このキーワード
友達に教える
URLをコピー

伊藤準規とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
愛知県稲沢市
【生年月日】
(1991-01-07) 1991年1月7日(27歳)
【身長
体重】
187 cm
80 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2008年 ドラフト2位
【初出場】
2009年9月30日
【年俸】
1,700万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


伊藤 準規(いとう じゅんき、1991年1月7日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入り後
  • 2 選手としての特徴
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 記録
    • 3.3 登場曲
    • 3.4 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

小学生の時に稲沢リトル(硬式)で野球を始め、中学時代は父親が創設したヤングリーグ「西尾張ドリームス」でエースとして全国大会に出場。高校進学にあたっては、地元の私学からの誘いもあったが、愛知県では愛工大名電中京大中京東邦高校など一部私学が甲子園出場寡占状態であることもあって、甲子園出場を目指す本人の希望もあり、越境して岐阜城北高校へ進学する。

岐阜城北高校時代は1年秋からエースとして活躍し、夏の県大会では2年時の2007年に準々決勝の清翔高校(現:岐阜聖徳)戦でノーヒットノーランを達成し、チームの中軸打者として本塁打も記録している。3年夏の県大会では4回戦で敗退。

2008年のドラフト会議中日ドラゴンズから2位指名を受け11月30日に仮契約した。12月13日に入団発表され、背番号は18に決定した。一般的に中日のエース番号は20であると言われているにも関わらず、当時の監督・落合博満が「エースナンバーは18だ」と言った事からも、入団時から将来のエースとして高く期待されている。

プロ入り後

2009年9月30日の巨人戦(ナゴヤドーム)でプロ入り初登板を果たす。直後の10月3日にはファーム日本選手権の先発投手として登板、5回1/3を無失点に抑え勝ち投手となった。同年のクライマックスシリーズでは第5戦の9回に登板している。

2010年は開幕ローテーション入りし、開幕3戦目(3月28日)の広島戦でプロ入り初先発を果たす。4月4日には阪神戦で、8回を1失点に抑えプロ初勝利を挙げた(中日ドラゴンズの10代先発勝利投手は1989年の今中慎二以来21年ぶり)。ただし次の巨人戦ではクイックモーションができずに簡単に盗塁を許し、2回3失点でKOとなり二軍落ちした。その後は右ヒジ痛もあって一軍に戻ってくる事はなかった。

2011年7月3日の巨人戦で同季初登板し、5回途中までを完全に抑えるなど7回2/3を2失点に抑えて勝利投手となり、交流戦後初のチームのカード勝ち越しに貢献した。10月1日の阪神戦では急遽リリーフに上がり勝利投手になったが、同年は2勝で終わる。

2012年は1勝に終わるも、同年のクライマックスシリーズファイナルステージの第2戦に先発。巨人打線を相手に7回2/3を2失点と好投し、勝利投手となった。2013年4月3日ウエスタン・リーグ広島戦での登板中、右肘に違和感を訴え、4月9日に右肘関節外側側副靱帯損傷と発表された。オフにはこの年のドラフト1位で入団した鈴木翔太が背番号18を付ける事になった為、65に変更する事になった。

2014年は、8月に一軍に昇格。8月22日の巨人戦では、中継ぎとして登板するも、1回を1失点で敗戦投手となるが、その後は勝ち星こそつかなかったものの、6先発中4回でクオリティスタートするなどした。

2015年は2試合の登板にとどまり、防御率も5点台後半と振るわなかった。

2016年は7月29日の阪神戦(甲子園)で4年ぶりの勝利投手となった。しかし、防御率は6.05と振るわなかった。

2017年は開幕を2軍で迎えるが、5月2日に1軍に昇格し、中継ぎとして0勝1敗9ホールド、防御率2.35という成績を残し、9月5日の巨人戦から先発に転向するも、23日DeNA戦では8失点を喫した。

2018年は中継ぎ投手として開幕を一軍で迎えた。

選手としての特徴

ストレートの最速は153km/hをマークし、変化球はスライダーフォークボールを投げる。

クイックモーションと故障の多さを課題としている。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2009 | 中日 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 4 | 1.0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0.00 | 0.00
2010 | 3 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | .500 | 57 | 14.0 | 11 | 1 | 7 | 0 | 0 | 12 | 0 | 0 | 6 | 6 | 3.86 | 1.29
2011 | 9 | 7 | 0 | 0 | 0 | 2 | 4 | 0 | 0 | .333 | 196 | 42.2 | 46 | 0 | 19 | 0 | 8 | 27 | 2 | 0 | 23 | 17 | 3.59 | 1.52
2012 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 35 | 9.2 | 3 | 0 | 5 | 0 | 0 | 3 | 1 | 1 | 1 | 1 | 0.93 | 0.83
2014 | 9 | 7 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | ---- | 186 | 38.2 | 48 | 3 | 23 | 1 | 4 | 24 | 3 | 0 | 23 | 17 | 3.96 | 1.84
2015 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .000 | 33 | 6.1 | 9 | 0 | 3 | 0 | 1 | 3 | 0 | 0 | 6 | 4 | 5.68 | 1.90
2016 | 6 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | 0 | .333 | 89 | 19.1 | 22 | 2 | 9 | 0 | 0 | 12 | 1 | 0 | 14 | 13 | 6.05 | 1.60
2017 | 39 | 4 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 9 | .000 | 276 | 62.2 | 59 | 5 | 33 | 0 | 4 | 57 | 1 | 0 | 28 | 27 | 3.88 | 1.47
NPB:8年 71 | 27 | 0 | 0 | 0 | 5 | 11 | 0 | 9 | .313 | 876 | 194.1 | 198 | 11 | 99 | 1 | 18 | 139 | 8 | 1 | 101 | 85 | 3.94 | 1.53

記録

投手記録
打撃記録

登場曲

背番号

脚注

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年6月13日閲覧。
  2. ^ “伊藤、鮮烈149キロ”. CHUNICHI Web (中日スポーツ). (2009年10月1日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/dragons/news/2009/200910/CK2009100102000042.html 2013年5月5日閲覧。
  3. ^ “18歳の伊藤 強気に攻めて勝利呼ぶ!”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2009年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/10/03/kiji/K20091003Z00001050.html 2013年5月5日閲覧。
  4. ^ “伊藤、初先発は4回降板「もっと投げたかったけど…」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/03/28/kiji/K20100328Z00001160.html 2013年5月5日閲覧。
  5. ^ “今中以来!19歳・伊藤、祖父にささげるプロ初勝利”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2010年4月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/04/05/kiji/K20100405Z00001560.html 2013年5月5日閲覧。
  6. ^ “惚れてまうやろ~準規プロ2勝”. CHUNICHI Web (中日スポーツ). (2011年7月4日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/dragons/news/2011/201107/CK2011070402000013.html 2013年5月8日閲覧。
  7. ^ “竜2差、準規でかした2勝目”. CHUNICHI Web (中日スポーツ). (2011年10月2日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/dragons/news/2011/201110/CK2011100202000005.html 2013年5月8日閲覧。
  8. ^ 伊藤準規が投打に大活躍!高木竜連勝 SANSPO.COM 2012年10月18日付記事より。
  9. ^ “準規、右肘靱帯損傷”. CHUNICHI Web (中日スポーツ). (2013年4月10日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/farm/list/201304/CK2013041002000097.html 2013年5月11日閲覧。
  10. ^ “中日・伊藤 1406日ぶり勝った 山本昌流ケアで右肘手術乗り越えた”. スポニチ. (2016年7月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/07/30/kiji/K20160730013062670.html 2017年8月10日閲覧。
  11. ^ 中日・伊藤 乱調1回持たず8失点KO「申し訳ありません」 チームは5位決定”. スポーツニッポン (2017年9月23日). 2017年9月23日閲覧。
  12. ^ 中日イケメン伊藤イベントにモテモテ
  13. ^ 準規、三者三振 はまった「この球で取る」

関連項目

外部リンク

中日ドラゴンズ 2018 - 2019
監督 | 

一軍コーチ | 
  • 91 伊東勤(ヘッド)
  • 85 村上隆行(打撃)
  • 71 波留敏夫(打撃)
  • 74 阿波野秀幸(投手)
  • 84 赤堀元之(投手)
  • 80 中村武志(バッテリー)
  • 83 奈良原浩(内野守備走塁)
  • 78 工藤隆人(外野守備走塁)

  • 二軍監督・コーチ | 
  • 82 小笠原道大(監督)
  • 79 石井昭男(打撃)
  • 75 森野将彦(打撃)
  • 87 門倉健(投手)
  • 86 小笠原孝(投手)
  • 81 浅尾拓也(投手)
  • 72 田村藤夫(バッテリー)
  • 88 荒木雅博(内野守備走塁)
  • 89 英智(外野守備走塁)
  • 90 立石充男(巡回野手)

  • 一軍・二軍コンディショニングコーチ | 
  • 92 勝崎耕世
  • 93 宮前岳巳
  • 95 塚本洋

  • 投手 | 
  • 11 小笠原慎之介
  • 12 田島慎二
  • 14 谷元圭介
  • 16 又吉克樹
  • 17 柳裕也
  • 18 松坂大輔
  • 19 吉見一起
  • 21 岡田俊哉
  • 22 大野雄大
  • 24 福谷浩司
  • 25 佐藤優
  • 29 山井大介
  • 30 阿知羅拓馬
  • 33 祖父江大輔
  • 34 福敬登
  • 40 石川翔
  • 43 三ツ間卓也
  • 46 鈴木博志
  • 47 笠原祥太郎
  • 50 清水達也
  • 54 藤嶋健人
  • 57 ロドリゲス
  • 59 山本拓実
  • 64 小熊凌祐
  • 65 伊藤準規
  • 69 丸山泰資
  • 97 R・マルティネス
  • 98 木下雄介
  • 99 鈴木翔太

  • 捕手 | 
  • 27 大野奨太
  • 35 木下拓哉
  • 38 松井雅人
  • 39 武山真吾
  • 45 杉山翔大
  • 52 加藤匠馬
  • 68 桂依央利

  • 内野手 | 
  • 0 高松渡
  • 1 京田陽太
  • 3 高橋周平
  • 5 阿部寿樹
  • 9 石川駿
  • 23 遠藤一星
  • 32 石垣雅海
  • 36 石岡諒太
  • 37 三ツ俣大樹
  • 48 溝脇隼人
  • 53 亀澤恭平
  • 55 福田永将
  • 63 堂上直倫
  • 66 ビシエド

  • 外野手 | 
  • 4 藤井淳志
  • 6 平田良介
  • 8 大島洋平
  • 26 井領雅貴
  • 31 渡辺勝
  • 42 アルモンテ
  • 44 モヤ
  • 49 伊藤康祐
  • 56 松井佑介
  • 62 友永翔太
  • 67 近藤弘基

  • 育成選手 | 
  • 206 大藏彰人(投手)
  • 209 石田健人マルク(投手)
  • 210 A・マルティネス(捕手)


  • 中日ドラゴンズ 2008年ドラフト指名選手
    指名選手 | 

    1位:野本圭 / 2位:伊藤準規 / 3位:岩崎恭平 / 4位:高島祥平 / 5位:岩田慎司 / 6位:小熊凌祐 / 7位:井藤真吾

    育成選手 | 

    1位:加藤聡 / 2位:小林高也


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/12 17:31

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「伊藤準規」の意味を投稿しよう
    「伊藤準規」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    伊藤準規スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「伊藤準規」のスレッドを作成する
    伊藤準規の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail