このキーワード
友達に教える
URLをコピー

北海道放送とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2015年3月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2015年3月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2015年3月)
北海道放送株式会社
Hokkaido Broadcasting Co.,Ltd.

北海道放送本社・札幌放送局(HBC会館)

種類
株式会社
【市場情報】
非上場
【略称】
HBC
【本社所在地】
日本
060-8501
北海道札幌市中央区北1条西5丁目2番地
【設立】
1951年11月30日
業種
情報・通信業
法人番号
6430001022390
【事業内容】
一般放送(テレビ・ラジオ放送)事業など
【代表者】
代表取締役会長渡辺卓
代表取締役社長勝田直樹
【資本金】
4億9500万円
【発行済株式総数】
200万株
【売上高】
117億7071万円
(2017年3月31日現在)
【営業利益】
6億5819万円
(2017年3月31日現在)
【経常利益】
7億7823万円
(2017年3月31日現在)
【純利益】
5億1762万円
(2017年3月31日現在)
【純資産】
119億6969万円
(2017年3月31日現在)
【総資産】
164億7699万円
(2017年3月31日現在)
【従業員数】
231人(2018年1月1日現在)
【決算期】
毎年3月31日
【主要株主】
共栄火災海上保険(8.36%)
明治安田生命保険(7.90%)
北洋銀行(4.18%)
ノースパシフィック(4%)
【主要子会社】
株式会社HBCフレックス
株式会社三新
株式会社HBCメディアクリエート
株式会社HBCビジョン
(連結子会社) など
【外部リンク】
http://www.hbc.co.jp/

北海道放送株式会社(ほっかいどうほうそう、Hokkaido Broadcasting Co.,Ltd.、略称:HBC)は、北海道放送対象地域とするラテ兼営特定地上基幹放送事業者である。

テレビJNN基幹局(五社連盟)。札幌放送局のコールサインJOHR-DTVリモコンキーIDは「1」。

ラジオ(中波放送(AM放送))はJRN系とNRN系のクロスネット局。札幌放送局のコールサインはJOHR

ラジオ部門についての詳細はHBCラジオを参照
取材ヘリ(ベル 430朝日航洋が運航)

目次

  • 1 会社概要
    • 1.1 放送局・支社・支局
      • 1.1.1 番組制作を取りやめた放送局
      • 1.1.2 過去に存在した放送局など
    • 1.2 関係会社
  • 2 放送局概要
    • 2.1 新社屋建設計画
  • 3 ロゴマークの変遷
  • 4 番組表での局名表記
  • 5 編成等の特徴
    • 5.1 テレビ
    • 5.2 ラジオ
  • 6 本社スタジオ
    • 6.1 テレビ
    • 6.2 ラジオ
  • 7 資本構成
    • 7.1 2015年3月31日 - 2016年3月31日
    • 7.2 過去の資本構成
  • 8 沿革
    • 8.1 1950年代
    • 8.2 1960年代
    • 8.3 1970年代
    • 8.4 1980年代
    • 8.5 1990年代
    • 8.6 2000年代
    • 8.7 2010年代
  • 9 テレビネットワークの変遷
  • 10 テレビチャンネル
    • 10.1 札幌放送局 (JOHR-DTV)
    • 10.2 旭川放送局
    • 10.3 函館放送局
    • 10.4 室蘭放送局
    • 10.5 帯広放送局
    • 10.6 北見放送局
    • 10.7 釧路放送局
  • 11 ラジオ周波数
  • 12 音声多重放送
  • 13 現在放送中の番組
    • 13.1 テレビ
      • 13.1.1 自社制作番組(全道放送)
      • 13.1.2 TBS系列局制作・時差ネット番組
      • 13.1.3 その他
    • 13.2 ラジオ
  • 14 終了した番組
    • 14.1 テレビ
      • 14.1.1 自社制作番組(全道・全国放送)
        • 14.1.1.1 CBC・RKB・TBCと共同制作のアニメ
      • 14.1.2 ネット番組
        • 14.1.2.1 TVh開局まで放送していたテレビ東京系番組
        • 14.1.2.2 TVh開局後に放送していたテレビ東京系番組
        • 14.1.2.3 TBS系列の遅れネット番組
        • 14.1.2.4 腸捻転時代に放送されたABC製作の番組
        • 14.1.2.5 腸捻転解消後に放送されたABC製作の番組
        • 14.1.2.6 腸捻転時代に放送されたMBS製作の番組
        • 14.1.2.7 腸捻転解消後に放送されたMBS製作の番組
        • 14.1.2.8 UHB開局まで放送されたフジテレビ系の番組
        • 14.1.2.9 UHB開局後に放送されたフジテレビ系の番組
        • 14.1.2.10 NET(現・テレビ朝日)系の番組
        • 14.1.2.11 日本テレビ系の番組
        • 14.1.2.12 民間放送教育協会の番組
        • 14.1.2.13 独立UHF局の番組(UHFアニメ含む)
        • 14.1.2.14 その他
      • 14.1.3 道内各放送局のローカル番組
        • 14.1.3.1 旭川放送局
        • 14.1.3.2 室蘭放送局
        • 14.1.3.3 函館放送局
        • 14.1.3.4 釧路放送局
        • 14.1.3.5 帯広放送局
    • 14.2 ラジオ
  • 15 主な所属アナウンサー・キャスター一覧
    • 15.1 アナウンサー
    • 15.2 気象キャスター
      • 15.2.1 男性
      • 15.2.2 女性
  • 16 過去に在籍していたアナウンサー・キャスター
    • 16.1 異動したアナウンサー・キャスター
      • 16.1.1 男性
      • 16.1.2 女性
    • 16.2 退社したアナウンサー・キャスター
      • 16.2.1 男性
      • 16.2.2 女性
  • 17 その他
    • 17.1 インターネット動画配信
    • 17.2 不祥事
  • 18 社史・記念誌
  • 19 脚注・出典
    • 19.1 注釈
    • 19.2 出典
  • 20 関連項目
  • 21 外部リンク

会社概要

放送局・支社・支局

番組制作を取りやめた放送局

上記の放送局はいずれも現存しているが、2003年4月以降独自番組の制作を取りやめており、ラジオ・テレビの送信、および取材拠点としての業務のみを行っている。

過去に存在した放送局など

その他、かつては網走市紋別市に通信部もおかれていたが廃止された。

関係会社

かつては札幌市内の手稲山一帯でスキー場・遊園地などからなる株式会社テイネオリンピア三菱マテリアルとの合弁で運営していたが、その後加森観光にすべて売却された。

放送局概要

【北海道放送】

【基本情報】

【英名】
Hokkaido
Broadcasting Co.,Ltd.

【略称】
HBC
【本社】
〒060-8501
北海道札幌市中央区北1条西5丁目2番地
演奏所
本社と同じ
【公式サイト】
http://www.hbc.co.jp/
【ラジオ】

【放送対象地域】
北海道
【系列】
JRNNRN
愛称
HBCラジオ
呼出符号
JOHR
呼出名称
ほっかいどうほうそう
【開局日】
1952年3月10日
親局 / 出力 札幌 1287kHz / 50kW
【主な中継局】
HBCラジオ#周波数を参照
【テレビ】

【放送対象地域】
北海道
【ニュース系列】
JNN
【番組供給系列】
TBSネットワーク
愛称
HBCテレビ
呼出符号
JOHR-DTV
呼出名称
HBCデジタルテレビジョン
【開局日】
1957年4月1日
リモコンキーID
1
デジタル親局 札幌 19ch
【主な中継局】
旭川 19ch
函館 17ch
室蘭 22ch
網走 22ch
帯広 19ch
釧路 45ch

札幌テレビ放送(STV)がラジオ局を分社したことにより、道内の民放では唯一のラジオ・テレビ兼営局となった。

データ放送を実施しており、番組表サービス「Gガイド」を配信している。

系列新聞は北海道新聞(道新)・道新スポーツ

現在のマスコットキャラクターは猿がモチーフの「もんすけ」。キャッチフレーズは「ガッチャンコ」(2014年7月より)。

HBCの初代社長を務めた阿部謙夫は当時の親会社であった道新から派遣され、開局当初は道新系列の放送局であったが、1972年に HBCと道新が協力して北海道文化放送(UHB)を開局した。UHB開局後、HBCと道新の資本関係はマスコミ資本の集中排除原則の兼ね合いから毎日新聞社と東京放送(現・東京放送ホールディングス)のように希薄になったが、ラジオニュースでは平日日中の00分時に「道新ニュース」30分時は「HBCニュース」の名称を使用し現在も引き続き良好な関係が続いている。なお、現在の筆頭株主は共栄火災海上保険である。

テレビドラマは1958年11月から「東芝日曜劇場」での制作に参加したほか、「近鉄金曜劇場」などの放送枠でもドラマを制作した。これらの放送枠から『うちのホンカン』『ダンプかあちゃん』『幻の町』などの作品を全国に送り出し、日本民間放送連盟賞や芸術祭賞などを数多く受賞。芸術祭賞では『オロロンの島』(1962年)が文部大臣賞を受賞している。「日曜劇場」がTBS制作の連続ドラマ枠になってからは他の2時間ドラマ枠にて年2本のペースでドラマを作り続けてきたが、キー局やスポンサー等の関係で現在は特別番組としてのテレビドラマを年1作程度制作しているほか、ラジオドラマの制作にも再び力を入れるようになった。2012年には「HBC創立60周年記念作品」として企画された連続ドラマ「スープカレー」を、全国ネットで全10回にわたり放送。

ドキュメンタリー番組も数多く制作しており、代表的なテレビ作品として『ヤンキー母校に帰る』や『大草原の少女みゆきちゃん』などがあり、両作品ともDVD化されている。芸術祭賞でも制作番組が受賞しており、『地底の葬列』(1982年)・『ヒューマンドキュメンタリー いのちの記憶 -小林多喜二 二十九年の人生-』(2008年)が大賞を受賞した。近年では『記憶障害の花嫁 最期のほほえみ』が2011年度のJNNネットワーク大賞を受賞した。

上記の他、バラエティ番組も自社制作しており、一部はローカル枠を利用してゴールデンタイムに放送されたり、単発番組として全国放送もされている。

青少年を対象とした文化活動も積極的に行っており、『HBC少年少女合唱団』『HBCジュニアオーケストラ』を企画・運営しているほか、『全国こども音楽コンクール』の北海道ブロック大会として『HBCこども音楽コンクール』も主催している。

2001年4月に気象庁より道内の放送局で初めて「天気予報業務許可業者」としての認可を受けたことに伴い、2001年12月に「HBCウェザーセンター」を開設、独自の天気予報が可能になった。

道外でも、青森県の一部や北方領土でテレビの視聴やラジオの聴取が可能。

2017年4月現在、JNN基幹局(五社連盟)で唯一認定放送持株会社に移行していない。

新社屋建設計画

北海道放送(HBC)社屋に隣接する「HBCパーキング」(新社屋建設予定地)

1959年竣工(1967年増築)のHBC会館は老朽化が著しく、2017年5月26日の会見で、会館に隣接する立体駐車場(HBCパーキング)を解体した跡地に、新社屋を建設することを発表 した。

規模は地上9階・地下1階建、延床面積は現会館と同規模の1万2376平方m。設計・監理は現会館と同じ久米設計札幌支社。施工は入札の結果、熊谷組北海道支店が請け負う。2018年10月に着工し、2020年3月末の竣工を目指す。

ロゴマークの変遷

初代のロゴマーク(HBC東旭川送信所より)

TBSの美術部が制作した初代のロゴマーク(以下「旧ロゴ」と記載)は、1956年から2001年11月まで45年にわたり使用していた。テレビでは旧型の湾曲ブラウン管型の図形のなかに「HBCテレビ」のロゴを模ったものもあり、これは現在もマイク、記者腕章、本社駐車場内車庫の外壁、中継・機材車、札幌を除く道内各放送局の外壁、一部テレビ・ラジオの送信所と中継局に残っている。なお、本社社屋に掲示していたロゴマークは、旧ロゴと多少デザインが異なったものも掲げられていたことがある。

創立50周年を迎えた2001年12月より、旧ロゴをスマートにした現在の文字ロゴ(2代目。以下「正式ロゴ」と記載)に変更された。主に本社社屋の外壁、放送機材、封筒、テレビ・ラジオの番組表、ホームページなどで使われている。また、札幌ドームレフトポール際のフェンスに広告掲示している「HBCテレビ・ラジオ」の表示にも使用しているほか、一部の送信所・中継局でも使われている(地上デジタル放送送信施設のあるテレビ送信所・中継局はほとんどがこのロゴマークとなっている)。

2006年の春改編時からは、テレビ放送用の新ロゴ(3代目)も登場。「1からはじまるHBC」のキャッチフレーズで「B」の中に数字の「1」がデザインされ、グリーンで配色された新ロゴはデジタルテレビ放送のPRも兼ねて正式ロゴと2011年10月31日まで併用し、データ放送を含むテレビ画面のウォーターマークや表示アイコンのほかニュース速報・気象警報・交通情報、TBSニュースバードの取材クレジット表記などに使用していたが、2011年11月1日からは従来の正式ロゴに戻された。なお、テレビ送信所・中継局では当初より新ロゴを使用せず、旧ロゴや正式ロゴを掲示している。

番組表での局名表記

北海道新聞ではテレビ・ラジオ欄とも「HBC」と略称のみで掲載。その他(道新以外に)道内で購読されている全国紙地方紙は「HBCテレビ」及び「HBCラジオ」と表記している(以前は道新でも1982年頃まで「HBCテレビ」及び「HBCラジオ」と表記していた)。

青森県を中心とした道外地方紙では、東奥日報がHBCをはじめとする道内のテレビ・ラジオ番組をハーフサイズで掲載(ラジオ欄は「HBCラジオ」、テレビ欄は「北海道放送」 と表記)。また全国紙においてもスポーツニッポンしんぶん赤旗の北東北版はHBCをはじめとする道内のTV番組を極小サイズで掲載している(道内ラジオはスポニチ北東北版がFMラジオ局のみ掲載、道内AMラジオ局を掲載しているのは東奥日報のみ)。また、かつての河北新報ラ・テ欄では、テレビが「北海道テレビ」(「北海道放送テレビ」という意味で、HTB北海道テレビとは別)と、ラジオは「北海道放送」と記載されていた。

編成等の特徴

テレビ

フィラー番組『TBSニュースバード』(旧称・JNNニュースバード)は、当初札幌放送局のみの終夜放送(月曜未明の一部を除く)であったが、2005年3月28日から道内全域で終夜放送している。ただし、不定期に一部地域で放送休止となる場合があり、メンテナンスの状況によってはフィラー開始前のHBC天気予報とその前のテレビショッピングの放送も一部地域で休止となる場合がある(主に月曜日未明)。『TBSニュースバード』が放送休止(放送開始まで数分程度あるいは衛星配信そのものが休止)の場合は本社に設置されているお天気カメラの風景映像に音楽を交えて放送される。TBSニュースバードのフィラー放送開始以前は本社に設置されているお天気カメラの風景映像に音楽を交えて放送される形式だった(画面下にアナログテレビ放送終了の告知を表示。以前は次番組の予告を表示していた)が、これも当初は札幌放送局管内のみで他の地域では道内局独自のカラーバーまたはNTT中継回線テストパターンを流していたか停波していた。 『TBSニュースバード』のフィラー放送時、ワンセグでは随時、ワンセグ向けに独自の番組を放送することがある(午前4時台)。

テレビでのプロ野球ナイター中継は、キー局であるTBSテレビで対巨人戦が放送される日に限り、日本ハム戦の中継に差し替えて放送することが可能となっている(2007年までは札幌ドームまたは福岡ドームでの対ソフトバンクのみ差し替え)。このような場合、甲子園球場での「阪神対巨人」戦はCS放送GAORA」での録画中継放送(生中継NHKNHK BS1BSハイビジョンで放送が行われるケースが多い)、そのほかの対巨人戦は「BS-TBS」、「TBSニュースバード」、「TBSチャンネル」の生中継で視聴可能。CBCテレビ(CBC)・毎日放送(MBS、ごく一部の日程のみ)・中国放送(RCC)とは異なり、JNN協定に「単発特別番組など特例の場合を除き、後日放送を行うことは認められない」という規定があるため、ゴールデンタイムにネット番組を休止して独自のナイター中継を放送することは事実上困難である。これは地元にプロ野球球団が存在する東北放送(TBC)・RKB毎日放送(RKB)でも同様の対応となっている(TBC・RKBともに一時CBCやRCCと同様にネット番組を休止して独自のナイター中継に差し替えていたことがある)。 なお、過去にHBCでゴールデン枠の対巨人戦が差し替えられたケースは2005年と2007年(3月30日、4月20日、5月18日)に3回ほどあったが、2004年と2006年はわずか1回の中継にとどまっている。その後、木曜日や週末などのローカル枠を利用してレギュラー中継枠を確保し、「Bravo!ファイターズ」の番組名で放送している。

北海道のテレビ局ではで唯一、深夜アニメの製作を手がけている。『ああっ女神さまっ』(第1期)はTBSでは深夜に放送されていたがHBCでは朝6時から放送された(地上波ではHBCのみネット)。しかし『ああっ女神さまっ それぞれの翼』(第2期)は枠の関係からか未放映(地上波ではMBSのみネット)となった。 近年はテレビ北海道(TVh)に次ぐ数の深夜アニメを放送しており、2006年4月より独立局アニメに参入し、2012年4月からはアニメ・声優情報バラエティ『コエキタ!!』が放送された。

ワンセグ放送のみ、番組情報が一切記載されない。

ラジオ

HBCラジオ#編成・運営」を参照

本社スタジオ

テレビ

テレビ第1スタジオ(120坪)
1階に位置し、『今日ドキッ!』『さつログ』『金曜ブランチ』その他各種特番で使用されるメインスタジオ。
テレビ第2スタジオ(60坪)
4階に位置し、報道フロアに隣接している為『今日ドキッ!』『ひるおび!』内北海道ローカルニュースといった報道番組を中心に使用されているが、まれに収録系番組でも使用される事がある。

この他、ウェザーセンターと報道フロア内に顔出しブースがある。

ラジオ

HBCラジオ#本社スタジオ」を参照

資本構成

企業・団体は当時の名称。出典:

2015年3月31日 - 2016年3月31日

【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
4億9500万円 | 2,200株 | 185
【株主】
【株式数】
比率
共栄火災海上保険 | 184株 | 8.36%
明治安田生命保険 | 174株 | 7.90%
北洋銀行 | 092株 | 4.18%
ノースパシフィック | 088株 | 4.00%
北海道銀行 | 081株 | 3.68%
三菱UFJ信託銀行 | 077株 | 3.50%
日本トラスティ・サービス信託銀行 | 074株 | 3.36%
東京放送ホールディングス | 070株 | 3.18%
毎日放送 | 060株 | 2.72%
中部日本放送 | 060株 | 2.72%
RKB毎日放送 | 060株 | 2.72%
北海道新聞社会福祉振興基金 | 060株 | 2.72%

過去の資本構成

1978年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
発行済株式総数
5億5000万円 | 10億円 | 500円 | 1,100,000株
【株主】
【株式数】
比率
安田生命保険 | 78,470株 | 7.13%
若狭等 | 73,000株 | 6.63%
共栄火災海上保険 | 47,100株 | 4.28%
北海道拓殖銀行 | 40,000株 | 3.63%
松村組 | 35,000株 | 3.18%
北海道相互銀行 | 30,000株 | 2.72%
北海道銀行 | 30,000株 | 2.72%
北海道新聞社会福祉振興基金 | 30,000株 | 2.72%
北海道 | 24,000株 | 2.18%
北海道高速オフセット印刷 | 22,100株 | 2.00%
阿部ヒロ | 16,500株 | 1.50%
日本長期信用銀行 | 15,000株 | 1.36%
北洋相互銀行 | 15,000株 | 1.36%
電通 | 11,000株 | 1.00%
明治生命保険 | 11,000株 | 1.00%
1992年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
5億5000万円 | 10億円 | 500円 | 1,100,000株 | 1,984
【株主】
【株式数】
比率
若狭等 | 82,610株 | 7.51%
安田生命保険 | 76,000株 | 6.90%
共栄火災海上保険 | 55,000株 | 5.00%
北海道拓殖銀行 | 50,000株 | 4.54%
日本長期信用銀行 | 37,000株 | 3.36%
三菱信託銀行 | 36,500株 | 3.31%
松村組 | 35,000株 | 3.18%
札幌銀行 | 30,000株 | 2.72%
北海道銀行 | 30,000株 | 2.72%
北海道新聞社会福祉振興基金 | 30,000株 | 2.72%
2003年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
5億5000万円 | 10億円 | 500円 | 1,100,000株 | 1,888
【株主】
【株式数】
比率
共栄火災海上保険 | 94,000株 | 8.54%
安田生命保険 | 76,000株 | 6.90%
北洋銀行 | 55,000株 | 5.00%
新生銀行 | 37,000株 | 3.36%
三菱信託銀行 | 36,500株 | 3.31%
東京放送 | 35,000株 | 3.18%
松村組 | 35,000株 | 3.18%
札幌銀行 | 30,000株 | 2.72%
北海道銀行 | 30,000株 | 2.72%
北海道新聞社会福祉振興基金 | 30,000株 | 2.72%

沿革

1950年代

1960年代

出典:wikipedia
2018/11/13 13:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「北海道放送」の意味を投稿しよう
「北海道放送」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

北海道放送スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「北海道放送」のスレッドを作成する
北海道放送の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail