このキーワード
友達に教える
URLをコピー

佐々木信也とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


佐々木 信也(ささき しんや、1933年10月12日 - )は、神奈川県藤沢市出身の元プロ野球選手(内野手)、野球解説者スポーツキャスター。株式会社佐々木信也事務所代表。シーズン154試合出場は飯田徳治杉山光平と共に日本タイ記録。

経歴

選手時代

神奈川県藤沢市出身。1949年湘南高校で夏の第31回全国高等学校野球選手権大会に1年生ながら出場し優勝。関東圏の高校が優勝したのは第2回大会慶應普通部以来33年ぶりで、「深紅の優勝旗が箱根の山を越えた」と話題になった。監督の佐々木久男は彼の父親であった。後に高野連会長を務めた脇村春夫は1学年上である。

慶應義塾大学に進学。野球部では、後に読売ジャイアンツ監督となる藤田元司投手と同期で、二塁手として活躍、4年次には主将を務めた。東京六大学野球リーグでは1年生時の1952年春季リーグで優勝を経験するが、その後は2位2回にとどまり優勝には届かなかった。特に慶早戦では大活躍し、「慶早戦男」と呼ばれた。1955年には第2回アジア野球選手権大会日本代表(東京六大学野球リーグ選抜チーム)に選出される。リーグ通算67試合に出場し235打数58安打、2本塁打、26打点、打率.247。

大学卒業後は当時北海道にあった東洋高圧の野球部に入部する予定であったが、高橋ユニオンズの誘いを受けたため、1956年にユニオンズに入団。同年、新人ながら154試合に全イニング出場した。154試合出場はシーズン試合出場の日本タイ記録(他は同年の飯田徳治杉山光平)。また、新人での全イニング出場は史上初(後に1958年長嶋茂雄1961年徳武定之2017年源田壮亮、以上4名が記録)。同年、622打数(日本歴代3位)でリーグ最多の180安打(同34位)を放った。併せて同年は141単打を放っており、この3つの記録は現在も新人記録として残っている。ベストナインにも選出されたが、新人王は21勝、防御率1.06を記録した稲尾和久(西鉄ライオンズ)に敗れ、受賞を逸した。なお、高橋ユニオンズの選手のベストナイン選出はこの年の佐々木が唯一である。

その後チームは1957年大映スターズに吸収されて大映ユニオンズに、翌年に毎日オリオンズと対等合併して毎日大映オリオンズ(通称:大毎オリオンズ)となり、それぞれの新球団に在籍したが出場機会が減少し、1959年限りで現役引退。本人が1960年の監督に内定していた西本幸雄との確執を明かしている(後述)。

引退後

引退後は、26歳でプロ野球解説者となる。当初は日本教育テレビ(のちにNETテレビ)1964年からは日本テレビと専属契約を結び、出演した。

1976年4月から1988年3月まで、フジテレビプロ野球ニュース」(1987年度は「FNNニュース工場『プロ野球ニュース』」→「FNN DATE LINE『プロ野球ニュース』」)第2期初代総合キャスター。スポーツ選手経験者が司会を務める先駆的番組として注目を集めた。番組では「元野球選手が解説をする」スタンスではなく、あくまで「司会者」に徹した。解りやすく聴きやすい語り口、ソフトなイメージと時折見せる鋭い指摘、湘南高→慶應義塾大卒に恥じないインテリジェンスで、人気を博した。

キャスター退任後は同番組(「ニュース最終版『スポーツワイド・プロ野球ニュース』」)のスーパーバイザー、テレビ東京のインタビュー番組「佐々木信也のスポーツメイト」のホストを務めた他、2001年4月から2009年4月2日まで、CS放送のフジテレビ739でスタートした新生「プロ野球ニュース」のキャスターを務める(2009年度より、解説者に転向したが、2011年以後はほとんど出演がない)。2005年4月・5月にはNHK人間講座をリニューアルさせた知るを楽しむ月曜日・この人この世界で「個性がプロ野球を救う」と題した講義を担当した。プロ野球ニュース担当期間中の1979年ごろには海外の動物をテーマにしたドキュメント映画の日本語版「信也の動物バンザイ」(東京12チャンネル)でもナレーターを務めていた。

1980年いしいひさいち原作のアニメ映画「がんばれ!!タブチくん!!」シリーズの2本(激闘ペナントレース・あゝつっぱり人生)に、スポーツキャスターの「ササキさん」役で声の出演をした。その後、1983年1984年の映画「プロ野球を10倍楽しく見る方法」シリーズ(江本孟紀の同名著書が原作)のアニメパート(先述のいしいがキャラクター原案を担当)でも同様に声の出演をした。

1981年9月8日ドリフ大爆笑のコントに一度出演した。(天気予報をプロ野球ニュース風にパロディ化した「お天気ニュース」の総合司会役)

1995年日本プロ野球OBクラブのプロアマ交流委員長に就任。

同年2月末に開催された講演で花田勝(元・横綱三代目若乃花)・貴乃花光司兄弟について、2人は異父兄弟だと風説を流した。これが『アサヒ芸能』の記事になって、兄弟の父の貴ノ花に詫びるとともに講演会の聴衆にもお詫びと訂正をした。実母の藤田憲子は「無責任な発言」「あまりにもばかげた作り話」として憤り、DNA鑑定も考えたという。

1998年日本プロ野球OBクラブの広報委員長に就任。

板倉宏(日本大学教授)、西村正雄(みずほホールディングス元会長)は高校の同級生にあたる。

エピソード

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1956 | 高橋 | 154 | 671 | 622 | 66 | 180 | 28 | 5 | 6 | 236 | 37 | 34 | 21 | 5 | 2 | 41 | 4 | 1 | 45 | 10 | .289 | .338 | .379 | .717
1957 | 大映 | 131 | 555 | 510 | 53 | 133 | 21 | 4 | 5 | 177 | 40 | 19 | 7 | 2 | 3 | 39 | 2 | 1 | 37 | 3 | .261 | .313 | .347 | .660
1958 | 大毎 | 112 | 355 | 327 | 39 | 83 | 7 | 5 | 1 | 103 | 18 | 25 | 4 | 3 | 0 | 24 | 0 | 1 | 42 | 6 | .254 | .307 | .315 | .622
1959 | 69 | 155 | 143 | 17 | 28 | 6 | 1 | 1 | 39 | 6 | 8 | 2 | 1 | 0 | 11 | 0 | 0 | 20 | 2 | .196 | .253 | .273 | .526
通算:4年 466 | 1736 | 1602 | 175 | 424 | 62 | 15 | 13 | 555 | 101 | 86 | 34 | 11 | 5 | 115 | 6 | 3 | 144 | 21 | .265 | .314 | .346 | .661

タイトル

表彰

記録

初記録
その他の記録

背番号

関連情報

著書

出演番組

知るを楽しむ・「個性がプロ野球を救う」放送リスト
  1. (2005年4月4日)「スーパースターは何か違う」(取り上げた選手・長嶋茂雄落合博満イチロー)
  2. (2005年4月11日)「最弱球団の教訓」(高橋ユニオンズ)
  3. (2005年4月18日)「三原マジックの舞台裏」(三原脩)
  4. (2005年4月25日)「V9の指揮官・川上の真実」(川上哲治)
  5. (2005年5月2日)「根本の組織設計」(根本陸夫)
  6. (2005年5月9日)「球界最大のライバルON」(王貞治、長嶋茂雄)
  7. (2005年5月16日)「隠れた名将・藤田」(藤田元司)
  8. (2005年5月23日)「私の球界改革論」(坂井保之〔野球経営アドバイザー〕との対談)

CM

脚注

  1. ^ 日本野球機構 |歴代最高記録
  2. ^ 具体的には、若乃花の父親は初代若乃花、貴乃花の父親は輪島と主張した。
  3. ^ 「仰天!『若・貴は本当の兄弟じゃない!』佐々木信也氏・野球解説者「衝撃講演会」を全採録」『アサヒ芸能』1995年3月23日号、pp.16-19
  4. ^ 花田憲子『凛として…。』文藝春秋、2000年、pp.11-12
  5. ^ 藤田憲子「独占告白・二子山親方亡きあとの沈黙を破って いま、息子たちにこれだけは伝えたい」『婦人公論』2005年9月7日号
  6. ^ 東京中日スポーツ中日スポーツ2011年12月27日付 4面「セブンデイズ」
  7. ^ 【東京野球ブックフェアトークイベント】「プロ野球ニュース」キャスター対談 佐々木信也VS野崎昌一
  8. ^ 最弱球団高橋ユニオンズ青春期(長谷川晶一)
  9. ^ 日外アソシエイツ刊「日本スポーツ事典トピックス1964-2005」333ページ

関連項目

外部リンク

1956年 パシフィック・リーグ ベストナイン


プロ野球ニュース歴代キャスター

【期間】
【月】
【火】
【水】
【木】
【金】
【土】

【1976.4】
1977.9 佐々木信也 | 土居まさる
【1977.10】
1977.12 はらたいら
【1978.1】
1980.3 押阪忍
【1980.4】
1983.9 みのもんた
【1983.10】
1985.9 佐々木信也 | みのもんた | 佐々木信也
【1985.10】
1986.3 佐々木信也 | みのもんた
【1986.4】
1988.3 みのもんた大島智子
【1988.4】
1991.3 野崎昌一須田珠理 | 中井美穂
大矢明彦平松政次谷沢健一
【1991.4】
1992.3 野崎昌一石川小百合
【1992.4】
1992.10 中井美穂 | 田尾安志石川小百合 | 中井美穂
【1992.11】
1993.3 田尾安志小島奈津子
【1993.4】
1994.3 田尾安志
森口博子 | 中井美穂 | 森脇健児
関根潤三
八木亜希子
【1994.4】
1995.3 福井謙二志岐幸子 | (『スポーツWAVE』に内包)
【1995.4】
1996.3 福井謙二西山喜久恵 | パンチ佐藤
中村江里子 | 田尾安志
陣内貴美子
斎藤英津子
【1996.4】
1997.3 福井謙二
西山喜久恵 | 福井謙二
木佐彩子 | パンチ佐藤
西山喜久恵 | 田尾安志
西山喜久恵
【1997.4】
1997.9 福井謙二西山喜久恵 | 木佐彩子 | (放送なし)
【1997.10】
1998.3 木佐彩子
【1998.4】
1999.3 福井謙二
木佐彩子 | 福井謙二
西山喜久恵 | 長嶋一茂中村江里子
【1999.4】
2000.3 木佐彩子 | 長嶋一茂荒瀬詩織
【2000.4】
2001.3 三宅正治
宇田麻衣子 | 三宅正治
荒瀬詩織 | 田尾安志大久保博元
大橋マキ
おはよう!こどもショー
【司会】

石川進 - 楠トシエ - 天地総子 - 小鳩くるみ - 鶴間エリ - 海老名美どり - 三井恒 - 関谷ますみ - サンダー杉山 - 橋達也


【人形声優】
【ロバくん】

愛川欽也 - 富山敬 - 田の中勇


【ガマ親分】

加藤精三


【オットくん】

雷門ケン坊


【ニャンダ】

海野かつを



【特撮コーナー】

レッドマン - 行け!ゴッドマン - 行け! グリーンマン - 行け! 牛若小太郎(クレクレタコラ)


【レッドマン
登場怪獣】
ウルトラQ初出

カネゴン - ガラモン


ウルトラマン初出

ウー - ゴモラ - ジラース - ゼットン - テレスドン - ドラコ - バルタン星人 - メフィラス星人


ウルトラセブン初出

イカルス星人 - エレキング - ゴーロン星人


帰ってきた
ウルトラマン
初出

アーストロン - グドン - ゴーストロン - ゴキネズラ - コダイゴン - サドラー - ブラックキング - ベムスター




【行け!ゴッドマン&
行け!グリーンマン
登場怪獣】
【両作に登場】

ガバラ - サンダ - ガイラ


【行け!ゴッドマンのみ登場】

ゴロザウルス - カメーバ


【行け!グリーンマンのみ登場】

ゴリラ - ミニラ




【アニメコーナー】
【海外作品】

スーパースリー - 電子鳥人Uバード - ウッドペッカー - トッポ・ジージョ - 突撃キャット君


【国産作品】

とびだせ!バッチリ - たまげ太くん



【のどじまん】
【司会】

大村崑 - 石川牧子 - 横山やすし・西川きよし - 青空球児・好児 - 黒澤久雄 - 長谷川コッペ


【審査員】

山下毅雄 - 谷啓 - ハナ肇


【その他】

薗田憲一 - 辻シゲル



【小学生野球大会】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/06 16:06

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「佐々木信也」の意味を投稿しよう
「佐々木信也」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

佐々木信也スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「佐々木信也」のスレッドを作成する
佐々木信也の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail