできず、外野の大道具搬入口からグラウンドに出入りしていた程、明らかに体調を崩している様子が周囲から確認されていたという。この2005年は終盤まで粘りながら、最終的には4位。プレーオフ進出を逃したものの、3年連続最下位に沈んでいたチームを躍進させた。

西武ドームでの最終戦後、レフトのオリックスファンに2、3度頭を下げ「ありがとう」と口にし、そのままセンターバックスクリーン(大道具搬入口)から外付けのハイヤーに乗り込んだ。

その後球団から監督続投要請を受けるも、高齢と前述の健康状態を理由としてその年限りでの退任を決め、最終戦の翌日に記者会見を開いて監督引退と球団のシニア・アドバイザー(SA)への就任を発表した。

オリックス・バファローズ監督辞任、そして逝去

監督引退後、体調が急激に悪化して入院。SA就任の2ヶ月後の12月15日午後4時10分、肺がんによる呼吸不全のため、福岡県福岡市内の病院で死去。70歳没。法名は「仰崇院釋耀彬」。

仰木の死去の報に接し、同い年でプロ入りし、この年オフに東北楽天ゴールデンイーグルス監督に就任した野村克也は「もう一度監督としてアイツと戦いたかった…」とコメントするなど、死を悼む声は球界だけでなく各方面からも数多く寄せられた。

葬儀は仰木の遺志により、オリックスの球団葬とせずに密葬にて営まれ、その後「天国に送る会」が2006年1月21日午前11時からスカイマークスタジアムで行われた。また故郷の福岡県中間市でも、神戸での会に日時を合わせ、友人らが「天国に送る会」を開いている。会の世話人には、西鉄時代の同僚だった稲尾和久らが名を連ねた。

没後

仰木の故郷である中間市は、2016年から中間市営野球場にて中間市内の4中学校と福岡県内から招待した中学校12校による『仰木彬記念野球大会』を開催している。

また中間市では仰木への顕彰事業の一環として、2017年4月1日より中間市営野球場の名称を『中間仰木彬記念球場』と変更した。

イチローとの関係

エピソード

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2017年6月)

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1954 | 西鉄 | 101 | 280 | 250 | 27 | 54 | 11 | 6 | 5 | 92 | 26 | 15 | 5 | 6 | 0 | 22 | -- | 2 | 51 | 6 | .216 | .285 | .368 | .653
1955 | 126 | 406 | 370 | 48 | 87 | 15 | 1 | 15 | 149 | 39 | 22 | 7 | 8 | 2 | 22 | 0 | 4 | 70 | 5 | .235 | .285 | .403 | .688
1956 | 124 | 438 | 388 | 52 | 94 | 19 | 1 | 10 | 145 | 33 | 23 | 10 | 17 | 1 | 30 | 0 | 2 | 75 | 3 | .242 | .300 | .374 | .674
1957 | 96 | 246 | 211 | 28 | 54 | 6 | 2 | 6 | 82 | 23 | 4 | 4 | 5 | 1 | 26 | 0 | 3 | 49 | 4 | .256 | .346 | .389 | .734
1958 | 115 | 331 | 296 | 38 | 59 | 10 | 0 | 2 | 75 | 27 | 10 | 3 | 10 | 0 | 22 | 0 | 3 | 65 | 4 | .199 | .262 | .253 | .515
1959 | 128 | 316 | 281 | 38 | 62 | 11 | 2 | 7 | 98 | 31 | 8 | 6 | 14 | 2 | 16 | 0 | 3 | 52 | 8 | .221 | .270 | .349 | .619
1960 | 114 | 426 | 374 | 46 | 100 | 19 | 3 | 4 | 137 | 30 | 8 | 8 | 15 | 0 | 33 | 1 | 4 | 57 | 4 | .267 | .333 | .366 | .700
1961 | 123 | 453 | 408 | 45 | 99 | 19 | 1 | 9 | 147 | 52 | 11 | 7 | 5 | 3 | 33 | 3 | 4 | 69 | 13 | .243 | .306 | .360 | .666
1962 | 111 | 406 | 357 | 48 | 76 | 13 | 5 | 5 | 114 | 21 | 5 | 10 | 18 | 1 | 25 | 1 | 5 | 75 | 7 | .213 | .274 | .319 | .593
1963 | 83 | 245 | 193 | 16 | 37 | 8 | 0 | 1 | 48 | 17 | 5 | 5 | 20 | 2 | 29 | 1 | 1 | 39 | 5 | .192 | .300 | .249 | .549
1964 | 105 | 275 | 234 | 23 | 55 | 11 | 1 | 5 | 83 | 23 | 3 | 3 | 12 | 2 | 23 | 2 | 4 | 40 | 1 | .235 | .314 | .355 | .669
1965 | 62 | 116 | 105 | 17 | 16 | 1 | 0 | 0 | 17 | 2 | 1 | 1 | 3 | 0 | 8 | 0 | 0 | 21 | 2 | .152 | .212 | .162 | .374
1966 | 36 | 30 | 28 | 2 | 6 | 0 | 0 | 1 | 9 | 2 | 1 | 0 | 1 | 0 | 1 | 0 | 0 | 7 | 0 | .214 | .241 | .321 | .563
1967 | 4 | 6 | 6 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .167 | .167 | .167 | .333
通算:14年 1328 | 3974 | 3501 | 428 | 800 | 143 | 22 | 70 | 1197 | 326 | 116 | 69 | 134 | 14 | 290 | 8 | 35 | 670 | 62 | .229 | .294 | .342 | .636

年度別監督成績

年度
チーム
【順位】
試合
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差
【チーム
本塁打】
【チーム
打率】
【チーム
防御率】
年齢
1988年 | 昭和63年 | 近鉄 | 2位 | 130 | 74 | 52 | 4 | .587 | 0 | 154 | .253 | 3.23 | 53歳
1989年 | 平成元年 | 1位 | 130 | 71 | 54 | 5 | .568&nbs
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/19 18:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「仰木彬」の意味を投稿しよう
「仰木彬」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

仰木彬スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「仰木彬」のスレッドを作成する
仰木彬の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail