このキーワード
友達に教える
URLをコピー

児玉淳一郎とは?

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2013年2月)

児玉 淳一郎(こだま じゅんいちろう、1846年5月31日(弘化3年5月7日) - 1916年(大正5年)4月30日)は、幕末の武士(長州藩士)、明治初期の官吏慶應義塾法律科初代講師、大審院判事貴族院議員。中定勝と共に、日本において最初の近代的代言人(弁護士)といわれる。

経歴

長州藩士・児玉伝兵衛の第三子。藩校明倫館で学んだ後、長崎でフルベッキ芳川顕正から英語を教わり、明治2年(1869年)6月、長州藩留学生として渡し、法律を学んで、明治3年(1870年)11月25日に一旦帰朝する。翌月さらに太政官留学生(年洋銀千枚支給)となり、「刑法」修学の目的で再渡米し、ワシントン大学や同府裁判所で司法事務を見習い、岩倉使節団一行が同府に立ち寄った際には、司法理事官・佐々木高行の米国法律取調の事務手伝いを命じられたと言う。明治6年(1873年)4月29日に帰朝している。帰朝後まもなく司法省十等出仕に任じられたが、その低い地位を不満として江藤新平に辞職届を出して辞職している。

その後、児玉は福澤諭吉を慕って、三田山上の慶應義塾の出版局二階に寓居し、慶應義塾の塾生を集めて、英米法の講義を行った。その講義内容は不明だとしながらも、児玉の著書『人間交法』が、おそらく講義の内容であったのではと推測している。のちに相馬永胤らが集い、夜間法律科へと発展した。次いで代言人となり、明治23年(1890年)10月には大審院判事となった。また、明治27年(1894年)4月18日から大正5年(1916年)4月30日まで貴族院勅選議員を務めた。

栄典・授章・授賞

位階
勲章等

親族

脚注

  1. ^ 人事興信所 1903, 859頁.
  2. ^ 『官報』第479号「賞勲叙任」1885年2月7日。
  3. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  4. ^ 『官報』第1123号「叙任及辞令」1916年5月2日。
  5. ^ 『官報』第1123号「叙任及辞令」1916年5月2日。

参考文献

典拠管理

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/07 01:59

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「児玉淳一郎」の意味を投稿しよう
「児玉淳一郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

児玉淳一郎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「児玉淳一郎」のスレッドを作成する
児玉淳一郎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail