このキーワード
友達に教える
URLをコピー

冷泉天皇とは?

在位期間
967年7月5日 - 969年9月27日
康保4年5月25日 - 安和2年8月13日

即位礼
967年11月15日(康保4年10月11日)
大嘗祭
968年12月16日(安和元年11月24日)
【元号】
康保
安和
【時代】
平安時代
【先代】
村上天皇
【次代】
円融天皇
【】

【誕生】
950年6月12日(天暦4年5月24日)
五条邸
【崩御】
1011年11月21日(寛弘8年10月24日)
冷泉院
【陵所】
桜本陵
【追号】
冷泉院
(冷泉天皇)
【諱】
憲平
【元服】
963年3月26日(応和3年2月28日)
【父親】
村上天皇
【母親】
藤原安子
【中宮】
昌子内親王(朱雀天皇皇女)
【女御】
藤原懐子
藤原超子
藤原怤子
【子女】
花山天皇
三条天皇
ほか(后妃・皇子女節参照)
【皇居】
大内裏

冷泉天皇(れいぜいてんのう、950年6月12日天暦4年5月24日〉- 1011年11月21日寛弘8年10月24日〉は、日本の第63代天皇(在位:967年7月5日康保4年5月25日〉- 969年9月27日安和2年8月13日〉)。憲平(のりひら)。

村上天皇の第二皇子で、母は藤原師輔の娘・中宮安子円融天皇の同母兄。

目次

  • 1 略歴
    • 1.1 在位中の重臣一覧
  • 2 冷泉天皇の奇行
  • 3 系譜
    • 3.1 系図
  • 4 后妃・皇子女
  • 5 諡号・追号・異名
  • 6 在位中の元号
  • 7 陵・霊廟
  • 8 脚注

略歴

第二皇子であったが、異母兄の広平親王を押しのけて、生後間もなく立太子。時の権力者である藤原実頼・師輔の兄弟の力が働いていたと思われる。康保4年(967年)、村上天皇の崩御を受けて18歳で即位。この時初めて紫宸殿即位式を行った。気の病みがあり皇太子の時代から問題になっていたことから、補佐として藤原実頼が関白につき後継の検討に入る。しかし2人の同母弟、為平親王(左大臣源高明が推す村上天皇第四皇子)と守平親王(右大臣藤原師尹が推す村上天皇第七皇子)との皇太子(皇太弟)をめぐる対立が起き藤原氏の後ろ楯を受け皇太弟には守平親王が立った。さらに対立は安和の変に発展、源高明は左遷され安和2年(969年)8月、同母弟の円融天皇に譲位し、太上天皇となる。実頼は関白から摂政に移るが以降藤原氏の摂関職設置が常態化した。譲位後は冷泉院と称される。62歳で崩御。記録では死因は赤痢とされている。

以後後一条天皇の即位まで約50年間弟の円融系との皇位迭立が続き、円融系を父方、冷泉系を母方とする曾孫の後三条天皇の即位で両皇統は融合される事となった。

在位中の重臣一覧

在位中の重臣一覧
【年月日(西暦)】
【摂政】
【関白】
【太政大臣】
【左大臣】
【右大臣】
【内大臣】
【大納言】
【権大納言】
【中納言】
【権中納言】
参議
康保4年5月25日
(967年7月5日) |  |  |  | 藤原実頼 | 源高明 |  | 藤原在衡藤原師尹 | 源兼明 | 藤原師氏橘好古 | 藤原伊尹 | 源雅信小野好古源重信藤原朝成藤原頼忠源重光源延光藤原文範
康保4年6月22日
(967年7月31日) |  | 藤原実頼 |  | 藤原実頼 | 源高明 |  | 藤原在衡・藤原師尹 | 源兼明 | 藤原師氏・橘好古 | 藤原伊尹 | 源雅信・小野好古・源重信・藤原朝成・藤原頼忠・源重光・源延光・藤原文範
康保4年7月7日
(967年8月15日) |  | 藤原実頼 |  | 藤原実頼 | 源高明 |  | 藤原在衡・藤原師尹 | 源兼明 | 藤原師氏・橘好古 | 藤原伊尹 | 源雅信・源重信・藤原朝成・藤原頼忠・源重光・源延光・藤原文範
康保4年10月7日
(967年11月11日) |  | 藤原実頼 |  | 藤原実頼 | 源高明 |  | 藤原在衡・藤原師尹 | 源兼明 | 藤原師氏・橘好古 | 藤原伊尹 | 源雅信・源重信・藤原朝成・藤原頼忠・源重光・藤原斉敏・源延光・藤原文範
康保4年12月13日
(968年1月15日) |  | 藤原実頼 | 藤原実頼 | 源高明 | 藤原師尹 |  | 藤原在衡・源兼明 | 藤原伊尹 | 藤原師氏・橘好古 |  | 源雅信・源重信・藤原朝成・藤原頼忠・源重光・藤原斉敏・源延光・藤原文範
康保5年2月5日
(968年3月6日) |  | 藤原実頼 | 藤原実頼 | 源高明 | 藤原師尹 |  | 藤原在衡・源兼明 | 藤原伊尹 | 藤原師氏・橘好古・藤原頼忠 |  | 源雅信・源重信・藤原朝成・源重光・藤原斉敏・源延光・藤原文範
安和2年正月27日
(969年2月16日) |  | 藤原実頼 | 藤原実頼 | 源高明 | 藤原師尹 |  | 藤原在衡・源兼明 | 藤原伊尹 | 藤原師氏・橘好古・藤原頼忠 |  | 源雅信・源重信・藤原朝成・源重光・藤原斉敏・藤原兼通・源延光・藤原文範
安和2年2月7日
(969年2月25日) |  | 藤原実頼 | 藤原実頼 | 源高明 | 藤原師尹 |  | 藤原在衡・源兼明 | 藤原伊尹 | 藤原師氏・橘好古・藤原頼忠・藤原兼家 |  | 源雅信・源重信・藤原朝成・源重光・藤原斉敏・藤原兼通・源延光・藤原文範
安和2年3月26日
(969年4月15日) |  | 藤原実頼 | 藤原実頼 | 藤原師尹 | 藤原在衡 |  | 源兼明・藤原伊尹 | 藤原師氏 | 橘好古・藤原頼忠・藤原兼家 |  | 源雅信・源重信・藤原朝成・源重光・藤原斉敏・藤原兼通・源延光・藤原文範

冷泉天皇の奇行

皇太子時代から気の病ゆえの奇行が目立ったという。大江匡房が記した『江記』などには、

などの「奇行」が記されている。当時の摂政だった藤原実頼と外戚関係を持たず、逆に有力な跡継ぎとされていた為平親王が伯父の源高明を舅とし、藤原氏を刺激した(安和の変の伏線となる)事等が僅か2年で退位する原因となった。しかし普段は気の病を持つようには見えない容姿の端麗な人物だったともされる。傍目にはわからない奇行のふるまいは、実は外戚の地位を奪取された藤原元方祟りであるとも『大鏡』は伝えている。

譲位の後、冷泉院に11年の間住んだことから冷泉院と呼ばれ、上皇生活を42年過ごした後、東三条南院にて62歳で崩御。花山天皇をはじめとする皇子女や弟円融天皇、甥の一条天皇等多くの親族に先立たれた。

系譜

冷泉天皇の系譜
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 16. 第58代 光孝天皇

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 8. 第59代 宇多天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 17. 班子女王

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 4. 第60代 醍醐天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 18. 藤原高藤

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 9. 藤原胤子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 19. 宮道列子

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 2. 第62代 村上天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 20. 藤原長良

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 10. 藤原基経(=24) | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 21. 藤原乙春

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 5. 藤原穏子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 22. 人康親王

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 11. 人康親王女(=25) | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 






 | 1. 第63代 冷泉天皇 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 24. 藤原基経(=10)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 12. 藤原忠平 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 25. 人康親王女(=11)

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 6. 藤原師輔 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 26. 源能有

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 13. 源昭子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 27. 藤原基経女

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 3. 藤原安子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 28. 藤原有貞

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 14. 藤原経邦 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 29. 藤原富士丸女

 | 
 | 
 | 
 | 


 | 7. 藤原盛子 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 















系図

 | (60)醍醐天皇 | 
 | (61)朱雀天皇 | 
 | 
 | 広平親王
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | (62)村上天皇 | 
 | 
 | (63)冷泉天皇 | 
 | (65)花山天皇
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | 兼明親王 | 
 | 
 | 致平親王 | 
 | 
 | (67)三条天皇 | 
 | 敦明親王(小一条院)
 | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 
 | 
 | (源)高明 | 
 | 
 | 為平親王 |  |  |  |  | 
 | 
 | 禎子内親王
(後三条母、陽明門院)
 | 
 | 

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 | (64)円融天皇 | 
 | (66)一条天皇 | 
 | (68)後一条天皇
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 | 昭平親王 |  |  |  |  | 
 | 
 | (69)後朱雀天皇 | 
 | (70)後冷泉天皇
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 | 具平親王 | 
 | (源)師房
村上源氏へ〕 |  |  |  |  | 
 | 
 | (71)後三条天皇 | 

 | 
 | 
 | 


后妃・皇子女

諡号・追号・異名

追号は、後院(上皇の御所)となった冷泉院(現在の二条城の東北に嵯峨天皇が造営した離宮「冷然院」の後身)に由来する。

「院号」については、これ以前にも宇多天皇陽成天皇には特別に贈られていたが、その他の天皇は基本的には「天皇号」であった。しかし、冷泉天皇以降は安徳天皇後醍醐天皇のみに「天皇号」が贈られたのみで、江戸時代後期の後桃園天皇に至るまでは「天皇号」ではなく「院号」を追号する慣例となっていった。

なお、冷泉天皇は冷泉院にちなんで「冷泉院上皇」とされたため院号を適用すると「冷泉院院」となるが、院の字の重複は避けられた。天皇号復活後も「冷泉院天皇」とは改められず「冷泉天皇」となっている。「後冷泉天皇」も同じである。「後西院天皇」も「後西天皇」とされた。

在位中の元号

陵・霊廟

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市左京区鹿ヶ谷法然院町・鹿ヶ谷西寺ノ前町にある櫻本陵(桜本陵:さくらもとのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は円丘。

日本紀略』によれば桜本寺前野で火葬し、その山傍に遺骨を埋葬したという。桜本寺の遺址から、明治期に現陵に治定された。

また皇居では、皇霊殿(宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

脚注

  1. ^ 権記』寛弘8年10月9日条
天皇一覧
伝承の時代

古墳時代

飛鳥時代 | 
 | 
奈良時代 | 
  • 第43代 元明天皇(707 - 715△)
  • 第44代 元正天皇(715 - 724△)
  • 第45代 聖武天皇(724 - 749△)
  • 第46代 孝謙天皇(749 - 758△)
  • 第47代 淳仁天皇(758 - 764▼)
  • 第48代 称徳天皇(764 - 770)
  • 第49代 光仁天皇(770 - 781△)

  • 平安時代 | 
  • 第50代 桓武天皇(781 - 806)
  • 第51代 平城天皇(806 - 809△)
  • 第52代 嵯峨天皇(809 - 823△)
  • 第53代 淳和天皇(823 - 833△)
  • 第54代 仁明天皇(833 - 850△)
  • 第55代 文徳天皇(850 - 858)
  • 第56代 清和天皇(858 - 876△)
  • 第57代 陽成天皇(876 - 884△)
  • 第58代 光孝天皇(884 - 887)
  • 第59代 宇多天皇(887 - 897△)
  • 第60代 醍醐天皇(897 - 930△)
  • 第61代 朱雀天皇(930 - 946△)
  • 第62代 村上天皇(946 - 967)
  • 第63代 冷泉天皇(967 - 969△)
  • 第64代 円融天皇(969 - 984△)
  • 第65代 花山天皇(984 - 986△)
  • 第66代 一条天皇(986 - 1011△)
  • 第67代 三条天皇(1011 - 1016△)
  • 第68代 後一条天皇(1016 - 1036)
  • 第69代 後朱雀天皇(1036 - 1045△)
  • 第70代 後冷泉天皇(1045 - 1068)
  • 第71代 後三条天皇(1068 - 1072△)
  • 第72代 白河天皇(1072 - 1086△)
  • 第73代 堀河天皇(1086 - 1107)
  • 第74代 鳥羽天皇(1107 - 1123△)
  • 第75代 崇徳天皇(1123 - 1141△)
  • 第76代 近衛天皇(1141 - 1155△)
  • 第77代 後白河天皇(1155 - 1158△)
  • 第78代 二条天皇(1158 - 1165△)
  • 第79代 六条天皇(1165 - 1168△)
  • 第80代 高倉天皇(1168 - 1180△)
  • 第81代 安徳天皇(1180 - 1185)

  • 鎌倉時代 | 
  • 第82代 後鳥羽天皇(1183 - 1198△)
  • 第83代 土御門天皇(1198 - 1210△)
  • 第84代 順徳天皇(1210 - 1221△)
  • 第85代 仲恭天皇(1221▼)
  • 第86代 後堀河天皇(1221 - 1232△)
  • 第87代 四条天皇(1232 - 1242)
  • 第88代 後嵯峨天皇(1242 - 1246△)
  • 第89代 後深草天皇(1246 - 1259△)
  • 第90代 亀山天皇(1259 - 1274△)
  • 第91代 後宇多天皇(1274 - 1287△)
  • 第92代 伏見天皇(1287 - 1298△)
  • 第93代 後伏見天皇(1298 - 1301△)
  • 第94代 後二条天皇(1301 - 1308)
  • 第95代 花園天皇(1308 - 1318△)

  • 南北朝時代 | 
    南朝 | 

    北朝 | 
  • 北朝初代 光厳天皇(1331 - 1333▼)
  • 北朝第2代 光明天皇(1336 - 1348△)
  • 北朝第3代 崇光天皇(1348 - 1351▼)
  • 北朝第4代 後光厳天皇(1352 - 1371△)
  • 北朝第5代 後円融天皇(1371 - 1382△)
  • 北朝第6代→第100代 後小松天皇(1382 - 1412△)


  • 室町時代
    戦国時代 | 
  • 第101代 称光天皇(1412 - 1428)
  • 第102代 後花園天皇(1428 - 1464△)
  • 第103代 後土御門天皇(1464 - 1500)
  • 第104代 後柏原天皇(1500 - 1526)
  • 第105代 後奈良天皇(1526 - 1557)
  • 第106代 正親町天皇(1557 - 1586△)

  • 江戸時代 | 
  • 第107代 後陽成天皇(1586 - 1611△)
  • 第108代 後水尾天皇(1611 - 1629△)
  • 第109代 明正天皇(1629 - 1643△)
  • 第110代 後光明天皇(1643 - 1654)
  • 第111代 後西天皇(1655 - 1663△)
  • 第112代 霊元天皇(1663 - 1687△)
  • 第113代 東山天皇(1687 - 1709△)
  • 第114代 中御門天皇(1709 - 1735△)
  • 第115代 桜町天皇(1735 - 1747△)
  • 第116代
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/10/23 10:20

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「冷泉天皇」の意味を投稿しよう
    「冷泉天皇」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    冷泉天皇スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「冷泉天皇」のスレッドを作成する
    冷泉天皇の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
  • 2010Happy Mail