このキーワード
友達に教える
URLをコピー

前田土佐守家資料館とは?

移動先: 案内検索
前田土佐守家資料館
Maeda Tosanokami-ke Shiryokan Museum
前田土佐守家資料館

金沢市内の位置

【施設情報】

【正式名称】
前田土佐守家資料館
【館長】
前田直大
【学芸員】
竹松幸香
【事業主体】
金沢市
【管理運営】
公益財団法人金沢文化振興財団
【延床面積】
1098㎡
【開館】
2002年4月27日
【所在地】
920-0981
金沢市片町2丁目10-17
【位置】
北緯36度33分44.7秒 東経136度39分3.14秒 / 北緯36.562417度 東経136.6508722度 / 36.562417; 136.6508722座標: 北緯36度33分44.7秒 東経136度39分3.14秒 / 北緯36.562417度 東経136.6508722度 / 36.562417; 136.6508722
【公式サイト】
前田土佐守家資料館
プロジェクト:GLAM

前田土佐守家資料館(まえだとさのかみけしりょうかん)は、石川県金沢市に所在する、前田利家の次男前田利政を家祖とする前田土佐守家に伝来する9,000点に及ぶ歴史資料(石川県指定文化財)を所蔵、展示を行う金沢市立の博物館である。

2002年4月27日に開館した。年に4回の特別展の他に、毎年2月頃に近接する金沢市長町研修館で、前田土佐守家資料館連続講座を主催する。

目次

  • 1 前田土佐守家とは
  • 2 前田土佐守家資料(石川県指定文化財 H18.10.20)
    • 2.1 代表的な所蔵品
  • 3 前田土佐守家5代前田直躬と加賀騒動
  • 4 古文書講座
  • 5 利用案内
  • 6 脚注
  • 7 参考文献
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

前田土佐守家とは

前田土佐守家は、加賀藩祖前田利家とその夫人まつの次男である前田利政を家祖とする加賀藩きっての名家であり、加賀八家の一つとして代々、藩の重責を担ってきた家である。家祖利政は、七尾城にあって能登国22万石を領有していたが、関ヶ原の戦い徳川家康の出陣要請に応じなかったことから領地を没収された。その後京都(嵯峨)に隠棲し、本阿弥光悦など多くの文化人豪商と交流していた。

2代直之(なおゆき)は、幼少時に祖母芳春院(まつ)にひきとられて養育された。芳春院の尽力があって、3代藩主前田利常に召し抱えられた。これ以後藩政期を通じて1万余石の禄高をもって、代々「八家」の一つとして藩の要職を歴任し、10代直信(なおのぶ)の時に明治維新を迎えた。 藩政期の当主10人のうち4人が従五位下土佐守(2人は近江守)に叙爵されていることから、一般に「前田土佐守家」と称されている。

前田土佐守家資料(石川県指定文化財 H18.10.20)

古文書を中心に江戸時代初期~明治にかけての資料9000点からなり、「芳春院自筆消息」「織田信長黒印状」「豊臣秀吉消息」をはじめとする貴重な資料が多数みられ、加賀藩や加賀藩上級武士の歴史や文化について学び知ることができる。

代表的な所蔵品

  • 黒漆塗黒糸威二枚胴具足 - 前田利政所用、桃山時代 春田勝光作
  • 皺革包白糸威三枚胴具足 - 土佐守家伝来、室町~江戸前期
  • 織田信長黒印状 - 天正10年4月17日(1582年5月19日本能寺の変の1ヶ月半前)、前田利家宛。利家が上杉氏と対峙する越中の陣中から帷子(かたびら)を贈ったことに対する礼状。
  • 豊臣秀吉消息 - 文禄元年(1592)、かが(加賀)殿宛。かが殿は秀吉の側室で、利家の娘摩阿名護屋の陣より来春朝鮮出兵することを述べたもの。
  • 芳春院自筆消息 - 村井長次宛。本館に5点ある芳春院自筆書状のうちの1つ。関ヶ原の戦いの後、隠棲していた利政について徳川家康から前田領国の国端においても良いとする仰せがあり、そのうれしさを伝えている。

前田土佐守家5代前田直躬と加賀騒動

江戸時代には、加賀藩の加賀騒動仙台藩伊達騒動福岡藩黒田騒動佐賀藩鍋島騒動薩摩藩お由羅騒動などさまざまな御家騒動が起こっている。 加賀騒動は、異例の出世で藩主側近にまで上り詰めた大槻朝元(おおつきとももと・通称は伝蔵)ら藩政改革派と藩の門閥重臣5代前田直躬(なおみ)ら保守派の対立抗争であったと言われている。 直躬は、とにかく几帳面で、筆まめな学者・文化人でもあり、加賀騒動の大槻関係の資料を集めて記録として残している。一面、和歌を冷泉為村に学び、能や茶の湯をたしなみ、和歌短冊なども数多く残されている。

古文書講座

「前田土佐守家史料を読む会」を催し、古文書に触れたことがない初心者を対象に館が所蔵する史料をテキストにして古文書解読の講座を行っている。この受講者達によって史料の翻刻が行われる。

利用案内

開館時間
午前9時 - 午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般…300円
団体(20名以上)…250円
65歳以上…200円(祝祭日は無料)
高校生以下…無料

金沢市文化施設共通観覧券が使用できる。 向かいにある同じく金沢市の文化施設「老舗記念館」との共通観覧券も販売している。

休館日
年中無休(但し、展示替え期間を除く)

脚注

  1. ^ 前田土佐守家資料館条例
  2. ^ 指定管理者制度導入施設一覧
  3. ^ 金沢市文化施設共通観覧券

参考文献

  • 公益財団法人金沢文化振興財団 前田土佐守家資料館編集・発行 『新訂新版 前田土佐守家資料館図録』 2015年3月15日

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/25 23:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「前田土佐守家資料館」の意味を投稿しよう
「前田土佐守家資料館」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

前田土佐守家資料館スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「前田土佐守家資料館」のスレッドを作成する
前田土佐守家資料館の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail