このキーワード
友達に教える
URLをコピー

伊藤憲一とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2015年12月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年4月)
いとう けんいち
伊藤 憲一
【生誕】
(1938-03-07) 1938年3月7日(80歳)
東京都
【国籍】
日本
【出身校】
一橋大学法学部卒業
【職業】
(公財)日本国際フォーラム代表理事・会長
東アジア共同体評議会会長
グローバルフォーラム代表世話人
世界開発協力機構副総裁
青山学院大学名誉教授

伊藤 憲一(いとう けんいち、1938年3月7日 - )は、日本国際政治学者。専門は国際政治学、戦略論。公益財団法人日本国際フォーラム代表理事・会長・同グローバル・フォーラム代表世話人・同東アジア共同体評議会名誉会長。NPO法人世界開発協力機構(WSD)副総裁、日本会議代表委員、青山学院大学名誉教授、カンボジア大学名誉博士。

目次

  • 1 人物
  • 2 略歴
  • 3 著作等
    • 3.1 単著
    • 3.2 訳書
    • 3.3 監修書
    • 3.4 論考
  • 4 関連項目
  • 5 出典

人物

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年12月)

東京都出身。1960年に一橋大学法学部を卒業し外務省に入省。ハーバード大学留学等のあと、在モスクワマニラワシントンの日本大使館書記官、南東アジア一課長などを歴任し、1977年に外務省を退官した。外務官僚としての実務的経験と国際政治学者としての学問的見識が結びついたかたちで、戦略的観点から現実主義に基づいた日本の国家戦略を提唱しつづけている

外務省退官後は、1980年から2006年まで青山学院大学に教授として在籍するかたわら、1980年から1987年までジョージタウン大学戦略国際問題研究所(CSIS) 東京代表を兼務した。また、公益財団法人日本国際フォーラムの設立に参画した。

自ら副総裁を務めるNPO法人世界開発協力機構が主催する「世界オピニオンリーダーズサミット」を日本国際フォーラムとして後援し、トニー・ブレアを招いた第1回と第3回は高村正彦平林博と、ビル・クリントンを招いた第2回は小池百合子町村信孝藤崎一郎と、ともにパネリストとして出席した。

略歴

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年12月)

著作等

単著

訳書

監修書

論考

関連項目

出典

  1. ^ 日本国際フォーラム 評議員・役員等”. 日本国際フォーラム. 2015年8月29日閲覧。
  2. ^ グローバル・フォーラム世話人名簿. グローバル・フォーラム. 2015年8月29日閲覧。
  3. ^ 東アジア共同体評議会役職員等名簿. 東アジア共同体評議会. 2015年8月29日閲覧。
  4. ^ WSD役員紹介”. WSD世界開発協力機構. 2015年8月29日閲覧。
  5. ^ 伊藤憲一|研究員 - 日本国際フォーラム
  6. ^ 第1回世界オピニオンリーダーズサミット
  7. ^ 第3回世界オピニオンリーダーズサミット
  8. ^ 第2回世界オピニオンリーダーズサミット
先代:
服部一郎
 | 
財団法人日本国際フォーラム理事長
1990年 - 2017年
 | 
次代:
橋本宏

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/19 18:48

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「伊藤憲一」の意味を投稿しよう
「伊藤憲一」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

伊藤憲一スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「伊藤憲一」のスレッドを作成する
伊藤憲一の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail