このキーワード
友達に教える
URLをコピー

前田武彦とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年8月)
前田 武彦

【誕生】
(1929-04-03) 1929年4月3日
日本東京府東京市(現・東京都港区)
【死没】
(2011-08-05) 2011年8月5日(82歳没)
東京都
【職業】
タレント放送作家司会者
【国籍】
日本
【最終学歴】
立教大学経済学部中退

前田 武彦(まえだ たけひこ、1929年昭和4年〉4月3日 - 2011年平成23年〉8月5日)は、日本の男性タレント放送作家司会者三桂所属。愛称はマエタケ

目次

  • 1 人物
  • 2 生涯
    • 2.1 生い立ちから放送作家へ
    • 2.2 司会者
    • 2.3 共産党応援とテレビ局の報復
    • 2.4 メディア出演復帰
    • 2.5 死去
  • 3 エピソード
  • 4 出演
    • 4.1 テレビ番組
    • 4.2 ラジオ番組
    • 4.3 映画
    • 4.4 CM・広告
    • 4.5 その他
  • 5 作詞
  • 6 著書
    • 6.1 共著
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 外部リンク

人物

1960年代、それまで台本を読み上げる形式が一般的だった放送司会に「フリートーク」、「楽屋オチ」、「世間話」といった手法を持ち込み、最盛期にはその毒舌と絶妙な話術から「フリートークの天才」と呼ばれた。

思想的には左派であり、自らが司会するテレビ番組で日本共産党の候補が選挙で当選したことを礼賛したことから、以後10年近くのあいだテレビ業界から干されたこともある。前田は司会や脚本家のほか、作詞家として、平井和正原作のアニメ『エイトマン』の主題歌の作詞(萩原哲晶作曲、克美しげる歌唱)もしている。血液型A型。また、ヨットを趣味とし、ヨット関係の月刊誌に連載コラムを持つなどしていた。

生涯

生い立ちから放送作家へ

1929年東京府東京市に生まれる。太平洋戦争中には予科練に1年半在隊し、敗戦翌年の1946年に開校した鎌倉アカデミア演劇科に第1期生として入学した。同期生にはいずみたく勝田久津上忠、1年下に高松英郎がおり、村山知義服部之総に学んだ。同科卒業後には立教大学経済学部経営学科に入学するも中退した。様々な職業を転々としながら、1953年の開局間もないNHK放送作家になりラジオやテレビの台本を書くようになった。テレビについては、放送開始当初から構成作家として活動していた。

司会者

1960年代に入ってからはタレント活動が本業となり、洋楽チャート番組『東芝ヒットパレード』(TBSラジオ)などラジオ番組にパーソナリティーとして出演した。また、1968年から放送された『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ)では司会者を務め、マエタケの愛称で呼ばれる人気司会者となった。同番組では、その毒舌で度々若手女性歌手を泣かせることがあったほか、自称「あだ名の名人」として、共に司会を務めていた芳村真理を始め、スタッフや出演歌手に数多くにニックネームを付けた。

1969年11月、それまでの司会者・立川談志の降板を受け、談志の推薦によりテレビの演芸番組『笑点』の司会に就任、翌年12月まで務めた。オファーを受けたきっかけは、談志が司会を務めていた演芸番組『夜の笑待席』(日本テレビ)で漫才を披露した縁であった。同番組では新オープニングテーマ(中村八大作曲)の作詞も行った。大喜利メンバーがカラフルな着物を着るようになったのは前田が司会を務めてからだという。前田は落語家ではなかったため、番組はバラエティ色を強くしていった。前田はもともと短期間の約束で司会を引き受けたが、前田が司会を務めていたころの『笑点』は視聴率が安定しており、最終的に前田はスケジュールの都合で降板するまで約1年に渡って司会を務めた。但し番組内ではやり取りを巡りレギュラー出演者との間に考え方の相違があり、これが1年での司会降板に繋がったとも言われている。なお『笑点』の歴代司会者で、本名で司会を担当した人物は現在まで前田のみである。

さらに、『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』(日本テレビ1969年 - 1971年)、『ゴールデン洋画劇場』(フジテレビ)の初代映画解説者(1971年 - 1973年)を務め、タレントとして絶頂期を迎えることとなる。

共産党応援とテレビ局の報復

詳細は「夜のヒットスタジオ」を参照

1973年夏、武彦は参議院議員選挙大阪府選挙区補選で、日本共産党公認の沓脱タケ子を応援。応援演説中に「沓脱さんが当選したら、当日の夜ヒットでバンザイをします」と発言(当時の補欠選挙は翌日開票)。結果、沓脱は自民党公認の森下泰を1万票余の差で破り当選し、前田は約束を守り番組エンディング後に万歳をした。直後は特に問題にならなかったが、この選挙が国政補欠選挙で初めて共産党候補が自民党候補を破った選挙であったことや、週刊サンケイが「マエタケ、共産党候補当選にバンザイ」と記事にしたことなどから、一種のスキャンダル的騒動に発展。それが反共右派である当時のフジテレビオーナー・鹿内信隆の逆鱗に触れ、同年秋には夜ヒットの司会降板に繋がった。さらに、その他の出演番組からも降板、もしくは番組自体が打ち切りになることが相次ぎ、前田はその後数年間に渡ってメディア出演の機会の大部分を失うこととなり、長期にわたりテレビ業界で冷飯を食う羽目になる。その一方でラジオでは、1978年4月から1979年12月まで文化放送平日朝の生ワイド番組『マエタケの朝は自由大通り』のパーソナリティを務めた。

メディア出演復帰

1980年代前半になると、前田は『朝のホットライン』(TBSテレビ)にお天気キャスターとして出演、「お天気マン」と呼ばれて徐々にテレビ出演の機会を増やしていった。また、俳優として映画『釣りバカ日誌』シリーズ(松竹)や『想い出づくり。』(TBS)に出演した。

1999年に70歳を迎えた武彦は、東京・六本木のディスコ、「ヴェルファーレ」で古稀祝いパーティーを挙行。それには巨泉、芳村真理堺正章愛川欽也うつみ宮土理夫妻ら、かつて共に仕事をした芸能人らが発起人として名を連ねていた。

死去

2011年8月5日、肺炎のため東京都内の病院で死去。82歳没。生前最後の仕事は、亡くなる約1か月前の同年7月16日に放送されたTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』へのゲスト出演だった。最後のテレビ出演は、2010年5月23日に放映されたフジテレビボクらの時代』での小沢昭一と大橋巨泉との対談であった。

前田の死去を受けて、長年の友人であった大橋巨泉は「ボクにとっては良き先輩、影響を受けた人」、萩本欽一は「教科書のような存在でボクにとっては大きかった人」とそれぞれ故人を偲ぶコメントを発表している。『笑点』の前任司会者だった立川談志も、週刊現代の連載「立川談志の時事放談 『いや、はや、ドーモ』」で前田を偲んだが、談志自身も同年11月にこの世を去った。

エピソード

戦時中、特攻兵器「蛟龍」の搭乗員となるべく猛訓練を受けた。これについて出演したテレビ番組で、「(自分の受けた訓練は)優しさなんか一つも無かった。死んでいく人間に対して棒で殴ったりしていた」、「(戦争を)最後までやるのかと思っていたら終わってしまった」と首を傾げながら当時の心境を述べている。海軍通信兵だった前田は、手旗信号を判読することができた。

出演

テレビ番組

ラジオ番組

映画

CM・広告

その他

作詞

著書

共著

脚注

注釈

  1. ^ 歌丸は自身の著書『極上歌丸ばなし』で前田がわずか1年で司会を降りることになった理由につき、「前武さんじゃ、落語家のシャレが通じないんですよ。とにかくやりにくくってしょうがない。局側も(それに)気がついたんでしょうね」と述懐している。
  2. ^ 婦人自衛官を特集した番組『そこが知りたい』において

出典

  1. ^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』107ページ
  2. ^ [1]
  3. ^ 前田武彦さん=タレント : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  4. ^ 巨泉「50年も前からの仲」欽ちゃん「僕の教科書」 スポーツニッポン 2011年8月6日閲覧

外部リンク

夜のヒットスタジオ司会者


笑点司会者


笑点
番組
本家番組 | 
前身番組 | 
金曜夜席

現番組 | 
笑点-もう笑点(ミニ番組)


派生番組 | 
スピンオフ | 

特番 | 
  • 大笑点
  • おはよう笑点
  • チャリティー笑点




  • 大喜利
    レギュラー大喜利 | 
    大喜利 (笑点)

    不定期大喜利 | 

    特別大喜利 | 
  • 寿大喜利
  • 師弟大喜利
  • 振袖大喜利
  • 東西大喜利



  • 笑点メンバー
    現出演者 | 

    永世名誉司会者 | 
  • ■◎□★5桂歌丸(※司会者勇退後は、『もう笑点』のみ出演)

  • 元出演者 | 
    金曜夜席時代 | 

    談志司会時代 | 
  • ■★1立川談志(7代目)
  • 春風亭梅橋
  • 鈴々舎馬風(5代目)
  • 春風亭一柳
  • 春風亭栄橋
  • ◆1桂文字助(4代目)
  • ◆2毒蝮三太夫

  • 前田司会時代 | 
  • ★2前田武彦
  • 三遊亭圓歌(3代目)
  • 三遊亭金馬(4代目)
  • 三升家小勝(8代目)
  • 柳家さん吉
  • ◆3三遊亭圓遊(5代目)
  • ◆3三笑亭夢丸(初代)

  • 三波司会時代 | 
  • ★3三波伸介(初代)
  • 三遊亭小圓遊(4代目)
  • 三遊亭圓窓(6代目)
  • 柳家つば女(6代目)
  • 三笑亭夢之助
  • ▲◆4小野千春
  • ◆4ヨネスケ

  • 5代目圓楽司会時代 | 
  • ■★4三遊亭圓楽(5代目)
  • 林家こん平
  • 桂才賀(7代目)
  • ◆5松崎真




  • 若手大喜利メンバー
    現メンバー | 

    元メンバー | 
    第1期 | 

    第2期 | 
  • 桂歌春
  • 古今亭菊丸
  • 林家錦平
  • 金原亭世之介
  • 三遊亭貴楽
  • 桂幸丸
  • 林家正蔵(9代目)
  • 桂竹丸
  • 橘家蔵之助(2代目)
  • 立川談春
  • 伊集院光

  • 第3期 | 
  • 五明樓玉の輔
  • 春風亭勢朝
  • 春風亭柳好(5代目)
  • 立川生志
  • ◎□三遊亭愛楽
  • 林家木久蔵(2代目)
  • 林家きく姫
  • 神田山陽(3代目)
  • 橘家圓十郎
  • 三遊亭遊馬

  • 第4期 | 
  • 林家ぼたん
  • 古今亭駒次
  • 三遊亭楽大
  • 林家扇

  • BS笑点・笑点Jr. | 
  • 橘家文左衛門
  • 春風亭百栄
  • 林家彦いち
  • 川柳つくし
  • 三遊亭王楽
  • 神田蘭
  • □◇セイラ
  • 阪井あかね




  • その他
    グッズ | 

    用語 | 
  • 後楽園ホール
  • 若竹
  • チャーザー村
  • 大月
  • 秩父
  • 真金町
  • 静岡
  • ブラック団
  • 落語協会
  • 落語芸術協会
  • 円楽一門会
  • 落語立川流

  • テーマ曲 | 
  • 笑点音頭
  • 笑点のテーマ

  • 番組 | 
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」
  • 香取慎吾の特上!天声慎吾
  • あなたの怨み晴らします
  • 金曜スーパープライム
  • らくらくゴーゴー!



  • ★司会者 ◆座布団運び ▲コーナーレギュラー ■金曜夜席から継続出演 ◎本家&BS笑点・笑点Jr.両方出演
    ☆BS笑点・笑点Jr.司会者 ◇BS笑点・笑点Jr.座布団運び △BS笑点・笑点Jr.コーナーレギュラー □BS笑点から継続出演
    数字は世代(x代目)を表す。芸名(氏名)は現在当人が名乗っている表記。

    【典拠管理】

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/09/21 06:07

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「前田武彦」の意味を投稿しよう
    「前田武彦」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    前田武彦スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「前田武彦」のスレッドを作成する
    前田武彦の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail