このキーワード
友達に教える
URLをコピー

北海道文化放送とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年12月)
北海道文化放送株式会社
Hokkaido Cultural Broadcasting Co., Ltd.

北海道文化放送本社

種類
株式会社
【略称】
UHB
【本社所在地】
日本
060-8527
北海道札幌市中央区北1条西14丁目1-5
【設立】
1971年6月19日
業種
情報・通信業
法人番号
5430001022433
【事業内容】
テレビジョン放送
放送番組の制作・販売
その他上記に関連する事業
【代表者】
代表取締役社長:加藤雅規
【資本金】
5億円(2010年4月1日時点)
【売上高】
110億4,800万円(2016年3月期)
【営業利益】
△4,012万円(2009年3月期)
【純資産】
117億7,724万円(2009年3月31日時点)
【総資産】
174億2,007万円(2009年3月31日時点)
【従業員数】
165人(2017年6月時点)
【決算期】
3月
【主要株主】
北海道新聞社 48.1%
フジ・メディア・ホールディングス 21.0%
日本経済新聞社 7.0%
【主要子会社】
UHB企画
オーテック
【外部リンク】
https://uhb.jp/
【北海道文化放送】

【英名】
Hokkaido Cultural
Broadcasting Co., Ltd.

放送対象地域
北海道
ニュース系列
FNN
番組供給系列
FNS
【略称】
UHB
呼出符号
JOBM-DTV
呼出名称
UHBデジタルテレビジョン
【開局日】
1972年4月1日
本社
〒060-8527
北海道札幌市中央区北1条西14丁目1-5
演奏所
本社と同じ
リモコンキーID
8
デジタル親局 札幌 25ch
【主なデジタル中継局】
旭川 25ch
函館 25ch
室蘭 33ch
網走 24ch
帯広 25ch
釧路 43ch
【公式サイト】
https://uhb.jp/
取材ヘリ(ユーロコプタードーファン)
北海道航空が運航

北海道文化放送株式会社(ほっかいどうぶんかほうそう、Hokkaido Cultural Broadcasting Co., Ltd.)は、北海道全域を放送対象地域としてテレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。 略称はUHB (UHF Hokkaido Cultural Broadcasting)。コールサインはJOBM-DTV。

FNN/FNS系列に属して同系列の北海道における基幹局でもある。

目次

  • 1 会社概要
  • 2 概要
  • 3 資本構成
    • 3.1 2015年3月31日 - 2016年3月31日
    • 3.2 過去の資本構成
  • 4 沿革
  • 5 ネットワークの変遷
  • 6 キャンペーンフレーズ
  • 7 テレビチャンネル
    • 7.1 札幌地区(JOBM-DTV)
    • 7.2 旭川地区
    • 7.3 函館地区
    • 7.4 室蘭地区
    • 7.5 帯広地区
    • 7.6 北見(網走)地区
    • 7.7 釧路地区
  • 8 音声多重放送
  • 9 スタジオ・中継車
    • 9.1 本社スタジオ
    • 9.2 外部スタジオ
    • 9.3 大型中継車
  • 10 現在放送中の番組
  • 11 終了した番組
    • 11.1 TVh開局まで放送していたテレビ東京系番組
    • 11.2 他系列番組
    • 11.3 札幌テレビ(STV)からUHBに移動したフジテレビ系の番組
    • 11.4 北海道テレビ(HTB)からUHBに移動したフジテレビ系の番組
    • 11.5 UHB開局に伴い北海道でも放送が開始されたフジテレビ系の番組
    • 11.6 旧ロゴ時代に放送していたフジテレビ系の番組
    • 11.7 深夜アニメ・UHFアニメ
  • 12 区域外再放送
  • 13 アナウンサー
    • 13.1 男性
    • 13.2 女性
    • 13.3 過去に所属していたアナウンサー
      • 13.3.1 男性
      • 13.3.2 女性
  • 14 放送事故
  • 15 脚注
    • 15.1 注釈
    • 15.2 出典
  • 16 外部リンク

会社概要

代表取締役
社長:加藤雅規
取締役
菊池美津雄
日枝久
及川純
太田英昭
高橋純二
芦野好幸
高田正基
北浜洋
本間欧彦
若杉一三雄
広瀬兼三
遠藤龍之介
加藤嘉明
主な事業所
  • 本社・演奏所:札幌市中央区北1条西14丁目1-5(〒060-8527)
  • 旭川支社:北海道旭川市4条通10丁目 北海道新聞社旭川支社内(〒070-0034)
  • 函館支社:北海道函館市五稜郭町1-14(〒040-0001)
  • 釧路支社:北海道釧路市黒金町11丁目5-1 北海道新聞社釧路支社内(〒085-0018)※SNG中継車1台配置。
  • 帯広支社:北海道帯広市西4条南9丁目1-4 北海道新聞社帯広支社内(〒080-0014)※一旦廃止されたが再び開設された。
  • 東京支社:東京都中央区銀座7丁目11-14(〒104-0061)
  • 大阪支社:大阪市北区梅田1丁目2-2(〒530-0001)
  • FNNモスクワ支局(特派員を派遣している)

概要

みちゅバチ

現在のマスコットは「みちゅバチ」で、2000年2月に誕生したマスコットキャラクター集団の「ともだっち」のひとつだった「みちゅ」が原型である。元々はデジタル放送移行をPRするキャラクターだったが、デジタル放送に完全移行した現在も続けて使用されている。

北海道新聞社(道新)の関連会社で、歴代社長は道新OB。幹部も道新から多く受け入れている。また、道新の編集委員もキャスターやコメンテーターとして番組に出演することがある。そのため、北海道新聞のテレビ番組表もNHK総合教育の次にUHBの番組欄が掲載されている。

フジ・メディア・ホールディングスの企業会計基準における持分法適用会社である。

1983年10月のCI制定で変更された小文字の「uhb」ロゴマークが一般の視聴者に定着しており、略称も小文字であると誤解されるが、小文字はロゴのみで使用する。uは「ユニーク」、hは「ヒューマン」「ホット」「ヒート」、bは「ボックス(局)」の頭文字とし、小文字表記は親しみやすさと世相や視聴者に鋭く反応する軽快さを表したものとされている。

地上デジタル放送に関しては道内の民放で初めて総務省の支援措置の認定を受け、2003年4月10日に認定書が交付された。

天気予報のフォーマットは株式会社ウェザーニューズのものを使用している。

2014年の春より、帯番組の大幅改編に合わせ、キャンペーンフレーズの普及を目的として、3人組音楽ユニットケラケラの「キミと、ずっと。」(1stミニアルバム「ケラケラリアット」収録)を局のテーマソングとして採用している。

2008年に北海道テレビが『ユメミル、アニメ「onちゃん」』を製作・放送して以降、在札局で唯一アニメ製作の実績がなかったが、2014年夏に初の自社製作アニメ『フランチェスカ』を放送。これにより、在札局全てがアニメ製作の実績を持つこととなった。

資本構成

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:

2015年3月31日 - 2016年3月31日

【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
5億円 | 1,000,000株 | 17
【株主】
【株式数】
比率
北海道新聞社 | 481,000株 | 48.1%
フジ・メディア・ホールディングス | 210,000株 | 21.0%
日本経済新聞社 | 070,000株 | 07.0%

過去の資本構成

1978年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
発行済株式総数
5億円 | 20億円 | 500円 | 1,000,000株
【株主】
【株式数】
比率
北海道新聞社 | 100,000株 | 10.0%
産業経済新聞社 | 070,000株 | 07.0%
日本経済新聞社 | 070,000株 | 07.0%
大内格之助 | 042,000株 | 04.2%
北海道拓殖銀行 | 040,000株 | 04.0%
瀬戸舜 | 040,000株 | 04.0%
岩本常次 | 040,000株 | 04.0%
安藤孝俊 | 040,000株 | 04.0%
福田英雄 | 040,000株 | 04.0%
野平昌人 | 040,000株 | 04.0%
渡辺喜久雄 | 040,000株 | 04.0%
菊地昌世 | 040,000株 | 04.0%
1992年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
5億円 | 20億円 | 500円 | 1,000,000株 | 30
【株主】
【株式数】
比率
北海道新聞社 | 100,000株 | 10.0%
道新サービスセンター | 080,000株 | 08.0%
産業経済新聞社 | 070,000株 | 07.0%
日本経済新聞社 | 070,000株 | 07.0%
北海道拓殖銀行 | 050,000株 | 05.0%
2003年3月31日
【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
5億円 | 1,000,000株 | 30
【株主】
【株式数】
比率
北海道新聞社 | 201,000株 | 20.1%
フジテレビジョン | 105,000株 | 10.5%
道新サービスセンター | 080,000株 | 08.0%

沿革

  • 一部の送信所・中継局では現在も開局時の大文字ロゴと和文社名ロゴが送信所・中継局施設の外壁に掲げられている。

ネットワークの変遷

1972年
4月1日 - 北海道初のマストバイ局(フジテレビ系列)として開局する。札幌テレビ放送(STV)と北海道テレビ放送(HTB)からフジテレビ制作番組が移行され、現在まで変更は無い。STVがFNN非加盟でFNS加盟のフジテレビ系列局であったことから、移行比率はSTV9.5:HTB0.5である。1989年10月にTVhが開局するまでは、テレビ東京の番組も他道内民放局同様、一部番組販売扱いでネットされていた(開局当初は水曜と木曜の22時台がテレビ東京ネット枠)。
FNSは札幌テレビ放送から引き継いで加盟、FNNには新規加盟し、北海道でFNNニュースが放送開始される。UHBが開局するまではフジテレビが直接取材し、札幌支局を設けて取材していた。
10月1日 - 全道で 放送開始し、ごく一部の例外を除いてSTV・HTBとの一部共有ネットを終了する。

キャンペーンフレーズ

1982年
おもしろいからスキ! (開局10周年)
1983年
春:胸さわぎの春さき。
秋:燃えるようなマークになった。
1984年
春:春ワンダフル
1985年
春:おもしろさも進化する
秋:現代気分の大全集
1986年
アドベンチャンネル
1987年(開局15周年)~1989年夏
I'm夢人類
1989年
秋:コロンブスのココロ
1990年
UHBとなら、やっていけそう。
1991年春
いつだって、私がいる。
1991年秋~1994年夏
らしく、生きる。
1994年
いいオチつけよう。
1994年秋
チャ!チャ!チャ!
1995年
ラララでいこう。
1996年
じぶんぶんぶん
1997年(開局25周年) ~2000年
おもしろ万年(1998年から、テーマ曲を米良美一が歌う)
2000年~2001年
ともだっち(現在もキャラクターとして使用)
2002年(開局30周年)
その気、UHB(キャンペーンキャラクターにZONEを起用)
テーマ曲:「going~その気~」(現曲名:「mind」)
2003年
ゆーえっちびーむ(引き続きZONEを起用)
テーマ曲:「BeaM」
2004年~2006年
あ、いいかも。
2006~2009年
きっかけは、UHB
2010年
どこでも○○○UHB
○○○の部分を特別番組などに関係する単語に置き換えて使用。
2011年
何かあったらUHB
2012年(開局40周年)~現在
キミと、ずっと。UHB

テレビチャンネル

フジテレビ系列のリモコンキーID地図

札幌地区(JOBM-DTV)

送信所施設はAIR-G'NORTH WAVEと共同使用。

中継局
札幌市内テレビ中継局」、「札幌藻岩下テレビ中継局」、および「小樽市内テレビ・ラジオ中継局」も参照
 |  | 

旭川地区

2007年9月7日、13:00から試験放送開始。10月1日より本放送開始。

中継局
 | 

函館地区

送信所施設はAIR-G'・NORTH WAVEと共同使用。

テレビ送信アンテナには指向性がかけられている。

デジタル放送は2007年8月30日に試験放送開始、2007年10月1日より本放送開始。

函館蛾眉野中継局は2013年1月より、蛾眉野地区テレビ受信組合によるギャップフィラーでの送信を開始したことにより廃止された。

中継局

室蘭地区

デジタル送信所はTVhを除く民放各局が共同で新設。

2007年10月1日より放送開始。

中継局
 | 

帯広地区

送信所施設はHBC・AIR-G'・NORTH WAVEと共同使用。

地上デジタル放送は2007年10月1日より放送開始。

中継局

北見(網走)地区

送信所施設はHBC・AIR-G'と共同使用。

地上デジタル放送は、2007年10月1日に放送開始。

中継局

釧路地区

デジタル送信所はTVhを除く民放各局とNHK釧路放送局が共同で新設。送信鉄塔とUHF送信アンテナは2011年8月26日に開局したTVhを含め各局で共同使用するが、局舎はNHK釧路放送局・TVhを除く民放各局の共同施設と、新規建設されたTVh単独施設に分かれている。

2007年8月28日より試験サービス放送開始。10月1日より放送開始。

中継局

音声多重放送

アナログ放送での音声多重放送は札幌から道内各地への中継回線使用料が高額なため、他の道内民放テレビ各局も含め札幌地区のみで行われていた。

地上デジタル放送による音声多重放送は放送対象地域内全域で行われており、2か国語放送・ステレオ2音声放送・5.1chサラウンド放送を行わない限り、モノラル収録であっても常時ステレオ放送の状態となっている。

スタジオ・中継車

北海道文化放送のマラソン移動中継対応中継車(車種:いすゞ・フォワードマックス)

本社スタジオ

外部スタジオ

北海道警察本部記者クラブ、道内各支社内に報道用顔出しブースがある。「みんなのテレビ」では、北海道新聞本社社会部から中継している。

大型中継車

2005年1月に道内の民放で初めてハイビジョン大型中継車を導入。初めて導入されたことを記念してか、ナンバープレートの一連指定番号は「1」となっている。同年1月22日の「UHB杯ジャンプ大会」より運用開始。

ベースシャーシーはいすゞ・ギガマックスを採用(後に導入したSTV、HTBも同様)。全長は10mを超え、後輪は2軸式。ハイビジョンカメラを12式搭載。

北海道日本ハムファイターズ北海道コンサドーレ札幌中継、北海道マラソンや競馬中継などで運用される。

現在放送中の番組

2019年8月現在。放送日時はJST表記。

報道・情報
情報・バラエティ
  • 映女と音女とユリコ(水曜 1:25 - 1:40(火曜深夜))
  • 土曜プレゼンアワー(土曜10:30 - 10:50)
  • シフトチェンジTV(毎月第1土曜10:50 - 11:20)
バラエティ
スポーツ
番宣・自己批評
  • uhb 番組Hot Line(毎月第1日曜6:15 - 6:25)
  • みちゅバチのよーーーく見てッ!(月 - 木21:54 - 22:00・金曜22:52 - 22:56・隔週土曜10:55 - 11:00・日曜17:25 - 17:30)
  • みちゅバチのみんなの8チャン!(隔週金曜22:52 - 22:56)
  • 8チャン!みちゅバチ(平日11:20 - 11:25・土曜 0:55 - 0:59(金曜深夜)・毎月第1週を除く日曜6:20 - 6:25)
  • バタバタ・シバタ!(月曜 0:30 - 0:45(日曜深夜))
ミニ番組
  • みんなのてんき(月 - 木22:54 - 23:00・金曜22:56 - 23:00・土曜14:55 - 15:00・日曜21:54 - 22:00ほか)
  • 笑道(金曜0:55 - 1:00(毎月第4木曜深夜))
  • 週末シアター(隔週金曜22:52 - 22:56)
  • おじゃまします!(隔週土曜10:25 - 10:30)
  • ビジネスフラッシュ(日曜6:15 - 6:20)※『uhb 番組Hot Line』編成時は時間変更
  • おはようのおはなし(日曜6:25 - 6:30)
FNS系列局制作・時差ネット番組、ローカル枠同時ネット・時差ネット番組
出典:wikipedia
2019/10/19 08:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「北海道文化放送」の意味を投稿しよう
「北海道文化放送」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

北海道文化放送スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「北海道文化放送」のスレッドを作成する
北海道文化放送の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail