このキーワード
友達に教える
URLをコピー

八戸市とは?

 | 

八戸市旗 | 八戸市章
1931年(昭和6年)8月27日制定


【国】
日本
【地方】
東北地方
【都道府県】
青森県
団体コード
02203-9
法人番号
2000020022039
【面積】
305.56km

【総人口】
225,463[編集]
(推計人口、2018年10月1日)
人口密度
738人/km
【隣接自治体】
三戸郡階上町五戸町南部町
上北郡おいらせ町
岩手県九戸郡軽米町
【市の木】
オンコ(イチイ)
【市の花】

【】

八戸市役所

【市長】
小林眞
【所在地】
031-8686(八戸市庁)
青森県八戸市内丸一丁目1番1号
北緯40度30分44.2秒東経141度29分18.2秒

【外部リンク】
八戸市

― 市 / ― 町・村



ウィキプロジェクト

八戸市(はちのへし)は、青森県東部に位置し、太平洋に面する中核市である。青森市弘前市と共に、青森県主要3市の一角を構成する。

目次

  • 1 概要
  • 2 地理
  • 3 歴史
    • 3.1 古代
    • 3.2 中世
    • 3.3 近世
    • 3.4 近代
    • 3.5 現代
    • 3.6 沿革
  • 4 気候
  • 5 民生
    • 5.1 生産
      • 5.1.1 重工
      • 5.1.2 畜産
      • 5.1.3 水産
      • 5.1.4 鉱山
      • 5.1.5 青森県指定伝統工芸品
      • 5.1.6 特産品
      • 5.1.7 IT・通信・家電
      • 5.1.8 書籍
      • 5.1.9 ホームセンター
      • 5.1.10 スーパーマーケット
      • 5.1.11 百貨店・ファッションビル・郊外店
      • 5.1.12 金融機関
        • 5.1.12.1 ATMが主体の金融機関
        • 5.1.12.2 かつて市内にあった金融機関
      • 5.1.13 生活協同組合
    • 5.2 マスメディア
    • 5.3 インターネットサービス・プロバイダ
    • 5.4 電子掲示板
  • 6 行政
    • 6.1 歴代市長
    • 6.2 庁舎・支所など
    • 6.3 環境への取組み
  • 7 議会
    • 7.1 市議会
    • 7.2 青森県議会(八戸市選挙区)
    • 7.3 衆議院
  • 8 姉妹都市・提携など
    • 8.1 海外
  • 9 人口
  • 10 地域
    • 10.1 教育
      • 10.1.1 大学・短期大学
      • 10.1.2 高等専門学校
      • 10.1.3 高等学校
      • 10.1.4 中学校
      • 10.1.5 小学校
      • 10.1.6 特別支援学校
      • 10.1.7 学校教育以外の施設
        • 10.1.7.1 ホール
        • 10.1.7.2 図書館
        • 10.1.7.3 職業訓練施設
    • 10.2 所管警察署
    • 10.3 所管消防署
    • 10.4 霊園
  • 11 郵便
  • 12 福祉
    • 12.1 三大病院
    • 12.2 三大病院を補佐する公的医療機関
  • 13 交通
    • 13.1 鉄道
      • 13.1.1 かつて存在した鉄道
    • 13.2 路線バス
      • 13.2.1 旧・南郷村エリア
    • 13.3 高速バス
    • 13.4 関連施設
    • 13.5 道路
      • 13.5.1 高速道路
        • 13.5.1.1 高速自動車国道
        • 13.5.1.2 高規格幹線道路(一般国道自動車専用道路)
        • 13.5.1.3 高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路
      • 13.5.2 一般国道
      • 13.5.3 県道
        • 13.5.3.1 主要地方道
        • 13.5.3.2 一般県道
      • 13.5.4 市道
        • 13.5.4.1 旧・八戸市域
        • 13.5.4.2 旧・南郷村域
    • 13.6 港湾
    • 13.7 空港
  • 14 名所・旧跡・観光
    • 14.1 史跡
      • 14.1.1 考古
      • 14.1.2 中世
      • 14.1.3 近世
      • 14.1.4 近代
    • 14.2 記録
    • 14.3 観光拠点
    • 14.4 公園・広場・運動施設
    • 14.5 祭り
    • 14.6 スポット
      • 14.6.1 朝市・飲食
      • 14.6.2 展望台
      • 14.6.3 自然
      • 14.6.4 路上
  • 15 スポーツ
    • 15.1 スポーツ総合
    • 15.2 スケート・アイスホッケー
  • 16 出身有名人
  • 17 ゆるキャラ・マスコット
  • 18 脚注
    • 18.1 注釈
    • 18.2 出典
  • 19 関連項目
  • 20 外部リンク

概要

 | この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています。

八戸都市圏は約33万人の人口を擁する。また商圏は隣接する岩手県北東部に及び、商圏人口は東北地方有数の約60万人を誇り、人口密度は青森県内1位である。三戸郡を包含する八戸圏域連携中枢都市圏でもあり、三八地域県民局が設置されている。2002年(平成14年)12月には東北新幹線八戸駅まで延伸開業し、東京駅まで最短2時間56分で結ばれている。

縄文遺跡が出土するなど、人が定住した歴史は古い。伝統芸能であるえんぶり(朳)および八戸三社大祭騎馬打毬はいずれも国の重要無形民俗文化財に指定されている。伝統工芸品には八幡馬八戸焼南部姫毬などが、郷土料理には南部煎餅八戸せんべい汁いちご煮などが、特産品には市川いちご糠塚きゅうりなどがある。お盆には「背中あて」を食べる慣習が根付いている。温泉銭湯も歴史的に多く存在する。

スケートアイスホッケーが盛んで、氷都八戸の異名を持つ。実業団体やジュニアチーム、女子チーム、素人アイスホッケーを含め加盟登録数は60チームを数える。

ご当地グルメ(B級グルメ)の「B-1グランプリ」発祥の地でもある。入賞面では第1回は殿堂入り、開催地(投票対象外)後の第2回〜第4回は2位、第5回・第6回は3位、第7回では優勝し、第1回の殿堂入り以外で全て3位以内を獲っているのは八戸のみである。

地理

歴史

古代

縄文時代是川遺跡風張遺跡がある。風張遺跡からは縄文時代後期の米粒が出土している。風張から出土した合掌土偶国宝となっているほか、是川からも数々の工芸品が出土している。その後、南部氏が治めるようになるまで蝦夷の土地であり、律令制の及ばない地であった。

中世

奥州合戦後の1191年(建久2年)、甲斐国南部氏北東北一帯を源頼朝から賜ったとされている。南部氏が実際に北東北に移ってきたのは南北朝時代である。1334年(建武元年)、南部師行根城を築き、根城南部氏(遠野南部氏)の祖となった。根城南部氏は1627年(寛永4年)、三戸南部氏(後の盛岡南部氏)の命により遠野市に居城を移した。

近世

転機となったのは江戸時代前期の1664年(寛文4年)である。南部重直が世継ぎを決めずに亡くなったため、盛岡藩は御家断絶の危機を迎えた。江戸幕府は南部藩10万石を八戸2万石と盛岡8万石に分け、八戸南部氏の祖となる南部直房により八戸城が築かれた。これが八戸藩の始まりである。八戸藩の領地と現在の八戸市の領域にはかなり違いがあり、久慈市までが八戸藩であった。

八戸城は現在の三八城公園にあった(従って八戸公園は城跡ではない)。城下町には三日町、十三日町など市の立つ日を名前とした街が並んでおり、現在も八戸市中心市街地となっている。

近代

港町である八戸市は、港湾と共に発展してきた。八戸藩誕生の頃、八戸の港は「鮫浦」と呼ばれる漁港であった(現在も八戸市には鮫町鮫駅がある)。また、新井田川河口は湊川口と呼ばれ、こちらも漁港および商港として重要な拠点であった。1915年(大正4年)、鮫浦港修築工事が開始され、1929年(昭和4年)に商港に指定されると、鮫浦と湊川口を合わせて八戸港八戸漁港と呼ぶようになった。

現代

八戸市には馬淵川新井田川という二本の河川が流れている。特に馬淵川は蛇行が激しく流量も多いため、水害の多い河川であった。特に河口部分で馬淵川が大きく曲がって新井田川と合流するような形で太平洋に注ぎ込んでいた。1937年(昭和12年)、馬淵川の改修工事(河口付近の直線化)が開始されたが難航し、戦争のために中断された。1949年(昭和24年)に工事が軌道に乗り、新産業都市に指定された1961年(昭和36年)に完成した。これにより水害がなくなり、臨海地域を工業地帯として利用可能となった。

新産業都市に指定されると臨海部に火力発電所、製紙業、非鉄金属工業などの工場が相次いで進出し、工業港としての整備が本格化した。

2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震に伴う津波により臨海部は大きな被害を受けたものの、岩手県以南よりは比較的被害が少なかった。

沿革

気候

太平洋側気候であるが、夏はやませの影響で冷涼であり、度々冷害が発生する。冬は北東北にありながら降雪量が少なく乾燥し、晴天が多いため日照時間も長い。東北電力初のメガソーラー(大規模太陽光発電所)は八戸市に開設された。

八戸市(1981年 - 2010年)の気候
【月】
【1月】
【2月】
【3月】
【4月】
【5月】
【6月】
【7月】
【8月】
【9月】
【10月】
【11月】
12月 年
平均最高気温 °C (°F) 2.6
(36.7) | 3.2
(37.8) | 7.0
(44.6) | 13.7
(56.7) | 18.3
(64.9) | 20.6
(69.1) | 24.3
(75.7) | 26.5
(79.7) | 23.1
(73.6) | 17.9
(64.2) | 11.6
(52.9) | 5.5
(41.9) | 14.5
(58.1)
日平均気温 °C (°F) -0.9
(30.4) | -0.5
(31.1) | 2.7
(36.9) | 8.5
(47.3) | 13.1
(55.6) | 16.2
(61.2) | 20.1
(68.2) | 22.5
(72.5) | 18.9
(66) | 13.0
(55.4) | 6.9
(44.4) | 1.8
(35.2) | 10.2
(50.4)
平均最低気温 °C (°F) -4.2
(24.4) | -4.0
(24.8) | -1.3
(29.7) | 3.8
(38.8) | 8.7
(47.7) | 12.8
(55) | 17.1
(62.8) | 19.3
(66.7) | 15.2
(59.4) | 8.5
(47.3) | 2.6
(36.7) | -1.6
(29.1) | 6.4
(43.5)
降水量 mm (inch) 42.8
(1.685) | 40.1
(1.579) | 52.0
(2.047) | 64.3
(2.531) | 89.3
(3.516) | 105.8
(4.165) | 136.1
(5.358) | 128.8
(5.071) | 167.6
(6.598) | 87.2
(3.433) | 62.0
(2.441) | 49.1
(1.933) | 1,025.1
(40.357)
降雪量 cm (inch) 77
(30.3) | 75
(29.5) | 47
(18.5) | 3
(1.2) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 6
(2.4) | 40
(15.7) | 248
(97.6)
% 湿度 70 | 70 | 67 | 65 | 71 | 81 | 83 | 82 | 79 | 73 | 70 | 70 | 73.4
平均月間日照時間 130.8 | 129.6 | 168.1 | 188.9 | 197.0 | 167.7 | 148.5 | 167.1 | 143.6 | 161.3 | 133.3 | 124.5 | 1,860.4
出典: 気象庁

民生

かつて八戸藩の城下町であった歴史があり、市域は内陸部から海岸に亘る。このため農業漁業水産業工業商業観光業がバランス良く発展している。朝市は、市民の買い物・飲食と観光客誘致の両方に貢献している。

1989年(平成元年)に「はちのへ共通商品券」が発行されている。2016年(平成28年)9月1日に期限付きとなった。

生産

重工

畜産

水産

水揚げ数量は2016年度は全国7位の9万9312トンで、サバ3万9360トン、イカ2万2120トン、イワシ2万3126トンなどが主要な魚種となっている。

鉱山

青森県指定伝統工芸品

八戸市内でも指定されている。

特産品

IT・通信・家電

書籍

このほか、アニメイト未来屋書店くまざわ書店文教堂書店、川村商店、成田本店、木村書店、アリス書店、ほんだらけなどが単独出店している。最大規模の書店はVidawayが運営するTSUTAYA八戸ニュータウン店である。

ホームセンター

このほか、DCMグループDCMサンワDCMホーマックが市内に出店している。

スーパーマーケット

このほか、やまむら、やまはる、スーパーセンタートライアルなどが単独出店している。また、カブセンターは2店舗体制である。かつては中央スーパーと三光ストアも存在した。

百貨店・ファッションビル・郊外店

このほか、おいらせ町イオンモール下田(核店舗:イオン下田店)が単独出店している。

金融機関

銀行

八戸市の指定金融機関でもある。
同行が青森県内で営業を展開しているのは八戸市のみで、市内に2店舗を構える。

政策金融機関

協同組織金融機関

証券会社

日本郵政

青森県内で直営店舗が置かれるのは八戸市と青森市(青森中央郵便局内)のみである。
ATMが主体の金融機関
かつて市内にあった金融機関
店舗設置当時、青森銀行八戸支店とは道路を隔てて向かい合わせの位置関係にあった。
2008年5月19日に八戸信用金庫と合併。
あおもり信用金庫下北信用金庫と合併して青い森信用金庫が発足。

生活協同組合

マスメディア

土曜夕方(16:00~16:50)と日曜午前(10:00~11:00)に同支社制作のラジオ番組が放送されている。
かつては本社を八戸市に置いていたが、2006年7月1日付けで放送センター(演奏所)のある青森市に移し、同局は八戸支社になった。

IBCTVImitは本来岩手県内のテレビ局であるが、岩手県北部の沿岸地方(久慈市)と内陸地方(二戸市)の双方に交通の便が良い八戸市に取材拠点としての支社を置いている。 また同市の大半の地域では、岩手県内のテレビ(TVIIATIBCmitNHK盛岡放送局)の送信局の一つである二戸中継局から発射される電波により岩手県のテレビを越境受信する事が可能であり、特に青森県に存在していないフジテレビ系列の番組を最速で多く放送するmitの需要は同市でもかなり高いものとなっている。 また、mitは青森県南部地域(三八上北)を実質的な放送エリアであるとしてHPで明言しており、同テレビの緊急地震速報は岩手県内に出された場合の他、三八上北地域に出された場合にも放送される。

インターネットサービス・プロバイダ

電子掲示板

行政

八戸市庁 本館(2007年7月)
(隣の「別館」が完成する前は「新館」と呼称していた。)
八戸市庁 別館(2011年10月)
1994年12月に発生した三陸はるか沖地震の際、当時同地にあった市庁「旧館」が壊滅的な被害を受け使用不能となったことから、それを教訓に免震構造によって建て替えられたものである。
南郷事務所(2007年5月撮影)
かつての南郷村役場であり、2005年3月31日に市町村合併によって設置された地域自治区「南郷区」の南郷区役所を経て南郷事務所となった。

歴代市長

【代】
【氏名】
【就任年月日】
退任年月日
1 | 近藤喜衛 | 1929年9月22日 | 1930年5月19日
2-4 | 神田重雄 | 1930年8月18日 | 1942年8月17日
5 | 山内亮 | 1942年10月1日 | 1946年5月17日
6-7 | 夏堀悌二郎 | 1946年7月20日 | 1951年4月4日
8 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/10 20:49

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「八戸市」の意味を投稿しよう
「八戸市」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

八戸市スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「八戸市」のスレッドを作成する
八戸市の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail