このキーワード
友達に教える
URLをコピー

初芝清とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
東京都豊島区
【生年月日】
(1967-02-26) 1967年2月26日(51歳)
【身長
体重】
180 cm
98 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
三塁手一塁手
【プロ入り】
1988年 ドラフト4位
【初出場】
1989年5月30日
【最終出場】
2005年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


初芝 清(はつしば きよし、1967年2月26日 - )は、東京都豊島区出身、埼玉県坂戸市育ちの元プロ野球選手(内野手)、野球解説者、現社会人野球監督。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入り後
    • 1.3 引退後
  • 2 選手としての特徴
  • 3 人物
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別打撃成績
    • 4.2 タイトル
    • 4.3 表彰
    • 4.4 記録
    • 4.5 背番号
  • 5 関連情報
    • 5.1 過去の出演番組
    • 5.2 現在の出演番組
    • 5.3 CM
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

プロ入り前

埼玉に移り住んだ小学4年より野球を始める。二松學舍大付属高校では、2学年時からエース投手・3番打者で活躍し、高3夏の東東京大会は惜しくも準優勝で甲子園ならず。高校通算30本塁打。同校卒業後は社会人野球東芝府中に入社、打者に転向し、内野手としてプレーする。都市対抗野球大会に3回出場した。

1988年同年のドラフト会議において4位でロッテオリオンズ(後の千葉ロッテマリーンズ)に契約金4,300万円・年俸520万円(金額は推定)で入団。入団時の背番号は0であったが、その後東芝府中の先輩・落合博満がロッテ時代につけていた背番号6を引き継ぐこととなった。また、応援歌も落合と同じものだった。

プロ入り後

1989年有藤通世監督の厳しい指導により、苦手にしていた内角をさばけるようになり、1年目から70試合に出場する。この時期に打撃のベースが出来たことで、プロでやっていける自信をつけたという。

1990年、オープンした千葉マリンスタジアムこけら落としの試合で、球場初本塁打を放つ。三塁手のレギュラーとして120試合に出場し、打率.265、18本塁打、67打点の成績を残す。

1995年には第一次バレンタイン政権の5番打者となる。同年のパ・リーグ打点王のタイトルはロッテのシーズン最終戦を残した9月27日現在で初芝79打点(残り1試合)、田中幸雄79打点(残り3試合)、イチロー78打点(残り3試合)と僅差で争っていた。一方、初芝は初のシーズン3割もかかっていて、9月27日現在で.302(454打数137安打)。最終戦で4打数0安打だと3割を切ってしまう(458打数137安打、打率.2991)ため、3割を切る可能性が出た時点で交代させると首脳陣から打診されたが、本人は「3割よりタイトルを狙いたい」とこの提案を拒んだ。そしてその最終戦では3打席凡退し(457打数137安打、打率.2997)、同年の最終打席になるであろう第4打席は8回2死走者なしで回ってきた。凡退すれば3割をフイにするうえ、走者なしのため本塁打でないと打点を上乗せできない状況で、見事にレフトへ25号本塁打(投手:豊田清)を打ち1打点を加え80打点でシーズンを終了。シーズン3割も確保した(458打数138安打、打率.301)。最終的に3人が80打点で並びタイトルを分け合うことになったとはいえ、このシーズン最終打席の本塁打により選手生活で唯一の打撃タイトル(打点王)を獲得、同時にシーズン3割を達成することができた。同年は三塁手のベストナインのタイトルを獲得。また同年オフの契約更改で、球団初の1億円プレーヤーとなる。

1999年シドニー五輪アジア予選の日本代表に選出され、全日本の4番打者として予選突破に貢献する。

2000年10月16日に対オリックス戦(千葉)で本塁打を放ったが、他の10球団が公式戦を終えていて、対戦相手のオリックスや初芝以外の自軍の選手に本塁打が出なかったため、20世紀最後の本塁打になった。

現役晩年(2000年代)は成績こそ振るわなかったが、2003年は代打7打席連続安打(プロ野球記録)を達成するなど、代打の切り札として活躍した。

2005年9月19日、体力の衰えと若手の台頭を理由に現役引退を表明。9月22日、本拠地最終戦の対ソフトバンク戦で引退セレモニーが行われた。その翌日から行われた東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦では、レギュラー三塁手の今江敏晃が足の張りを訴えたため、引退セレモニー直後でありながら三塁手としてスタメン出場し、安打も放っている。ソフトバンクとのプレーオフ最終戦では、8回表に代打で出場すると、逆転勝利・チーム優勝につながる内野安打を放って、現役最終年で自身初となる「優勝の美酒」を味わった。その時のインタビューで感極まった初芝は「みんな一緒だ。ハッピハッピーだ」と言って咽び泣いた。

その後日本シリーズを制覇し、出場することとなったアジアシリーズは、初芝本人が辞退したため出場しなかった(TBS系で放送された対興農ブルズ戦のゲスト解説を務めた)。なお、日本シリーズ制覇後の祝勝会には参加し、これが正式な現役選手としての最後の姿となった。

そのため日本シリーズ(第2戦の出場)を最後に現役を引退するはずだったが、11月5日のパ・リーグオールスター東西対抗へ、怪我をしているチームメイト・堀幸一福浦和也に代わり出場。8回裏1アウトの場面で代打で登場し、ショートフライに倒れた。

その後、12月3日には千葉県野球場での軟式草野球試合でも引退試合が行われた(初芝の他に諸積兼司井上純や同年戦力外となった澤井良輔なども出場)。初芝は選手兼監督として出場。三塁手の他に二塁手や右翼手、そして9回には高校時代以来の投手のポジションにもついた。このとき初芝は野茂英雄トルネード投法を真似て投げた。9回2アウト満塁で初芝に最後の打席がまわってきたが、結果はライトフライで試合には敗れた。試合後の挨拶でスタンドから飛んだ「初芝! 辞めるな!」という野次に「だってもう言っちゃったんだもん!しょうがないじゃん!」と返し、球場は爆笑に包まれた。

2005年12月にヤフードームで開催されたNPB12球団ジュニアトーナメントでは千葉ロッテマリーンズジュニアの監督を務めた。結果は決勝戦でヤクルトスワローズジュニアに敗れ準優勝。

引退後

2006年より千葉テレビ放送ニッポン放送TwellV(2010年から)・FOX SPORTS ジャパン(2013年から)野球解説者サンケイスポーツ野球評論家(2009年まで)を務める。その傍ら東京シティベースボールクラブのコーチ兼ゼネラルマネージャーを務める。同年7月24日に行われたモルツドリームマッチ2006ではモルツ球団の一員として8番・三塁手でフル出場し、適時二塁打を放つなど活躍した。

2007年からは、千葉県君津市を本拠地とする社会人野球チーム・かずさマジックのコーチに就任。4シーズンにわたってチームの指導に当たり、2010年には長く低迷が続いていたチームを第81回都市対抗野球大会・第37回社会人野球日本選手権大会出場に導き、これを花道に同年限りで退任した。

2013年12月1日より、社会人野球のセガサミーの監督に就任した。

選手としての特徴

勝負強い打撃と長打力を生かして、チームの中軸として安定した成績を残した。二桁本塁打は11シーズンに及び、1995年と1998年に記録した25本塁打は、千葉移転後の球団記録としては日本人最多である。左投手に強く、打球方向は左方向が多い。打席では外寄りのストレートを待ちながら変化球に対応し、相手の決め球をいかに仕留めるかにこだわったという。

守備は堅実とは言えなかったが、危なっかしいフライ処理やオーバーなアクションでファンを沸かせた。

人物

現役生活の17年間をロッテ一筋で貫き、ミスター・ロッテまたはミスター・マリーンズと呼ばれる。

ポジションは主に三塁手、一塁手、指名打者。オリオンズ時代には二塁を守ることもあった。太った体型に赤ら顔、眼鏡(1996年から着用)、ストッキングをふくらはぎとすねの辺りまで上げるオールドスタイル(田吾作スタイルとも呼ばれていた)という独特の風貌と、高校球児張りの守備位置までの猛ダッシュを晩年欠かさず、また勝負強い打撃で、幕張のファンタジスタと言われた。

2001年初芝橋本高校甲子園に出場した際に、「名前が身近に感じる」という理由で同僚の橋本将とともに、同校に差し入れをしている。又その名字のせいか、地縁が全くなかったが特に阪神近鉄ファンから、同校や初芝高校(現役当時、日本ハムには同校出身の沼田浩が在籍していた)・南海高野線初芝駅のことをヤジられたことがあった。

趣味はヘヴィメタルを聴くこと。自宅の地下に専用のカラオケルームまで作ってしまうほどのヘヴィメタルマニアで、ヘヴィメタル専門誌『炎』1997年1月号(現在は休刊)にインタビューが掲載されたこともある。同じくメタルマニアの同僚の外国人選手エリック・ヒルマンとは非常に仲が良かった。千葉マリンスタジアムで行われた『サマーソニック'05』に際し、東芝EMIからインタビューを受けている。2005年9月22日の引退セレモニーでは、メタリカの『ヒーロー・オブ・ザ・デイ』等の曲が場内にかかり、スタジアムに感動を呼んだ。2005年12月放送のラジオ番組『Heavy Metal Syndicate』では「歳をとればとるほどデスメタルにハマっているんですよ」と発言していた。

引退後の2006年12月25日、突然の自由契約選手公示。これはアマチュア野球の指導者(かずさマジックコーチ)に就任の際自由契約の手続きが必要だったため。自身がつけていた背番号6は球団が推薦する選手が現れるまで2006年から欠番となった。2009年よりMLBから日本プロ野球復帰の井口資仁が着用。井口は2017年に現役を退き翌2018年にロッテの監督就任後も引き続き6番を着用している。

飛行機が大変嫌いであり、現役時代の遠征時は長距離移動でチームが飛行機で移動するなか、チーム本隊と離れて鉄道(主に新幹線)など陸路で移動することが多かったという。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1989 | ロッテ | 70 | 220 | 202 | 21 | 49 | 18 | 0 | 7 | 88 | 24 | 2 | 2 | 6 | 1 | 8 | 0 | 3 | 36 | 4 | .243 | .280 | .436 | .716
1990 | 120 | 455 | 426 | 50 | 113 | 16 | 3 | 18 | 189 | 67 | 0 | 5 | 3 | 3 | 21 | 4 | 2 | 81 | 10 | .265 | .301 | .444 | .745
1991 | 87 | 293 | 264 | 22 | 67 | 12 | 5 | 5 | 104 | 35 | 2 | 1 | 5 | 3 | 17 | 0 | 4 | 47 | 6 | .254 | .306 | .394 | .699
1992 | 110 | 422 | 377 | 37 | 94 | 17 | 0 | 10 | 141 | 46 | 0 | 3 | 14 | 6 | 22 | 2 | 3 | 58 | 9 | .249 | .292 | .374 | .666
1993 | 115 | 449 | 407 | 46 | 102 | 25 | 2 | 12 | 167 | 43 | 0 | 2 | 0 | 3 | 34 | 1 | 5 | 72 | 11 | .251 | .314 | .410 | .724
1994 | 129 | 521 | 476 | 66 | 138 | 31 | 5 | 17 | 230 | 75 | 1 | 1 | 1 | 4 | 36 | 0 | 4 | 90 | 6 | .290 | .342 | .483 | .825
1995 | 123 | 509 | 458 | 60 | 138 | 27 | 5 | 25 | 250 | 80 | 1 | 5 | 0 | 7 | 36 | 3 | 8 | 86 | 14 | .301 | .358 | .546 | .903
1996 | 123 | 511 | 469 | 52 | 124 | 23 | 5 | 17 | 208 | 61 | 2 | 1 | 0 | 4 | 35 | 5 | 3 | 106 | 16 | .264 | .317 | .443 | .761
1997 | 75 | 260 | 242 | 22 | 51 | 9 | 0 | 7 | 81 | 35 | 0 | 0 | 2 | 2 | 13 | 0 | 1 | 60 | 15 | .211 | .252 | .335 | .587
1998 | 134 | 538 | 473 | 68 | 140 | 38 | 3 | 25 | 259 | 86 | 0 | 1 | 0 | 3 | 56 | 1 | 5 | 79 | 18 | .296 | .374 | .548 | .922
1999 | 123 | 517 | 457 | 56 | 119 | 33 | 1 | 22 | 220 | 85 | 1 | 3 | 0 | 4 | 54 | 4 | 2 | 77 | 14 | .260 | .338 | .481 | .820
2000 | 123 | 448 | 392 | 57 | 108 | 19 | 2 | 23 | 200 | 73 | 1 | 1 | 0 | 2 | 50 | 3 | 4 | 61 | 11 | .276 | .362 | .510 | .872
2001 | 117 | 441 | 371 | 50 | 94 | 23 | 2 | 16 | 169 | 61 | 0 | 0 | 0 | 8 | 55 | 1 | 7 | 74 | 16 | .253 | .354 | .456 | .809
2002 | 125 | 451 | 403 | 38 | 90 | 15 | 0 | 17 | 156 | 55 | 0 | 1 | 0 | 5 | 38 | 1 | 5 | 96 | 11 | .223 | .295 | .387 | .682
2003 | 63 | 135 | 125 | 11 | 39 | 13 | 1 | 4 | 66 | 26 | 1 | 0 | 0 | 1 | 9 | 2 | 0 | 17 | 1 | .312 | .356 | .528 | .884
2004 | 61 | 182 | 170 | 20 | 48 | 11 | 1 | 6 | 79 | 21 | 0 | 0 | 0 | 2 | 8 | 0 | 2 | 30 | 6 | .282 | .319 | .465 | .783
2005 | 34 | 56 | 50 | 2 | 11 | 2 | 0 | 1 | 16 | 6 | 0 | 0 | 0 | 1 | 4 | 0 | 1 | 12 | 0 | .220 | .286 | .320 | .606
通算:17年 1732 | 6408 | 5762 | 678 | 1525 | 332 | 35 | 232 | 2623 | 879 | 11 | 26 | 31 | 59 | 496 | 27 | 59 | 1082 | 168 | .265 | .326 | .455 | .781

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

関連情報

過去の出演番組

現在の出演番組

CM

脚注

  1. ^ 『日本プロ野球偉人伝 vol.12 1994-96編』 ベースボール・マガジン社、2014年、52-53頁。ISBN 978-4-583-62098-5。
  2. ^ 『週刊プロ野球データファイル 16号』 ベースボール・マガジン社、2011年、11-12頁。
  3. ^ “ミスター千葉ロッテ”初芝清が進む、監督としての第二の人生”. AZrena (2015年12月11日). 2018年7月18日閲覧。
  4. ^ アジア野球選手権1999(シドニー五輪アジア予選) 日本代表メンバー”. 日本野球機構. 2018年7月18日閲覧。
  5. ^ VICTORYアスリート名鑑 初芝清”. VICTORY SPORTS NEWS. 2018年7月18日閲覧。
  6. ^ 上位3強決定戦がパリーグのみで行われていた時代は、レギュラーシーズンの成績にかかわらず第2ステージ勝利チームがリーグ優勝チームという扱いだった。
  7. ^ チーム情報 2007年 登録・変更情報 日本野球連盟(JABA)”. 2011年10月8日閲覧。
  8. ^ ミスターロッテ初芝がセガサミー監督就任”. 日刊スポーツ. 2013年11月20日閲覧。
  9. ^ セガサミー野球部 監督交代のお知らせ”. 2013年11月20日閲覧。
  10. ^ 江川卓 『江川卓・スカウティングレポート2001』 ザマサダ、2001年、327頁。ISBN 978-4-88397-069-8。
  11. ^ “大砲不在に終止符を…ロッテのドラ1・安田尚憲にかかる期待”. BASEBALLKING. (2017年12月6日). https://baseballking.jp/ns/139973 2018年7月19日閲覧。
  12. ^ グリエル「飛行機恐怖症」沖縄遠征拒否 日刊スポーツ2014年7月8日

関連項目

外部リンク

業績
パシフィック・リーグ打点王
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 山内和弘
  • 1961 山内和弘
  • 1962 野村克也
  • 1963 野村克也
  • 1964 野村克也
  • 1965 野村克也
  • 1966 野村克也
  • 1967 野村克也
  • 1968 G.アルトマン
  • 1969 長池徳二

  • 1970年代 | 
  • 1970 大杉勝男
  • 1971 門田博光
  • 1972 野村克也, 大杉勝男
  • 1973 長池徳二
  • 1974 長池徳二
  • 1975 加藤秀司
  • 1976 加藤秀司
  • 1977 L.リー
  • 1978 B.マルカーノ
  • 1979 加藤英司

  • 1980年代 | 
  • 1980 C.マニエル
  • 1981 T.ソレイタ
  • 1982 落合博満
  • 1983 水谷実雄
  • 1984 ブーマー
  • 1985 落合博満
  • 1986 落合博満
  • 1987 ブーマー
  • 1988 門田博光
  • 1989 ブーマー

  • 1990年代 | 
  • 1990 O.デストラーデ, 石嶺和彦
  • 1991 O.デストラーデ, J.トレーバー
  • 1992 ブーマー
  • 1993 R.ブライアント
  • 1994 石井浩郎
  • 1995 イチロー, 初芝清, 田中幸雄
  • 1996 T.ニール
  • 1997 小久保裕紀
  • 1998 N.ウィルソン
  • 1999 T.ローズ

  • 2000年代 | 
  • 2000 中村紀洋
  • 2001 中村紀洋
  • 2002 T.ローズ
  • 2003 松中信彦
  • 2004 松中信彦
  • 2005 松中信彦
  • 2006 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/12/04 16:45

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「初芝清」の意味を投稿しよう
    「初芝清」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    初芝清スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「初芝清」のスレッドを作成する
    初芝清の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail