このキーワード
友達に教える
URLをコピー

公明党とは?

日本政党
【公明党】

公明党本部

代表
山口那津男
【副代表】
井上義久
北側一雄
古屋範子
【幹事長】
斉藤鉄夫
【参議院議員会長】
魚住裕一郎
【成立年月日】
1964年(昭和39年)11月17日
【本部所在地】
〒160-0012
東京都新宿区南元町17
北緯35度40分44.4秒 東経139度43分16.9秒 / 北緯35.679000度 東経139.721361度 / 35.679000; 139.721361
【衆議院議席数】
29 / 465 (6%)
(2017年10月23日現在)
【参議院議席数】
25 / 242 (10%)
(2016年7月26日現在)
【都道府県議数】
206 / 2,614 (8%)
(2017年12月31日現在)
【党員・党友数】
465,074人
(2015年12月31日現在)
【政治的思想・立場】
中道主義
「人間性社会主義」
「地球民族主義」
草の根民主主義
地方主権
人間主義
国連中心主義国際主義
持続可能な発展
平和主義
政治改革行財政改革
原発ゼロ
【機関紙】
公明新聞
【政党交付金】
30億5187万 円
(2016年8月31日決定)
【公式サイト】
公明党
【シンボル】

法人番号
8011105001478

公明党(こうめいとう、英語: Komeito)は、日本の政党日本仏教宗教法人創価学会を母体として、中道政治の実現を目指して結成された。自由民主党との連立政権を形成する。略称は公明。1字表記の際は、と表記される。

英語表記は、結党時の1964年(昭和39年)から新進党合流時の1994年(平成6年)までは「Komeito」だったが、1998年(平成10年)の公明党再結成に伴い「New Komeito」に改められた。2014年(平成26年)9月25日、公明党結党50年を機に「Komeito」との英語表記を復活させた。

現在の党キャッチコピー「教育負担の軽減へ。」

目次

  • 1 歴史
    • 1.1 中道政党としての結党
    • 1.2 言論出版妨害事件と政教分離
    • 1.3 伯仲国会と野党連携の模索
    • 1.4 自民党接近と連立政権への参加
    • 1.5 分党と新進党への参加
    • 1.6 自公連立政権
  • 2 略史
  • 3 政策
    • 3.1 憲法
    • 3.2 安全保障
    • 3.3 治安
    • 3.4 外交
    • 3.5 福祉
    • 3.6 男女共同参画
    • 3.7 選択的夫婦別姓
    • 3.8 皇室
    • 3.9 行政
    • 3.10 税制
    • 3.11 教育
    • 3.12 経済
  • 4 組織
    • 4.1 党員
    • 4.2 本部
    • 4.3 議員団
    • 4.4 中央組織
    • 4.5 地方組織
      • 4.5.1 方面本部
      • 4.5.2 都道府県本部
      • 4.5.3 総支部
      • 4.5.4 支部
    • 4.6 内規
  • 5 役職
    • 5.1 常任役員会代表(党代表)
    • 5.2 中央幹事会
    • 5.3 常任役員会
    • 5.4 全国議員団会議
    • 5.5 常任顧問・顧問
    • 5.6 閣僚経験者
  • 6 論議のある問題
    • 6.1 創価学会との関係、政教分離問題
    • 6.2 選挙
    • 6.3 創価学会員による選挙不正
      • 6.3.1 大阪事件
      • 6.3.2 新宿替え玉事件
      • 6.3.3 投票所襲撃事件
      • 6.3.4 住民票異動疑惑
    • 6.4 高齢者や認知症患者などへの投票干渉
      • 6.4.1 2001年(平成13年)参議院選挙
      • 6.4.2 2003年(平成15年)衆議院総選挙
      • 6.4.3 2010年(平成22年)参議院選挙
      • 6.4.4 2012年(平成24年)衆議院総選挙
    • 6.5 電話による投票依頼
    • 6.6 生活保護不正受給の口利き問題
    • 6.7 北朝鮮問題
    • 6.8 韓国大統領選挙介入疑惑
    • 6.9 66歳定年制
    • 6.10 公認料
    • 6.11 マニフェストと実際の行動
      • 6.11.1 役人の天下りへの対処
    • 6.12 池田大作に対する配慮
    • 6.13 批判本の掲載について
    • 6.14 後藤田正晴の主張
  • 7 政党交付金
  • 8 支持母体
  • 9 党勢の推移
    • 9.1 衆議院
    • 9.2 参議院
    • 9.3 所属国会議員
    • 9.4 地方政治
    • 9.5 政党収入額
  • 10 脚注
  • 11 参考文献
  • 12 関連項目
  • 13 外部リンク

歴史

中道政党としての結党

公明党は宗教団体の創価学会を主な支持基盤としている。第二次世界大戦(太平洋戦争大東亜戦争)後に宗教法人として規模を拡大させた創価学会が、1954年(昭和29年)11月、政界進出を目的として創設した文化部が源流である。文化部は翌1955年(昭和30年)の第3回統一地方選挙首都圏の自治体議会選挙に候補者を擁立し、合計で53議席を得た。1956年(昭和31年)には国政進出を果たし、第4回参議院議員通常選挙では3議席を獲得した。

初期の政界進出の旗振り役となったのは創価学会第二代会長戸田城聖と後の第三代会長池田大作である。政界進出の動機としては以下が挙げられる。

1960年(昭和35年)に池田が第三代会長に就任すると政界進出の動きは加速し、1961年(昭和36年)には政治局、同年11月には政治団体の公明政治連盟(こうめいせいじれんめい)へと改組し、メディアの発信や各界への人材輩出を強化した。

1963年(昭和38年)の東京都議会議員選挙(都議選)では17議席を獲得し、55年体制の下、戦後しばらく日本の国政で二大政党制を構成した自由民主党日本社会党に次いで第三党に躍進する。1964年(昭和39年)、創価学会から公明政治連盟が切り離されて独立し、現在の日本の国政政党の公明党が誕生した。11月17日の結党大会は当時国内で最大級の規模を誇る施設であった日本大学講堂(当時、現在の両国国技館)で挙行され、1万5000人の党員が集結した。結成大会にはニューヨーク・タイムズ含め外国メディア14社の記者が取材に訪れた。。

その後、国政では1967年(昭和42年)に衆議院参議院両院で45議席を獲得する大所帯となり、国会でも第三党の勢力を形成する程になる。この年の党大会では委員長に竹入義勝、書記長に矢野絢也が就任する。結党当初の公明党は国政・地方政治ともに行政当局との関係が希薄であったため、徹底した現場主義・調査主義に力を注いだ。

特に、安全保障面で在日米軍基地や米国領沖縄県の軍事基地問題については防衛施設庁(現在の防衛省の一部)以上の調査を行い、防衛施設庁から「大いに参考になる」とのコメントが発表されるほどであった。

公明党の行動は即物的なものが多く、同じ野党でもイデオロギーに基づく観念論的議論を行っていた日本社会党や日本共産党とは対照をなした。これについては、マルクスエンゲルスに端を発する社会主義(マルクス主義、または科学的社会主義)・共産主義思想というものが、世俗主義唯物論無神論イデオロギーへの波及をも生み、実際に社会主義国・共産主義国(冷戦下での旧東側諸国)においては、市民の信教の自由も実質保障されることもなく、国家・政府による宗教弾圧が行われていったという歴史的背景もある中で、あくまで資本主義が維持される社会の中にあって、宗教的思想をバックボーンにする支持母体が、あまり「左派右派」や「保守革新」といった従来の対立構造に執着することでなく、「中道政党」と謳っているように、政治面で影響を及ぼすという点において、戦後の日本政治における政党としての存在意義を見出しているという分析もある。

言論出版妨害事件と政教分離

1969年末、創価学会を批判する藤原弘達の著書『創価学会を斬る』の出版中止を公明党が自民党幹事長田中角栄に働きかけていたことが公になる(「言論出版妨害事件」)。翌1970年にかけて、創価学会が同様の行為を常習的に行っていたことが暴露され、日本国憲法第21条で保障されている「言論の自由」を侵すものとして社会的な批判を受けた。公明党の伸張に危機感を抱いていた他の野党は国会で徹底追及を行い、池田の証人喚問まで要求したが、当時の佐藤栄作政権は野党分断を狙って要求をかわし続け、池田の喚問は回避された。以降しばらく、公明党は自民党に対する事実上の閣外協力を余儀なくされる。

1970年5月3日、学会総会で池田が事件を謝罪し、学会と党との間の体質の改革を宣言する。具体的には「政教分離」の徹底で、

などといった方針が打ち出された。6月25日、党大会で新しい綱領が制定され、綱領からは宗教用語がすべて廃された。

伯仲国会と野党連携の模索

1970年、前年の総選挙で大敗した社会党では右派の江田三郎の主導で社公民路線が提唱され、江田は西欧型の社会民主主義を目指す「江田ビジョン」を提唱するが、マルクス・レーニン主義を唱える左派との論争で劣勢を強いられる。それでも1972年第33回衆議院議員総選挙では社公民三党で選挙協力を行ったが、公明党は言論出版妨害事件のイメージなどが原因で大敗を喫す。民社党も議席を減らし、復調した社会党との連携がうまくゆかずに社公民路線は頓挫した。

1974年第10回参議院議員通常選挙では野党各党は表向きは全野党結集の方針を掲げ、公明党も日米安保条約の即時破棄を訴えるなど、史上最も革新寄りの主張で選挙に臨む。結果、狂乱物価によって自民党が議席を減らして伯仲国会を実現させたものの、選挙後には一転して野党間で対立が起こった。翌年にかけて創価学会と共産党との間で相互理解などの交渉が行われ、1975年7月、創共協定が成立する。しかし公明党の支持者である創価学会員はもともと革新的な共産党のイデオロギーとは相反し、党組織の末端では協定に対する動揺が広がった。党執行部は学会による頭越しの協定締結に反発し、協定の解釈を巡って共産党との批判合戦が巻き起こる。学会もこの論争に加勢せざるを得ず、あっという間に協定は死文化してしまう。公明党は10月の党大会で革新色を打ち消し、共産党とは完全に袂を分かった。

1976年第34回衆議院議員総選挙で自民党が過半数割れとなって以降、自民党からは中道政党に対して秋波が送られるようになる。1978年の公明党大会で竹入は自衛隊容認の考えを表明し、政治路線については保守勢力との連携に含みを持たせた。1979年四十日抗争では自民党主流派の大平正芳から竹入に対して連立の呼びかけもあったという。11月の首班指名選挙では大平陣営から決選投票前に大平へ首班投票するよう依頼されるが、公明党は決選投票を棄権した。一方で社会党は右派の指導者であった江田の離党・死去により左傾化と弱体化の兆しを見せており、1980年社公民路線で臨む夏の参院選に向けて社公連合政権構想が締結された。ところがハプニング解散により衆参同日選挙が執行されることとなり、連携の前提が崩れた上、解散当初は主流派と反主流派で分裂選挙の様相を見せていた自民党が大平の急死により対立を解消する。選挙では自民党が圧勝し、伯仲国会は終わりを告げた。選挙後、新たな政権構想では政権の特徴として「反自民政権」を削除し、本格的に自公民路線へと舵を切った。

自民党接近と連立政権への参加

1984年、自民党が二階堂擁立構想で揺れた際には、竹入は鈴木善幸と密に連絡を取り、二階堂が首相になった場合には三党で連立を組む構想も練られた。二階堂の擁立は不発に終わったが、竹入は「次の機会には上着を脱ぎ捨ててでも入っていく」と話した。1986年の衆参同日選挙で自民党が圧勝すると、竹入に代わって矢野が委員長に就任する。一方、社会党では左派の土井たか子が委員長に就任したため、公明党と社会党の距離はますます離れ、両党は競って自民党との連携をアピールするようになる。

1990年前後、政界ではリクルート事件などの汚職事件が相次いだが、公明党でも関与を疑われる議員が相次ぐ。1989年5月、矢野が自身のスキャンダルで引責辞任し、石田幸四郎が後任の委員長に就任する。7月の第15回参議院議員通常選挙では社会党の一人勝ちで自民党は大敗し、公明党も議席を減らした。ねじれ国会となったため野党各党は政権構想を相次いで発表し、公明党は「石田見解」で社会党に対して大胆な路線変更を求めた。しかし社会党の「土井構想」は相変わらず安全保障に否定的で、民社党の「永末ビジョン」は社会党の党是を真っ向から否定する事実上の「門前払い」であったため、連合政権構想はまとまらなかった。1990年の第38回衆議院議員総選挙では自民党が安定多数を確保し、野党では社会党が独り勝ちとなったため、野党間での話し合いの空気は消えた。石田は連合政権協議の頓挫について社会党を批判し、自民・社会・中道の三極体制で国会に臨むことを宣言する。

当時参議院での過半数を失っていた自民党にとっては、参議院の公明党の議席が政権運営にとって非常に重要であった。自民党幹事長の小沢一郎は社会党と絶縁した公明党に接近し、連立内閣をも暗に持ちかけてきた。小沢のカウンターパートである公明党幹事長の市川雄一が後に「キャスティング・ボートを握ったことが、公明党を変えた」と述懐しているように、公明党は個別の法案の賛否をその都度判断する立場をとる。1991年湾岸戦争に際しては翌1992年PKO法案審議で自公民三党による交渉を続け、PKO法案成立にこぎ着けた。この過程で市川と小沢の仲はより親密なものとなり、この時点で市川は政界再編・公明党解体にすらも踏み込んだ発言を始めていた。

1993年、小沢らの造反により宮澤内閣の不信任案が可決し、自民党は分裂する。第39回衆議院議員総選挙で自民党は半数を大きく割り込み、社会党は新党に埋没してやはり大敗を喫す。選挙後、非自民野党による細川内閣が発足する。公明党は結党29年にして初めて与党に参画し、委員長の石田以下4人が閣僚に就任した。市川は小沢とともに与党間の政策協議を主導したが、小沢の運営手法の荒さが原因で軋轢が生じ、1年足らずで連立政権は崩壊した。

分党と新進党への参加

1990年代の政党の離合集散

政治改革の過程で衆議院の選出が小選挙区比例代表並立制に移行していたため、反自民連合の旧与党による新党が結成される必要が生じた。しかし各党派の中でも公明党は大量の党職員と地方議員を抱えており、地方議会の多くでは自民党と連立を組んでいたため、直ちに丸ごと新党に合流できない事情があった。そこで、改選の近い衆議院議員と1995年改選の参議院議員が先行して新党に加わることとなり、1994年12月5日、公明党は先行参加組による暫定的な政党「公明新党」と後発組「公明」に分党される。公明新党は10日に解散し、同日結成の新進党に合流した。地方議員は党職員とともに「公明」に残って事実上の公明党の身分で活動し、機関紙も「公明」が発行され続けた。

新進党は1995年第17回参議院議員通常選挙で自民党に肉薄する戦績を残す。その要因は自民党と社会党が手を結んだことに加え、阪神・淡路大震災オウム真理教事件の対応に不満を持つ無党派層の得票に学会票による票の上積みがプラスされたことであり、総選挙でもこの連携に加えて無党派層を取り込めれば政権交代は確実という見方もあった。これに危機感を抱いた自民党は、学会・公明党と新進党との離反を図る。参院選後の国会ではオウム真理教事件を受けて宗教法人法改正案が審議されたが、審議の過程で自民党は学会名誉会長である池田の参考人招致を要求する(その後、会長秋谷栄之助の参考人聴取で決着する)。この法改正自体はオウム事件の後を受けたものであり、輿論の支持も高かった。「学会が法改正に反対している」というイメージを除くために、新進党側は法案審議を前にして政務会長の市川らを党の要職から外した。市川らはこれに反発し、市川らと幹事長である小沢との間に亀裂が生じた。その後も自民党は政教分離原則に絡めて公明党を揺さぶりつつ、創価学会と近い竹下派が公明グループの新進党からの離脱を働きかける。

旧公明党は徐々に新進党から離反し始め、1996年の地方選挙では学会員が新進党候補を応援せずに自主投票としたり、あるいは自民党の候補をあからさまに応援するなど分裂選挙化した。第40回衆議院議員総選挙では公明党や創価学会の選挙協力が万全に進まず、一部選挙区では創価学会が人物本位のもと対立候補の自民党や民主党の候補者へ投票するなど票が分裂した。さらに新進党が無党派層の票を集めることができずに政権交代に失敗したため、選挙直後から議員の離党が相次ぐようになる。1997年12月、「公明」は新進党への合流を見送り、翌1998年の参院選は完全に独自で戦うことを決定する。直後に新進党は分裂し、完全消滅した。

以後、公明党がこの分党・新進党合流について言及することはほとんどなかったが、1999年の党大会では「出自の違う複数の政党が強引に二大政党をつくったために上手くゆかなかった」との総括が打ち出されている。

自公連立政権

新進党分裂後、小沢が率いた自由党を除く党派は民主党に結集したが、公明党との合流については創価学会との相性がネックになって合流話は持ちかけられなかった。新進党の公明党グループに属する衆議院議員は「新党平和」、参議院議員は「黎明クラブ」を結成する(その後、両者は完全に合流し、1998年11月7日に「公明党」として再結成を果たす。再結成時の代表は神崎武法である)。この時期の公明党に秋波を送っていたのは自民党で、1998年4月28日、自民党は機関紙『自由新報』にかつて掲載した池田と学会員との内紛に関する記事について謝罪文を掲載した。

7月の第18回参議院議員通常選挙で自民党が大敗し、ねじれ国会下で再び公明党がキャスティング・ボートを握った。同年秋の臨時国会では自民党は法案ごとに各党の協力を得ながら乗り切る。こうした背景から自民党と公明党の連立構想が沸き上がるが、公明党は以前自民党と鋭く対立していた手前、いきなり二党のみによる連立には反対であった。そこで、野党の中で孤立しつつあった自由党を交えた三党での連立交渉を始める。こうして1999年1月にまず成立したのが自自連立である。公明党内部では連立参加に対する反対論がくすぶっていたが、自自両党による衆議院比例区の定数削減議論に参加するため、公明党は7月に連立参加を決定し、10月5日小渕改造内閣が発足する。しかし翌2000年2月に定数削減の法案が成立して以降、小沢は自自両党の合流を巡って小渕と対立し、自由党は連立を離脱する。その後、自由党の連立離脱反対派が結成した保守党2003年に自民党へ合流するに至り、自公二党の連立政権(自公連立政権)が誕生するに至った。

2009年第45回衆議院議員総選挙では10議席減の21議席で惨敗、1955年の結党以来初めて衆議院第1党を失った自民党とともに下野したものの、2012年第46回衆議院議員総選挙では31議席を獲得し、圧勝した自民党とともに与党に返り咲いた。2010年第22回参議院議員通常選挙では比例区の得票数・獲得議員数がみんなの党を下回ったが、2013年第23回参議院議員通常選挙では比例区の得票数が全政党中2位に浮上。2014年第47回衆議院議員総選挙では選挙区で全員が当選するなどして現行制度下で最多の35議席を獲得。2016年第24回参議院議員通常選挙では選挙区7人が当選、参院選における選挙区で獲得した議席として、結党以来歴代最多の圧勝をおさめ、衆参両院で自公をはじめとする改憲勢力が、日本国憲法改憲の発議が可能な圧倒的多数となる3分の2を確保することに大きく貢献するなど、現在も国会でキャスティング・ボートを握る政党のひとつであるとされる。

しかしながら、2017年の第48回衆議院議員総選挙では、自公両党で319議席を獲得し圧勝したものの、公明党自体は総選挙直前に誕生した立憲民主党希望の党の新党の間に埋没する形となったことも影響し、第45回衆議院議員総選挙以来9年ぶりに小選挙区(神奈川県第6区)で落選者が発生し小選挙区8議席、比例代表も定数削減のあおりを受け特に北関東ブロック・南関東ブロックを中心に得票を減らし21議席に終わり、合計29議席となり、目標としていた公示前議席維持の35議席を下回った。

略史

創価学会第2代会長・戸田城聖が前年の参院選で組織としての選挙投票依頼を受けたことを機に会に「文化部」を設置し、選挙の出馬予定者を部員に任命。
11月 第3回統一地方選挙に文化部の会員が出馬。
7月 第4回参議院議員通常選挙で3名が当選。
8月 戸田が『大白蓮華』に「王仏冥合論」を執筆し、創価学会の政治進出を理論づける。
6月27日 理事長・小泉隆が参議院大阪府選挙区の第3回補欠選挙において、買収行為を行なったとされ大阪府警察逮捕される。また、同年7月4日には渉外部長だった池田が会員に戸別訪問および買収を指示したとの嫌疑で逮捕、起訴された。
詳細は「大阪事件_(創価学会)」を参照
6月 第5回参議院議員通常選挙で6人が当選、参議院の総議席数は9議席に。
11月27日 公明党の前身「公明政治連盟」を発足。
7月 第6回参議院議員通常選挙において9人が当選。参議院の議席数は15議席に。自由民主党、社会党に次ぐ第3党となる。
1963年東京都知事選挙で、自民党が推薦する東龍太郎を支援。
11月17日 「公明政治連盟」を改組し、「公明党」を設立。
池田が『政治と宗教』(鳳書院)を出版。「王仏冥合」の理念をベースした政治論を訴える。
7月4日 第7回参議院議員通常選挙において11人が当選、参議院の議席数は20議席に。
衆議院選挙直前に、池田が「憲法擁護」「大衆福祉」「安保の段階的解消」などを含む公明党の方針を公表。
1月 第31回衆議院議員総選挙で25議席を獲得し、衆議院に初進出。その後の党人事で衆議院議員の竹入義勝矢野絢也がそれぞれ委員長と書記長に就任。党の比重を衆議院に重きを置くようになる。
7月7日 第8回参議院議員通常選挙で12名が当選、3議席増の23議席となるが、支持母体創価学会による集団替え玉投票事件が起き学会員14名が逮捕されるなど社会問題化する。
詳細は「新宿替え玉事件」を参照
12月 「言論出版妨害事件」を巡り、「政教一致」に対する社会的批判を受ける。
詳細は「言論出版妨害事件」を参照
12月27日 第32回衆議院議員総選挙では47議席を獲得、民社党を抜き、社会党に次ぐ野党第2党に。
5月3日 日本大学講堂における創価学会第33回本部総会において池田が「言論出版妨害事件」について謝罪。「国立戒壇」の教義の撤回、創価学会と公明党の役職の分離などを表明。
矢野が社会党書記長の江田三郎、民社党書記長の佐々木良作らと共に、社公民連合政権構想による『新しい日本を作る会』を結成。
6月27日 第9回参議院議員通常選挙において10人当選。参議院の議席数は1議席減の22議席に。
第一次訪中団を派遣。日中復交五原則を提案。
6月 竹入を団長とする訪朝団が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問。北朝鮮の金日成国家主席との共同声明で、主体思想(チュチェ思想)を指針として、社会主義建設で大きな進歩をとげたことを取り上げた。
3月 竹入が東京都知事美濃部亮吉と会談し、都議会における与党入りに合意。
9月 「中道革新連合政権構想」を発表、「日米安保即時廃棄」に路線転換。
10月 創価学会と日本共産党の間で「創共協定」が締結。
民社党との公民連合政権構想に合意。
10月の衆院選において、公明党は57議席を獲得。日本社会党民社党社民連新自由クラブの4党と選挙協力し、自民党を過半数割れに追い込む。
12月 民社党と「中道連合政権構想」で合意。
1月 社会党と「連合政権構想」で合意。
6月22日 ハプニング解散によって初の衆参同日選挙が実施。選挙期間中に大平正芳総理が逝去、自民党が分裂ムードから融和ムードへと変わったことから参議院においては12人が当選、参議院の議席数は26議席になったが衆議院では票が伸び悩み57議席から33議席へと議席を減らす惨敗を喫した。
8月25日 - 8月9日 竹入を団長とする代表団が大韓民国を初訪問。大統領全斗煥をはじめ政府首脳と会談。
6月22日第13回参議院議員通常選挙において14人が当選。参議院の議席数は27議席に。
12月18日 第37回衆議院議員総選挙では58議席を獲得。
10月 自民党総裁選挙における二階堂進擁立に矢野らが協力。
詳細は「二階堂擁立構想」を参照
再び衆参同日選挙となる。第14回参議院議員通常選挙において10人当選。参議院の議席数は3議席減の24議席に。第38回衆議院議員総選挙でも2議席減の56議席に。
12月 委員長に矢野絢也、書記長に大久保直彦が就任。
委員長に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/11 15:09

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「公明党」の意味を投稿しよう
「公明党」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

公明党スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「公明党」のスレッドを作成する
公明党の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail