このキーワード
友達に教える
URLをコピー

千葉銀行とは?

株式会社千葉銀行
The Chiba Bank, Ltd.
本店営業部(2011年12月20日)

種類
株式会社
【機関設計】
監査役設置会社
【市場情報】
東証1部 8331

【略称】
千葉銀<ちばぎん>
【本社所在地】
日本
260-8720
千葉県千葉市中央区千葉港1番2号
【設立】
1943年(昭和18年)3月31日
業種
銀行業
法人番号
2040001000019
金融機関コード
0134
SWIFTコード
CHBAJPJT
【事業内容】
預金業務、貸付業務、内国・外国為替業務ほか
【代表者】
取締役頭取 佐久間英利
取締役副頭取 稲村幸仁
【資本金】
1,450億69百万円
(2019年3月31日現在)
【発行済株式総数】
8億4,052万1千株
(2019年3月31日現在)
【純利益】
連結:504億78百万円
単体:480億6百万円
(2019年3月期)
【純資産】
連結:9,522億67百万円
単体:8,866億58百万円
(2019年3月31日現在)
【総資産】
連結:14兆9,641億29百万円
単体:14兆8,916億2百万円
(2019年3月31日現在)
【従業員数】
連結:4,420人
単体:3,960人
(2019年3月31日現在)
【決算期】
3月31日
【会計監査人】
EY新日本有限責任監査法人
【主要株主】
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 6.84%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.80%
日本生命保険 3.52%
第一生命保険 3.44%
損害保険ジャパン日本興亜 2.43%
(2017年9月30日現在)
【主要子会社】
#関連会社・財団参照
【外部リンク】
https://www.chibabank.co.jp/
千葉銀行のデータ
【英名】
The Chiba Bank, Ltd.
法人番号
2040001000019
【店舗数】
国内185(本支店・出張所)
海外6(支店・駐在員事務所)
【貸出金残高】
10兆1,368億75百万円
【預金残高】
12兆3,334億21百万円
特記事項:
(2019年3月31日現在)
秋葉原支店が入居する山崎製パン本社ビル(昭和通り側の1-2階部分)

株式会社千葉銀行(ちばぎんこう、The Chiba Bank, Ltd.)は、千葉県千葉市中央区に本店を置く地方銀行

概要

千葉県内では圧倒的なシェアを誇り、千葉県や千葉市をはじめ県内の多くの市町村の指定金融機関でもある。日経平均株価の銘柄の1つであり、地銀でありながら、ニューヨークロンドン香港に支店を、上海シンガポールバンコクに駐在員事務所を持つ。成田国際空港には外貨両替と送金をメインに行う1支店・3出張所がある。

近年はリテール部門の強化を図っており、投資信託残高及び年金保険の販売額累計が地銀ではトップを誇る。また東京23区埼玉県東部(武蔵野線東武野田線沿線)・茨城県南部(つくばエクスプレス沿線)、茨城県鹿行地域等に支店や法人営業所を相次いで開設しており、新規開拓の動きが目立つ。

働き方改革の取り組みにおいては、2014年10月、女性行員のキャリア形成などを支援する目的で「ダイバーシティ推進部」を新設。同行初の女性部長を登用するなど取り組みを進め、2015年内閣府が行う「女性が輝く先進企業表彰」において内閣総理大臣表彰を受賞した。

近年の地銀再編の中では、2016年3月に経営統合によらない新たな地銀連携モデルとして武蔵野銀行との包括提携(千葉・武蔵野アライアンス)を発表。多部門で連携を進め、2017年4月17日には提携の深化を目指し千葉・武蔵野アライアンス株式会社を設立した。

あゆみ

太平洋戦争の勃発によって、政府は戦時体制を強化するため、銀行の合同を推進した。この方針に基づき1943年、千葉県内において千葉合同銀行、小見川農商銀行、第九十八銀行が合併。千葉銀行が新立され、翌年3月、同行が千葉貯蓄銀行を吸収合併。さらに同年6月には野田商誘銀行から千葉銀に営業権が譲渡された。これによって県内における一県一行主義は成立した 。

当時の千葉県は農業水産業が主体であり、県内向けの貸し出しが伸び悩んでいたことに加え、県内に進出する企業は既に都市銀行長期信用銀行メインバンクとしている大企業が中心であったため、初代頭取であった古荘四郎彦は前身の千葉合同銀行頭取の時から新興企業小売業、興業会社などへの積極的な融資拡大策が行われた。事例として、融資規制の最中に行内の反対があるにかかわらず、東京のどの銀行も貸さなかった映画会社「日活」への融資に踏み切ったり、実業家の横井英樹が画策した東京・日本橋の百貨店「白木屋」(現・COREDO日本橋)の乗っ取りに協力したことなどが挙げられる。

しかし、1958年3月に千葉銀行レインボー事件などの不良債権が表面化し古荘は失脚。経営再建のために千葉銀は大蔵省日本銀行(日銀)から頭取や取締役を迎えざる得なくなり、同年5月、日銀監事であった大久保太三郎が新頭取に就任。古荘体制下のほとんどの役員を更迭し、千葉銀の経営改革を進め発展の礎を築いた。

1951年7月、千葉県が策定した「総合開発計画」では従来の農水産県からの脱却を図るべく、臨海部に工業地帯を造成することが主眼として据えられた。また翌年3月に策定された「千葉県産業経済振興計画」では千葉市船橋市木更津市の臨海部を埋め立て、重化学工業を積極的に導入することが謳われた。この計画に則り、1960年までに400万坪の埋め立てが実施され造成地に企業が立地した。また、県は内陸部にも大規模な工業団地の造成を開始した。こうした臨海部埋め立てに伴う漁業補償金あるいは、工業団地造成による土地代金などが支払われることによって地元金融機関の預金は伸び、さらに京葉工業地帯へ進出した企業や関係取引先などには融資が推し進められた。これらを背景に、高度経済成長期に千葉銀の預金や融資量は急伸した。

なお、この事が経営や資本上の混乱を招く一因となり、前述のレインボー事件のほか、大阪に本店を置く都市銀行「三和銀行」(現・三菱UFJ銀行)が千葉銀を傘下に収めることを目的として、同行の株式10%超を買い占めたため、独占禁止法違反の疑いで問題になる事態になった。

沿革

歴代頭取

代 氏名 期間 備考
1 | 古荘四郎彦 | 1943年3月 - 1958年4月 | 1884年生 1967年没 東京帝大法卒 熊本県出身
2 | 大久保太三郎 | 1958年5月 - 1963年4月 | 1899年生 1974年没 東大経済卒 元日銀監事 兵庫県出身
3 | 岩城長保 | 1963年4月 - 1976年4月 | 1905年生 1983年没 明大法卒 元日銀人事部長 富山県出身
4 | 緒方太郎 | 1976年4月 - 1987年6月 | 1919年生 2003年没 東京帝大経卒 元日銀理事 東京都出身
5 | 玉置孝 | 1987年6月 - 1997年6月 | 1927年生 2000年没 東大法卒 元日銀理事 東京都出身
6 | 早川恒雄 | 1997年6月 - 2004年6月 | 1935年生 東北大法卒 生え抜き 千葉県出身
7 | 竹山正 | 2004年6月 - 2009年3月 | 1946年生 明大政経卒 生え抜き 千葉県出身
8 | 佐久間英利 | 2009年3月 - 現在 | 1952年生 早大政経卒 生え抜き 千葉県出身

提携関係

前身の一つ総武銀行→千葉合同銀行は、旧川崎財閥系であり第百銀行と提携関係にあった。その経緯から現在でも、第百銀行を吸収合併した旧三菱銀行の後継銀行である三菱UFJ銀行は千葉銀行株を約5%保有しており、旧三菱銀行の地銀親睦会である火曜会結成当初からの会員である。しかし、営業面での提携は旧三菱銀行系のDCカード以外なく、ATMの相互利用も当初から行っておらず、経営面でも役員派遣などはなく独自色を出している。

他行との連携においては、近年の地方銀行では経営統合による合理化が進む中、以下のような提携策により、統合によらず連携を図る方針を打ち出している。

千葉・武蔵野アライアンス

2016年3月、全国でも地銀再編が進む中、合併や経営統合によらない新たな地銀連携モデルとして埼玉県を本拠とする武蔵野銀行との包括提携(千葉・武蔵野アライアンス)を発表。事業環境の近似性を活かし、業務共同化によるコスト削減や、商品・システム等の共同開発や人材交流、グループ会社の相互活用などを推進することを明らかにした。翌年には両行の共同出資で千葉・武蔵野アライアンス株式会社を設立し、提携施策を進めることを発表した。

TSUBASAアライアンス

2008年より地銀5行でシステム共同化への調査研究を行うTSUBASA(翼)プロジェクトを発足させており、現在はそれを発展させる形でTSUBASAアライアンスを組織。フィンテックをはじめとした先進技術の調査・研究を共同で行っており、その他にも事務部門共同化などの連携施策をとっている。現在は千葉銀行のほかに第四北越銀行中国銀行伊予銀行東邦銀行北洋銀行武蔵野銀行滋賀銀行琉球銀行群馬銀行が加盟行となっている。

千葉・横浜パートナーシップ

2019年7月、横浜銀行との業務提携を発表。総資産(単体)では地方銀行首位と第2位の銀行による提携となる。運用商品の共同開発やM&A・事業承継での協働などによる営業面を中心とした提携であり、地銀トップ行同士で協力する強みを活かしながら収益拡大を図るとしている。

ATM提携

詳細は「公式サイトの提携ATMを探す」を参照

県外店舗

国内

東京都
 | 
埼玉県
茨城県
大阪府
仮想店舗
 | 

海外

※店番号順

過去の店舗

情報処理システム

千葉銀は日本IBMメインフレームで動作する勘定系システムを採用していたが、2012年10月18日、「TSUBASAプロジェクト」参加行である第四銀行中国銀行と勘定系のほか対外系、コンビニATMなどのチャネル接続システムも共同化することで合意した。稼働後の運用は日本IBMに委託し、千葉銀は2016年1月4日に共同システムの利用を開始した。

関連会社・財団

連結子会社

持分法適用子会社

  • ちばぎんコンピューターサービス株式会社※
  • ちばぎんキャピタル株式会社※
  • ちばぎんアセットマネジメント株式会社
  • 株式会社ちばぎん総合研究所※

※ちばぎん幕張ビルに本社を置くグループ会社

関連財団

提供番組・スポンサー

提供番組

レギュラー番組
特別番組

スポンサー

この他にも、少年・学生スポーツへの協賛や、スタジアム等への広告協賛などを行っている。

関連項目

脚注

  1. ^ 後に三和銀行は公正取引委員会の審査中に千葉銀株の一部売却を行い、8.6%に減少したため、不問処分となった。
  2. ^ 一方、同じ前身行の九十八銀行は、安田財閥の傘下だったが、旧千葉合同出身の古荘四郎彦によって旧九十八系の役員は冷遇され、やがて千葉興業銀行への設立に関与していく。なお、千葉銀の行内抗争をモデルにした小説として、清水一行の小説『首都圏銀行』(ISBN 9784198902988)がある。

出典

  1. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年1月5日閲覧
  2. ^ 第8回 千葉県内企業のメーンバンク実態調査(2017年12月8日)によれば、県内シェアは40%に達し他行を大きく上回る。
  3. ^ “本部組織の改定について”. 千葉銀行. (2014年9月26日). http://www.chibabank.co.jp/news/company/2014/0926_01/ 2014年10月5日閲覧。
  4. ^ “千葉銀、女性の活躍推進で新部署 初の女性部長登用”. 日本経済新聞. (2014年9月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO77599450W4A920C1L71000/ 2014年10月5日閲覧。
  5. ^ “「女性が輝く先進企業表彰」における『内閣総理大臣表彰』の受賞について”. 千葉銀行. (2015年12月21日). http://www.chibabank.co.jp/news/company/2015/1221_01/
  6. ^ “株式会社武蔵野銀行との包括提携(千葉・武蔵野アライアンス)について”. 千葉銀行. (2016年3月25日). http://www.chibabank.co.jp/news/company/2016/0325_02/ 2017年10月27日閲覧。
  7. ^ 千葉銀と武蔵野銀が新会社設立、経営戦略や提携策など検討
  8. ^ 『日本地方金融史』p.103 - 104
  9. ^ フライデー (2012年5月26日). “「創業100年企業の血脈」第五回 日活「倒産危機を救った元ホテルマン社長の奇策」”.
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2021/02/27 05:49

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「千葉銀行」の意味を投稿しよう
    「千葉銀行」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    千葉銀行スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「千葉銀行」のスレッドを作成する
    千葉銀行の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail