このキーワード
友達に教える
URLをコピー

伊藤博文とは?

日本政治家
伊藤 博文
いとう ひろぶみ

フロックコートを着用し、胸に勲章の略綬を着けた伊藤

【生年月日】
1841年10月16日
(天保12年9月2日)
【出生地】
日本 周防国熊毛郡束荷村
(現:山口県光市)
【没年月日】
(1909-10-26) 1909年10月26日(68歳没)
【死没地】
黒龍江省ハルビン市
【出身校】
松下村塾
【前職】
武士(長州藩士)
【所属政党】
立憲政友会
【称号】
従一位
大勲位菊花章頸飾
公爵
名誉博士(イェール大学)
【配偶者】
伊藤すみ子(先妻)
伊藤梅子(継妻)
【子女】
伊藤貞子(長女)
末松生子(次女)
西朝子(三女)
伊藤文吉(長男・庶子)
伊藤眞一(次男・庶子)
【親族】
秋山長左衛門(祖父)
伊藤十蔵(父)
伊藤博邦(養子)
入江九一(義兄)
野村靖(義兄)
末松謙澄(娘婿)
西朝四郎(娘婿)
伊藤博精(養孫)
清水博春(養孫)
伊藤博通(養孫)
伊藤博約(養孫)
伊藤博忠(養孫)
伊藤博臣(養孫)
林博則(養孫)
伊藤博経(養孫)
伊藤博孝(養孫)
伊藤博英(養孫)
伊藤満洲雄(孫)
藤﨑一郎(玄孫)
松本剛明(玄孫)
【サイン】

第10代 内閣総理大臣

【内閣】
第4次伊藤内閣
【在任期間】
1900年10月19日 - 1901年5月10日
【天皇】
明治天皇
第7代 内閣総理大臣

【内閣】
第3次伊藤内閣
【在任期間】
1898年1月12日 - 1898年6月30日
【天皇】
明治天皇
第5代 内閣総理大臣

【内閣】
第2次伊藤内閣
【在任期間】
1892年8月8日 - 1896年8月31日
【天皇】
明治天皇
初代 内閣総理大臣

【内閣】
第1次伊藤内閣
【在任期間】
1885年12月22日 - 1888年4月30日
【天皇】
明治天皇
第10代 枢密院議長

【在任期間】
1909年6月14日 - 1909年10月26日
その他の職歴

初代 韓国統監
(1905年12月21日 - 1909年6月14日)
第8代 枢密院議長
(1903年7月13日 - 1905年12月21日)
第3代 枢密院議長
(1891年6月1日 - 1892年8月8日)
初代 枢密院議長
(1888年4月30日 - 1889年10月30日)
外務大臣臨時兼任(首相兼任)
(1887年9月17日 - 1888年2月1日)
初代 宮内大臣(首相兼任)
(1885年12月22日 - 1887年9月16日)
第3代 宮内卿
(1884年3月21日 - 1885年12月22日)
初代 工部卿
(1873年 - 1878年)
貴族院議員
(1890年7月10日 - 1891年7月)
(1895年8月 - 1907年9月)
(1907年9月 - 1909年10月26日)
官選初代 兵庫県知事
(1868年7月12日 - 1869年5月21日)

伊藤 博文(いとう ひろぶみ、天保12年9月2日(1841年10月16日) - 明治42年(1909年)10月26日)は、日本武士(長州藩士)、政治家位階勲等爵位従一位大勲位公爵博文(ひろぶみ、「ハクブン」と有職読みすることもある)。幼名利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。春畝(しゅんぽ)で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)を称して落款としても用いた。

周防国出身。長州藩私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷倒幕運動に参加。維新後は薩長藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代第5代第7代第10代内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監元老を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により朝鮮の独立を清国に認めせた(第一条)ことが特記できる。

1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の朝鮮人安重根暗殺された。

目次

  • 1 生涯
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 松下村塾入門
    • 1.3 イギリス留学
    • 1.4 挙兵
    • 1.5 明治維新
    • 1.6 初代内閣総理大臣就任
    • 1.7 大日本帝国憲法発布
    • 1.8 日清戦争
    • 1.9 日露戦争
    • 1.10 初代韓国統監
      • 1.10.1 年表
    • 1.11 暗殺
  • 2 死後
  • 3 人物・業績
    • 3.1 嗜好
  • 4 評価
    • 4.1 立憲主義者としての評価
    • 4.2 政治家としての評価
    • 4.3 外国人の評価
    • 4.4 その他の評価
  • 5 言行
  • 6 住居
  • 7 記念館
  • 8 銅像
  • 9 栄典
  • 10 系譜
    • 10.1 家族・親族
  • 11 関連作品
  • 12 脚注
    • 12.1 注釈
    • 12.2 出典
  • 13 参考文献
  • 14 関連項目
  • 15 外部リンク

生涯

生い立ち

伊藤琴子(左)と十蔵(右)

天保12年(1841年)9月2日、周防国熊毛郡束荷村字野尻(現 山口県光市束荷字野尻)の百姓・林十蔵(後に重蔵)の長男として生まれる。母は秋山長左衛門の長女・琴子。弘化5年(1846年)に破産した父がへ単身赴任したため母と共に母の実家へ預けられたが、嘉永2年(1849年)に父に呼び出され萩に移住した。萩では久保五郎左衛門の塾に通い(同門に吉田稔麿)、家が貧しかったため、12歳ころから父が長州藩蔵元付中間水井武兵衛養子となり、武兵衛が安政元年(1854年)に周防佐波郡相畑村の足軽・伊藤弥右衛門の養子となって伊藤直右衛門と改名したため、十蔵・博文父子も足軽となった。

松下村塾入門

志士時代の伊藤博文
長州五傑。上段左から遠藤謹助野村弥吉(井上勝)、伊藤、下段左から志道聞多(井上馨)、山尾庸三
左から三谷国松高杉晋作、伊藤博文

安政4年(1857年)2月江戸湾警備のため相模に派遣されていた時、上司として赴任してきた来原良蔵と昵懇となり、その紹介で吉田松陰松下村塾に入門する。伊藤は友人の稔麿の世話になったが、身分が低いため塾の敷居をまたぐことは許されず、戸外で立ったままの聴講に甘んじていた。

翌5年(1858年)7月から10月まで松陰の推薦で長州藩の京都派遣に随行、帰藩後は来原に従い安政6年(1859年)6月まで長崎で勉学に努め、10月からは来原の紹介で来原の義兄の桂小五郎(後の木戸孝允)の従者となり長州藩の江戸屋敷に移り住んだ。ここで志道聞多(後の井上馨)と出会い、親交を結ぶ。

松陰が同年10月に安政の大獄で斬首された際、桂の手附として江戸詰めしていた伊藤は、師の遺骸を引き取ることなる。この時、伊藤は自分がしていた帯を遺体に巻いた。この後、桂を始め久坂玄瑞高杉晋作・井上馨らと尊王攘夷運動に加わる一方で海外渡航も考えるようになり、万延元年12月7日(1861年1月17日)に来原に宛てた手紙でイギリス留学を志願している。

文久2年(1862年)には公武合体論を主張する長井雅楽の暗殺を画策し、8月に自害した来原の葬式に参加、12月に品川御殿山英国公使館焼き討ちに参加し、山尾庸三と共に塙忠宝加藤甲次郎を暗殺するなど、尊王攘夷の志士として活動した。

イギリス留学

文久3年(1863年)には井上馨の薦めで海外渡航を決意、5月12日に井上馨・遠藤謹助・山尾庸三・野村弥吉(後の井上勝)らと共に長州五傑の一人としてイギリスに渡航する。伊藤の荷物は文久2年に発行された間違いだらけの『英和対訳袖珍辞書』1冊と寝巻きだけであったという。しかも途中に寄港した上海で別の船に乗せられた際、水兵同然の粗末な扱いをされ苦難の海上生活を強いられた。

9月23日ロンドン到着後、ヒュー・マセソンの世話を受け化学者アレキサンダー・ウィリアムソンの邸に滞在し、英語や礼儀作法の指導を受ける。ロンドンでは英語を学ぶと共に博物館美術館に通い、海軍施設、工場などを見学して見聞を広めた。留学中にイギリスと日本との、あまりにも圧倒的な国力の差を目の当たりにして開国論に転じる。

元治元年(1864年)3月、4国連合艦隊による長州藩攻撃が近いことを知ると、井上馨と共に急ぎ帰国し6月10日横浜上陸後長州藩へ戻り、戦争回避に奔走する。英国公使オールコックと通訳官アーネスト・サトウと会見したが、両名の奔走も空しく、8月5日に4国連合艦隊の砲撃により下関戦争(馬関戦争)が勃発、長州の砲台は徹底的に破壊される。

伊藤は戦後、宍戸刑馬こと高杉晋作の通訳として、ユーリアラス号で艦長クーパーとの和平交渉にあたる。藩世子・毛利元徳へ経過報告した時には、攘夷派の暗殺計画を知り、高杉と共に行方をくらましている。そして、この和平交渉において、天皇将軍が長州藩宛に発した「攘夷実施の命令書」の写しをサトウに手渡したことにより、各国は賠償金江戸幕府に要求するようになる。

挙兵

オールコックらとの交渉で伊藤は井上馨と共に長州藩の外国応接係を任されるが、下関戦争と禁門の変で大損害を被った藩は幕府への恭順を掲げる俗論派が台頭、攘夷派の正義派(革新派)との政争が始まった。伊藤は攘夷も幕府にも反対でありどちらの派閥にも加わらなかったが、9月に井上が俗論派の襲撃で重傷を負うと行方をくらました。

11月、長州藩が第一次長州征伐で幕府に恭順の姿勢を見せると、12月に高杉らに従い力士隊を率いて挙兵(功山寺挙兵)。この時、高杉の元に一番に駆けつけたのは伊藤だった。その後、奇兵隊も加わるなど各所で勢力を増やして俗論派を倒し、正義派が藩政を握った。後に伊藤は、この時のことを述懐して、「私の人生において、唯一誇れることがあるとすれば、この時、一番に高杉さんの元に駆けつけたことだろう」と語っている。

それからは目立った活躍は見られず、翌慶応元年(1865年)に藩の実権を握った桂の要請で行った薩摩藩や外国商人との武器購入及び交渉が主な仕事で、第二次長州征伐にも戊辰戦争にも加勢できずに暇を持て余していた。だが、慶応4年(明治元年、1868年)に外国事務総裁東久世通禧に見出され神戸事件堺事件の解決に奔走したことが出世の足掛かりとなった。

明治維新

木戸孝允(前列中央)と伊藤博文(後列右端)ら。明治3年撮影。
岩倉使節団。右から大久保利通、伊藤博文、岩倉具視山口尚芳、木戸孝允

明治維新後は伊藤博文と改名し、長州閥の有力者として、英語に堪能な事を買われて参与、外国事務局判事大蔵民部少輔、初代兵庫県知事(官選)、初代工部卿宮内卿など明治政府の様々な要職を歴任する。これには木戸の後ろ盾があり、井上馨や大隈重信と共に改革を進めることを見込まれていたからであった。

兵庫県知事時代の明治2年(1869年)1月、『国是綱目』いわゆる「兵庫論」を捧呈し、

  1. 君主政体
  2. 兵馬の大権を朝廷に返上
  3. 世界万国との通交
  4. 国民に上下の別をなくし「自在自由の権」を付与
  5. 「世界万国の学術」の普及
  6. 国際協調・攘夷の戒め

を主張した。

明治3年(1870年)に発足した工部省の長である工部卿として、殖産興業を推進する。後にこれは、内務卿大久保利通のもとで内務省へと引き継がれる。また同年11月から翌年5月まで財政幣制調査のため、芳川顕正福地源一郎らと渡米し、ナショナル・バンクについて学び、帰国後に伊藤の建議により、日本最初の貨幣法である新貨条例が制定される。

明治4年(1871年)11月には岩倉使節団の副使として渡米、サンフランシスコで「日の丸演説」を行う。明治6年(1873年)3月にはベルリンに渡り、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世に謁見し宰相ビスマルクと会見し、ビスマルクから強い影響を受けた。

The red disc in the centre of our national flag shall no longer appear like a wafer over a sealed empire, but henceforth be in fact what it is designed to be, the noble emblem of the rising sun, moving onward and upward amid the enlightened nations of the world.
(国旗の中央なる吾等が緋の丸こそ最早閉ざされし帝国の封蝋の如く見ゆらざれ、将にその原意たる、旭日の貴き徽章、世界の文明諸国の只中に進み昇らん。) — Hirobumi Ito, 23rd of January 1872.

大蔵兼民部少輔を務めた際には、大隈重信と共に殖産興業政策の一環として、鉄道建設を強力に推し進め、京浜間の鉄道は、明治5年5月7日(1872年6月12日)に品川 - 横浜間で仮営業を始め、同年9月12日(1872年10月14日)、新橋までの全線が開通した。

当初、伊藤が新政府に提出した『国是綱目』が当時新政府内では極秘裏の方針とされていた版籍奉還に触れていたために大久保利通や岩倉具視の不興を買い、大蔵省の権限を巡る論争でも大久保とは対立関係にあった。また、岩倉使節団がアメリカで不平等条約改正交渉を始めた際、全権委任状を取るため一旦大久保と共に帰国したが、取得に5か月もかかったことで木戸との関係も悪化した(改正交渉も中止)。

だが、大久保・岩倉とは西欧旅行を通して親密になり、木戸とも後に和解したため、明治6年(1873年)に帰国して関わった征韓論では「内治優先」路線を掲げた大久保・岩倉・木戸らを支持して大久保の信任を得るようになった(明治六年政変)。この後木戸とは疎遠になる代わりに、政権の重鎮となった大久保・岩倉と連携する道を選ぶ一方、盟友の井上馨と共に木戸と大久保の間を取り結び、板垣退助とも繋ぎを取り明治8年(1875年)1月の大阪会議を斡旋する。明治10年(1877年)に木戸が死去、同年に西南戦争西郷隆盛が敗死、翌11年(1878年)に大久保も暗殺された後は内務卿を継承し、維新の三傑なき後の明治政府指導者の1人として辣腕を振るう。

明治12年(1879年)9月に「教育議」を上奏し、教育令発布となる。

明治14年(1881年)1月、日本の立憲体制をどう作るか井上馨や大隈重信と熱海で会談。しかし大隈が急進的な構想を内密に提出、独走するようになると、政界追放を決め工作に取りかかり、10月14日の大隈下野で目的を果たし、明治23年(1890年)に国会を開設することを約束する(明治十四年の政変)。伊藤の漸進的な提案が通り、黒田清隆西郷従道ら薩摩派とも提携したことで事実上伊藤が中心となる体制が出来上がった。一方で井上毅が岩倉の指示を受け、大隈案への対抗からプロイセン憲法を元にした憲法の採用を提案した時は退けたが、これは毅が憲法制定を焦り、外国憲法をどう日本に定着させるかについて具体的に論じていないことと、上役の伊藤に憲法制定を促すなど分を越えた動きをしていたからであった。

明治15年(1882年)3月3日、明治天皇憲法調査のための渡欧を命じられ、3月14日、河島醇平田東助吉田正春山崎直胤三好退蔵岩倉具定広橋賢光西園寺公望伊東巳代治ら随員を伴いヨーロッパに向けて出発し、はじめベルリン大学公法学者、ルドルフ・フォン・グナイストに教示を乞い、アルバート・モッセからプロイセン憲法の逐条的講義を受けた。後にウィーン大学の国家学教授・憲法学者であるローレンツ・フォン・シュタインに師事し、歴史法学行政について学ぶ。これが帰国後、近代的な内閣制度を創設し、大日本帝国憲法の起草・制定に中心的役割を果たすことにつながる。

明治18年(1885年)2月、朝鮮で起きた甲申政変の事後処理のため清に派遣され、4月18日には李鴻章との間に天津条約を調印している。

初代内閣総理大臣就任

明治18年(1885年)12月の内閣制度移行に際し、誰が初代内閣総理大臣になるかが注目された。衆目の一致する所は、太政大臣として名目上ながらも政府のトップに立っていた三条実美と、大久保の死後事実上の宰相として明治政府を切り回し内閣制度を作り上げた伊藤だった。しかし三条は、藤原北家閑院流の嫡流で清華家の一つ三条家の生まれという高貴な身分、公爵である。一方伊藤といえば、貧農の出で武士になったのも維新の直前という低い身分の出身、お手盛りで伯爵になってはいるものの、その差は歴然としていた。

太政大臣に代わる初代内閣総理大臣を決める宮中での会議では、誰もが口をつぐんでいる中、伊藤の盟友であった井上馨は「これからの総理は赤電報(外国電報)が読めなくてはだめだ」と口火を切り、これに山縣有朋が「そうすると伊藤君より他にはいないではないか」と賛成、これには三条を支持する保守派の参議も返す言葉がなくなった。つまり英語力が決め手となって伊藤は初代内閣総理大臣となったのである。以後、伊藤は4度にわたって内閣総理大臣を務めることになる。

なお、44歳2か月での総理大臣就任は、2018年現在日本の歴代総理大臣の中で最も若い記録である(2番目は近衛文麿の45歳、現行憲法下では安倍晋三の52歳)。維新以来、徐々に政府の実務から外されてきた公卿出身者の退勢はこれで決定的となり、以降、長きにわたって総理大臣はおろか、閣僚すらなかなか出せない状態となった。

第1次伊藤内閣では憲法発布前の下準備の機関創設に奔走、明治19年(1886年)2月には各省官制を制定し、3月には将来の官僚育成のため帝国大学(現在の東京大学)を創設し、翌年3月には国家学会が創設、これを支援した。一方、井上馨を外務大臣として条約改正を任せたが、井上馨が提案した改正案に外国人判事の登用などを盛り込んだことが問題になり、閣内分裂の危機を招いたため、明治20年(1887年)7月に外国へ向けた改正会議は中止、9月に井上馨が辞任したため失敗に終わった、同年6月から夏島で伊東巳代治・井上毅・金子堅太郎らと共に憲法草案の検討を開始する。イギリスの議員ジャスパー・ウィルソン・ジョーンズの義理の息子ピゴットを法学者として法制顧問に迎えるなどし、後に刊行した『秘書類纂』にも数々のピゴットの論文(和訳)を納めた。

明治21年(1888年)4月28日、枢密院開設の際に初代枢密院議長となるために首相を辞任。

大日本帝国憲法発布

明治22年(1889年)2月11日、黒田内閣の下で大日本帝国憲法が発布される。これに際し、伊藤は華族同方会憲法に関して演説し、立憲政治の重要性、とりわけ一般国民を政治に参加させることの大切さを主張する。また6月には『憲法義解』を刊行する。明治25年(1892年)には、吏党の大成会を基盤にした政党結成を主張するが、明治天皇の反対により頓挫する。

日清戦争

伊藤が明治25年から2度目の首相を務めていた時、朝鮮甲午農民戦争(東学党の乱)をきっかけに、7月に清軍と衝突、朝鮮の主権を巡って意見が対立して8月に日清戦争が起こる。翌年の明治28年(1895年)4月に、陸奥宗光と共に全権大使として、李鴻章との間に下関の春帆楼で講和条約の下関条約(馬関条約)に調印する。また、戦争前に陸奥がイギリスと治外法権撤廃を明記した条約を結び、条約改正に大きく前進した。

朝鮮の独立(第一条)と遼東半島の割譲などを明記した下関条約がドイツフランスロシア三国干渉を引き起こし、第2次伊藤内閣は遼東半島の放棄を決め、翌明治29年(1896年)8月31日、伊藤は首相を辞任する。

明治31年(1898年)1月、第3次伊藤内閣が発足。6月に衆議院解散閣議で政党結成の意思を表明するなど、新党結成を唱えるが、山縣有朋の反対に遭い首相を辞任。同年8月に長崎を出発し、朝鮮の漢城高宗と会見。9月には清の北京慶親王康有為らと面談、戊戌変法に取り組んでいた光緒帝に謁見し、10月には張之洞劉坤一と会談している。北京滞在中の9月21日に保守派が決行した戊戌の政変に遭遇、その時の状況と戸惑いを日本の梅子夫人に書き送っている。翌32年(1899年)4月から10月まで半年かけて全国遊説を行い、政党創立の準備と民衆への立憲体制受け入れを呼びかけている。

明治33年(1900年)9月には立憲政友会を創立し、初代総裁を務める。10月に政友会のメンバーを大勢入れた第4次伊藤内閣が発足するが、政党としての内実が整わない状態での組閣だったため、内部分裂を引き起こし翌34年(1901年)5月に辞任。政友会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/04 02:34

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「伊藤博文」の意味を投稿しよう
「伊藤博文」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

伊藤博文スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「伊藤博文」のスレッドを作成する
伊藤博文の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail