このキーワード
友達に教える
URLをコピー

共和党_(アメリカ)とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年10月)
  • 中立的な観点に基づく疑問が提出されています。(2007年7月)
アメリカ合衆国政党
共和党
Republican Party
全国委員長
ロナ・マクダニエル
下院院内総務
ケビン・マッカーシー
上院院内総務
ミッチ・マコーネル
【成立年月日】
1854年3月20日
【前身政党】
ホイッグ党
自由土地党
【本部所在地】
ワシントンD.C.
北緯38度53分7.5秒 西経77度0分20.1秒 / 北緯38.885417度 西経77.005583度 / 38.885417; -77.005583
合衆国下院議席数
199 / 435 (46%)
(2019年1月3日現在)
合衆国上院議席数
53 / 100 (53%)
(2019年1月8日現在)
【党員・党友数】
3045万人(有権者登録届出数)
(2016年2月)
【政治的思想・立場】
保守主義
ネオリベラリズム
財政保守主義
社会保守主義
経済的自由主義
連合主義
党派:
旧保守主義
新保守主義
中道主義
リバタリアニズム
自由放任主義
右派ポピュリズム
【公式サイト】
Republican・National・Committee
【シンボル】


【公式カラー】

【国際組織】
国際民主同盟

共和党(きょうわとう、英語: Republican Party)は、アメリカ合衆国政党国際民主同盟加盟。民主党と共に二大政党制を構成している政党である。一般的に保守主義及びキリスト教の立場を取る。別称はGOP

概要

伝統的保守層とキリスト教主義勢力(300万人を擁する「クリスチャン・コアリション」を筆頭とする福音派)の集票に支えられた政党である。

外交面では、力(パワー)による秩序と強力な同盟関係による安全保障策が基本であり、米国の国益を優先し国際連合(UN)に対しては不信感を持っている。

一方で内政面では、人工妊娠中絶禁止(プロライフ)、死刑制度存続、伝統的家族制度重視(同性結婚反対)、性的少数者LGBTの権利擁護反対、不法移民反対、銃規制反対などが特徴の伝統的保守思想の政党である。なお近年は、キリスト教原理主義的な宗教重視の党員が多い。

シンボルマークは、である。

歴史

詳細は「アメリカ合衆国共和党の歴史」を参照

アフリカ系の黒人奴隷制反対を掲げて1854年に結成される。連邦派と呼ばれる連邦党ホイッグ党の流れを汲み、かつては北東部、中西部を支持基盤とする政党であり、1860年にはリンカーンが初の同党出身の大統領になった。当初は知識層が支持する進歩政党であったが、20世紀前半に革新主義が離脱、ニューディール連合のもと雌伏を余儀なくされた。公民権運動以降、民主党地盤であった南部へ進出、キリスト教を取り込んで保守的な傾向を強めていき、民主党と政治的立場が入れ替わることとなった。リチャード・ニクソン以降はこの地を地盤として多くの大統領を送り込んでいる。

大恐慌以降の民主党が経済・社会政策における再分配政策中小企業重視、弱者の救済を重視するのに対して、共和党は大企業優先、新保守主義色がより強く、大企業への法人税縮小、規制緩和民営化を強力に推進する傾向にある。民主党のビル・クリントン政権下でファースト・レディヒラリー・クリントンが提唱した国民皆保険制度(ユニバーサルヘルスケア)に関しては、当初から一貫して反対し阻止に動いてきた。

環境問題については、国内環境の保全には積極的に取り組む議員もいるが、地球温暖化問題には懐疑的な議員が多く、省エネルギーよりも短期的な経済効率を優先する傾向が目立つ。ブッシュ政権は内外の批判を浴びながらも、京都議定書から離脱した。通商問題では、北米自由貿易協定(NAFTA)などの自由貿易協定やグローバル資本主義を積極的に支持し、あらゆる手段をもって推進する姿勢である。

外交政策において、冷戦期はソビエト連邦に対抗するため戦略防衛構想など積極的な軍事拡張を行った。また冷戦後は、介入主義の立場を取り、湾岸戦争ソマリア内戦コソボ紛争、最近ではアフガン侵攻イラク戦争を起こし参戦した。レーガン政権からいわゆるネオコン勢力が一定の主導権を握り始めたことも外交政策に影響を与えている。ネオコンと呼ばれる人々にはユダヤ系が多く、この勢力は中東地域での軍事行動に積極的であり、イスラエルの対アラブ諸国・対パレスチナの武力行使についても肯定する。特にゴールドマン・サックスなどユダヤ系大企業から巨額の献金を受けているので極端にイスラエル寄りである。民主党クリントン政権が進めていた中東和平プロセスはジョージ・W・ブッシュ政権になってから事実上崩壊し、同政権はイスラエルのガザ侵攻(2006年及び2008年)やレバノン侵攻などの防衛行動を黙認し続けた。

1950年代にはジョセフ・マッカーシーなど過激な反共主義者がいた。1972年ニクソン大統領が中国訪問やソ連などの共産圏諸国とのデタントを先駆けて始めて以来、アーマンド・ハマーの様な支持者によって中道色が濃いサークルは一時的に存在した。ジョージ・W・ブッシュ政権でもイレーン・チャオ労働長官、ヘンリー・ポールソン財務長官といった一般的に親中派とされる人物を自身の陣営に引き入れており、ニクソン政権やレーガン政権の元高官といった顔触れの親中派ロビイストから圧力も受けている。従って、国内産業保護を重視する傾向が強く、チベット問題や人権問題中華人民共和国批判を強める民主党に比べ親中的とされている。

1994年中間選挙以降、議会の上下両院において多数派を維持していたが、2006年に行われたブッシュ政権2期目の中間選挙では、イラク政策に対する批判や、所属議員の同性愛などの発覚が重なって、支持率が低下した。共和党陣営はイラク政策にあまり触れず内政面での成果を強調して選挙を乗り越える意向を見せたが、結局、連邦議会の上下両院で民主党に敗れた。

2008年アメリカ合衆国大統領選挙では党内中道派のジョン・マケインが、民主党のバラク・オバマに敗れて8年ぶりに政権を失った。

2012年アメリカ合衆国大統領選挙では元マサチューセッツ州知事のミット・ロムニーが現職のオバマに敗北した。

2016年アメリカ合衆国大統領選挙では元ファーストレディ(大統領経験者の配偶者)であるヒラリー・クリントンを破り、ドナルド・トランプが勝利した。これにより8年ぶりに政権復帰した。

2018年中間選挙において、連邦議会上院では多数議席を獲得したものの、下院においては与党ながら多数議席を野党の民主党に奪還された。

2020年アメリカ合衆国大統領選挙において、出馬を表明した現職のドナルド・トランプ大統領が再選を果たし2期8年の任期を務められるかどうかが注目される。

大統領候補

【選挙年】
【結果】
【候補と当選者】
大統領
大統領
副大統領
【代】
任期
1856年 | 落選 | ジョン・フレモント | ウィリアム・デイトン |  | 
1860年 | 当選 | エイブラハム・リンカーン | ハンニバル・ハムリン | 16代 | 1861年 - 1865年
1864年 | 当選 | (アンドリュー・ジョンソン)
1868年 | 当選 | ユリシーズ・グラント | スカイラー・コルファクス | 18代 | 1869年 - 1877年
1872年 | 当選 | ヘンリー・ウィルソン
1876年 | 当選 | ラザフォード・ヘイズ | ウィリアム・ウィーラー | 19代 | 1877年 - 1881年
1880年 | 当選 | ジェームズ・ガーフィールド | チェスター・アーサー | 20代 | 1881年
暗殺昇格 | チェスター・アーサー | 不在 | 21代 | 1881年 - 1885年
1884年 | 落選 | ジェイムズ・G・ブレイン | ジョン・ローガン |  | 
1888年 | 当選 | ベンジャミン・ハリソン | リーヴァイ・モートン | 23代 | 1889年 - 1893年
1892年 | 落選 | ベンジャミン・ハリソン | ホワイトロウ・リード |  | 
1896年 | 当選 | ウィリアム・マッキンリー | ギャレット・ホーバート | 25代 | 1897年 - 1901年
1900年 | 当選 | セオドア・ルーズベルト
暗殺昇格 | セオドア・ルーズベルト | 不在 | 26代 | 1901年 - 1909年
1904年 | 当選 | チャールズ・フェアバンクス
1908年 | 当選 | ウィリアム・タフト | ジェームズ・シャーマン | 27代 | 1909年 - 1913年
1912年 | 落選 | ウィリアム・タフト | ニコラス・バトラー |  | 
1916年 | 落選 | チャールズ・ヒューズ | チャールズ・フェアバンクス | 
1920年 | 当選 | ウオレン・ハーディング | カルビン・クーリッジ | 29代 | 1921年 - 1923年
病死昇格 | カルビン・クーリッジ | 不在 | 30代 | 1923年 - 1929年
1924年 | 当選 | チャールズ・ドーズ
1928年 | 当選 | ハーバート・フーヴァー | チャールズ・カーティス | 31代 | 1929年 - 1933年
1932年 | 落選 | ハーバート・フーヴァー | チャールズ・カーティス |  | 
1936年 | 落選 | アルフ・ランドン | フランク・ノックス | 
1940年 | 落選 | ウェンデル・ウィルキー | チャールズ・マクナリー | 
1944年 | 落選 | トーマス・デューイ | ジョン・ブリッカー | 
1948年 | 落選 | アール・ウォーレン | 
1952年 | 当選 | ドワイト・アイゼンハワー | リチャード・ニクソン | 34代 | 1953年 - 1961年
1956年 | 当選
1960年 | 落選 | リチャード・ニクソン | ヘンリー・ロッジ |  | 
1964年 | 落選 | バリー・ゴールドウォーター | ウィリアム・ミラー | 
1968年 | 当選 | リチャード・ニクソン | スピロ・アグニュー | 37代 | 1969年 - 1974年
1972年 | 当選
辞任交替 | ジェラルド・フォード
辞任昇格 | ジェラルド・フォード | ネルソン・ロックフェラー | 38代 | 1974年 - 1977年
1976年 | 落選 | ジェラルド・フォード | ボブ・ドール |  | 
1980年 | 当選 | ロナルド・レーガン | ジョージ・H・W・ブッシュ | 40代 | 1981年 - 1989年
1984年 | 当選
1988年 | 当選 | ジョージ・H・W・ブッシュ | ダン・クエール | 41代 | 1989年 - 1993年
1992年 | 落選 | ジョージ・H・W・ブッシュ | ダン・クエール |  | 
1996年 | 落選 | ボブ・ドール | ジャック・ケンプ | 
2000年 | 当選 | ジョージ・W・ブッシュ | ディック・チェイニー | 43代 | 2001年 - 2009年
2004年 | 当選 | ジョージ・W・ブッシュ | ディック・チェイニー
2008年 | 落選 | ジョン・マケイン | サラ・ペイリン |  | 
2012年 | 落選 | ミット・ロムニー | ポール・ライアン | 
2016年 | 当選 | ドナルド・トランプ | マイク・ペンス | 45代 | 2017年 -
  1. ^ 暗殺
  2. ^ リンカーンは民主党員のアンドリュー・ジョンソンを副大統領候補として1864年の選挙に出馬
  3. ^ 在任中に死去
  4. ^ 病死
  5. ^ 辞任
  6. ^ 得票数では負けたものの、選挙人団を過半数確保し勝利した

支援団体

現在

過去

共和党員と共和党の支持層と選挙の傾向

先述にあるように、南部中西部の白人が支持しているが、コンドリーザ・ライスマイケル・スティールボビー・ジンダルなどの人種的マイノリティがいる。一方、民主党ジミー・カーターおよびビル・クリントンは、それぞれジョージア州およびアーカンソー州という、いずれも共和党が優勢の南部の州知事だった。

ハリウッドの大半はユダヤ資本であり、ハリウッド大手映画会社役員の約60%がユダヤ人であることから、映画産業は民主党の牙城となっており、「ハリウッドの共和党員は、クリント・イーストウッドチャールトン・ヘストンマイケル・J・フォックスアーノルド・シュワルツェネッガーの四人組しかいない」と揶揄するジョークが有る。

 | 
この節の加筆が望まれています。

共和党の傾向と民主党との差異

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年12月)

戦争と外交政策

 | 
この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2017年11月)

アメリカ独立戦争第二次米英戦争アメリカ先住民との戦争アメリカ南北戦争<

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/03/30 16:06

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「共和党_(アメリカ)」の意味を投稿しよう
「共和党_(アメリカ)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

共和党_(アメリカ)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「共和党_(アメリカ)」のスレッドを作成する
共和党_(アメリカ)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail