このキーワード
友達に教える
URLをコピー

伊藤忠治とは?

この記事の出典は、Wikipedia:信頼できる情報源に合致していないおそれがあります。そのガイドラインに合致しているか確認し、必要であれば改善して下さい。(2013年3月)
日本政治家
伊藤忠治
いとう ちゅうじ

【生年月日】
(1934-05-02) 1934年5月2日
【出生地】
三重県津市
【没年月日】
(2013-05-19) 2013年5月19日(79歳没)
【死没地】
三重県津市
【出身校】
津実業高等学校(現三重県立みえ夢学園高等学校)⇒津市立三重短期大学法経科(2部)夜間学部
【前職】
日本電信電話公社勤務
【現職】
民主党三重県連顧問⇒中央選挙管理会委員長
【所属政党】
日本社会党民主党
衆議院議員

【選挙区】
旧三重1区
比例東海ブロック
【当選回数】
6回
【在任期間】
1983年 - 2005年

伊藤 忠治(いとう ちゅうじ、1934年(昭和9年)5月2日 - 2013年(平成25年)5月19日)は、日本政治家。元衆議院議員(6期)。中央選挙管理会委員長。初当選時には全電通労組(全国電気通信労働組合)出身で支持母体としており、電電公社民営化後は、NTT労組を中心とする通信系労組である情報労連(情報産業労働組合連合会)を支持母体としていた。

目次

  • 1 年譜
  • 2 参考
    • 2.1 選挙における支持層
    • 2.2 学歴の価値
    • 2.3 英国視察
  • 3 エピソード
    • 3.1 学生時代
      • 3.1.1 津市立三重短期大学法経科2部時代
      • 3.1.2 三重県立津実業高等学校(定時制)時代
    • 3.2 日本社会党時代
    • 3.3 落選後 民主党時代
    • 3.4 マスコミの記事
  • 4 政治信条
    • 4.1 政治家になったきっかけ
    • 4.2 青年時代の人間性と人間関係
    • 4.3 政策
      • 4.3.1 経済政策と通貨政策
      • 4.3.2 日本社会党議員としての革新政策
      • 4.3.3 郵政族として執筆した著書
      • 4.3.4 夜間教育について
      • 4.3.5 選択的夫婦別姓制度
      • 4.3.6 その他
    • 4.4 思想
      • 4.4.1 支持層
      • 4.4.2 社会主義思想を持った理由
      • 4.4.3 政治スタンス
  • 5 尊敬する人物
  • 6 座右の銘
  • 7 趣味
  • 8 戦後政治史の人物として
  • 9 参考文献
  • 10 関連項目
  • 11 脚注

年譜

  1. 三重2区(鈴鹿市亀山市四日市市南部から立候補した第41回衆議院議員総選挙)では選挙区で落選した。それと三重4区でも落選した。
  2. 三重4区(松阪市久居市一志郡から立候補した第43回衆議院議員総選挙)では選挙区で落選した。
  1. 民主党の国会対策筆頭副委員長
  2. 民主党の倫理委員長
  3. 民主党の副幹事長

参考

選挙における支持層

  1. 旧三重1区の中選挙区制時代に鈴鹿市を地盤としていた北川正恭の後継者としての票
  2. 民社党所属の中井洽の(全日本労働総同盟などの社会党右派と民社党系列の同盟労組票)
  3. 新生党出身の岡田克也を支持するジャスコ系の保守票
  1. 旧日本社会党を支持していた組織でNTT労組などの自身(伊藤忠治)の後援会票
  2. 自由民主党を支持する川崎二郎
  3. 新党さきがけ

学歴の価値

英国視察

エピソード

学生時代

津市立三重短期大学法経科2部時代

  1. 模擬国会(内閣総理大臣外務大臣大蔵大臣法務大臣文部大臣通産大臣労働大臣厚生大臣国務大臣保安庁長官による)内閣制度議会の開設
  2. 津市内の国政と地方の公明選挙運動
  3. 三重短期大学の大学新聞など政治運動
  1. 津市内に勤務する三重県の職員である公務員及び三重県内の市町村に勤務する公務員出身者
  2. 高等学校を卒業した後に勤労学生として民間企業に就職して労働者になった苦学生
  1. 官公庁と民間企業に所属する労組出身者
  2. 三重県と三重県内の市町村に勤務する公務員出身者
  3. 民間企業で勤労する労働者
  4. 学費が低額な事から貧困層

三重県立津実業高等学校(定時制)時代

日本社会党時代

1983年(昭和58年)12月18日の初当選をした第37回衆議院議員総選挙では、候補者であり自分の名前「伊藤忠治」を覚えてもらうのから取り組み、全電通労組の組織力と15歳から働いてきた真面目な勤労者のイメージが好感を呼び十万票(108062票)の大台にのせてトップ当選する。総務委員会に所属した。

1986年(昭和61年)7月6日の衆参ダブル選挙は社会党に逆風が吹いていたが、同時に民社党中井洽にも逆風が吹き、伊藤忠治が最下位(5位)で90204票を獲得して滑り込み当選、中井洽が落選する。1990年(平成2年)2月18日総選挙は消費税を争点に、消費税解散で第39回衆議院議員総選挙が行われて、土井たか子委員長のもと社会党ブームで風が吹き119582票を獲得してトップ当選する強さだった。

1992年(平成4年)のPKO法案の決議に護憲を掲げた日本社会党が「戦争に繋がる」と反対した際に、日本社会党の執行部は、対抗措置として日本社会党所属の衆議院議員全員で伊藤忠治は他の議員と共に「議員辞職願」を提出した。

1993年(平成5年)に日本社会党の書記長人事があり、党内改革派として日本社会党の再建を期待されていた伊藤忠治は副書記長から格上げされる形で書記長候補となるが、党内に政治改革を主張する伊藤忠治の書記長就任に反対する議員がいて、この時1993年(平成5年)の55年体制最後となる日本社会党の書記長人事は混乱して書記長就任が断念された。結局山花貞夫委員長は赤松広隆を書記長に抜擢する。1993年(平成5年)5月に大前研一が結成した平成維新の会の研究会をまず井上一成議員・川島實議員に呼びかけて、その後平成維新の会の勉強会を日本社会党内に呼びかけて参加議員20名を得る。1993年(平成5年)6月には、日本社会党の政策集団として平成フォーラムを結成して伊藤忠治が代表者に就任する。

引退時の記者会見で1993年(平成5年)の落選時、トップ当選2回の実績から、伊藤忠治は大丈夫とマスコミに当確を言われて、安心しきっていたことを振り返っている。日本社会党の特に伊藤忠治の出身組織である全電通労組の組織力の強さを脅威と考えていて、労働組合は社会主義を支援する組織であると警戒して、中曽根康弘首相は新自由主義政策で国鉄からJRグループへの国鉄分割民営化日本専売公社JTへの民営化、日本電信電話公社NTTへの民営化を行って弱体化させようとした。伊藤忠治を中心に3公社民営化に反対したが、結果労組は弱体化して1986年(昭和61年)の第38回衆議院議員総選挙で社会党は敗北したが、伊藤忠治は当選。

1993年(平成5年)7月18日日本社会党が大敗した選挙では、津市内にあるNTT三重体育館の婦人バレーボール大会(NTT主催)に出席して、「日本政治のベルリンの壁が壊れた。今、政治が変わらなければ世界の笑いものになる」と主婦たち約300人に訴えた。落選の危機感から政治改革派の議員としてアピールする作戦にして、衆議院選挙のキャッチフレーズを「改革する男」とした。自身の日本社会党労組は稼動せず無党派層の支持票が岡田克也に票を奪われ、88317票の6位で落選をした。

当選後から大衆政治家として庶民に日の当たる政治を実行している。好物はうどん(特に地元三重県の伊勢うどん)で三重県内のおいしい店に詳しく庶民らしい大衆政治家である。

中選挙区の三重1区日本社会党社会党左派社会党右派の両派が統一されてからずっと議席を守ってきた安全圏であった。1993年(平成5年)東京都議会議員選挙の日本社会党敗北の直後の第40回衆議院議員総選挙でも逆風が吹いている事は実感していたが、最低でも滑り込み当選ができると思っていた。その後の引退会見で、日本新党の推薦候補となったのが中井洽だった。日本新党民社党との関係を強調して無党派層の支持をえた中井洽が頑張っていた。自分は安心していたので最後の議席争いに負けてしまったと振り返っている。1993年(平成5年)に実施された第40回衆議院議員総選挙の日本社会党候補の中では東海地方で唯一の落選者となり、日本社会党の副書記長に就任していた日本社会党の幹部で党内改革派として活躍していた伊藤忠治の落選は日本社会党が大敗した事の典型な結果であった。

落選後 民主党時代

1995年(平成7年)の三重県知事選挙では、自由民主党と日本社会党が推す候補の尾崎彪夫ではなくて(新進党新党さきがけ公明党)推薦候補の北川正恭を支持した。この事が日本社会党内に伊藤忠治への反発を生み、日本社会党執行部と対立した事で自ら三重県本部委員長を当然辞職して、日本社会党が党公認候補の申請決定を白紙撤回する事態を招く。厳重注意処分となったが日本社会党執行部と対立した事から日本社会党を離党した。

民主リベラル勢力の結集を目指して、日本社会党を離党して民主党結成に加わり、伊藤忠治は新党の上げ潮ブームを期待して、「民主党三重」を旗揚げする。三重2区の候補者から東海比例区の単独候補となり、当時の菅直人(民主党代表)同じ三重県出身の岡田克也(民主党幹事長と民主党三重県連合)から打診され三重4区の鞍替え候補者となり、東海比例区で名簿が第1位で優遇されて当選する。三重2区から旧民主党から立候補時、古巣の社民党とその連立相手である新党さきがけ自民党の推薦をもらい支援をうけたが、自由民主党支援者から「あんたはずっと敵だったから鬼みたいに恐ろしい顔だと思っていたがそうでもないね」と言われた。

後継者の指名と選定は三重短期大学法経科2部の後輩である森本哲生三重県議会議員(松阪市飯南郡選出)とその後津市長となった、松田直久三重県議会議員(一志郡選出)を協議させた後、森本哲生三重県議を自身の後継者に指名した。伊藤忠治は総選挙対策長として、森本哲生を「哲ちゃんの山を築かせて下さい、哲ちゃんの花を咲かせてください」と応援して、民主党はこの時の衆議院議員選挙で大敗したが、日本共産党の候補樹立断念と三重短期大学同窓会の応援もあり自身の後継者である衆議院議員候補の比例東海ブロックでの復活当選を成功させた。

三重4区は久居市一志郡以外縁もゆかりもない選挙区であった。相手候補田村憲久の地盤が強くて民主党支援者に聞いても「小選挙区で勝つのは無理だろう」「ならどの選挙区なら勝てるのか」と聞いてもいい答えが返らなかった。田村憲久は「伊藤さんはベテランの議員で気がぬけない」とコメントをした。民主党の岡田克也代表は郵政族で官公労組出身の伊藤忠治に配慮して郵政民営化法案に賛成しにくかった。郵政解散前に自民党の野田聖子など郵政民営化反対派は伊藤忠治など民主党郵政族との連携を模索した。最後の議員活動は小泉内閣の郵政民営化反対討論であった。

2005年(平成17年)に津市のセンターパレスで『伊藤忠治先生感謝の会』が開催された。横路孝弘赤松広隆野呂昭彦中井洽中川正春森本哲生衆議院議員高橋千秋芝博一参議院議員連合三重の千田会長など三重県内を中心に日本全国の政界・経済界・労働界の主要人物が集合した。民主党が導入した70歳定年制で70歳の定年を機に次の衆議院議員選挙に出馬しない意思があった。1993年(平成5年)に第40回衆議院議員総選挙で落選していて、1993年(平成5年)から~1996年(平成8年)の期間に与党であった日本社会党の議員として非自民・非共産連立政権細川内閣羽田内閣自社さ連立政権村山内閣に参加せず与党経験が一度もない野党一筋であったことを誇りにしていた。

自身が公表した伝記の一種である(津実業高等学校の50周年記念誌に記述された夜間部の学生時代のエピソード)の細かい情報と国会議員になった(政治家時代のエピソード)の政治情報などでは伊藤忠治に関係する文献は多いが、子供時代の(戦時中のエピソード)と日本電信電話公社の(公務員・サラリーマン時代のエピソード)の情報や文献は少ないので伊藤忠治についての年譜では子供時代と公務員時代の細かい生活が不明であり、この時期の人生については本人による公表はされていない。学生時代の就職と政治家当選が転機となり、伊藤忠治の人生は(第一期の子供時代・第三期の公務員時代・第五期政界の引退後)は平凡だが、(第二期の学生時代・第四期の政治家時代)は激動の時期だった。1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙の落選がなければ、自社さ連立政権非自民・非共産連立政権など与党時代の郵政大臣などの閣僚や日本社会党の幹部になっていた可能性が強かった。

マスコミの記事

父が事業に失敗した事で貧困家庭となり、少年時代に昼間の学校に進学する事を断念して夜間学校に通いながら仕事をしてきた事と、発生障害のどもり(吃音)を克服したことなど田中角栄と伊藤忠治の経歴には共通点が多く、新聞記者たちの関心が高かった。「金の卵」として(夜間学校)定時制高校と津市立三重短期大学法経学科夜間学部に通学した勤労学生であった事が、政治家として新聞記者などマスコミから関心や興味があった。日本社会党議員で田中角栄に類似した政治家であり日本社会党田中角栄とも云われる政治家で田中角栄的な人物であった。

政治信条

政治家になったきっかけ

出典:wikipedia
2018/10/12 17:55

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「伊藤忠治」の意味を投稿しよう
「伊藤忠治」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

伊藤忠治スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「伊藤忠治」のスレッドを作成する
伊藤忠治の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail