このキーワード
友達に教える
URLをコピー

内分泌学とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2011年10月)

内分泌学(ないぶんぴつがく、ないぶんぴがく、英語: endocrinology)は、内分泌及び内分泌器を研究する生物学の一分野である。

本項ではとくに、ヒトを対象とした、医学の一分野である内分泌学について述べる。

目次

  • 1 概要
  • 2 内分泌
    • 2.1 ホルモンとは
    • 2.2 ホルモンを分泌する臓器
  • 3 代表疾患
    • 3.1 視床下部
    • 3.2 下垂体
    • 3.3 甲状腺
    • 3.4 副甲状腺
    • 3.5 副腎
    • 3.6 膵臓
  • 4 代謝異常症
    • 4.1 金属代謝異常症
    • 4.2 ポルフィリン症
    • 4.3 尿酸代謝異常症
    • 4.4 電解質代謝異常症
  • 5 検査
    • 5.1 下垂体
    • 5.2 耐糖能
  • 6 脚注
  • 7 関連項目

概要

医学における内分泌学は「内分泌機能」を中心とした人体の正常および病態を扱う分野として位置づけられている。内分泌学は生体内代謝と密接に関連していることから、学問的により広い概念として「内分泌・代謝」と一括りにして扱われることも多く、病院の診療科もこれに準じたものとなっていることが多い(「代謝内分泌科」など)。

内分泌学は神経内科学を含む内科学領域に包含される部分が多いが、産婦人科学泌尿器科学の一分野である生殖内分泌学も内分泌学に含まれる。さらに、実際の診療では前述の科の他に外科脳神経外科による治療が行われることもある。

内分泌

分泌とは、細胞が化学伝達物質を細胞内から細胞外へ放出することである。内分泌とは、細胞が放出する化学伝達物質を血管内へ放出すること。内分泌の「内」とは血管の事。肺や消化管は体外と通じている事に対して、血管は体内で閉じた系なので内と言う。化学伝達物質には、ホルモン等がある。

ホルモンとは

ある内分泌器から分泌され、他の器官にさまざまなシグナルを送る物質である。このあたりの概念は年々変遷しつつあるが、生物の成長と生命の維持に不可欠な物質であり、ホルモンの量が多すぎたり、少なすぎたりすることで様々な病気を生じさせる。

ホルモンを分泌する臓器

  1. 視床下部: もっとも上流に位置するホルモン分泌臓器である。さらに上流にはが存在する。視床下部から分泌されるホルモンはCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン), TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン), LH-RH(黄体形成ホルモン放出ホルモン), GRH(成長ホルモン放出ホルモン), PIF(プロラクチン抑制因子), ADH(抗利尿ホルモン)、ドーパミンなどである。
  2. 下垂体: 視床下部の下流に位置し上記のホルモンをうけて下垂体前葉からACTH(副腎皮質刺激ホルモン), TSH(甲状腺刺激ホルモン), FSH(卵胞刺激ホルモン), LH(黄体化ホルモン), GH(成長ホルモン), PRL(プロラクチン)や、下垂体後葉に送られてきたADHを血中に放出する。
  3. 甲状腺
  4. 副甲状腺
  5. 副腎

代表疾患

視床下部

  1. 視床下部性肥満
    1. フレーリッヒ症候群(フレーリッヒしょうこうぐん、Fröhlich症候群)
      • 視床下部の障害による肥満と性器発育不全。
      • 病態
        肥満は視床下部にある満腹中枢の障害によって起こり、性器発育不全は視床下部から出る生殖腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌不全によって黄体形成ホルモン卵胞刺激ホルモンの分泌が低下して起こる。
      • 症状
        • 症候性肥満
        • 性器発育不全
      • 原因
        頭蓋咽頭腫など腫瘍や、炎症、外傷等の器質性疾患である。
    2. プラダー・ウィリー症候群
    3. ローレンス・ムーン・ビードル症候群

下垂体

  1. 下垂体性巨人症先端巨大症: 成長ホルモンが異常に放出される(GH↑)事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。全体的にでかいのが巨人症、骨端閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症(アントニオ猪木の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、ジャイアント馬場も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。
  2. 低身長症(かつては小人症と呼ばれていた): 成長ホルモンの分泌不良(GH↓)により生じる疾患で低身長を生じる。成長期に生じる。治療としてはリコンビナントGHを皮下注する。
  3. 成人GH分泌不全症: 小児期からのGH分泌不全症や、成人期における器質的疾患・外傷によるもの、また成人期特発性のものなどがある。易疲労感、抑鬱気分、性欲低下、皮膚乾燥・菲薄化、内臓脂肪増加、筋力低下、骨量低下などが見られる。治療はGH補充療法である。
  4. クッシング病: 副腎皮質刺激ホルモンが異常分泌(ACTH↑)される病気。中心性肥満、満月様顔貌(moon face)、野牛肩(buffalo hump)、多毛、糖尿病、高血圧など特徴的臨床所見を呈し典型例の診断は容易。下垂体、副腎、異所性の3パターンのクッシング症候群のうち最初に脳外科医クッシングに発見された下垂体病変のみを特にクッシング"病"と呼ぶ。
  5. ACTH単独欠損症: 下垂体前葉より分泌されるホルモンの中で、副腎皮質刺激ホルモンだけが分泌不良(ACTH↓)となり、二次性の副腎皮質機能低下症をきたす病気。新生児発症のものと成人発症のものがある。成人発症のものには自己免疫的機序によると思われる例が多い。副腎不全症状や、電解質代謝異常、低血糖などにより発見されることが多い。治療はグルココルチコイドの補充である。
  6. 乳汁分泌ホルモン産生腫瘍(プロラクチン産生腫瘍プロラクチノーマForbes-Albright症候群フォーブスオールブライト症候群)
    乳汁分泌ホルモン産生腫瘍(にゅうじゅうぶんぴほるもんさんせいしゅよう)は、乳汁分泌ホルモン産生下垂体腺腫
    • 歴史
      • 発見
        フォーブスとオールブライトによって報告された。
  7. SIADH (抗利尿ホルモン不適合分泌症候群)
  8. 中枢性尿崩症
  9. 自己免疫性視床下部下垂体炎:リンパ球性下垂体前葉炎やリンパ球性漏斗下垂体後葉炎。

甲状腺

  1. 甲状腺機能亢進症
    1. プランマー病(Plummer病Plummer disease)
      プランマー病(ぷらんまーびょう)は、良性の機能性甲状腺腺腫
      • 検査
        • 甲状腺シンチグラフィ
          結節部に集積 (hot nodule) を認める。
        • 治療
          良性腫瘍なので、根治療法として手術療法を行う。手術は、腫瘍を切除する。
    2. バセドウ病 (Graves'病)
  2. 甲状腺機能低下症
  3. 甲状腺炎
    1. 亜急性甲状腺炎
    2. 無痛性甲状腺炎
    3. 慢性甲状腺炎(橋本病)

副甲状腺

  1. 副甲状腺機能亢進症
    1. 原発性副甲状腺機能亢進症
      副甲状腺の腺腫、過形成、癌などによりPTHの過剰分泌がおこる。
  2. 副甲状腺機能低下症

副腎

  1. 先天性副腎皮質過形成(congenital adrenal hyperplasia;CAH)
    ステロイドホルモン合成に関する酵素の先天的な欠損により、様々なホルモンの欠乏/過剰を来す。医師国家試験では1桁目が1のものは男性化を起こし、10桁目が1のものは高血圧を起こすと簡略して覚えられることもある。
  2. 副腎皮質機能低下症
  3. アルドステロン症
    副腎皮質からのアルドステロン分泌過剰
  4. クッシング症候群
    副腎皮質からのコルチゾール分泌過剰
  5. 褐色細胞腫
    副腎髄質からのカテコラミン分泌過剰

膵臓

  1. 糖尿病
  2. グルカゴン産生腫瘍(グルカゴノーマ)
    グルカゴン産生腫瘍(ぐるかごんさんせいしゅよう)は、グルカゴンを産生する腫瘍
    • 症状
      三大症状は
      • 高血糖
      • 口内炎
      • 壊死性遊走性紅斑(えしせいゆうそうせいこうはん、necrolytic migratory erythema)
  3. インスリノーマ
    インスリン産生腫瘍。低血糖になる。小さな腫瘍であることが多く、局在診断に注意。
  4. ガストリノーマ
    ガストリン産生腫瘍。典型的にはZollinger-Ellison症候群を呈する。MEN-1に注意すること。

代謝異常症

金属代謝異常症

生体は多くの金属を利用しており、各金属に特異的な蛋白を持っている。金属特異的蛋白が異常を来たす等すると各金属の代謝異常が起こる。

ポルフィリン症

尿酸代謝異常症

電解質代謝異常症

検査

下垂体

尿浸透圧
判定
低下していない | 心因性多飲症糖尿病腎不全など
低下している | 腎性尿崩症中枢性尿崩症
【血中鉱質コルチコイド】
判定
1/2以上 | 原発性アルドステロン症
~1/2以下 | 本態性高血圧

耐糖能

【血中CPR値】
【インスリン分泌能】
判定
異常高値 | 自律的分泌 | インスリン産生腫瘍
1.0ng/mL以上 | 余力あり | 正常又は軽度耐糖能異常
1.0ng/mL未満 | 余力なし | インスリン療法が必要

脚注

  1. ^ [1]

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/28 16:07

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「内分泌学」の意味を投稿しよう
「内分泌学」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

内分泌学スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「内分泌学」のスレッドを作成する
内分泌学の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail