このキーワード
友達に教える
URLをコピー

前相撲とは?

前相撲(まえずもう)とは大相撲において番付外の力士が取る相撲のことである。通常、その場所に相撲界に入門した力士が登場する。

目次

  • 1 概要
  • 2 進行
    • 2.1 制度の変遷
  • 3 出世披露
  • 4 出世力士手打式
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

概要

番付に四股名が載っていない力士(具体的には、場所前の新弟子検査の合格者、前場所序ノ口で全休し番付外に陥落した力士、前場所の前相撲を全休した力士)同士で取組を行う。序ノ口昇進の資格を得ることを「出世」といい、前相撲は出世力士の確定及び出世力士同士の翌場所の番付上の序列を決定するために行う。前相撲の進行及び取組編成は若者頭が担当する。

進行

本場所の3日目(3月場所は2日目)から、序ノ口の取組の前(おおむね午前8時25分ごろ)に行われる。原則一人の力士が一日に取る相撲は一番で、2勝した者から勝ち抜けていき、対戦する力士がいなくなるまで連日続けられる。かつては1勝も挙げられなければ出世は留め置かれていたが、1994年(平成6年)3月場所施行の現行制度では1勝もできなくても、一番でも前相撲を取れば出世することができるようになっている。先に勝ち抜けた者から順に、翌場所の番付上の序列は上位になる。

制度の変遷

江戸時代には、前相撲→相中(あいちゅう)→本中(ほんちゅう)という段階を踏んで序ノ口に上がる制度になっていたが、このうち相中は明治期に廃止された。江戸相撲の最初期の番付には、本中・相中(中)や前相撲(前)の力士も掲載されていた。

1944年(昭和19年)春場所までは、前相撲は「飛びつき」といって、仕切りなしに呼び上げられるとすぐに対戦する方式で、連勝して白星1つとして計算され、白星2つで本中に上がり、本中でさらに白星2つを得ると新序出世という方式であった。すなわち、新序までには連勝を4回し、最低8勝することが必要となる。このため、番付に載るまで時間がかかることは常識で、後の横綱東富士や関脇出羽錦は年2場所制の下とはいえ出世まで1年以上かかっている。また、番付に載らないまま廃業する者もいた。

戦後、新弟子の少ない時期には、前相撲は行なわれなかったが、1956年(昭和31年)1月場所6日目より復活した。このとき〈飛びつき〉の方式も復活した。またこのとき幕下昇進か、再検査で合格することを条件に自費養成力士制度を採用した。ただし、自費制度は1957年5月限りで廃止された。

その後、1971年(昭和46年)に中学在学中の入門が禁止され、力士志願者が卒業時期の3月場所に集中するようになったため、1973年(昭和48年)から、3月場所は前相撲形式にするが、それ以外の場所では、番付外という形式で、きちんと取組を編成し、協会発行の星取表にも勝敗を記載するようになった。このとき、本中を廃止し、前相撲も飛びつきの方法をやめて、仕切りをするようになった。その後、琴天山の連勝記録の扱いにおいて番付外の勝敗は正規のものになるのかという議論が生じたこともあって、1986年(昭和61年)7月場所から、すべての番付外の取組は前相撲として扱い、正規の記録には含めないことになった。

出世披露

出世の資格を得た力士は、本場所中に観客の前で披露される。

3月場所以外の場所では、8日目の三段目の取組を中断して行われる。土俵を掃き清めた後、出世の力士が、師匠や部屋一門関取化粧廻しを身につけて土俵に上がり、場内アナウンスによって所属部屋、四股名、出身地が読み上げられる。全員のお披露目が終わると幕下格以下の行司1名が「これに控えおきます力士儀にござります(る)。只今までは番付外に取らせおきました(る)ところ、当場所日々成績優秀につき、本日より番付面に差し加えおきまする間、以後相変わらずご贔屓お引き立ての程、ひとえに願い上げ奉ります(る)」と口上を述べる。口上では「成績優秀」とあるが、実際には前述のように、現在では1番でも前相撲を取れば出世できる。出世力士たちは四方に礼をした後土俵を降りる。その後、出世力士は協会の各部署を訪問し挨拶をして回る。

3月場所は特に出場力士が多いため、5日目までに2勝を挙げた者が一番出世、6日目以降8日目までに2勝を挙げた者は二番出世、その他の力士は三番出世とされ、出世披露も3回に分けて行われる。

再出世の力士は、以前は出世披露されていたが、現在では行われていない。元小結旭豊は3度も出世披露を受けている。

出世力士手打式

千秋楽の表彰式終了後、土俵で「出世力士手打式」が行われる。出世披露を受けた力士はお神酒を振舞われ、若者頭世話人、場内に残った観客らとともに三本締めを行う。このとき、参加した行司の中で一番格下の者が胴上げされる(出世力士の数が少ない場合を除く)。

内館牧子によると、この儀式は初日前日の土俵祭に対応するもので、土俵祭によって神が宿り結界となった土俵を、この儀式によって結界を解き、普通の場所に戻す意味合いがあるという。また、33代木村庄之助は、『力士の世界』(文春新書、2008年)のなかで、以前は勝負審判が胴上げされていたが、行司に変更するという提案がされたとき、著者が「しきたりを簡単に変えていいのか?」と反論したものの結局押し切られ、土俵祭に参加した行司の中で、いちばん格下の者が胴上げされるようになった、と書いている。

本場所の入場者に配付される取組表にも、「出世力士手打式」「神送りの儀式」と記載されている[1]

脚注

  1. ^ 番付の一番左下には「此外中前相撲東西ニ御座候」(この番付に載っている力士以外にも前相撲の力士がいます)の記述がある。
  2. ^ 番付外に落ちた力士が出世することを特に再出世ともいう。
  3. ^ 一例として寺尾(現錣山親方)の成績表にある〈番付外〉とは、この時期のものである

関連項目

外部リンク

相撲
大相撲 | 
番付 | 
幕内 | 

  • 十両
  • (関取)
  • 幕下
  • 幕下付出
  • 三段目
  • 序二段
  • 序ノ口
  • 前相撲
  • (力士養成員)


  • 力士・記録 | 
  • 横綱一覧
  • 大関一覧
  • 関脇一覧
  • 小結一覧
  • 力士一覧
  • 現役中に死亡した力士一覧
  • 40歳以上まで現役を続けた力士一覧
  • 優勝力士一覧
  • 幕内最高優勝の記録
  • 優勝決定戦 (相撲)
  • 年間最優秀力士賞
  • 年間最多勝
  • 三賞(殊勲賞・敢闘賞・技能賞)
  • 幕内最高優勝賞品
  • 連勝記録
  • 超五十連勝力士碑
  • 全6場所制覇
  • 千秋楽結びの一番

  • 年寄行司 | 
  • 年寄名跡
  • 現役年寄一覧
  • 立行司
  • 木村家
  • 木村庄之助
  • 式守家
  • 式守伊之助
  • 三太夫
  • 勝負審判

  • 相撲界
    (角界) | 
  • 一門
  • 相撲部屋
  • 呼出
  • 床山
  • 若者頭
  • 世話人
  • 相撲教習所
  • 新弟子検査
  • 力士会

  • 本場所 | 
  • 土俵
  • 土俵入り
  • 横綱土俵入り
  • 露払い
  • 太刀持ち
  • 取組()
  • 座布団の舞
  • 水入り
  • 弓取式

  • 花相撲 | 
  • 日本大相撲トーナメント
  • 明治神宮相撲大会
  • 最強決定戦
  • NHK福祉大相撲
  • 社会福祉大相撲
  • 乙亥大相撲
  • 引退相撲
  • 断髪式
  • 還暦土俵入り
  • 初切

  • 団体・施設 | 
  • 日本相撲協会
  • 横綱審議委員会
  • 両国国技館
  • 大阪府立体育会館
  • 愛知県体育館
  • 福岡国際センター
  • 蔵前国技館
  • 大阪国技館
  • 江戸相撲会所
  • 福岡スポーツセンター
  • 九電記念体育館

  • マスメディア | 
  • 大相撲中継
  • 待ったなし大相撲
  • OH!相撲
  • 大相撲ダイジェスト
  • 幕内の全取組
  • 相撲
  • 大相撲をより面白く観る方法
  • 大相撲マガジン
  • 劇戦!大相撲
  • 大相撲ジャーナル

  • 不祥事・騒動 | 
  • 三河島事件
  • 春秋園事件
  • 佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件
  • トンガ人力士廃業騒動
  • 八百長問題
  • 力士大麻問題
  • 野球賭博問題
  • 時津風部屋力士暴行死事件
  • 技量審査場所

  • 関連項目 | 
  • 大相撲出身のプロレスラー一覧
  • ハッキヨイ!せきトリくん


  • アマチュア
    相撲
     | 
  • 日本相撲連盟
  • 国際相撲連盟
  • 女子相撲
  • 世界選手権
  • 世界女子
  • ワールドゲームズ
  • 世界ジュニア
  • 世界女子ジュニア
  • 全日本(アマチュア横綱)
  • 全日本女子
  • 国体
  • 実業団(実業団横綱)
  • 学生(学生横綱)
  • 高校(高校横綱)
  • 中学生(中学生横綱)
  • わんぱく(わんぱく横綱)
  • 小学生

  • 世界の相撲 | 
  • 沖縄角力(沖縄本島)
  • ブフ(モンゴル)
  • シュアイジャオ(中国)
  • クシュティ(インド)
  • シルム(朝鮮半島)
  • ヤールギュレシ(トルコ)
  • チャン・バブ(カンボジア)

  • 各種相撲 | 
  • 女相撲
  • 腕相撲
  • 指相撲
  • 手押し相撲
  • 足相撲
  • 尻相撲
  • 紙相撲
  • 昆虫相撲
  • ロボット相撲

  • 相撲用語 | 
  • 大相撲の決まり手一覧
  • 大相撲隠語一覧
  • あ行 | 
  • 相星
  • 明荷
  • あんこ
  • あんま
  • 泉川
  • 一番出世
  • 痛み分け
  • えびすこ
  • おっつけ
  • 大銀杏
  • 大坂相撲
  • 恩を返す

  • か行 | 
  • 顔じゃない
  • かち上げ
  • 勝ち越し
  • ガチンコ
  • 角番
  • 髪結
  • かわいがり
  • がぶり
  • 閂(かんぬき)
  • 決まり手
  • 給金相撲
  • 金星
  • 禁じ手
  • 稽古
  • 化粧廻し
  • 懸賞
  • 興行
  • 公傷制度
  • ごっつあん
  • これより三役
  • こんぱち

  • さ行 | 
  • 座頭相撲
  • 三段構え
  • 志賀清林
  • 四股名
  • 四十八手
  • 死に体
  • しょっぱい
  • 手刀
  • 新序
  • スカす
  • 上覧相撲
  • 千秋楽
  • そっぷ
  • そんきょ

  • た行 | 
  • (たく)
  • 立合い
  • 力水
  • ちゃんこ鍋
  • ちゃんこ番
  • 塵手水(ちりちょうず)
  • 付け人
  • 突っ張り
  • 手合(てあい)
  • 手刀(てがたな)
  • 鉄砲
  • 天覧相撲
  • 徳俵
  • 止め名
  • 巴戦
  • 取り直し

  • な行 | 
  • 中入
  • 中剃り
  • 中日
  • 二枚鑑札
  • ヌケヌケ
  • 猫騙し
  • 根岸流

  • は行 | 
  • 端紙
  • 八番相撲
  • 初土俵
  • 花道
  • 張出
  • 張り手
  • 独り相撲
  • 不浄負け
  • 不戦勝
  • ぶちかまし
  • ぶつかり稽古
  • 変化
  • 星取表

  • ま行 | 
  • 巻き替え
  • 髷(まげ)
  • 負け越し
  • 枡席
  • 股割り
  • 待った
  • 廻し
  • 満員御礼
  • 水入り
  • 向正面
  • 物言い
  • 申し合い
  • もろ差し

  • や行 | 
  • 優勝額
  • 吉田司家
  • 寄り

  • ら行 | 
  • 力士褒賞金


  • 団体・施設 | 
  • 国際相撲連盟
  • 相撲博物館
  • 葛城市相撲館
  • 神魂神社
  • 野見宿禰神社

  • 関連項目 | 
  • 神道
  • 注連縄
  • 武道
  • 武術
  • 国技
  • 当麻蹴速
  • 野見宿禰
  • 相撲甚句
  • 相撲茶屋
  • タニマチ
  • 好角家
  • 相撲絵


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/08/14 21:32

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「前相撲」の意味を投稿しよう
    「前相撲」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    前相撲スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「前相撲」のスレッドを作成する
    前相撲の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail