このキーワード
友達に教える
URLをコピー

個人とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年9月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年9月)
 | 
この項目の現在の内容は百科事典というよりは辞書に適しています
百科事典的な記事に加筆・修正するか、姉妹プロジェクトのウィクショナリーへの移動を検討してください(ウィクショナリーへの移動方法)。(2014年12月)

個人(こじん)とは、

日本語の「個人」という言葉は江戸時代にはみられない。服部徳の『民約論』(1877年(明治10年))には一個ノ人という言葉がみえ、高橋達郎の『米國法律原論』(同)には独立人民や各個人々となり、青木匡が訳した『政体論』(1878年(明治11年))では一個人となり、ついに文部省の訳『独逸國學士佛郎都氏 國家生理学(第二編)』(1884年(明治17年))で「個人」という言葉が記述された。これはIndividualの訳語といわれる。

目次

  • 1 概説
  • 2 法律と個人
  • 3 脚注
  • 4 関連項目

概説

「個人」というのは社会集団と対比されている概念であり、社会集団を構成する個々ののことである。 何らかの集団(人類社会、国家、企業組織 等々)に対して、それを構成する個々の人のことである。

法律と個人

「組織 / その組織を構成する個々の人」の対比は、法律用語では講学上「法人 / 自然人(: natural person)」という用語を用いて行っている。日本の法律における文言では「人」になっている場合も「自然人」の場合も「個人」の場合もある。

脚注

  1. ^ ただし、「個人的な」(personal)「個人的に」(personally) という場合には、自然人に限らないこともある。「株主は、株式会社の債務につき、個人的に責任を負わない。」など。この場合、株主が法人の場合もあるわけである。
出典
  1. ^ 広辞苑「個人」
  2. ^ 大辞泉「個人」

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/17 16:22

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「個人」の意味を投稿しよう
「個人」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

個人スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「個人」のスレッドを作成する
個人の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail