このキーワード
友達に教える
URLをコピー

千葉工業大学とは?

この項目は、文章の表現が冗長(過剰)・執筆者の個人の主観での記述や批評・スタイルマニュアル通りでないレイアウト・エッセイ(随筆)的・コラム(評論)的である・不適当な翻訳、その他百科事典に適切でない内容の記述など、改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。(2017年10月)
 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2014年10月)
  • 出典は脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2014年3月)
  • 大言壮語的な記述になっています。(2014年10月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2015年1月)
  • 正確性に疑問が呈されています。(2015年1月)
  • 宣伝広告的であり、中立的な観点で書き直す必要があります。(2014年10月)

【千葉工業大学】

千葉工業大学

【大学設置/創立】
1942年
【学校種別】
私立
【設置者】
学校法人千葉工業大学
【本部所在地】
千葉県習志野市津田沼2丁目17番1号
北緯35度41分21.15秒 東経140度1分16.81秒 / 北緯35.6892083度 東経140.0213361度 / 35.6892083; 140.0213361座標: 北緯35度41分21.15秒 東経140度1分16.81秒 / 北緯35.6892083度 東経140.0213361度 / 35.6892083; 140.0213361
【キャンパス】
津田沼(千葉県習志野市)
新習志野(千葉県習志野市)
【学部】
工学部
創造工学部
先進工学部
情報科学部
社会システム科学部
【研究科】
工学研究科
情報科学研究科
社会システム科学研究科
【ウェブサイト】
千葉工業大学公式サイト

千葉工業大学(ちばこうぎょうだいがく、英語: Chiba Institute of Technology)は、千葉県習志野市津田沼2丁目17番1号に本部を置く日本私立大学である。1942年に設置された。大学の略称は「千葉工大(ちばこうだい)」または「工大(こうだい)」、英称では「CIT」または「ChibaTech」。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 開学までの経緯
    • 1.2 大学全般
      • 1.2.1 研究活動の特徴
      • 1.2.2 教務システムの特徴
  • 2 設置学科
    • 2.1 大学院
    • 2.2 廃止された学科
  • 3 沿革
    • 3.1 年表
  • 4 基礎データ
    • 4.1 所在地
    • 4.2 象徴
  • 5 所有施設
    • 5.1 附属の研究所
      • 5.1.1 千葉工業大学工学研究所
    • 5.2 学校法人直轄の研究所
      • 5.2.1 未来ロボット技術研究センター
      • 5.2.2 惑星探査研究センター
      • 5.2.3 人工知能・ソフトウェア技術研究センター
      • 5.2.4 国際金融研究センター
      • 5.2.5 次世代海洋資源研究センター
    • 5.3 研究
      • 5.3.1 中島「橘花」プロジェクト
      • 5.3.2 鯨生態観測衛星「観太くん」
      • 5.3.3 レスキューロボット・原発調査ロボット
      • 5.3.4 流星観測カメラシステム「メテオ」+流星観測衛星「S-CUBE」プロジェクト
      • 5.3.5 はやぶさ2プロジェクト
      • 5.3.6 水星探査プロジェクト
    • 5.4 教育
      • 5.4.1 採択されているプログラム
      • 5.4.2 特色ある大学教育支援プログラム
  • 6 学生生活
    • 6.1 サークル活動
    • 6.2 イベント
  • 7 大学関係者と組織
    • 7.1 大学関係者組織
    • 7.2 大学関係者一覧
  • 8 施設
    • 8.1 キャンパス
      • 8.1.1 津田沼キャンパス
      • 8.1.2 新習志野キャンパス
      • 8.1.3 東京スカイツリータウンキャンパス
    • 8.2 運動施設
      • 8.2.1 茜浜校地(運動場)
    • 8.3 寮
  • 9 対外関係
    • 9.1 他大学・高専との協定(国内)
      • 9.1.1 包括提携校
      • 9.1.2 単位互換協定校
      • 9.1.3 連携大学院
      • 9.1.4 高等学校との協定
      • 9.1.5 その他
    • 9.2 海外学術交流(大学/機関)
      • 9.2.1 留学プログラム
    • 9.3 産官学間での連携
      • 9.3.1 企業との連携
      • 9.3.2 自治体との連携(協定)
      • 9.3.3 研究・教育機関との連携(協定)
    • 9.4 工大の煉瓦門(文化財)
    • 9.5 メディア
      • 9.5.1 撮影協力・製作協力
  • 10 事件・不祥事等
  • 11 脚注
    • 11.1 注釈
    • 11.2 出典
  • 12 参考文献
  • 13 Wiki関係他プロジェクトリンク
  • 14 関連項目
  • 15 公式サイト

概要

開学までの経緯

千葉工業大学(JR中央総武線路を挟んで)

本学は世界一教育立国の建設実現を目指していた、文部官僚澤柳政太郎の遺志を引き継いだ教育学者の小原國芳らによって、1929年(昭和4年)頃から設立の計画が始まった。

当初「明治維新大業私学が成した」と私学教育の重要性を説いた小原によって「玉川塾工業大学」として玉川学園所管のプライベート大学として計画されたが、当時の日本の社会的風潮(全体主義軍国主義)に反した、教育理念(個人尊重の教育理念や自由主義など)を掲げていたこともあり、軍部(陸軍など)をはじめとする旧来の教育を生業とする人々の反発・圧力も強く、設立は困難を極めた。

しかしながら数は少なかったものの、皇族東久邇宮稔彦王を筆頭に、大日本帝国海軍では永野修身元帥海軍大将財部彪海軍大将、山梨勝之進海軍大将などの軍関係者が、大日本帝国陸軍では菱刈隆陸軍大将土肥原賢二陸軍大将などが小原の考えに共感し、長年に渡って小原を支援していた。

特に、東久邇宮稔彦王永野修身海軍元帥の働きかけにより、大学設立計画は設立申請の途中(近衛文麿内閣時)で、文部省(現:文部科学省)の指導によって準官立大学といえる国策大学に発展して、太平洋戦争(大東亜戦争)中の1942年5月15日(東条英機内閣時)に「興亞工業大學」の名称で玉川学園内に設立された。

大学設立の際には東京帝国大学東京工業大学から全面的な支援を受けたが、不足していた実験設備や実験機器などは東大・東工大の取り計らいにより共同利用するなどして対処した。

太平洋戦争終結後の1946年(昭和21年)には千葉県君津市へと移転し、校名を千葉工業大学と改称。1950年(昭和25年)に習志野市津田沼校地へ移転し現在に至る。

日本の私立理工系大学としては藤原工業大学(後の慶應義塾大学理工学部)に続き、国内で2番目に古い歴史を持ち、現存する私立理工系大学としては最古の歴史を有する。

なお、国公立の理工系大学を含めても東京工業大学に次ぐ歴史を持つ。

1946年(昭和21年)に千葉県君津市へ移転し、校名を「千葉工業大学」に改称。1950年(昭和25年)に同県習志野市津田沼校地へ移転すると共に、学校教育法に基づいて新制の私立大学へと移行した。

設置科は3学部11学科、大学院3研究科修士課程8専攻・博士後期課程3専攻で、学生数は約1万名。また津田沼駅前にある津田沼キャンパスと新習志野キャンパス、および東京スカイツリーキャンパスの3つのキャンパスを有する。

大学全般

研究活動の特徴

教務システムの特徴

設置学科

大学院

廃止された学科

(旧制大学)
  • 工学部
(新制大学)
  • 工学部
    • 機械工学科(1950-2003・機械サイエンス学科に改組)
    • 金属工学科(1950-2003・機械サイエンス学科に改組)
    • 工業経営学科(1950-2001・社会システム科学部に改組)
    • 電気工学科(1953-2003・電気電子情報学科に改組)
    • 電子工学科(1961-2003・電気電子情報学科に改組)
    • 工業化学科(1961-2003・生命環境科学科に改組)
    • 土木工学科(1963-2003・建築都市環境学科に改組)
    • 建築学科(1963-2003・建築都市環境学科に改組)
    • 精密機械工学科(1966-2003・機械サイエンス学科に改組)
    • 工業デザイン学科(1988-2003・デザイン科学科に改組)
    • 情報工学科(1988-2001・工学部から情報科学部に改組)
    • 情報ネットワーク学科(1997-2001・工学部から情報科学部に改組)
    • プロジェクトマネジメント学科(1988-2001・工学部から社会システム科学部に改組)
(工学部再編前)

沿革

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年10月)

第一期生入学式記念写真
(1942年6月8日、玉川学園内にて撮影)
永野修身海軍元帥
大学の沿革マップ

年表

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年1月)

 | 
この節には、過剰に詳細な記述が含まれているおそれがあります。百科事典に相応しくない内容の増大は歓迎されません。内容の整理をノートで検討しています。内容過剰の基準、解決法、このテンプレートの除去基準を説明しているページもご覧ください。(2015年1月)

【年】
【月日】
沿革
1929年 | 4月 | 小原國芳成城学園から分離し、町田財団法人玉川学園を設立。幼稚部初等部中等部を設置する。
6月 | 永野修身海軍兵学校長が学園視察に来訪。最高学府である大学設置構想を説明する。
1939年 | 9月 | 大学設置に向けて中等部の上に専門部(玉川塾)を設置し、森矗昶の協力を得て産学連携による実践教育を開始
1940年 | 9月 | 東久邇宮が学園視察に訪れ、大学設置の構想が本格化する
1941年 | 6月 | 「玉川塾工業大学」設置許可申請を文部省(現・文部科学省)に行うが受理されず
12月8日 | 太平洋戦争開戦
興亞工業大學設置許可申請文部省(橋田邦彦文部相)受理
1942年 | 5月15日 | 東京府町田町(現東京都町田市)の玉川学園内に「興亞工業大学」の名称で国策大学として創立(予科3年・本科3年)
小原國芳が理事、東郷実が理事長、小西重直が学長、本多光太郎などが顧問に就任
5月24日 | 成城中学早稲田中学で第1回入学試験を実施
6月8日 | 開校式を実施する。航空工学科(50名)・冶金学科(50名)・機械学科(60名)の160名が入学
1943年 | 7月 | 小原國芳が理事・学監を辞任。森曉が2代目理事長に就任
1944年 | 4月 | 玉川学園内から予科・財団本部が、皇居近くの東京市麹町区紀尾井町上智学院(上智大学)内に移転する
9月 | 神奈川県川崎市大師河原日本冶金川崎製造所構内に学部(本科)仮校舎の使用許可を取得する
10月 | 東京工業大学学長の八木秀次が正式に相談役に就任
1945年 | 4月13日 | 東京空襲によって麹町本部・予科校舎が全焼する
5月25日 | 東京空襲の余波で川崎学部校舎も罹災する
9月 | 東久邇宮内閣によって太平洋戦争(第二次世界大戦)が終結
君津の旧海軍施設の借用認可を申請、東京残留学生の授業を東京工業大学に委託
戦災による実験設備の損失から学生東大東工大東北大などに預け、卒業研究を開始
11月11日 | 君津の旧海軍第2航空廠八重原工員養成所設等の施設(君津校舎)の設営管理を開始
1946年 | 3月30日 | 東京から千葉県君津町に移転、教員・学生の意見一致のもと校名を「千葉工業大学」に改称
12月4日 | 玉川学園側との会談の結果、小原國芳から寄贈された土地・建物を清算し不動産を所有しない大学となる
1947年 | 2月7日 | 君津校舎のうち寮、食堂、図書館などを含む3/4が漏電による火災で延焼する
3月 | 公職追放の影響を受けて2代目理事長の森曉、学長の小西重直などが大学を去る
9月30 | 第1回卒業式が行われる
1948年 | 4月 | 田中航空機器製作所津田沼工場の施設を学部校舎・寮として使用する為に文部省に認可申請
予科寮を旧君津海軍病院施設に移転する
12月 | 千葉大学(当時設立準備中)への統合案が出るが教員・学生が反対し回避される
1949年 | 4月 | 新制大学となる
11月26日 | PPA創立
1950年 |  | 旧鐵道第2聯隊跡地(現・津田沼校舎)を取得し、大学機能を移転する
1953年 | 11月 | 校歌制定。電気工学科を増設。
1954年 | 10月7日 | 大久保の旧軍施設(旧陸軍習志野学校)を取得
1955年 |  | 電気工学科第2部を増設。
1961年 | 3月10日 | 電子工学科工業化学科を増設
1962年 | 8月 | 千種校地を取得
12月20日 | 土木工学科建築学科を増設
1964年 | 4月1日 | 日本私立大学協会常務理事校となる
1965年 | 8月11日 | 大学院修士課程(工業化学科、金属工学科)を設置
8月11日 | 飯岡研修センターを開設
1967年 | 3月31日 | 千種寮が完成
1968年 |  | 千葉市千種校地に電子計算センター完成
1972年 |  | 千種校地に硬式野球場・武道館完成
1986年 |  | 芝園校舎(現・新習志野校舎)が完成
1987年 |  | 茜浜運動施設(茜浜校地)完成
1988年 |  | 工学部第一部情報工学科、工業デザイン学科を新設
1989年 |  | 大学院工学研究科博士課程(金属工学専攻・工業化学専攻)
修士課程(機械工学専攻・電気工学専攻・電子工学専攻・建築学専攻)を増設
1990年 |  | 第2部電子工学科・情報工学科・建築学科を増設。
大学院工学研究科博士課程(土木工学専攻)修士課程(精密機械工学専攻)を増設
1991年 |  | 第1部既設学科(金属工学科を除く)の定員を増加
大学院工学研究科博士課程(機械工学専攻・電気・電子工学専攻)を増設。
1992年 |  | 大学院工学研究科博士課程(建築学専攻・精密機械工学専攻)
修士課程(情報工学専攻・工業デザイン学専攻)を増設。
1994年 |  | 大学院工学研究科博士課程(情報工学専攻・工業デザイン学専攻)を増設
1995年 |  | 大学院工学研究科修士課程(経営工学専攻)を増設。
1997年 |  | 第1部情報ネットワーク学科・プロジェクトマネジメント学科を増設。
1999年 |  | 工学部に社会人対象教育を充実するために昼夜開講制を導入
ハイテクリサーチセンター開設。
2001年 |  | 工学部を改組し、情報科学部・社会システム科学部を新設して3学部制に移行
3学部全学科に昼夜開講制を導入。
2002年 |  | 鯨生態観測衛星「観太くん」の打ち上げに成功
2003年 |  | 工学部9学科を5学科に改変しフレックス制を導入
(機械サイエンス学科・電気電子情報工学科・生命環境科学科・建築都市環境学科・デザイン科学科の5学科)
未来ロボットセンターを開設
日本の大学としては初めてとなる完全直収型光ファイバー(FTTD)LANを構築
大学としては世界初となる「非接触型手のひら静脈認証技術」および「多機能ICカード」を大学内諸施設へ導入
2004年 |  | 大学院工学研究科11専攻を3研究科(工学研究科・情報科学研究科・社会システム科学研究科)7専攻に改組。
2005年 |  | 文部科学省特色ある大学教育支援プログラムに採択、現代的教育ニーズ取組支援プログラムに選定される
2006年 |  | 工学部に未来ロボディクス学科を新設
4月 | 御宿研修センター開設
R&Iによる格付けフォローアップ調査の結果「AA-(ダブルA・マイナス)」を維持
2008年 |  | フレックス制を廃止し、全学部学科とも昼間部に移行。
2009年 | 4月 | 社会システム科学部に金融・経営リスク科学科を、また、大学院工学研究科に未来ロボティクス専攻を設置。
惑星探査研究センターを開設。
2012年 | 5月22日 | 東京スカイツリーイーストタワーに東京スカイツリータウンキャンパスを開設
2014年 | 2月23日 | 東京スカイツリータウン(R)キャンパスAreaII開設
4月 | 新学生寮(桑蓬寮・椿寮)完成
2015年 | 3月3日 | キャンパス内に千葉銀行と共同で、千葉工大ひまわり保育園を設置
4月1日 | 人工知能・ソフトウェア技術研究センター STAIR Labを設立
2016年 | 4月 | 国際金融研究センター(GiFr)、次世代海洋資源研究センター(ORCeNG)を設立

基礎データ

所在地

象徴

逍遙歌
桑蓬の歌
1946年(昭和21年)学生作詞、 学生作曲。
たれ邯鄲の夢に酔ひ
1946年(昭和21年)松藤淳 作詞、山口猛 作曲。
あゝ狂瀾の
?年(昭和?年)作詞、? 作曲。
饗宴の賦
?年(昭和?年)逍遙歌。? 作詞、? 作曲。
スクールカラー
紫紺色でDICカラーガイドのDIC256が指定されている。
モニュメント「永久の環」(芝園校舎)
メビウスの帯無限の記号「∞」をモチーフにしたアルミ製のモニュメント。
東日本大震災後の修復工事の際に撤去された。

所有施設

附属の研究所

千葉工業大学工学研究所
詳細は「千葉工業大学工学研究所」を参照
1970年から1975年にかけて設置されていた、社会貢献産学連携に主眼を置いた研究所。

学校法人直轄の研究所

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年10月)

未来ロボット技術研究センター
詳細は「未来ロボット技術研究センター」を参照
2003年(平成15年)6月1日から、morph3の研究開発チームは科学技術振興機構北野共生システムプロジェクトから千葉工業大学・未来ロボット技術研究センター(fuRo)に移籍。「人とロボットの共生」をテーマに未来のロボット技術に関する研究を行っている。
惑星探査研究センター
詳細は「惑星探査研究センター」を参照
2009年(平成21年)4月から、松井孝典東京大学新領域創成科学研究科教授を所長に「惑星探査研究センター」を学内に開設した。センターではロボットによる宇宙探査を視野に入れ、研究を実施している。
人工知能・ソフトウェア技術研究センター
2015年に米澤明憲を所長に迎え、学内に設立された研究所の一つ。センターでは幼児の言語獲得や学習過程の解明などを目標として研究をしている。
国際金融研究センター
2016年に学内に設立された研究所の一つ。国際的な金融システムの創造や創出などを目的に研究をおこなっている。
次世代海洋資源研究センター
2016年に学内に設立された研究所の一つ。日本の次世代を担う海洋資源の調査や、新たな関連産業の創出・発展を目的とした研究がなされている。

研究

中島「橘花」プロジェクト

詳細は「橘花 (航空機)」を参照
同大教授で海軍航空技術廠所属の中口博海軍技術大尉を中心に、中島飛行機内で開発が進められた大日本帝国海軍の双発ジェット戦闘攻撃機。日本初の純国産ジェット機でもある。

鯨生態観測衛星「観太くん」

詳細は「鯨生態観測衛星」を参照
この取り組みは謎が多い鯨の生態を、衛星を使って宇宙から解明することを目的に立ち上げられた試みである。このプロジェクトは、学生達が人工衛星の設計、制作に携わる日本で初めてのケースとなった。また、衛星は学内の学科の域を超えて電気・電子分野、土木分野、機械工学分野、工業デザイン分野、建築分野などの学生が参加して開発された。鯨生態観測衛星「観太くん」は、2002年12月14日種子島宇宙センターからH-IIAロケット4号機で打ち上げられ、予定の軌道上に乗った。「観太くん」から送られてきた観測情報は、学内外で研究に役立てられている。

レスキューロボット・原発調査ロボット

詳細は「クインス」を参照
東日本大震災後に福島第一原子力発電所へ最初に投入された国産ロボット「Quince」は、千葉工業大学と東北大学の共同開発である。また、千葉工業大学は遠隔操縦ロボット「SAKURA」を原子力緊急事態支援センターで試験運用したり、NEDOのプロジェクトによる「櫻壱號」の開発も行っている。

流星観測カメラシステム「メテオ」+流星観測衛星「S-CUBE」プロジェクト

NASAと協力して行われた流星観測プロジェクト。

はやぶさ2プロジェクト

詳細は「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/11/15 20:13

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「千葉工業大学」の意味を投稿しよう
「千葉工業大学」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

千葉工業大学スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「千葉工業大学」のスレッドを作成する
千葉工業大学の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail