このキーワード
友達に教える
URLをコピー

元和_(日本)とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年9月)

元和(げんな)は、日本元号の一つ。慶長の後、寛永の前。1615年から1624年までの期間を指す。この時代の天皇後水尾天皇江戸幕府将軍徳川秀忠徳川家光

目次

  • 1 改元
  • 2 出典
  • 3 元和年間の出来事
    • 3.1 誕生
    • 3.2 死去
  • 4 西暦との対照表
  • 5 脚注
  • 6 関連項目

改元

出典

徳川家康の命により、憲宗年号を用いた。

改元は本来朝廷の権限によるところのものであったが、家康が定めた禁中並公家諸法度第8条により「改元は、漢朝年号の内、吉例を以て相定むべし」とされ、江戸幕府がその権限に介入する事になった。同法度の施行は元和改元の4日後ではあったが、その趣旨については既に朝廷側に通告されており、当然第8条の規定の事も朝廷側に伝えられていた。

だが、この時小槻孝亮らによって勘申された複数の案では、以上の事情にも関わらず、新しい法度の規定に適合した候補は従来から度々候補に挙げられながら悉く外されてきた(言わば「当て馬」である)「天保」(江戸時代後期になって採用)以外は、この「元和」のみであった。このため、実際の起草者は幕府側の人物であったとの噂が立てられた。これが一部公家からの反発を招き、この年号が、前後の元号に比べ短期間だった理由の一つとも言われている。また、禁中並公家諸法度第8条には「但し重ねて習礼相熟むにおいては、本朝先規の作法たるべき事」とも書かれており、中国の元号がそのまま新しい元号とされたのは元和のみで、以降は伝統的な改元手続によって決定された元号を幕府が承認して日本全国に通知する方式が取られた。

改元の直前に発生した大坂夏の陣によって豊臣氏は滅亡した(5月8日)。元和は、9世紀平安時代から16世紀戦国時代まで断続的に続いた、日本列島における戦争状態の終わりと平和の始まりを意味する。

元和年間の出来事

誕生

死去

西暦との対照表

※は小の月を示す。

元和元年(乙卯) 【一月】
【二月※】
【三月】
【四月】
【五月※】
【六月】
【閏六月※】
【七月】
【八月】
【九月※】
【十月】
【十一月※】
十二月※
グレゴリオ暦 | 1615/1/29 | 2/28 | 3/29 | 4/28 | 5/28 | 6/26 | 7/26 | 8/24 | 9/23 | 10/23 | 11/21 | 12/21 | 1616/1/19
ユリウス暦 | 1615/1/19 | 2/18 | 3/19 | 4/18 | 5/18 | 6/16 | 7/16 | 8/14 | 9/13 | 10/13 | 11/11 | 12/11 | 1616/1/9
【元和二年(丙辰)】
【一月】
【二月※】
【三月】
【四月※】
【五月】
【六月】
【七月※】
【八月】
【九月※】
【十月】
【十一月】
【十二月※】

グレゴリオ暦 | 1616/2/17 | 3/18 | 4/16 | 5/16 | 6/14 | 7/14 | 8/13 | 9/11 | 10/11 | 11/9 | 12/9 | 1617/1/8 | 
ユリウス暦 | 1616/2/7 | 3/8 | 4/6 | 5/6 | 6/4 | 7/4 | 8/3 | 9/1 | 10/1 | 10/30 | 11/29 | 12/29 | 
【元和三年(丁巳)】
【一月】
【二月※】
【三月※】
【四月】
【五月※】
【六月】
【七月※】
【八月】
【九月】
【十月※】
【十一月】
【十二月】

グレゴリオ暦 | 1617/2/6 | 3/8 | 4/6 | 5/5 | 6/4 | 7/3 | 8/2 | 8/31 | 9/30 | 10/30 | 11/28 | 12/28 | 
ユリウス暦 | 1617/1/27 | 2/26 | 3/27 | 4/25 | 5/25 | 6/23 | 7/23 | 8/21 | 9/20 | 10/20 | 11/18 | 12/18 | 
【元和四年(戊午)】
【一月※】
【二月】
【三月※】
【閏三月※】
【四月】
【五月※】
【六月※】
【七月】
【八月】
【九月※】
【十月】
【十一月】
十二月
グレゴリオ暦 | 1618/1/27 | 2/25 | 3/27 | 4/25 | 5/24 | 6/23 | 7/22 | 8/20 | 9/19 | 10/19 | 11/17 | 12/17 | 1619/1/16
ユリウス暦 | 1618/1/17 | 2/15 | 3/17 | 4/15 | 5/14 | 6/13 | 7/12 | 8/10 | 9/9 | 10/9 | 11/7 | 12/7 | 1619/1/6
【元和五年(己未)】
【一月※】
【二月】
【三月※】
【四月※】
【五月※】
【六月】
【七月※】
【八月】
【九月※】
【十月】
【十一月】
【十二月】

グレゴリオ暦 | 1619/2/15 | 3/16 | 4/15 | 5/14 | 6/12 | 7/11 | 8/10 | 9/8 | 10/8 | 11/6 | 12/6 | 1620/1/5 | 
ユリウス暦 | 1619/2/5 | 3/6 | 4/5 | 5/4 | 6/2 | 7/1 | 7/31 | 8/29 | 9/28 | 10/27 | 11/26 | 12/26 | 
【元和六年(庚申)】
【一月※】
【二月】
【三月】
【四月※】
【五月※】
【六月】
【七月※】
【八月※】
【九月】
【十月※】
【十一月】
【十二月】
閏十二月
グレゴリオ暦 | 1620/2/4 | 3/4 | 4/3 | 5/3 | 6/1 | 6/30 | 7/30 | 8/28 | 9/26 | 10/26 | 11/24 | 12/24 | 1621/1/23
ユリウス暦 | 1620/1/25 | 2/23 | 3/24 | 4/23 | 5/22 | 6/20 | 7/20 | 8/18 | 9/16 | 10/16 | 11/14 | 12/14 | 1621/1/13
【元和七年(辛酉)】
【一月※】
【二月】
【三月※】
【四月】
【五月※】
【六月】
【七月※】
【八月※】
【九月】
【十月※】
【十一月】
【十二月】

グレゴリオ暦 | 1621/2/22 | 3/23 | 4/22 | 5/21 | 6/20 | 7/19 | 8/18 | 9/16 | 10/15 | 11/14 | 12/13 | 1622/1/12 | 
ユリウス暦 | 1621/2/12 | 3/13 | 4/12 | 5/11 | 6/10 | 7/9 | 8/8 | 9/6 | 10/5 | 11/4 | 12/3 | 1622/1/2 | 
【元和八年(壬戌)】
【一月※】
【二月】
【三月】
【四月※】
【五月】
【六月※】
【七月】
【八月※】
【九月※】
【十月】
【十一月※】
【十二月】

グレゴリオ暦 | 1622/2/11 | 3/12 | 4/11 | 5/11 | 6/9 | 7/9 | 8/7 | 9/6 | 10/5 | 11/3 | 12/3 | 1623/1/1 | 
ユリウス暦 | 1622/2/1 | 3/2 | 4/1 | 5/1 | 5/30 | 6/29 | 7/28 | 8/27 | 9/25 | 10/24 | 11/23 | 12/22 | 
【元和九年(癸亥)】
【一月※】
【二月】
【三月】
【四月※】
【五月】
【六月】
【七月※】
【八月】
【閏八月※】
【九月※】
【十月】
【十一月※】
十二月
グレゴリオ暦 | 1623/1/31 | 3/1 | 3/31 | 4/30 | 5/29 | 6/28 | 7/28 | 8/26 | 9/25 | 10/24 | 11/22 | 12/22 | 1624/1/20
ユリウス暦 | 1623/1/21 | 2/19 | 3/21 | 4/20 | 5/19 | 6/18 | 7/18 | 8/16 | 9/15 | 10/14 | 11/12 | 12/12 | 1624/1/10
【元和十年(甲子)】
【一月※】
【二月】
【三月※】
【四月】
【五月】
【六月※】
【七月】
【八月※】
【九月】
【十月】
【十一月※】
【十二月※】

グレゴリオ暦 | 1624/2/19 | 3/19 | 4/18 | 5/17 | 6/16 | 7/16 | 8/14 | 9/13 | 10/12 | 11/11 | 12/11 | 1625/1/9 | 
ユリウス暦 | 1624/2/9 | 3/9 | 4/8 | 5/7 | 6/6 | 7/6 | 8/4 | 9/3 | 10/2 | 11/1 | 12/1 | 12/30 | 

脚注

  1. ^ 高埜利彦『近世の朝廷と宗教』吉川弘文館、2014年、P126

関連項目

日本の元号
飛鳥時代 | 

奈良時代 | 
  • 霊亀715-717
  • 養老717-724
  • 神亀724-729
  • 天平729-749
  • 天平感宝749
  • 天平勝宝749-757
  • 天平宝字757-765
  • 天平神護765-767
  • 神護景雲767-770
  • 宝亀770-781
  • 天応781-782
  • 延暦782-806

  • 平安時代 | 
  • 大同806-810
  • 弘仁810-824
  • 天長824-834
  • 承和834-848
  • 嘉祥848-851
  • 仁寿851-854
  • 斉衡854-857
  • 天安857-859
  • 貞観859-877
  • 元慶877-885
  • 仁和885-889
  • 寛平889-898
  • 昌泰898-901
  • 延喜901-923
  • 延長923-931
  • 承平931-938
  • 天慶938-947
  • 天暦947-957
  • 天徳957-961
  • 応和961-964
  • 康保964-968
  • 安和968-970
  • 天禄970-974
  • 天延974-976
  • 貞元976-978
  • 天元978-983
  • 永観983-985
  • 寛和985-987
  • 永延987-989
  • 永祚989-990
  • 正暦990-995
  • 長徳995-999
  • 長保999-1004
  • 寛弘1004-1013
  • 長和1013-1017
  • 寛仁1017-1021
  • 治安1021-1024
  • 万寿1024-1028
  • 長元1028-1037
  • 長暦1037-1040
  • 長久1040-1044
  • 寛徳1044-1046
  • 永承1046-1053
  • 天喜1053-1058
  • 康平1058-1065
  • 治暦1065-1069
  • 延久1069-1074
  • 承保1074-1077
  • 承暦1077-1081
  • 永保1081-1084
  • 応徳1084-1087
  • 寛治1087-1095
  • 嘉保1095-1097
  • 永長1097-1097
  • 承徳1097-1099
  • 康和1099-1104
  • 長治1104-1106
  • 嘉承1106-1108
  • 天仁1108-1110
  • 天永1110-1113
  • 永久1113-1118
  • 元永1118-1120
  • 保安1120-1124
  • 天治1124-1126
  • 大治1126-1131
  • 天承1131-1132
  • 長承1132-1135
  • 保延1135-1141
  • 永治1141-1142
  • 康治1142-1144
  • 天養1144-1145
  • 久安1145-1151
  • 仁平1151-1154
  • 久寿1154-1156
  • 保元1156-1159
  • 平治1159-1160
  • 永暦1160-1161
  • 応保1161-1163
  • 長寛1163-1165
  • 永万1165-1166
  • 仁安1166-1169
  • 嘉応1169-1171
  • 承安1171-1175
  • 安元1175-1177
  • 治承1177-1181
  • 養和1181-1182
  • 寿永1182-1184
  • 元暦1184-1185

  • 鎌倉時代 | 
  • 文治1185-1190
  • 建久1190-1199
  • 正治1199-1201
  • 建仁1201-1204
  • 元久1204-1206
  • 建永1206-1207
  • 承元1207-1211
  • 建暦1211-1214
  • 建保1214-1219
  • 承久1219-1222
  • 貞応1222-1224
  • 元仁1224-1225
  • 嘉禄1225-1228
  • 安貞1228-1229
  • 寛喜1229-1232
  • 貞永1232-1233
  • 天福1233-1234
  • 文暦1234-1235
  • 嘉禎1235-1238
  • 暦仁1238-1239
  • 延応1239-1240
  • 仁治1240-1243
  • 寛元1243-1247
  • 宝治1247-1249
  • 建長1249-1256
  • 康元1256-1257
  • 正嘉1257-1259
  • 正元1259-1260
  • 文応1260-1261
  • 弘長1261-1264
  • 文永1264-1275
  • 建治1275-1278
  • 弘安1278-1288
  • 正応1288-1293
  • 永仁1293-1299
  • 正安1299-1302
  • 乾元1302-1303
  • 嘉元1303-1307
  • 徳治1307-1308
  • 延慶1308-1311
  • 応長1311-1312
  • 正和1312-1317
  • 文保1317-1319
  • 元応1319-1321
  • 元亨1321-1324
  • 正中1324-1326
  • 嘉暦1326-1329
  • 元徳1329-1331(大覚寺統)、1329-1332(持明院統)
  • 大覚寺統 | 

    持明院統 | 
  • 正慶1332-1333


  • 南北朝時代
    室町時代 | 
  • 建武1334-1336(南朝)、1334-1338(北朝)
  • 南朝 | 

    北朝 | 
  • 暦応1338-1342
  • 康永1342-1345
  • 貞和1345-1350
  • 観応1350-1352
  • 文和1352-1356
  • 延文1356-1361
  • 康安1361-1362
  • 貞治1362-1368
  • 応安1368-1375
  • 永和1375-1379
  • 康暦1379-1381
  • 永徳1381-1384
  • 至徳1384-1387
  • 嘉慶1387-1389
  • 康応1389-1390
  • 明徳1390-1394

  • 統一後 | 
  • 応永1394-1428
  • 正長1428-1429
  • 永享1429-1441
  • 嘉吉1441-1444
  • 文安1444-1449
  • 宝徳1449-1452
  • 享徳1452-1455
  • 康正1455-1457
  • 長禄1457-1461
  • 寛正1461-1466
  • 文正1466-1467


  • 戦国時代 | 
  • 応仁1467-1469
  • 文明1469-1487
  • 長享1487-1489
  • 延徳1489-1492
  • 明応1492-1501
  • 文亀1501-1504
  • 永正1504-1521
  • 大永1521-1528
  • 享禄1528-1532
  • 天文1532-1555
  • 弘治1555-1558
  • 永禄1558-1570
  • 元亀1570-1573

  • 安土桃山時代 | 
  • 天正1573-1593
  • 文禄1593-1596
  • 慶長1596-1615

  • 江戸時代 | 
  • 元和1615-1624
  • 寛永1624-1645
  • 正保1645-1648
  • 慶安1648-1652
  • 承応1652-1655
  • 明暦1655-1658
  • 万治1658-1661
  • 寛文1661-1673
  • 延宝1673-1681
  • 天和1681-1684
  • 貞享1684-1688
  • 元禄1688-1704
  • 宝永1704-1711
  • 正徳1711-1716
  • 享保1716-1736
  • 元文1736-1741
  • 寛保1741-1744
  • 延享1744-1748
  • 寛延1748-1751
  • 宝暦1751-1764
  • 明和1764-1772
  • 安永1772-1781
  • 天明1781-1789
  • 寛政1789-1801
  • 享和1801-1804
  • 文化1804-1818
  • 文政1818-1831
  • 天保1831-1845
  • 弘化1845-1848
  • 嘉永1848-1855
  • 安政1855-1860
  • 万延1860-1861
  • 文久1861-1864
  • 元治1864-1865
  • 慶応1865-1868

  • 明治時代以降 | 
  • 明治1868-1912
  • 大正1912-1926
  • 昭和1926-1989
  • 平成1989-2019(予定)

  • 注1: 元号の後の年代は元号の初年と終年に対応する西暦。「天正」初年以前はユリウス暦、「天正」終年以降はグレゴリオ暦による。
    注2: 「白鳳」と「朱雀」は正史『日本書紀』には見えない私年号だが、地方の文献等に散見する。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/20 22:30

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「元和_(日本)」の意味を投稿しよう
    「元和_(日本)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    元和_(日本)スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「元和_(日本)」のスレッドを作成する
    元和_(日本)の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail